教員採用試験の勉強方法は? 試験に受かる人の特徴とは?

教員採用試験の勉強方法は? 試験に受かる人の特徴とは?

教員採用試験の勉強法ってどうしたらいいの?
受かる人は何をしているの?
皆さんのソボクな疑問にお答えします!

初めて受験する人のための教員採用試験 勉強法

初めて受験する人のための教員採用試験 勉強法

「志望先の試験傾向」と「今の自分のレベル」から適切な学習計画をたてよう

「彼(かれ)を知り己を知れば百戦殆(あや)うからず」とは『孫子(謀攻)』に登場する有名な言葉です(「彼」が「敵」に、「殆」が「危」に置き換えられることが多い)。教員採用試験も、まさに、この言葉の通りということができます。

まずは、「彼(敵)」を知ることから始めましょう。教員採用試験制度そのものについて、また、志願する自治体の試験制度や試験内容などについてのしっかりとした知識を持つことは合格への第一歩ということができます。

たとえば東京都を受験しようとしている人が、試験対策としての一般教養の学習をしても意味がありません。なぜなら、東京都では試験科目としての一般教養試験は実施されないからです(「試験対策としての」と断っていることに注意して下さい。「一般教養の知識がない教員は使えない」ともいわれるほどに、一般教養は教員にとって重要な知識です)。

また、小学校全科を受験しようとする人は、出題教科・内容が実施自治体によって異なるということも知っておく必要があります。A県では9教科、B県では4教科(+英、など)などという違いがあり、当然、学習の仕方も違ってきます。

学習をはじめるにあたっては、こうしたことをしっかりとおさえておくことが大切です。

そして過去問分析です。採用試験の合格者に「合格の秘訣は?」と尋ねると、ほとんどの人が「過去問分析を徹底的にやったことです」と答えます。それほど、過去問分析は大きな役割を果します。

では、なぜ、過去問分析が重要なのでしょうか? まず、その自治体の過去の出題傾向をみることで、出題されやすい(逆に、出題されにくい)分野、箇所を見分けることができることが挙げられます。ある自治体が毎年(のように)出題している箇所を学習しておかないということは、その自治体での合格を放棄したようなものです。

第二に、ある自治体がある年度に出題した問題別の自治体の別の年度で、同じ(ほぼ同じ)問題として扱われることがよくあります。そのために、志望自治体だけではなく、できるだけ広範囲の自治体の過去問に触れておくことも重要です。

第三に、試験問題慣れができるということがあります。これには、その自治体の出題形式(マークシート式か、記述式か、5肢択一か、4肢択一か、など)や難易度などの情報を得ることも含まれます。こうした学習を重ねることで、応用力も身につきます

「彼(敵)」を知ったら、次は「己」を知ることです。試験科目の得意・不得意分野を知ること、論作文への対応面接への対応、など、「己」を知るためにやらなければならないことはたくさんあります

ただ、これはそんなに急ぐ必要はありません。計画を立てて、徐々にレベルアップを図って行くようすればよいことです。過去問集にいきなり手をつける、などということもやめましょう。さっぱり解けなくて自信喪失、などとなっては悲惨です。インプットとアウトプットとを要領よく、こなしましょう。

そして、なによりも大事なことは、教員としてふさわしい人物になっておくことです。立ち居振る舞い言葉遣い、それらすべてが子どもたちの手本となるものでなければなりません。これも一朝一夕にはできることではありません。「先生になる」と強く意識したときの気持ちを思い起こしながら、自分磨きを重ねて下さい。

時間のかかる「過去問分析」と「自己分析」は予備校を使って効率的に!

TACは「合格できる」コンテンツをリーズナブルに提供!綿密な過去問分析をもとにした講義と教材で、筆記対策はコンパクトかつ効率的に!「論文添削・面接練習[無制限]」など充実のフォロー制度で、難関の人物対策にじっくりと取り組めます!

受かる人は「人物重視」の対策をしている!

受かる人は「人物重視」の対策をしている!

筆記対策はコンパクトに仕上げ、論文・面接対策にじっくり取り組もう

近年では公務員職全般で「人物重視」の試験傾向になっているとはよくいわれることですが、教員採用試験では特にその傾向が強いといえるでしょう。

それは、なんといっても、教員という職業が「人を育てる」という特別の使命を帯びた職業だからということができるでしょう。つまり、しっかりとした人物でなければ「心身ともに健康な国民の育成」(教育基本法第1条)を行なうことはできないということです。

その人物を見極めるために行なわれるのが、いわゆる「人物試験」です。その中心が、論作文試験と面接試験になります。そのそれぞれについては別項目で詳述しますが、これらの試験で、試験官に「この人物なら」と思われなければ、合格、採用は難しいのです。

人物、というものは、たとえば論作文の試験時間の60分でできあがるものではありません。その段階にいたるまでの積み重ねを経て、教員としてふさわしい人物というものができあがってゆき、試験では、その成果を見てもらうのです。

ですから、論作文にしても面接にしても、その場しのぎの、場当たり的な対応では、決していい評価を得ることはできません。いい評価を得るためには、それなりの学習計画に基づいた、しっかりとした学習を積み重ねて行くことが重要です。

そのための学習計画ですが、細部は各々で立てるとして、大まかなイメージとして次のように考えて下さい。

まず、長方形を思い浮かべて下さい。左端が今の時点、右端が実際の試験日の直近の時点として、これに左辺上方から右辺下方に対角線を引きます

下半分の直三角形が教職教養、一般教養、専門教養といった筆記試験対策にあてる学習時間の割合上半分の直角三角形人物対策にあてる学習時間の割合と考えます。

筆記試験対策にあてる学習時間の割合は、得意・不得意などによって配分を変えることになりますが、要は、試験が近くなるにしたがって人物試験対策の学習時間の割合を増やしてゆくことが重要なのです。

これによって、筆記試験対策の学習で得た知識(学習指導要領や教育時事、教育法規など)を盛り込んだ論作文の執筆や面接での回答もできるようになると同時に、筆記試験の知識の再確認にもなります。

重ねていい、また、後でも述べますが、人物試験対策は繰り返し、積み重ねの勝負です。そのことを肝に銘じて、しっかりとした学習計画を立てるようにしましょう。

人物対策にじっくり取り組もう!論文添削・面接練習[無制限]で強力にバックアップ!

TACでは、校長や教育委員会経験者を含む、教採の人物試験を熟知した講師陣が、回数無制限で論文・面接を実践指導!年間を通して難関の人物対策にじっくり取り組めます。

受かる人の論作文対策は?

受かる人の論作文対策は?

教員採用試験の論作文は一朝一夕に上達するものではない

平成30年度試験では、68の試験実施自治体(地区)のうち46の自治体等で論作文試験が実施されています(「作文」と銘打っている自治体もあります)。

実施率は7割弱になることから、大半の受験者は論作文対策が必要となるといえます。46自治体のうち35自治体(76%)が第2次試験で実施していますが、神奈川地区のように2次試験といいつつ第1次試験で執筆させ、2次試験に進んだ受験者のもののみ採点対象とする、といった独特の方式を採用しているところもあります。

では、なぜ、人物試験の1科目として論作文が課せられるのでしょうか?

「文は人なり」――これは18世紀フランスの博物学者、啓蒙思想家にして百科全書派のひとりであったビュフォンの遺した言葉です。

つまり、書いた物を見ればその人となりがわかる、ということで、論作文試験を実施する基本的な意図もまさにそこにあります。簡単にいえば、書きなぐったような判読にさえ時間がかかるような文字で書かれた答案と、ていねいで几帳面な文字で書かれた答案とを前にしたとき、どちらの書き手の人間性に信頼をおくかということです。

しかし、教員採用試験の論作文は、ただ単にそれだけが問われるわけではありません

一般企業の採用試験で実施される論作文では、論理的思考力発想力、そしてそれを支える文章力が主として問われますが、教育採用試験ではそれらに加えて、教職というものへの意欲や熱意・情熱、さらに教師としてふさわしい人間性を備えているかなどまでもが問われるのです。

こうした要求にしっかりと応えた論作文でなければなりません。

論作文には3つのタガがはめられます。それは、①課題②制限時間③制限字数、です。

出題意図を正確に読み取って課題に正対し、指定された制限時間内で、指定字数を1文字も超えることなく(もちろん、少なすぎてもダメ)、上記のような要求に応え得る論作文を書き上げるためには、相当の「訓練」を必要とします(「答練」ではなく、あえて「訓練」と呼びます)。

その「訓練」とは、〈序論→本論→結論〉という定石を踏まえた上で〈書く→添削を受ける〉を繰り返すことです。

この繰り返しで、論作文の技術は必ず上達します。もし、きちんとした添削が受けられない場合でも、自分以外の第三者に読んでもらい、意見を聞きましょう

自分では気づかなかった思わぬミスを指摘されることがあります。添削での指導やこうした指摘を受けて、それに留意しつつ書き直しをするのです。この積み重ねが合格論作文を生み出します

受かる人の面接対策は?

受かる人の面接対策は?

最重要パート!入念な準備と繰り返しの練習が大切

教員採用試験において面接試験は非常に重要視されます

それは、受験者を見極めるのに、なんといっても顔と顔を突き合わせての対話(問答)ほど有効なものはないからです。そのために、個人面接は、平成30年度の試験実施68自治体すべてで実施され、個人面接と以下に述べる他の面接などを組み合わせて複数回の面接試験を行なう自治体も50にのぼります。

面接試験には以下のようなものがあります。
①個人面接(受験者1人に対し面接官2~3人。15~30分程度)
②集団面接(受験者6~8人を1グループとして、同一、または個々の質問を行なう)
③集団討論(受験者6~8人で与えられたテーマについて討論する)
④模擬授業(与えられた、または任意の教科や単元について、導入等の授業を行なう)
⑤場面指導(具体的な場面が設定され、児童等や保護者に対する対応を行なう)

このほかに、集団活動を課す自治体もあり、また、場面指導では対応を口頭で説明する場合実際に演じて見せるロール・プレイングとがあります。

①④⑤はあくまでも個人の力量ということになりますが、②③は集団の中でのその人の在りようが問われることになります。他を押しのけての「自分こそが」というような突出型や、「皆さんにお任せします」といった埋没型では、合格はおぼつきません

特に個人面接においては、いわゆるペーパーテストでは示すことのできない、その時点での自分が有している資質能力や個性、知識といったものを汲み取ってもらうための機会と考えて下さい。

つまり、自分を判ってもらう絶好のチャンスなのです。ですから、飾り立てたり背伸びしたりした自分ではよくありませんし、そんな姿は面接官にはすぐに見抜かれてしまいます

また、教員志望の理由のトップに、「すばらしい恩師に出会ったから」という理由を挙げる人がいますが、それではいかにも主体性がないように感じられます。

育てたい子ども像を明確に示し、「そのように考えるようになったきっかけは」という形で恩師の話を持ち出すと、印象はまったく変ってきます。受験する自治体で生まれ育ったから、という理由もよく聞きますが、面接官の心には響きません。

質問に正対し、聞かれたことだけに明確に答える、という面接応答の基本を本番でもしっかりと出せるようにするには、やはり何度も練習を重ねることが必要です。

教師志望の友達などと一緒に、練習を積みましょう。その際、若者言葉、学生言葉などはいっさい口にしない、というような心構えも重要です。

練習あるべし!論文添削・面接練習[無制限]を活用しよう!

TACでは、校長や教育委員会経験者を含む、教採の人物試験を熟知した講師陣が、回数無制限で論文・面接を実践指導!的確なアドバイスで効率よく実力をのばすことができます。

私はこうして合格しました

講義を繰り返し受講!

森田 光さん
神戸市 小学校、滋賀県 小学校 一般選考

学習中は覚えることがたくさんあり、また記憶を維持させるのが大変でした。克服法としてTACの講義も何回も繰り返し視聴しました。そのうちテキストだけで先生の説明かが思い浮かぶようになり、どんな問題でも消去法や問題の言い回しで解けるようになりました。TACのおかげて筆記試験が強みになり、私は1次試験を5つの自治体で受けましたがすべて合格しました。覚え方や出題されやすいキーワードが網羅されたTACの講義は必見です。

論文添削無制限をフル活用!

森久謙二郎さん
東京都 小学校 特例選考

論文の組み立てがどうしてもうまくいかず、何度提出しても低評価でした。上達せず終わってしまうかもしれないと諦めかけた時期もありましたが、前向きな添削内容を何度も読み返し踏みとどまりました。「継続は力なり」の通り、何度も何度も書き直すことが論文上達の鍵だと痛感しています。

最も大変だったことは面接対策!

竹内 由希子さん
東京都 小中美術 一般選考

最も大変だったことは面接対策です。普段の喋り方の癖を直したり、面接用の回答を作ったりするのには本当に苦労しました。面接の回答づくりに関してはTACの講師に相談し、講義が終わるごとに面接の決め手となる重要な回答については添削していただきました。私が抽象的にイメージしていただことを、講師の方は言語化してくださり何度も助けていただきました。言語化してくださったことから改めて回答を考えることもでき考えも深まりました。

多くの方がTACを活用して「最終合格」を掴み取りました!

受験経験者のための教員採用試験 勉強法

受験経験者のための教員採用試験 勉強法

うまくいかなかった原因を明らかにしよう

失敗には必ず原因があります。

採用試験で不合格となったことでも、その失敗となった原因があるのです。その原因を改善してゆけば、合格へたどり着くはずです。

ところが、不合格になった人にその原因を聞いてみると、たとえば「論作文がダメでした」とはいうものの、どこがダメだったかをきちんと言える人は多くありません。つまり、失敗の原因追及が行なわれていない、あるいは不十分なのです。

現在ではすべての試験実施自治体において成績開示が行なわれています。それらも参考にしつつ、自分の失敗のポイントを見つけ出して下さい。そして、それへの対応を十二分に行なうことが必要です。

ちなみに、「面接がうまくゆかなかった」という人も多いようです。

しかし、特に個人面接については、失敗の要因は100%自分にあると思って下さい。

よく、「思いもしなかった質問をされてオロオロしてしまった」などという人がいますが、要はその質問に対する準備ができていなかっただけのことです。「思いもしなかった質問」などという言葉で失敗を糊塗しようとしているようでは、次年度での合格も危うくなります

実際の教育現場に立ってみると、「思いもしなかった」ことの連続です。教員としては、それにも対応しなければならないのです。面接の質問で「思いもしなかった」ことだったのでうまく答えられなかった、というようでは、教員となる資質を欠いていると判断されても仕方ありません。「思いもしなかった」ことにどう反応し、どう対応してゆくか、それができるようになることこそが合格の秘訣であるといってもいいかも知れません。

試験慣れはできているはずですから、こうした対応を重ねることで合格、採用への道を歩むようにしたいものです。

まとめ

1

受験が初めての場合は、「志望先の試験傾向」と「今の自分のレベル」を良く知ることからはじめよう!

2

最近の教員採用試験は人物重視! 筆記対策はコンパクトにまとめて、時間を作ろう!

3

論作文は訓練次第で誰でも上達可能!答案は必ず自分自身以外の第3者に見てもらおう!

4

面接は試験の最重要パート! 準備と繰り返しの練習が突破の鍵!

5

再受験の方は失敗の原因を見極めること!特に面接の失敗は自責100%!