宅建とは? 宅建士の仕事とは?資格概要・仕事内容を徹底解説!

毎年約20万人もの方が受験をする人気資格「宅建」
そして合格後になれる「宅建士」

宅建とはいったいどんな資格で、宅建士になるとどんな仕事ができるのか?
また宅建の資格を取るとどんなメリットがあるのか?
ここでは宅建の資格概要と宅建士の役割や目指すメリットを分かりやすく説明していきます。

宅建(宅地建物取引士)とは?

宅建とは?宅建士の仕事内容を紹介

宅建とは?

宅建や宅建士は「宅地建物取引士」の略称で、毎年20万人前後の受験者数を誇る最大規模の国家資格です。宅建とは、不動産取引の専門家(宅建士)を示す資格です。
宅建士になるための試験を宅建試験といいます。宅建試験に合格すると宅建士として、不動産の売買や賃貸物件のあっせんをする際に、その土地や建物について専門知識を有していないお客様に詳しい説明をすることができるようになります。

不動産の売買や賃貸借の媒介(仲介)といった不動産取引をおこなう場合、従業員5名につき1名以上の宅建士の設置が義務付けられています。
また、不動産に関する重要事項の説明などは宅建士資格を所持していないとできない独占業務です。

宅建を持つメリットは?

1

就職・転職に有利

不動産業界関連への就職や転職には大きなメリットとなります。
それ以外にも建築会社などへの就職・転職活動でも有利です。
昨今、金融機関や全国に支店を展開する大手企業、IT業界でもニーズが高まってきています。

2

独立開業やキャリアアップも狙える

資格を持つことで、一定水準以上の知識を証明することができます。
また、昇格の条件として資格取得を必須とする企業も増えています。
独立開業やキャリアアップにもつながることは、メリットといえるでしょう。

3

資格手当がつく場合もある

企業にもよりますが、資格手当がついて毎月の給与が5千円~5万円ベースアップする可能性があるのもメリットの一つです。
合格は一生有効ですから、資格を取得して損はありません。

宅建の資格が役立つ業界は?

  • 建築会社

    自社で建築した物件を販売する際に宅建の資格が必要。説明する内容があらかじめわかっているだけに、自社物件のウリをお客さんへアピールしやすい。

  • 金融機関

    不動産の担保価値を評価して融資することが多いため、宅建の知識は非常に有益。また不動産販売会社を傘下に持つ銀行も多く、籍をどちらに置いていても活用できる。

  • 不動産管理会社

    不動産分譲の仲介を行い、さらに管理も自社で行う会社が増えており、宅建の資格は有効。
    さらに管理会社では必須の資格である「管理業務主任者」の試験内容は、宅建試験の内容と酷似しているため、取得しやすいメリットも。

 

宅建試験概要

試験概要を知ろう!

受験費用

7,000円

受験申込方法

宅建試験を受験する場合、申込みの方法は2通りあります。
官公庁・書店等で願書を入手して郵送で申し込む方法と、インターネットを使って申し込む方法です。

例年、インターネットでの申込みは7月1日から15日前後まで、郵送での申込みは7月1日から7月末までとなっています。

試験日・スケジュール

令和3年度の宅建士試験は、令和3年10月17日(日)に実施。
ただし、12月試験の指定を受けた方については、令和3年12月19日(日)に実施なので注意。

6月 実施告知
7月 申し込み開始
8月 試験会場通知の送付
10月 宅建士10月試験
12月 宅建士12月試験(指定を受けた方のみ)

令和3年度宅建士試験の合否は、令和3年12月1日(水)に「一般財団法人 不動産適正取引推進機構」のホームページ上で発表されます。
ただし、12月試験の指定を受けた方については、令和4年2月9日(水)に発表となります。

正確な実施スケジュールは公式サイトをご参照ください。

 

5秒で診断!最適な学習コースを知る

宅建士の学習ははじめてですか?


宅建士(宅地建物取引士)への第一歩はココからスタート!

 
takken_panftop.png

デジタルパンフレットを閲覧する

紙と同じ内容のパンフレットを、パソコンやスマートフォンから、郵送を待たずにいますぐご覧いただけます。

お申込いただいた場合、個人情報の取り扱いにご同意いただいたものとして取り扱わせていただきます。

試験内容

全問マークシート方式(4肢択一式)、出題数は50問、試験時間は2時間となります。

民法等(14問)

不動産を購入する際などに交わす「契約書」に記載されているトラブルが起こった場合の処理方法や、トラブルを未然に防ぐための約束事を定めた法律です。特に「不動産の取引」に関係した部分から出題されます。

過去問

(不動産の)売主が、買主の代金不払を理由として売買契約を解除した場合には、売買契約はさかのぼって消滅するので、売主は買主に対して損害賠償請求はできない。

  • 正解

    × 損害賠償請求ができます。

宅建業法(20問)

お客さんに不利が生じないように、宅建業者や宅地建物取引士の仕事上のルールを定めています。業者はもちろんのこと、皆さんがマンションなどの賃貸借や売買をする際にも「宅建業法」の知識が大きな味方になります。

過去問

宅地建物取引業に関し不正又は不誠実な行為をするおそれが明らかな者は、宅地建物取引業法の規定に違反し罰金の刑に処せられていなくても、免許を受けることができない。

  • 正解

法令上の制限(8問)

「住み良い街づくり」「安全な家づくり」をしていくためのルールを定めた法律です。あまり馴染みがないかもしれませんが、学習していくと自分の住んでいる街を見る目が変わるはずです。

過去問

都市計画区域については、無秩序な市街化を防止し、計画的な市街化を図るため、都市計画に必ず市街化区域と市街化調整区域との区分を定めなければならない。

  • 正解

    × 義務ではなく、「定めることができる」だけです。

その他関連知識(8問)

不動産購入の際にかかる税金制度のことや、土地・建物の安全性や耐久性といった不動産にまつわるさまざまな知識を学習します。

過去問

土地に定着した工作物又は立木はそれ自体では不動産取得税の課税対象とはならないが、土地と同時に取引される場合には、不動産取得税の課税対象となる。

  • 正解

    × 不動産取得税の課税対象は「土地及び家屋」のため、立木は対象外です。

民法等(14問)

不動産を購入する際などに交わす「契約書」に記載されているトラブルが起こった場合の処理方法や、トラブルを未然に防ぐための約束事を定めた法律です。特に「不動産の取引」に関係した部分から出題されます。

過去問

(不動産の)売主が、買主の代金不払を理由として売買契約を解除した場合には、売買契約はさかのぼって消滅するので、売主は買主に対して損害賠償請求はできない。

  • 正解

    × 損害賠償請求ができます。

宅建業法(20問)

お客さんに不利が生じないように、宅建業者や宅地建物取引士の仕事上のルールを定めています。業者はもちろんのこと、皆さんがマンションなどの賃貸借や売買をする際にも「宅建業法」の知識が大きな味方になります。

過去問

宅地建物取引業に関し不正又は不誠実な行為をするおそれが明らかな者は、宅地建物取引業法の規定に違反し罰金の刑に処せられていなくても、免許を受けることができない。

  • 正解

法令上の制限(8問)

「住み良い街づくり」「安全な家づくり」をしていくためのルールを定めた法律です。あまり馴染みがないかもしれませんが、学習していくと自分の住んでいる街を見る目が変わるはずです。

過去問

都市計画区域については、無秩序な市街化を防止し、計画的な市街化を図るため、都市計画に必ず市街化区域と市街化調整区域との区分を定めなければならない。

  • 正解

    × 義務ではなく、「定めることができる」だけです。

その他関連知識(8問)

不動産購入の際にかかる税金制度のことや、土地・建物の安全性や耐久性といった不動産にまつわるさまざまな知識を学習します。

過去問

土地に定着した工作物又は立木はそれ自体では不動産取得税の課税対象とはならないが、土地と同時に取引される場合には、不動産取得税の課税対象となる。

  • 正解

    × 不動産取得税の課税対象は「土地及び家屋」のため、立木は対象外です。

 
 

合格率・合格基準点

過去10年間の宅建の合格率は15%~17%で、合格基準点は31~38点(50問中)です。
つまり、約75%を正解できれば合格できます。

2020年度(10月・12月)全体の合格率は16.8%
※受験者 204,250人 のうち合格者 34,338人

 

2020年度[12月]の合格率は13.1%
※受験者 35,261人 のうち合格者 4,610人

 

2020年度[10月]の合格率は17.6%
※受験者 168,989人 のうち合格者 29,728人

 

試験に合格したら?資格証明書発行まで

宅建士の試験に受かると、受験地の都道府県知事の登録を受けることができます。
そして、登録を受けた都道府県知事から宅地建物取引士証(宅建士証)の交付を受けることで、晴れて宅建士として業務を行うことができます。
また、登録の際、宅建士証交付の際は、その都度国が実施する講習を受講する必要があります。 ただし、登録の場合は宅建業の実務経験が2年以上ある方、宅建士証交付の場合は試験合格後1年以内の方、は各講習が免除されます。
さらに、登録は一度してしまえば一生有効ですが、宅建士証の有効期間は5年なので、引き続き宅建士として業務を行うためには更新が必要になります。

 

宅建士(宅地建物取引士)への第一歩はココからスタート!

合格する人は正しい選択をしている

 

全国の宅建士受験生に選ばれ、毎年多くの合格者を輩出し続けるTAC。その理由は、長年積み重ねられた受験指導ノウハウに加え、「受講生に合格していただくこと」を徹底的に追求したTAC式合格メソッドを確立していることにあります。

 

長年積み上げた"確かな"実績‼

試験は変化し続けるもの。その試験に合わせてTACも常に進化し続け、「最小の努力で最大の効果を発揮する、良質なコンテンツの提供」をお約束いたします。そしてこれから先も、全国の多くの宅建士受験生からの「期待」と「信頼」に応えられるよう、TACは”受講生の合格”を常に第一に考え続け、そのコンテンツの創造に努めてまいります。

注目!いまオススメの試験対策

 

TACが自信を持ってオススメする安心・万全のコース!

宅建士試験に不可欠な過去問対策をカリキュラムに組み込んだ完全装備の試験対策コース! or受講料大幅割引!!
【10/31(日)まで】受講料『大幅割引』!!スタートダッシュキャンペーン実施中!!

令和3年度12月本試験対策もTACにお任せ!

令和2年度に引き続き令和3年度も一部地域にて12月試験が実施されます。TACでは12月試験対策用の「やまかけ3日漬講座」「全国公開模試」をご用意しました。その他、一部オプション講座も販売延長しています。12月本試験までの時間を有効に活用して合格をつかみ取りましょう!

宅建に併せて取るといい資格(ダブルライセンス)

マンション管理士・管理業務主任者 

両者とも、宅建と並行して受験することを最もお勧めしたい資格です。
まず、試験制度がほぼ同じことが大きな特徴です。4肢択一のマークシート方式、問題数(50問)、試験時間(2時間)、合格点(約7割)と共通しているので、勉強の計画や本番のイメージが掴み易いと思います。
また、試験内容も大きく似通っています。民法・借地借家法・区分所有法・不動産登記法・建築基準法など、宅建でおなじみの単元が目白押しですので、勉強の負担は格段に減ると思います。

 

賃貸不動産経営管理士 

賃貸不動産に関するスペシャリスト「賃貸不動産経営管理士」。2021年6月に完全施行された「賃貸住宅管理業法」では「業務管理者」となる要件の1つとなり、国家資格となりました。賃貸管理業も兼ねることが多い宅建業界において、Wライセンスを取得することにより業務の幅が広がります。今後は宅建士と並んで不動産業界必須となっていく将来性のある資格と言えるでしょう。試験内容が宅建士と重なる部分も多く、学習しやすいのもメリットです。

 

不動産鑑定士

宅建士のステップアップとして受験をぜひお勧めしたい資格です。
不動産鑑定士の「行政法規」では宅建士で学習した宅建業法や建築基準法、都市計画法などの法令が出題されるため勉強の負担を減らせます。また、論文式試験の「民法」ベースとなる知識があるためスムーズに対策をスタートできます。 もちろん実務上の魅力も大きく、ダブルライセンスが実現できれば「不動産の価値を鑑定できる宅建士」として業務の幅を大きく広げることができるでしょう。

 

行政書士

なんといっても、民法の内容がほぼ重なることが最大のメリットでしょう。
勉強時間を大幅に短縮することができるうえ、行政書士における民法の配点は科目別でも2番目に高いため(76点、1番目は行政法で112点、3番目は憲法の28点)、有利に受験することができます。

 
 

まとめ

1

宅建とは、不動産取引の専門家であることを示す資格

2

建築会社・金融機関・不動産管理会社への就職、転職に有利な資格

3

試験はマークシートのみで2時間

4

他資格とのW取得がしやすい

宅建士(宅地建物取引士)への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

無料講座説明会・受講相談

まずは「知る」ことから始めましょう! 無料セミナーを毎月実施しています。

お気軽にご参加ください!

宅建士(宅地建物取引士)講座のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。

スムーズ・簡単!

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

>TAC受講相談