科目別合格戦略
TACはここが違う!合格できる「理由」を完全公開

簿記論の戦略

簿記論は企業の営業活動をどのように記録し、計算するかを学習する科目。試験は制限時間2時間で3問出題され、第1・2問は大学教授が出題するため学問的な問題、第3問は実務家が出題するため実務的な問題が多く出題されます。総合計算問題に対する“解法力”を磨き合格点の獲得を実現!

教材間の連携により、実力がステップアップ!

確実な理解へと導く「ワークブック」

最重要となるコア問題を確実にマスターすることが合格の秘訣!

基本テキストには各論点ごとに、理解を深めるための「設例」が盛り込まれています。この設例は言わば、各論点の理解を深めるためのコア問題。100%計算問題で占められる簿記論合格のためには、基礎となる一つひとつの仕訳や計算式を確実に消化し、自分の知識として吸収する必要があります。TACでは、この設例を出発点として、様々な問題パターンを出題します。また、難易度も実力テストへ向けて、ステップアップできるように作成しています。

「得点力養成講義」で総合問題対策を強化

「解法講義」で総合問題対策を強化

総合問題を解く力が自然に身につく!

簿記論合格のためには、総合問題でライバルに差をつけることが最大のポイントとなります。すなわち、各論点の知識の習得だけでなく、実践力の強化が必要となります。TACでは、毎月実施する実力テストの他に、総合問題の解答に必要な「集計力」や「資料を読み取る力」などを磨いていく「得点力養成講義」を実施。合格に必要な実践対応力の強化を実現します。

充実したトレーニングと豊富な解答解説

充実したトレーニングと豊富な解答解説

どこよりも詳しく!かつ分かりやすい解説を掲載

講義で学習した内容は、トレーニング(問題集)を使用して復習を行います。しかし税理士初挑戦の方が多い簿記論では、学習のコツを掴むまで、思ったように復習が進まないことも・・・。しかしTACなら安心です。トレーニングには、非常に充実した「解答への道」を収録!解答の導き方が、順を追って分かりやすく詳細に解説されているので、一人で復習していても迷うことなく、正しい理解のもとに復習を進めることができます。
講師からのメッセージ
安部 洋平先生簿記論講師
安部 洋平
簿記論合格に必要なことは総合問題解法力です。TACにはそのメソッドがあります。
簿記論合格には、本試験の出題傾向にあわせて精選された各論点の理解は勿論のこと、総合問題として出題された時、『解法』『資料の読み取り』『解答要求の取捨選択』『タイム・マネジメント』などの合格答案作成能力が絶対に必要となります。しかし、これらのテクニックを自力で身につけようと思っても、なかなかうまくできないものですし、社会人の方にはかなりの負担となります。TACでは、それらのテクニックを具現化し、精選された豊富な演習問題に基づき、メソッドとして惜しみなく受講生に提供します。
TAC品質宣言
TACなら終始一貫したペースで学習を進めることができます。
TACでは試験直前期よりもずっと前から答案作成の練習を授業内で行っていきます。だから試験直前期に入り突然、答案練習量が膨大に増えて学習の負担が大きくなる、という心配はありません。「終始一貫したペースで安心して学習が進められる」TACが多くの合格者に選ばれる理由の一つです。
結論
資料請求
講座説明会/受講相談
税理士講座に関する詳しいパンフレットを無料でお送りしております。ご請求はこちらから
講座説明会と受講相談をTAC各校にて実施しております。講座説明会はネット動画配信もしております。詳しくはこちらから
資格の学校TACのご案内
開講講座