国家公務員の試験倍率データと傾向を大公開!

国家公務員の倍率と傾向を知ろう!

試験の倍率を詳しく調べることも、公務員試験にはかかせません。
なぜなら、公務員試験は就職試験なのでライバルに勝って最終合格しなくてはならないからです。
そのためには、どの試験種が人気があるのか?逆に近年狙い目の試験種があるのか?知っておくことが重要です。

このページでは、国家公務員試験の倍率を詳しいデータ(TAC調べ)をまとめて提供しています。
倍率のデータは過去4年分、受験者数などのより詳しいデータは過去3年分をご用意。

自分の希望する試験種の倍率や、併願を考える場合などの参考にしてはどうでしょうか?

2020年(令和2年)実施結果追加!

2020年の採用試験実施結果(2020/10/20までに判明分)を追加しました。
1次試験の日程変更等の影響もあり、前年までと比べて受験者数が減少している試験種・区分が多く、倍率も低下しています。参考値としてご覧ください。

国家総合職(法律区分・経済区分など)の倍率

国家総合職 主要3受験区分の倍率グラフ

国家総合職 主要3試験種の倍率グラフ

ここがポイント!

  • 倍率のレンジは、5倍~20倍
  • 2020年は受験者数が前年から半減以下となった区分も多く、倍率が大幅に低下した。
  • [政治・国際]2016年に試験制度変更し、受験しやすくなった。その後、安定的に最終合格者が増加中のため倍率が低下。

倍率の推移

2016年 2017年 2018年 2019年 2020年
法律 14.3 17.0 18.1 17.0 8.6
経済 7.0 7.8 8.5 8.6 4.5
政治・国際 19.5 17.8 16.6 9.9 3.3
人間科学 8.6 4.6 8.8 8.6 6.1
工学 6.1 6.0 7.4 6.1 2.6
数理科学・物理・地球科学 5.2 7.4 9.3 8.1 4.5
化学・生物・薬学 9.0 13.8 13.0 11.9 8.5
農業科学・水産 5.8 6.6 4.9 4.3 3.1
農業農村工学 3.3 8.4 5.7 4.6 2.2
森林・自然環境 10.5 11.1 9.5 8.5 4.0

国家総合職過去3年分倍率データ [受験者数・1次合格者数・2次合格者数・倍率]

  • 2020

  • 2019

  • 2018

  • 2017

受験者数 1次合格者数 最終合格者数 倍率
行政(院卒) 221 202 127 1.7
法律 3,466 885 401 8.6
経済 631 332 141 4.5
政治・国際 413 221 125 3.3
人間科学 195 61 32 6.1
工学 773 426 292 2.6
数理科学・物理・地球科学 127 53 28 4.5
化学・生物・薬学 264 58 31 8.5
農業科学・水産 253 141 81 3.1
農業農村工学 114 87 52 2.2
森林・自然環境 132 56 33 4.0
受験者数 1次合格者数 最終合格者数 倍率
行政(院卒) 347 290 168 2.1
法律 7,614 965 449 17.0
経済 1,438 345 168 8.6
政治・国際 852 160 86 9.9
人間科学 336 73 39 8.6
工学 1,212 386 199 6.1
数理科学・物理・地球科学 170 44 21 8.1
化学・生物・薬学 358 57 30 11.9
農業科学・水産 379 170 88 4.3
農業農村工学 176 72 38 4.6
森林・自然環境 229 50 27 8.5
受験者数 1次合格者数 最終合格者数 倍率
行政(院卒) 426 328 174 2.4
法律 8,529 1,002 471 18.1
経済 1,654 426 194 8.5
政治・国際 1,048 122 63 16.6
人間科学 333 70 38 8.8
工学 1,413 365 192 7.4
数理科学・物理・地球科学 196 43 21 9.3
化学・生物・薬学 417 58 32 13.0
農業科学・水産 428 165 88 4.9
農業農村工学 194 57 34 5.7
森林・自然環境 237 46 25 9.5
受験者数 1次合格者数 最終合格者数 倍率
行政(院卒) 453 363 196 2.3
法律 8,576 1,032 504 17.0
経済 1,641 437 210 7.8
政治・国際 995 117 56 17.8
人間科学 350 76 76 4.6
工学 1,454 486 243 6.0
数理科学・物理・地球科学 223 68 30 7.4
化学・生物・薬学 512 71 37 13.8
農業科学・水産 452 131 69 6.6
農業農村工学 346 75 41 8.4
森林・自然環境 289 50 26 11.1

関連コンテンツはコチラ↓↓

  • 公務員の流れと日程
  • 公務員の試験内容

国家一般職(行政職 関東甲信越など)の倍率

国家一般職 主な行政職の倍率グラフ

国家一般職 主な行政職の倍率グラフ

ここがポイント!

  • 倍率のレンジは、2倍~6倍
  • 2020年は全国的に受験者数が減少。減少幅の大きかった関東甲信越、近畿も倍率が4倍を切る結果に。
  • [関東甲信越] 2016年と2019年を比較すると、最終合格者数▲13人に対し、1次受験者数は▲1,626人と減少。さらに2020年は受験者数が大幅に減少し、倍率も低下。

倍率の推移

2016年 2017年 2018年 2019年 2020年
行政 北海道 2.5 2.4 2.6 2.2 2.1
行政 東北 3.5 3.5 3.1 2.7 3.1
行政 関東甲信越 4.9 4.9 4.9 4.0 3.4
行政 東海北陸 3.3 3.6 2.9 2.8 3.4
行政 近畿 4.5 4.5 4.0 4.1 3.5
行政 中国 3.5 3.1 2.7 2.5 2.0
行政 四国 4.2 4.4 3.4 3.6 2.6
行政 九州 4.8 5.0 3.6 3.2 2.9
行政 沖縄 4.9 5.8 3.7 3.0 3.4
電気・電子・情報 1.5 1.7 1.6 1.5 1.8
機械 1.4 1.8 1.6 1.5 1.7
土木 1.9 1.7 1.8 1.8 2.3
建築 1.9 2.0 1.7 1.8 2.2
物理 1.6 1.7 1.5 1.5 1.6
化学 5.0 3.8 3.1 2.1 1.7
農学 4.1 3.9 2.8 2.6 2.3
農業農村工学 1.7 2.3 1.6 1.8 2.7

国家一般職過去3年分倍率データ [受験者数・1次合格者数・2次合格者数・倍率]

  • 2020

  • 2019

  • 2018

  • 2017

受験者数 1次合格者数 最終合格者数 倍率
行政 北海道 656 535 314 2.1
行政 東北 1,023 645 325 3.1
行政 関東甲信越 5,378 2,310 1,572 3.4
行政 東海北陸 1,761 939 518 3.4
行政 近畿 1,966 948 566 3.5
行政 中国 938 716 480 2.0
行政 四国 633 430 248 2.6
行政 九州 1,776 933 605 2.9
行政 沖縄 492 209 143 3.4
電気・電子・情報 240 203 136 1.8
機械 182 160 106 1.7
土木 709 624 306 2.3
建築 99 95 46 2.2
物理 204 180 129 1.6
化学 304 271 177 1.7
農学 437 361 190 2.3
農業農村工学 125 121 46 2.7
林学 245 237 124 2.0
受験者数 1次合格者数 最終合格者数 倍率
行政 北海道 848 581 393 2.2
行政 東北 1,275 693 473 2.7
行政 関東甲信越 7,212 2,565 1,792 4.0
行政 東海北陸 2,177 1,135 770 2.8
行政 近畿 2,624 873 641 4.1
行政 中国 1,235 629 486 2.5
行政 四国 843 353 231 3.6
行政 九州 2,225 944 689 3.2
行政 沖縄 600 252 200 3.0
電気・電子・情報 329 280 213 1.5
機械 203 172 135 1.5
土木 1,115 881 622 1.8
建築 162 128 89 1.8
物理 230 198 156 1.5
化学 373 263 176 2.1
農学 609 367 234 2.6
農業農村工学 208 191 116 1.8
林学 321 273 189 1.7
受験者数 1次合格者数 最終合格者数 倍率
行政 北海道 959 542 363 2.6
行政 東北 1,404 644 453 3.1
行政 関東甲信越 8,293 2,493 1,696 4.9
行政 東海北陸 2,385 1,133 814 2.9
行政 近畿 2,998 993 749 4.0
行政 中国 1,279 577 466 2.7
行政 四国 911 378 269 3.4
行政 九州 2,390 972 655 3.6
行政 沖縄 689 240 186 3.7
電気・電子・情報 376 335 240 1.6
機械 242 209 153 1.6
土木 1,318 1,075 750 1.8
建築 200 152 116 1.7
物理 286 231 191 1.5
化学 407 204 130 3.1
農学 687 372 244 2.8
農業農村工学 192 179 119 1.6
林学 381 275 188 2.0
受験者数 1次合格者数 最終合格者数 倍率
行政 北海道 893 524 375 2.4
行政 東北 1,407 620 406 3.5
行政 関東甲信越 8,427 2,608 1,724 4.9
行政 東海北陸 2,457 1,036 691 3.6
行政 近畿 2,963 965 664 4.5
行政 中国 1,338 549 432 3.1
行政 四国 872 303 199 4.4
行政 九州 2,501 732 504 5.0
行政 沖縄 737 187 128 5.8
電気・電子・情報 491 387 287 1.7
機械 285 223 161 1.8
土木 1,292 1,105 758 1.7
建築 260 219 132 2.0
物理 289 218 173 1.7
化学 487 211 127 3.8
農学 703 282 181 3.9
農業農村工学 234 160 100 2.3
林学 412 253 163 2.5

関連コンテンツはコチラ↓↓

  • 公務員の流れと日程
  • 公務員の試験内容

国家専門職・裁判所 他(外務専門職など) の倍率

国家専門職・裁判所 主な専門職の倍率グラフ

国家専門職・裁判所 主な専門職の倍率グラフ

ここがポイント!

  • 2020年は受験者数が減少しているものの、国家総合職・国家一般職と比較すると減少幅は小さめ
  • [国税専門官・財務専門官]2020年は受験者数の減少に対し、最終合格者が増加しているため倍率が大きく低下
  • [外務専門職]2018年に試験制度変更:専門試験3科目必須→1科目必須+選択1科目になり、倍率アップ
  • [裁判所・東京]2016年は東京都・特別区と1次試験日が重なり、受験者数が激減、低倍率となった。 翌年はもとに戻ったが、2018・2019年と最終合格者数を大幅に増やしているため倍率低下。

倍率の推移

2016年 2017年 2018年 2019年 2020年
国税専門官 3.7 3.4 3.4 3.0 2.3
財務専門官 5.1 4.7 3.9 3.3 2.4
労働基準監督官A(法文系) 5.0 4.6 4.3 4.1 3.7
労働基準監督官B(理工系) 4.6 4.4 2.8 2.8 3.0
外務省専門職員 5.0 5.7 6.4 5.3 4.3
皇宮護衛官(大卒) 20.5 24.5 11.7 17.6 9.6
裁判所一般職(大卒)東京高等裁判所 5.0 8.7 6.6 6.1 -
裁判所一般職(大卒)大阪高等裁判所 10.9 11.3 12.4 9.5 -
裁判所一般職(大卒)名古屋高等裁判所 10.5 9.5 7.5 7.2 -
裁判所一般職(大卒)広島高等裁判所 10.9 5.0 5.6 7.1 -
裁判所一般職(大卒)福岡高等裁判所 16.1 13.5 11.3 7.9 -
裁判所一般職(大卒)仙台高等裁判所 5.4 7.1 8.4 5.4 -
裁判所一般職(大卒)札幌高等裁判所 7.7 3.6 3.1 6.1 -
裁判所一般職(大卒)高松高等裁判所 10.2 8.2 9.3 10.2 -

国家専門職過去3年分倍率データ [受験者数・1次合格者数・2次合格者数・倍率]

  • 2020

  • 2019

  • 2018

  • 2017

受験者数 1次合格者数 最終合格者数 倍率
国税専門官 9,052 7,189 3,903 2.3
財務専門官 1,338 911 560 2.4
労働基準監督官A(法文系) 1,318 1,119 358 3.7
労働基準監督官B(理工系) 355 307 118 3.0
外務省専門職員 217 105 51 4.3
皇宮護衛官(大卒) 472 173 49 9.6
裁判所一般職(大卒)東京高等裁判所 - - - -
裁判所一般職(大卒)大阪高等裁判所 - - - -
裁判所一般職(大卒)名古屋高等裁判所 - - - -
裁判所一般職(大卒)広島高等裁判所 - - - -
裁判所一般職(大卒)福岡高等裁判所 - - - -
裁判所一般職(大卒)仙台高等裁判所 - - - -
裁判所一般職(大卒)札幌高等裁判所 - - - -
裁判所一般職(大卒)高松高等裁判所 - - - -
受験者数 1次合格者数 最終合格者数 倍率
国税専門官 10,490 6,154 3,514 3.0
財務専門官 1,721 850 526 3.3
労働基準監督官A(法文系) 1,560 1,111 379 4.1
労働基準監督官B(理工系) 546 194 2.8
外務省専門職員 253 101 48 5.3
皇宮護衛官(大卒) 633 139 36 17.6
裁判所一般職(大卒)東京高等裁判所 3,196 1,385 520 6.1
裁判所一般職(大卒)大阪高等裁判所 1,427 433 150 9.5
裁判所一般職(大卒)名古屋高等裁判所 1,076 453 150 7.2
裁判所一般職(大卒)広島高等裁判所 642 298 90 7.1
裁判所一般職(大卒)福岡高等裁判所 1,189 555 150 7.9
裁判所一般職(大卒)仙台高等裁判所 478 268 88 5.4
裁判所一般職(大卒)札幌高等裁判所 380 189 62 6.1
裁判所一般職(大卒)高松高等裁判所 460 151 45 10.2
受験者数 1次合格者数 最終合格者数 倍率
国税専門官 11,678 6,075 3,479 3.4
財務専門官 2,058 869 526 3.9
労働基準監督官A(法文系) 1,718 1,043 396 4.3
労働基準監督官B(理工系) 605 545 216 2.8
外務省専門職員 316 104 49 6.4
皇宮護衛官(大卒) 844 245 72 11.7
食品衛生監視員 338 98 62 5.5
法務省専門職員(人間科学)矯正心理専門職A(男子) 100 87 44 2.3
法務省専門職員(人間科学)矯正心理専門職B(女子) 159 89 60 2.7
法務省専門職員(人間科学)法務教官A(男子) 834 288 159 5.2
法務省専門職員(人間科学)法務教官B(女子) 314 166 104 3.0
法務省専門職員(人間科学)法務教官A(社会人男子) 69 43 23 3.0
法務省専門職員(人間科学)法務教官B(社会人女子) 26 7 5 5.2
法務省専門職員(人間科学)保護監察官 220 114 80 2.8
裁判所一般職(大卒)東京高等裁判所 3,180 1,199 480 6.6
裁判所一般職(大卒)大阪高等裁判所 1,616 383 130 12.4
裁判所一般職(大卒)名古屋高等裁判所 1,118 429 150 7.5
裁判所一般職(大卒)広島高等裁判所 621 336 110 5.6
裁判所一般職(大卒)福岡高等裁判所 1,131 255 100 11.3
裁判所一般職(大卒)仙台高等裁判所 553 220 66 8.4
裁判所一般職(大卒)札幌高等裁判所 138 112 45 3.1
裁判所一般職(大卒)高松高等裁判所 467 173 50 9.3
衆議院事務局総合職(大卒) 218 70 2 109.0
衆議院事務局一般職(大卒) 527 184 16 32.9
受験者数 1次合格者数 最終合格者数 倍率
国税専門官 11,504 5,962 3,341 3.4
財務専門官 2,474 956 527 4.7
労働基準監督官A(法文系) 1,567 841 339 4.6
労働基準監督官B(理工系) 613 498 139 4.4
外務省専門職員 274 106 48 5.7
皇宮護衛官(大卒) 1,028 139 42 24.5
法務省専門職員(人間科学)矯正心理専門職A(男子) 93 77 34 2.7
法務省専門職員(人間科学)矯正心理専門職B(女子) 182 32 19 9.6
法務省専門職員(人間科学)法務教官A(男子) 897 269 140 6.4
法務省専門職員(人間科学)法務教官B(女子) 328 96 60 5.5
法務省専門職員(人間科学)法務教官A(社会人男子) 69 25 16 4.3
法務省専門職員(人間科学)法務教官B(社会人女子) 22 10 6 3.7
法務省専門職員(人間科学)保護監察官 188 102 71 2.6
裁判所一般職(大卒)東京高等裁判所 3,040 1,144 350 8.7
裁判所一般職(大卒)大阪高等裁判所 1,525 352 135 11.3
裁判所一般職(大卒)名古屋高等裁判所 1,098 311 115 9.5
裁判所一般職(大卒)広島高等裁判所 522 289 104 5.0
裁判所一般職(大卒)福岡高等裁判所 1,151 216 85 13.5
裁判所一般職(大卒)仙台高等裁判所 578 232 81 7.1
裁判所一般職(大卒)札幌高等裁判所 147 110 41 3.6
裁判所一般職(大卒)高松高等裁判所 408 162 50 8.2

関連コンテンツはコチラ↓↓

  • 公務員の流れと日程
  • 公務員の試験内容

公務員への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

資料請求

無料講座説明会

まずは「知る」ことから始めましょう! 無料セミナーを毎月実施しています。

お気軽にご参加ください!

無料講座説明会

公務員講座のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

詳細を見る

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。

スムーズ・簡単!

申し込む

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

TAC受講相談

>TAC受講相談