科目別合格戦略
TACはここが違う!合格できる「理由」を完全公開

住民税の戦略

所得のある個人及び法人等に対して課される税金で、地方税法に定められている道府県民税及び市町村民税に関する内容について問われる科目。試験は理論と計算に分けられ、理論は個人または法人から2問、計算は総合問題が出題されます。なお、所得税に関する基礎知識があれば効率的に学習できます。計算・理論を隙間無く積み上げ、努力を確実に合格に結びつける!

合格へと一直線に進む理想的カリキュラム

合格へと一直線に進む理想的カリキュラム

3ステップ方式で合格に必要な知識を確実に積み上げる!

TAC住民税のカリキュラムでは、まず基礎期で基本的な計算項目をひととおり学習していきます。この段階で計算を体系的に理解できるので、その後の理論学習の強固な土台となります。その後の応用期では、出題傾向の高い重要理論項目を中心に学習。理論の体系化を図りつつ、直前期では様々な角度からアレンジした応用理論を出題し、本試験での実践力を養います。この3ステップ方式は、合格に必要な要素を全て満たした理想的なカリキュラム。言い換えれば受験生の努力を確実に合格へと導くカリキュラムとなっています。

所得税法との関連規定もバッチリ!

所得税法との関連規定もバッチリ!

豊富な図解とポイント整理で一層の効果を発揮します

住民税は課税体系上「所得税法」と深い関連を持つ科目です。そのため本試験では(1)所得税法との共通点・相違点、(2)住民税独自の項目、といった論点が多く出題されています。TAC住民税のカリキュラムでは、それらを考慮して住民税と所得税法の相互関係について、随所に解説と図解を豊富に掲載。合否に直結する重要ポイントを要所で確認することができます。
結論
資料請求
講座説明会/受講相談
税理士講座に関する詳しいパンフレットを無料でお送りしております。ご請求はこちらから
講座説明会と受講相談をTAC各校にて実施しております。講座説明会はネット動画配信もしております。詳しくはこちらから
資格の学校TACのご案内
開講講座