著作権保護に対するTACの取り組みについて

著作権保護に対するTACの取り組み

TAC株式会社が発行するテキスト、レジュメ、TACグループが刊行する書籍、講義を収録した映像または音声データ、その複製物及びその他一切の著作物(以下、TAC著作物といいます)の著作権は、TAC株式会社または権利者(以下、著作権者といいます)に帰属します。
法的に認められる場合を除き、著作権者の許可なく、無断で、複製、頒布、譲渡、貸与、転載、公衆送信等に使用することはできず、著作権を侵害した者は、著作権法その他法令に基づき、処せられます。(※著作権法による罰則:10年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金)
また、当社では著作権を侵害した者に対し、民事上の損害賠償請求を行い、厳粛に対処いたします。

1

著作権侵害に該当する例

  1. TAC著作物を著作権者の許可なく、複製し、販売する行為。
  2. TAC著作物の画像や文章などの全部または一部をホームページやブログ、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に掲載する行為。
  3. TAC著作物を個人使用する場合であっても、代行業者等の第三者に依頼してコピー、スキャン、デジタル化する行為。

2

違法ダウンロード、違法アップロードについて

  1. TAC株式会社が提供するインターネットサイト以外でのTAC著作物に関するダウンロードは、一切許可しておりません。
  2. TAC著作物をデータ共有サイトに掲載する行為及びインターネット上にアップロードする行為は、一切許可しておりません。

3

実際にあった事例

  1. インターネットオークションサイトにて、テキストや講義を収録した音声を複数回にわたり複製し、他人に販売した。
    ⇒ 当社呼び出しのうえ、謝罪及び損害賠償金の支払いを当社に求め、厳粛に対処いたしました。
  2. ブログ上にて、テキストに記載されている文章を許可なく、アップロードし、常時他人が閲覧できる状態にした。
    ⇒ ブログ上に掲載している文章の削除、謝罪及び損害賠償金の支払いを当社に求め、厳粛に対処いたしました。

4

継続的活動

  1. 当社は、TAC著作物の著作権保護を図る目的から、TAC著作物を使用しての講義収録は、許諾しておりません。TAC著作物を使用して講義・セミナー等を実施する場合には、当社の許諾を求めてください。
  2. 正規に商品をご購入いただいたお客様の利益を守るためにも、監視、対策活動を行うとともに、著作権侵害に対し、民事上、刑事上を問わず、厳粛に対処していきます。

著作権侵害を発見した場合には、下記連絡先までご連絡をお願いします。

著作権侵害に関するお問合せ先

TAC株式会社 著作権保護窓口
E-mail:legal-copyright@tac-school.co.jp

2015年6月1日

学校教育における教科書利用(オンライン授業)に関するご案内

 2020年施行の改正著作権法第35条では、「授業目的公衆送信補償金制度」が導入され、教育機関において、各学校の教員等が、一般社団法人授業目的公衆送信補償金等管理協会が公表する「運用指針」に基づき、第35条の要件を充たす方法で、出版物等を利用した教材の作成、その配付又は公衆送信を行う場合は、個別の著作権者の許諾は不要となりました。

 ただし、第35条により著作権者の許諾を得ずに利用可能となるのは、「著作権者の利益を不当に害する」ことがない場合に限られるとされています。当社が出版している書籍及び付随する電子データやPDFファイル等は、個人が購入することを前提として販売しているものであり、授業等の教育目的であっても、これを無断で複製、公衆送信することは、「著作権者の利益を不当に害する」ことにあたるため、当社が出版している書籍等を利用する場合は、今後もTAC株式会社または権利者の許諾が必要になりますので、事前にお問い合わせいただきますようお願いいたします。

本案内に関するお問い合わせは、下記連絡先まで、ご連絡をお願いします。

本案内に関するお問い合わせ先

TAC株式会社 著作権保護窓口
E-mail:legal-copyright@tac-school.co.jp

2021年4月1日