科目別合格戦略 国税徴収法

国税徴収法の試験傾向

単に国税の徴収のみならず、地方税等の徴収のベースとなっている大切な科目。難解な計算問題は見られず、ほとんどが論述形式の理論、短答問題で占められている。法律がどのように関連しているのかを理解することを目的としており、簿記の知識は全く必要ありません。

近年は、単に個別理論を解答させるだけでなく、当該理論のベースとなる規定の「趣旨」を記述させたり、手続規定においてはその手続を執る「理由」なども解答させる傾向にあります。

合格のために身につけること

個別理論の正確な暗記と規定(制度)の「趣旨」等の理解

国税徴収のための手続の流れに沿ったカリキュラム

国税徴収法は「手続規定」が非常に多い科目です。「手続規定」においては、「流れ(手順)」が重要となるので、条文の順番ではなく、手続の流れに沿ってカリキュラムを組んでいます。これにより「手続規定」について体系的に理解することができ、「点」としての知識を「線」で結ぶことができるようになります。

国税徴収法の合格戦略に向けたTACの取り組み

手続規定に沿ったカリキュラム構成が理解を促進

理解しやすく記憶に残りやすいカリキュラム!

国税徴収法の試験は、「手続規定」が多い点が特徴的です。手続規定とは、国税の滞納から徴収までの一連の手続きに関する規定のこと。条文順のままでは手続規定の順序が前後し、スムーズに理解することができません。その点TACでは、手続きの流れを追って学習を進められるようにカリキュラムを工夫。スムーズな理解と記憶の定着率のUPを図ることができます。

民法規定もカリキュラム内で対策!

「理解」に必要な部分だけを効率的に吸収できる

国税徴収法は「民法等」と密接な法関係にあり、正しい法解釈を理解するためには民法等規定についても最低限の理解が必要です。しかし1,000条以上ある民法規定やその他関連法を理解するのはとても不可能です。TACでは、テキスト巻末に国税徴収法の理解に必要な「民法等解説」を収録。学習において 「覚えるべき内容」と「理解だけで良い内容」を明確に指示 しているため、メリハリをつけた 効率的な学習ができます。


TACなら理解力に基づいた実力を身につけることができ、応用問題にも対応できるようになる!

国税徴収法は、民法等の知識を必要とすることもあり、難解な印象を持たれやすい科目ですが、決してそのようなことはありません。民法等は、国税徴収法の条文内容を理解するためのツールとして用いられているにすぎず、その原理はとてもシンプルです。講義では、図解などを用いてひとつずつ丁寧に説明していきますので、安心して受講してください。講義を通じて理論の解答方法や条文の解釈方法を学び、合格に必要な「真の実力」を身につけられるようになります。一緒に頑張っていきましょう!


国税徴収法 石川 一臣 講師 

新しいパンフができました!今すぐ資料請求しよう

最新版の総合パンフレットには新カリキュラムの情報満載!また、合格体験記など直ちにお届けします!

パンフレット

税理士への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

無料講座説明会

まずは「知る」ことから始めましょう! 無料セミナーを毎月実施しています。

お気軽にご参加ください!

税理士のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。

スムーズ・簡単!

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

>TAC受講相談