筆記試験に合格しても「最終合格」しないと意味がない! 大卒レベルの公務員試験に「最終合格」したいなら
TAC・Wセミナー ~合格実績~

2020年度 公務員試験

国家公務員(大卒程度)

1,887

国家公務員(大卒程度)
国家総合職(大卒) 118名
国家総合職(院卒・行政区分) 15名
国家総合職(教養) 23名
国家総合職(その他) 6名
国家一般職(大卒) 738名
国税専門官 556名
財務専門官 97名
労働基準監督官 45名
外務専門職 40名
法務省専門職(人間科学) 1名
裁判所総合職 5名
裁判所一般職(大卒) 175名
衆議院事務局一般職(大卒) 5名
参議院事務局総合職 3名
防衛省専門職 26名
自衛隊幹部候補生 22名
航空管制官 4名
皇宮護衛官 3名
食品衛生監視員 2名
海上保安官 1名
農林水産省水産系技術職 2名

地方公務員(大卒程度)

2,402

地方公務員(大卒程度)
特別区I類 325名
東京都I類A 17名
東京都I類B 122名
道府県上級 699名
政令指定都市上級 509名
市町村上級 457名
警視庁職員I類 3名
東京消防庁職員Ⅰ類事務 1名
警察官(大卒) 115名
消防官(大卒) 154名

国立大学法人等(大卒レベル) 160名
独立行政法人(大卒レベル) 2名
その他公務員 28名

2020年度公務員講座生※1
最終合格者延べ人数※2

4,479

  • 公務員講座生とは公務員試験対策講座において、目標年度に合格するために必要と考えられる、講義、演習、論文対策、面接対策等をパッケージ化したカリキュラムの受講生です。単科講座や公開模試のみの受講生は含まれておりません。
  • 同一の方が複数の試験種に合格している場合は、それぞれの試験種に最終合格者としてカウントしています。(実合格者数は2,903名です。)

2021年1月26日時点で、調査にご協力いただいた方の人数です。

2020年度 国家総合職試験

2018年~2020年度
国家総合職試験 公務員講座生※1

最終合格者数 累計実績※2

612

法律区分 250名
経済区分 115名
政治・国際区分 96名
教養区分 70名
院卒者試験行政区分 46名
その他区分 35名
  • 公務員講座生とは公務員試験対策講座において、目標年度に合格するために必要と考えられる、講義、演習、論文対策、面接対策等をパッケージ化したカリキュラムの受講生です。各種オプション講座や公開模試など、単科講座のみの受講生は含まれておりません。
  • 2018年度244名(法律109名/経済52名/政治・国際26名/教養29名/院卒行政11名/その他17名) 2019年度206名(法律81名/経済43名/政治・国際32名/教養18名/院卒行政20名/その他12名)
    2020年度162名(法律60名/経済20名/政治・国際38名/教養23名/院卒行政15名/その他6名)

上記は2021年1月26日時点で、調査にご協力いただいた方の人数です。

2020年度 外務専門職試験

最終合格者総数51名のうち40名が、
Wセミナー講座生※1

2020年度 外務専門職試験

合格者占有率※2

78.4%

  • Wセミナー講座生とは、公務員試験対策講座において、目標年度に合格するために必要と考えられる、講義、演習、論文対策、面接対策等をパッケージ化したカリキュラムの受講生です。各種オプション講座や公開模試など、単科講座のみの受講生は含まれておりません。また、Wセミナー講座生はそのボリュームから他校の講座生と掛け持ちすることは困難です。
  • 合格者占有率は「Wセミナー講座生(※1)最終合格者数」を、「外務専門職試験の最終合格者総数」で除して算出しています。また、算出した数字の小数点第二位以下を四捨五入して表記しています。

上記は2020年11月3日時点で調査にご協力いただいた方の人数です。