科目別合格戦略
TACはここが違う!合格できる「理由」を完全公開

事業税の戦略

事業活動を行う法人又は個人は、公共施設の利用が不可欠であり、この公共施設の維持・保護等の経費負担として都道府県がその事業者に対して課する税金が事業税です。試験は通常、理論を中心に出題され、例年事例問題が出題されるため、理論が合否のカギとなっています。なお、法人税に関する知識があれば効率的に学習できます。 合格する力=基本力!合否に直結する“基本力”を早期に固め合格を勝ち取る

基本力を徹底して磨き上げるカリキュラム

基本力を徹底して磨き上げるカリキュラム

合格に必要な基礎項目を前倒して習得!

出題傾向が比較的安定している事業税は、基礎項目を徹底的に磨き上げることが合格への近道です。TAC事業税のカリキュラムは、基礎期の段階で(1)基本テキスト、(2)トレーニング、(3)理論マスターを駆使し、強固な基礎力を養成。また基礎期に毎回実施するミニテストでも、本試験合格に必要な理論の半数以上を出題・。初期段階から積極的にインプットとアウトプットを行っていきます。これにより、応用期以降は基礎項目の確認に注力できるため、「合格する力=基本力」を飛躍的に高めることができます。

本質の理解を重視した講義を展開

本質の理解を重視した講義を展開

実際の実務申告書を使用しながら本質的理解をサポート

TAC事業税では、テキスト巻末に事業税の実務申告書を豊富に掲載。学習内容が最終的にどのような形で申告書に記載されていくのか、イメージをしながら講義を展開します。そのため、各論点をバラバラに学習するだけでは得られない本質的な理解力を養うことができ、それは本試験では応用力として発揮されます。もちろん、その過程で得た知識は合格後の実務でも役立ちます。
結論
資料請求
講座説明会/受講相談
税理士講座に関する詳しいパンフレットを無料でお送りしております。ご請求はこちらから
講座説明会と受講相談をTAC各校にて実施しております。講座説明会はネット動画配信もしております。詳しくはこちらから
資格の学校TACのご案内
開講講座