科目別合格戦略
TACはここが違う!合格できる「理由」を完全公開

相続税法の戦略

財産が無償で個人から他の個人に渡った場合に取得した者に課される税金について定めた相続税法という法律の考え方・解釈を学習する科目。試験は理論と計算に分けて出題されますが、国税三法の中で唯一簿記の知識を必要としません。
合否を分ける“財産評価”を制し、ライバルに差をつけ合格を勝ち取る!

豊富な「財産評価対策」が優位性を生み出す

豊富な「財産評価対策」が優位性を生み出す

合否を分ける財産評価を重視した講義!

相続税法の本試験を突破するために重要なことは、いかに出題されている財産を正確に評価できるかです。TACではその点を重視し、財産の評価方法を網羅的に学習するカリキュラムを構築しています。これにより、本試験で初めて出題されるような財産であっても、TACの受講生ならいつもの答練のように、落ち着いて対処することができるため、ライバルに大きな差をつけることができます。

理論と計算の「リンク学習」カリキュラム

理論と計算の「リンク学習」カリキュラム

相乗効果を発揮できる効率的学習法!

TAC相続税法のカリキュラムは、計算だけでなく理論についても定評があります。これは、理論と計算が体系化されており、理論のみでは理解しづらい部分についても、計算の知識と同時に学習を進めていくことで補完しあい、相乗効果を発揮できるからです。相続税法は理論的な部分が計算の根拠となっているため、相互的に学習していくことが効率的なのです。

本試験を見据え選び抜かれた総合問題

本試験を見据え選び抜かれた総合問題

総合計算問題も研究・対策済み!

相続税法では、財産評価という個々の問題を解答できても、総合問題で出題されると問題が解けなくなってしまうということが多々あります。しかし、TACの答練では、学習した財産評価が本試験でどのように出題されるかについて研究し、出題をしています。そのためTACの答練と同じ問題が何度も本試験において出題されています。

講師からのメッセージ
田辺 佑輔先生相続税法講師
田辺 佑輔
財産評価の難化傾向も、TACなら安心です!
近年の本試験では財産評価が難化しているという傾向があります。特に、宅地及び取引相場のない株式は実務的な取扱いが多く出題されています。しかし、TACでは、そのほとんどをカリキュラムで取り上げるため、無理なく学習することができます。
また、理論についても事例問題が出題されますが、演習を通じて「考える」学習を行うことができます。本試験では、TACの演習と同様の問題が出題されていますので、その的中率に本試験中、驚かれると思います。
TAC品質宣言
TACなら終始一貫したペースで学習を進めることができます。
TACでは試験直前期よりもずっと前から答案作成の練習を授業内で行っていきます。だから試験直前期に入り突然、答案練習量が膨大に増えて学習の負担が大きくなる、という心配はありません。「終始一貫したペースで安心して学習が進められる」TACが多くの合格者に選ばれる理由の一つです。
結論
資料請求
講座説明会/受講相談
税理士講座に関する詳しいパンフレットを無料でお送りしております。ご請求はこちらから
講座説明会と受講相談をTAC各校にて実施しております。講座説明会はネット動画配信もしております。詳しくはこちらから
資格の学校TACのご案内
開講講座