社会人必見!働きながら司法書士を目指す!

仕事しながら合格は難しい?合格してすぐ活かせる?

司法書士試験に合格するためには、多くの学習時間が必要です。仕事との両立は簡単ではないですが、Wセミナーでは仕事との両立を前提とした効率的なカリキュラムを提供しており、実際に多くの社会人が合格されています。
また、司法書士は合格後、即独立も可能であり、会社員等からの転身に最適の資格です。

司法書士&Wセミナーのメリット

メリット1

「一般教育訓練給付制度」適用講座あり!

雇用保険の被保険者期間が1年以上あるなど、一定要件に該当する方は、指定のコースの修了要件(出席率や答案提出率など)を満たすと、受講料の最大20%が支給される「一般教育訓練給付制度」を利用することができます。

メリット2

社会人向けのカリキュラム

近年社会人合格者の割合が増えています。Wセミナーのカリキュラムは、例えば教室講義を土日のみで受講できるコースや、事前収録スタイルでいつでも受講できるコースなど、社会人の方に配慮した設定です。仕事と両立しながら受験に臨むことができます。

メリット3

合格後に即独立できる!

合格してもすぐ仕事が始められるのか心配、という方も大丈夫。司法書士は合格すると、任意の研修制度はあるものの、すぐにでも開業が可能です。資格取得から仕事に就くまで待たされることはありません。

~司法書士は定年がなく生涯現役!~

「人生100年時代」を迎える一方で少子高齢化の進む日本において、高齢者の活躍は社会的なニーズであり、高齢者自身にとっても、働き続けることは人生をより豊かにする選択肢の一つといえます。
司法書士は、会社員や公務員のように定年がなく、また、年を重ねることによる人生経験や実績、人脈がものを言う仕事ですので、生涯現役として働き続けることができます。

必見!社会人向けセミナー

司法書士が社会人に人気の理由・
社会人が司法書士を目指すメリット

フルタイムで働きながら合格し、司法書士として活躍中の中山慶一講師が、なぜいま社会人に司法書士が人気なのか、また社会人が司法書士を目指すメリット等について実体験を交えて解説します。

働きながら合格!社会人学習体験記

通勤時間に講義の音声を聞いてスキマ時間を有効活用!

渡辺 将太 さん(2021年度司法書士試験合格)

 家庭があったのでこれまで通り仕事は続けながらの受講になりました。また、講義が始まる同時期に子供が生まれたので、仕事に育児と勉強になりました。仕事に育児もあったので、どうしても一発合格したいと考えたときに、効率良く勉強をするカリキュラムが出来上がっている予備校を利用するのがいいと思いました。妻や家族の支えがあり並立しながら一発合格ができました。
 平日は早朝2時間勉強をして、仕事の昼休み1時間の計3時間学習しました。車通勤だったので朝に視聴した講義を音声だけですが車内で聞き復習していました。
 仕事が休みの日も生活リズムを変えないように早朝勉強し、子供が昼に寝ている時間などを利用して平均5時間くらい学習しました。<また、私は睡眠時間を必ず確保するようにしていました。そのため大きな体調不良もなく勉強するときは集中してすることができました。
 合格率が低く難しい試験ですが、講義やテキストをしっかりやれば合格できます。私も勉強が嫌になったときはありましたが、そんなときは司法書士を目指した動機を思い出して、頑張ってください。

通勤時間を有効利用しました!

記内 義幸 さん(2020年度司法書士試験合格)

 通勤時間の2.5時間を利用して、行き帰りの電車の中で、膝の上に会社カバン、その上にDVDプレーヤーを置いて、テキストを小さく広げて毎日講義を視聴しました。通勤がある平日は、毎日欠かさずDVDを順番に視聴して勉強しましたが、基礎講義が一通り終わるまで(試験がある年の1月頃まで)は、通勤が無い週末は勉強せずに息抜きをしました。試験がある年の1月からは、記述式勉強に入り、通勤時間のDVD視聴に加えて、昼休み30分、帰宅後1時間程度、記述問題を解く時間を増やし、試験の半年前(3月)からは、更に週末も勉強する時間を入れて本格的な試験勉強を行いました。
 仕事が立て込む時期や社内外問わず会食があると遅い帰社時間になってしまう日や飲酒する日もありましたが、5分でも良いから必ずテキストを開くようにして、勉強との接点が切れないように心掛けました。その代わり、週末は一切勉強をせず家族との時間を持ち、気持ちの切り替えをして長い受験期間を過ごしました。最後の半年間は、気持ちの緩みや甘えが生じないよう、受験することを周囲の人に宣伝し、退路を断って合格に向けて自分を追い込むようにしました。
 20ヵ月コース(コロナの影響で約3か月延長)は根詰めたらもたないと思ったので、週末は勉強から離れるように意識しました。最後の3か月間は、1日勉強部屋に籠る必要があったため、事前に家族に事情を説明して、理解を得ておきました。
 合格率の低さに最初は身構えるかもしれませんが、記念受験や思考トレーニングの為に受験されている方が多いのも事実です。気負わずに、やることをしっかりやっていれば受かる試験ですので、焦らず一歩ずつ一問ずつ積み重ねていきましょう。

社会人でも継続可能なプログラムで助かりました!

黒瀧 秀一 さん(2020年度司法書士試験合格)

 始めは独学で山本先生のオートマに取り組み、それをきっかけにTACの答練だけ受けていましたが、答練はできるようになっても本番では結果が出ませんでした。この試験は科目数が多く、穴ができやすいと感じていたので、受験指導の専任講師の指導を受けることにしました。前年は姫野先生の直前出題予想講座もたまたま受講して、その講義がとても分かりやすく、また予想論点も結構的中したことに驚いていたので、迷わず姫野先生の中上級を理論編から受講しました。働きながら勉強を続ける者にも継続可能なプログラムだったことも非常に大きな要因でした。
 月並みですが、仕事との両立が大変でした。仕事が忙しいことを言い訳にはできませんが、限界を感じたことも幾度となくありました。その中でも、毎日少しでも前に進んでいる感覚を持ち続けられるよう心がけていました。平日は帰宅後あまり時間がとれませんでしたので、行き帰りの電車と昼休みを使って時間不足をカバーしていました。その分、土日は頑張るようにしました。
 カリキュラムが、社会人の学習継続に配慮された時間設定やプログラムで継続するうえでとても助かりました。また、中上級講座に関しては、その全てをやりつくせば合格が見えてくるという一気通貫のプログラムで信頼できました。
 この試験に限りませんが、難易度が結構高い分、勉強のノウハウが相当必要というのが私の実感です。どの時期に何をどこまでできるようになるべきなのか、この時期は何をするべきなのか、本番当日はどのような心構えでどのような時間配分で解いていくべきなのか等々、予備校はそうしたところを知るのにご利用されるととても良いと思います。講師と講師の教材を信頼し、ノウハウを吸収して充実した毎日を過ごしていただきたいと思います。

隙間時間をフル活用することで、仕事や家庭と両立しながら合格できました!

小林 和弘 さん(2019年度司法書士試験合格)

 いつか学生時代に学んだ法律の知見を活かして、より直接的に人に役立つ仕事をしたいと思っていましたが、転職となるため、何か強みとなる資格を取りたいと考えました。私が勉強を始めた当初は1歳の子供がおり、フルタイムで働きながらの勉強であったため、極力短期間で合格したいと思っていました。週末はある程度まとまった時間を使えそうに思えましたが、実際は平日に先送りしている雑多な事や家の手伝いなどに追われ、土曜日はあまり勉強時間を確保できず、日曜日は子供の世話をしつつ隙間時間を見つけて勉強した感じです。
 働きながらの勉強であり、平日に確保できる勉強時間は1日当たり多くても5時間前後だと考えたため、試験範囲が膨大である司法書士試験においては効率的な学習が不可欠でした。そこで真っ先に予備校の活用を考え、Web講義で講座を取ることにしました。やはり多くの合格者を輩出している大手予備校を探し、さらに数々の書籍を出版されているような特に有名な講師に教わるのが一番だと思ったため、山本講師及び竹下講師の講座を取ることに決めました。
 平日は日中仕事で夜勉強という生活だったので、週末は多少なりとも疲れがたまってしまうことから、睡眠時間を多く取るようにしました。また、普段あまり相手が出来ない子供と一緒に遊ぶ時間を少しでも作ることで、勉強を続けるモチベーションを保つようにしました。ただ、2人の未就学児を抱えての受験勉強となったことから、家族の大きな支えが必要不可欠であったことは言うまでもありません。
 特に社会人の皆様は、勉強するにあたって、1年でも早く合格できるよう、隙間時間を効率的に使うことをお勧めします。私は、通勤電車の中や昼休みなど、少しでも時間があれば絶えずテキストの読み込みなどを行っていました。是非、最後の最後まで諦めずに合格を勝ち取ってください。この体験記を読んでくださった皆様のことを心から応援しております。

司法書士を目指す40代社会人が語る!「乙ちゃんブログ」

会社勤めをしながら、司法書士を目指すことにした「乙ちゃん(おっちゃん)」が、日々の暮らしから司法書士試験のことまで、徒然なるままに語ります。日々の息抜きや、試験勉強のお供として、ぜひご覧ください!

他業界から司法書士へ転身!実務家インタビュー

「一般OL」から司法書士へ!

短大を卒業し、一般事務職として働いた後、31歳で司法書士をめざした音島恭子さん。自身で道を切り開くとともに、人との出会いを大切にしてステップアップを実現してきた音島さんの実体験と今後の夢について、お話をお聞きしました。

「営業職」から司法書士へ!

営業で培った「相手のメリットになるサービス、人の役に立つサービス」。そして「起業したい」という夢を胸に飛び込んだ司法書士の世界。総勢100人超の総合士業グループであるみつ葉グループを率いる司法書士の島田雄左さんの軌跡から「士業の多様化」を探ります。

司法書士の就職状況・所得は?

時代に左右されない就業に強い資格、それが司法書士です。司法書士の就職状況・所得、実務家インタビューなどをご覧ください。

社会人の受験をバックアップ!「一般教育訓練給付制度」

ハローワークから受講費の20%が支給される制度です!

雇用保険の被保険者(または被保険者であった方)のうち一定の要件に該当する方が、厚生労働大臣の指定したWセミナー司法書士講座指定コースを一定の条件を満たして修了した場合に支給されます。

Wセミナーはあなたにあった合格法が選べます!

初学者向け【初学者対象コース】

初学者対象コースをご検討の方は「コース選択のPOINT」もご参照ください。

楽しく“効率的”に学ぶ!

3段階学習で“確実性”を高める!

受験・学習経験者向け【中上級者対象コース】

“網羅性”を高めた確実な合格の方法論!

“ズバリ的中”続出!段階的に合格力を養成

“応用力”の養成を重視!

shisho_panftop.png

デジタルパンフレットを閲覧する

資格の最新情報やTACのコースを掲載したパンフレットを、お使いのデバイスでいますぐご覧いただけます。

お申込いただいた場合、個人情報の取り扱いにご同意いただいたものとして取り扱わせていただきます。

司法書士についてもっと知ろう!

司法書士試験について知ろう

司法書士試験科目の難易度・内容・学習方法

試験概要

司法書士試験概要

司法書士試験の概要、その難しさ=目指す価値の高さ等についてなどについてご説明します。続きを読む »

司法書士試験科目の難易度・内容・学習方法

司法書士試験科目の難易度・内容・学習方法

司法書士試験科目の難易度・内容・学習方法

司法書士試験科目の難易度・内容・学習方法などについて簡潔にご説明します。続きを読む »

司法書士を学ぼう

司法書士試験は独学で合格できる?

司法書士試験は独学で合格できる?

司法書士試験は独学で合格できる?

難関試験とされる司法書士試験を独学で合格するのは、必ずしも無理ではありません。ただし、次のような困難が伴うのも確かです。続きを読む »

学生が司法書士を目指すメリット・大学との両立

学生が司法書士を目指すメリット・大学との両立

大学との両立

学生が司法書士を目指すメリット・大学との両立についてご説明します。続きを読む »

資格をかけ合わせて、さらに上を目指そう

司法書士と他資格との比較・関連

他資格との比較・関連

司法書士と他資格との比較・関連

法務手続き、不動産、相続、訴訟等、司法書士は様々な士業と隣接・関連しています。続きを読む »

宅建士から司法書士へのステップアップ

宅建士からのステップアップ

宅建士から司法書士へのステップアップ

宅建士と司法書士は、実務においても、試験においても関連が深く、ダブルライセンスに最適です。続きを読む »

行政書士から司法書士へのステップアップ

行政書士からのステップアップ

行政書士から司法書士へのステップアップ

行政書士と司法書士は、実務においても、試験においても関連が深く、ダブルライセンスに最適です。続きを読む »

司法書士への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

資料請求

無料講座説明会

まずは「知る」ことから始めましょう! 無料セミナーを毎月実施しています。

お気軽にご参加ください!

無料講座説明会

司法書士講座のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

詳細を見る

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。通信講座は、お申し込み後すぐにご受講可能!

スムーズ・簡単!

申し込む

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

TAC受講相談

>TAC受講相談