基本情報技術者試験を独学で合格する方法!おすすめ勉強法も解説

基本情報技術者試験とはプログラマーやエンジニアなどIT職に従事している人や従事された人を対象とした試験です。合格するためには予備校や通信講座を利用したり、独学で勉強したりといくつか方法があります。

この記事では基本情報技術者試験を独学で合格するための方法を解説します。

基本情報技術者試験は独学で合格できる?

基本情報技術試験はIT業界に関わっている人にとって必須の試験です。常識的な内容が多く、この試験をきっかけに上を目指す人も多くいます。

難易度は、基本情報技術者試験が含まれる情報処理技術者試験において「レベル2」に値しますが、未経験者でも十分努力をすれば独学で合格可能です。しかし、合格率は20~30%と低めのため、簡単には合格できないでしょう。

これから受験をする人は、出題範囲や問題を押さえて、繰り返し問題を解くことが大切です。今回は基本情報技術者試験の勉強方法について、独学のメリットとデメリットをご紹介します。

独学のメリット

独学のメリットは大きく分けて2つあります。それは、

・費用を安く済ませられる
・自分のペースに合わせて勉強できる

という点です。

基本情報技術者試験の対策を行っている予備校もありますが、テキスト代の他に受講料が発生します。しかし、独学であればテキスト代のみになるため、圧倒的に費用を安く済ませることが可能です。

また、予備校のようにカリキュラムがないため、自分のペースに合わせて勉強できます。仕事や家庭との両立がしやすく、時間を有効に使いながら効率よく勉強できるでしょう。

独学のデメリット

独学のデメリットも大きく分けて2つあります。それは、

・わからない時の解決に時間がかかる
・スケジュールを立てるのが難しい

という点です。

独学の場合、わからない時に1人で悩む時間が多く、解決するまでに時間がかかってしまいます。その分、点数の向上にも時間がかかるため、モチベーションの低下にも繋がるでしょう。

また、スケジュールを立てるのが難しいという人もいます。初めて試験を受ける場合、合格までの道筋がわからなく、いつまでにどこまで勉強すれば良いかもわかりません。

さらに仕事や家庭が忙しくなり、スケジュール通りにいかないこともあるでしょう。モチベーション維持にも関わります。

独学と予備校・通信講座はどんな人におすすめ?

独学のメリットとデメリットでも説明したように、独学には向き不向きがあります。基本情報技術者試験を受けるための勉強法としては、大きく分けて独学と予備校・通信講座がありますが、それぞれどのような人がおすすめか見ていきましょう。

これから基本情報技術者試験の勉強を始める人は、ぜひどちらの方法も参考にしてみてください。

独学がおすすめな人

独学がおすすめな人の特徴としては、

・これまでに何かしらの試験を独学で合格した人
・ITの知識を持っている人

が挙げられます。

以前、大学受験などを独学で合格した人は、独学での勉強方法やスケジュール管理が上手くできる方だと思います。勉強内容が基本情報技術者試験のものになっただけなので、効率よく勉強を進めていけるでしょう。

また、もともとITの知識を持っている人も独学に向いています。やはり知識がまったくない人に比べると有利です。

苦手分野に時間を費やすことができるでしょう。

予備校・通信講座がおすすめな人

予備校や通信講座がおすすめな人の特徴としては、

・ITの知識が少ない人
・効率よく勉強し、合格率をあげたい人
・午前試験の免除制度を使いたい人

が挙げられます。

初めてのIT知識の学習という場合は、効率よく勉強でき、コスパの良い予備校や通信講座がおすすめです。確かに独学よりも費用は高くなりますが、何もわからない状態で手をつけるよりも、圧倒的に時間短縮ができます。

また、通学タイプではなく通信講座タイプを選ぶと、さらにお得に勉強できるためおすすめです。

そのほか、午前試験の「免除対象科目履修講座」を受講し修了試験に合格するなど、認定要件を満たせば、本試験で午前試験が免除される制度もあります。こちらは、該当のコースを利用できる予備校や通信講座で、該当コースを受講した場合のみですので、注意が必要です。

独学のおすすめ勉強法

ここでは基本情報技術者試験を独学で合格するために必要な、おすすめの勉強法をご紹介します。基本的な6つの勉強法をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

また、項目の中には予備校・通信講座を受講する際に必要なものもあります。基本情報技術者試験を受ける人は、これらに目を通したうえで、勉強を開始しましょう。

学習スケジュールの作成

独学の場合は、基本的に1人で勉強を進めていくため、学習スケジュールを作成することが大切です。ゴールを決めて、いつまでにどこまで進めるかを細かく決めることで、計画的に勉強できます。

長期的な学習スケジュールになるので、1週間ごとに進捗を確認していきましょう。スケジュールを立てるだけでなく、順調に進んでいるかを振り返ることも大切です。

基本的な知識の習得

基本的な知識を習得するためには、インプットとアウトプットの繰り返しが大切になります。知識が少ない初心者は、テキストを読み込むインプットの時間を多めに確保しましょう。

基礎の部分を覚えることができたら、問題集を解いてしっかり把握できているかアウトプットを行います。アウトプットは自分の苦手分野を知ることができるため、効率よく勉強ができるようになるでしょう。

午前試験と午後試験の勉強方法

基本情報技術者試験は午前試験と午後試験の2つに分かれています。それぞれの対策をすることで合格率が上がります。

午前試験は、重要な用語の暗記が必要です。テクノロジー系が50問、マネジメント系が10問、ストラテジ系が20問となっています。

過去問からそのまま出題されることもあるため、できるだけ多くの過去問を解いておきましょう。

午後試験は主にアルゴリズムとプログラミングの分野になります。アルゴリズムはロジックの暗記や変数などの扱い方を覚えておきましょう。

また、プログラミングはJavaなど5言語から1つ選択して問題を解いていきます。長文読解も必要になるので、プログラミングと長文の両方とも苦手意識をなくしていきましょう。

勉強時間は最低200時間が目安

試験に合格するためには、初心者の場合、最低でも200時間必要といわれています。仕事の合間に1日3時間勉強しても2ヶ月必要な計算になるため、根気強さも必要です。

事前に知識がある場合は、約50時間といわれています。1日3時間の勉強時間で約3週間なので、短期集中型におすすめです。

午後試験につまずかないよう、気を抜かずに勉強していきましょう。

継続力が大切

試験に合格できるかどうかは、継続力が大切になります。事前知識があるからと油断していて不合格になる人も多いです。

どうしても1日3時間できない場合は、問題を1問でも解く、テキストを1ページでも読むという勉強を続ける習慣をつけていきましょう。どれだけ仕事が忙しくても、1問だけ、1ページだけであれば、誰でも勉強できます。

試験直前に気を抜かない

試験直前に気を抜かないことも大切です。暗記したから大丈夫、問題集も解いたから安心と気を緩める人もいます。

暗記したことでも初期の頃のものは忘れている可能性も高いです。試験直前は、全体を振り返る時間を作り、できるだけ過去問を解いていきましょう。

スケジュールを立てる際も、直前まで勉強する時間を設けてください。

基本情報技術者試験を独学でできない人は無料体験講義に参加しよう!

基本情報技術者試験は、IT業界に関わる人にとっては必須なものになります。独学で合格することもできますが、独学に向いていない人ももちろん一定数いるでしょう。

特に初心者の人は、講座を活用することで効率よく勉強できるので、時間を有意義に使いたい人におすすめです。ぜひお気軽に無料体験講義にも参加してみてください。

まずはお気軽に講義を体験してください!

TACではお申込み前に講義を無料で体験受講することができます。TACの校舎でも動画視聴でもご都合の良い方法でご受講いただけますので、まずはお気軽に講義を体験していただき、実際の雰囲気や講義の質をお確かめください。

情報処理パンフレット

デジタルパンフレットを閲覧する

紙と同じ内容のパンフレットを、パソコンやスマートフォンから、郵送を待たずにいますぐご覧いただけます。

お申込いただいた場合、個人情報の取り扱いにご同意いただいたものとして取り扱わせていただきます。

基本情報技術者試験についてもっと知ろう!

基本情報技術者試験の過去問の有効活用

過去問

基本情報技術者試験合格には過去問の有効活用が欠かせない!

基本情報技術者試験の合格を目指すなら知っておきたい、過去問の活用方法をご紹介します。
過去問に取り組む際には、ただ単に問題を解くだけではなく、出題傾向を知り勉強方法を見直すことも大切です。この記事では基本情報技術者試験合格の近道となる情報を解説します。 続きを読む »

基本情報技術者試験の受験申し込み・試験スケジュール

申し込み

基本情報技術者試験の申し込み・試験スケジュール

基本情報技術者試験は、令和2年度よりCBT方式で実施されています。試験は年2回(上期、下期)の一定期間内に随時実施され、都合の良い日時・会場を選択して受験することができます。
この記事では基本情報技術者試験の申し込み方法試験スケジュールを紹介しています。 続きを読む »

基本情報技術者試験の難易度

難易度

基本情報技術者試験の難易度は?試験科目や勉強時間を徹底解説!

基本情報技術者試験は、エンジニアへの第一歩と言われています。では基本情報技術者試験の難易度は、どのくらいなのでしょうか?
平均的な勉強時間や、他のIT系の試験との違いなど、基本情報技術者試験についての様々な疑問に本記事でお応えします。 続きを読む »

基本情報技術者試験の勉強時間

勉強時間

基本情報技術者試験に合格しよう!勉強時間はどのくらい必要?

基本情報技術者試験はエンジニアになるための登竜門とされています。勉強時間の平均は200時間ほどであり、しっかりと対策をおこなうべき試験です。
ここでは基本情報技術者試験をクリアするために確保したい勉強時間を始め、効率的な学習方法なども解説します。 続きを読む »

基本情報技術者試験の合格発表

合格発表

基本情報技術者試験の合格発表はいつ?

基本情報技術者試験の合格発表は、午前試験、午後試験の両方の受験が完了した時期により異なります。計画的な学習を行うためにも試験日や合格発表日をしっかり把握しておきましょう。
ここでは、基本情報技術者試験の合格発表スケジュールについて紹介していきます。 続きを読む »

基本情報技術者試験の勉強法

勉強法

基本情報技術者試験の勉強法を解説。勉強する際のポイントもチェックしよう

基本情報技術者試験の勉強法は、午前試験と午後試験で異なります。そのため、効率的な勉強法を理解しておくことで、より合格に近づくでしょう。
この記事では、基本情報技術者試験の勉強法を紹介します。勉強する際のポイントも併せて参考にしてください。 続きを読む »

基本情報技術者試験の合格率

合格率

基本情報技術者試験の合格率は?難易度や問題傾向についても解説

基本情報技術者試験を受験しようと考えている方の中には、会社から勧められたというケースもあるでしょう。そのため、IT未経験者にとっては合格率が気になるかもしれません。
ここでは、基本情報技術者試験の合格率や難易度、問題傾向などについて解説していきます。 続きを読む »

基本情報技術者試験の午後対策

午後試験対策

基本情報技術者試験合格へ!午後対策の事前ポイントと試験本番の対策

基本情報技術者試験は午前試験午後試験があり、午後試験のほうが難易度が高いといわれます。
本記事では、基本情報技術者試験の午後対策を解説します。試験の概要や、事前・本番の午後対策のポイントまでチェックしましょう。 続きを読む »

基本情報技術者試験攻略のポイント

攻略のポイント

基本情報技術者試験の「攻略のポイント」まとめ

長年の受験指導によって蓄積された合格ノウハウに加えて、最短距離で合格をつかむためのカリキュラムや教材を活用して毎年多くの合格者を輩出しているTAC。そんなTACが基本情報技術者試験の攻略ポイントをまとめました。
効率良く効果的に学んで確実に合格をつかみたい方は必見の内容です! 続きを読む »

第1歩を踏み出しましょう!

受験対策を始める

第1歩を踏み出しましょう!

基本情報技術者試験の合格を目指すなら「安心と信頼」のTACです。毎年多くの合格者を送り出しているTACで合格を目指しましょう!

情報処理資格取得への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

無料講座説明会

まずは「知る」ことから始めましょう! 無料セミナーを毎月実施しています。

お気軽にご参加ください!

情報処理講座のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。

スムーズ・簡単!

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

>TAC受講相談