コース・料金

開講科目

  • 簿記論
    財務諸表論

  • 法人税法
    所得税法

  • 相続税法
    消費税法

  • 酒税・固定・事業
    住民・国徴

Web通信講座から通学講座にいつでも変更OK!

税理士の学習を“TACに通って”始めたいけれど、今は通学できそうもない…。でも早めに学習を始めたい…。というお悩みをお持ちの方も安心です。TAC税理士講座では、いつでも“Web通信講座から通学講座への学習メディアの変更”が可能です。


再受講割引制度のご案内

これまでにTAC税理士講座をご受講された方なら、新しい科目や、再チャレンジされる場合、割引制度がございます。
「再受講割引制度のご案内」

簿記論・財務諸表論の学習が初めての皆様へ

簿記論・財務諸表論の学習には、日商簿記3級の知識が必要となります。
学習が初めての方は開講までに「税理士スタート講座(全10回)」をご受講ください。

2023年合格目標(初学者向けコース)

5月入学
完全合格+上級コース

2022年5月~

2023年合格に向けて最も早く学習をスタートさせるコース!
年内週1回で、簿記・財表の同時2科目学習に最適!

TACなら簿記3級レベルからスタートできる!
【開講科目】簿記・財表

税理士スタート講座 無料キャンペーン

7月入学
基礎マスター+上級コース

2022年7月~

週1回ペースで学習を習慣づけてから週2回ペースの講義へ!
日商簿記6月受験生なら間を空けず税理士にチャレンジできる!

【開講科目】簿記・財表

2022年合格目標(受験経験者向けコース)

チャレンジコース

2022年4月~

直前期の学習効果を最大限引き出すチャレンジ講義・チャレンジ演習!

「チャレンジ講義」で令和3年度税制改正対策改正の再確認や解法の確認!
「チャレンジ演習」で基礎論点を確実に得点する知識の底上げ&補強を実施!

【開講科目】簿記 ・財表 ・法人 ・所得 ・相続 ・消費

ラストスパート直前対策!

直前対策講座

2022年5月~

万全の試験委員対策、令和4度税制改正対策
講義・答練のサイクルで着実に実践力UP!

【開講科目】全11科目


20歳以下の方限定割引 

2022年6/1㈬~9/26㈪まで

U20限定割引キャンペーン

2023年・2024年・2025年

【20歳以下の方限定割引】
税理士講座 本科生・パック生が限定割引!


オプション講座 

重要論点を強化!

最終アシストゼミ

2022年7月~

簿記論「有価証券攻略/過去問分」
財務諸表論「重要理論最終確認」

[開講科目]簿記論・財務諸表論

基本問題を確実な得点源に!

ファイナルチェック

2022年7月~

ファイナルチェックで基本問題を確実に正答できることを確認!
ここからのプラス5点!

[開講科目]全11科目

早期の実力判定が本試験に活きる!

全国公開模試

6/16(木)より実施!

業界最大級の実績
昨年受験者8,577名!

早期の実力把握が、本試験に生きる!

GWでライバルに差をつける!

GW集中ゼミ

2022年4月22日~

❶本試験で得点しなければならない論点と解法を詳しく解説!
❷本試験での出題傾向をつかみ、直前期の“学習指針”に!


【開講科目】簿記論・財務諸表論・国税徴収法

解答精度×スピード×問題対応力

強化ゼミ

2022年2月16日~

本試験に向けて強化すべき“学習項目”や“答案作成術”を短期的に取得!


【開講科目】簿記・財表・法人・相続

法人税法・所得税法の学習が初めての皆様へ

法人税法・所得税法の学習には、簿記論・財務諸表論の知識が必要となります。

2022年合格目標(受験経験者向けコース)

直前期に向けて4月スタート!

チャレンジコース

2022年4月~

直前期の学習効果を最大限引き出すチャレンジ講義・チャレンジ演習!

「チャレンジ講義」で令和3年度税制改正対策改正の再確認や解法の確認!
「チャレンジ演習」で基礎論点を確実に得点する知識の底上げ&補強を実施!

【開講科目】簿記 ・財表 ・法人 ・所得 ・相続 ・消費

ラストスパート直前対策!

直前対策講座

2022年5月~

万全の試験委員対策、令和4度税制改正対策
講義・答練のサイクルで着実に実践力UP!

【開講科目】全11科目


オプション講座 

理論ドクターを活用!

重要論点確認ゼミ

2022年7月~

「理論ドクター」で毎年出題の応用問題・事例理論を徹底対策!

[開講科目]法人税法・消費税法

基本問題を確実な得点源に!

ファイナルチェック

2022年7月~

ファイナルチェックで基本問題を確実に正答できることを確認!
ここからのプラス5点!

[開講科目]全11科目

早期の実力判定が本試験に活きる!

全国公開模試

6/16(木)より実施!

業界最大級の実績
昨年受験者8,577名!

早期の実力把握が、本試験に生きる!

解答精度×スピード×問題対応力

強化ゼミ

2022年2月16日~

本試験に向けて強化すべき“学習項目”や“答案作成術”を短期的に取得!


【開講科目】簿記・財表・法人・相続

消費税法の学習が初めての皆様へ

消費税法の学習には、日商簿記3級の知識が必要となります。
消費税法の学習が初めての方は開講までに「税理士スタート講座(全10回)」をご受講ください。

2022年合格目標(初学者向けコース)

早得キャンペーン対象

3月入学
速修コース

2022年3月~

短期決戦で科目合格を勝ち取る!
2023年度受験を待たずに、
今年1科目合格を目指すことで学習期間の短縮を図りましょう!

【開講科目】酒税・消費・固定・国徴

2022年合格目標(受験経験者向けコース)

直前期に向けて4月スタート!

チャレンジコース

2022年4月~

直前期の学習効果を最大限引き出すチャレンジ講義・チャレンジ演習!

「チャレンジ講義」で令和3年度税制改正対策改正の再確認や解法の確認!
「チャレンジ演習」で基礎論点を確実に得点する知識の底上げ&補強を実施!

【開講科目】簿記 ・財表 ・法人 ・所得 ・相続 ・消費

ラストスパート直前対策!

直前対策講座

2022年5月~

万全の試験委員対策、令和4度税制改正対策
講義・答練のサイクルで着実に実践力UP!

【開講科目】全11科目


オプション講座 

理論ドクターを活用!

重要論点確認ゼミ

2022年7月~

「理論ドクター」で毎年出題の応用問題・事例理論を徹底対策!

[開講科目]法人税法・消費税法

基本問題を確実な得点源に!

ファイナルチェック

2022年7月~

ファイナルチェックで基本問題を確実に正答できることを確認!
ここからのプラス5点!

[開講科目]全11科目

早期の実力判定が本試験に活きる!

全国公開模試

6/16(木)より実施!

業界最大級の実績
昨年受験者8,577名!

早期の実力把握が、本試験に生きる!

解答精度×スピード×問題対応力

強化ゼミ

2022年2月16日~

本試験に向けて強化すべき“学習項目”や“答案作成術”を短期的に取得!


【開講科目】簿記・財表・法人・相続

事業税・住民税の学習が初めての皆様へ

事業税の学習には、法人税法の知識、または法人税法と同時学習が必要となります。
住民税の学習には、所得税法の知識が必要となります。

2022年合格目標(初学者向けコース)

超短期で1科目合格!

3月入学
速修コース

2022年3月~

短期決戦で科目合格を勝ち取る!
2023年度受験を待たずに、
今年1科目合格を目指すことで学習期間の短縮を図りましょう!

【開講科目】酒税・消費・固定・国徴

2022年合格目標(受験経験者向けコース)

ラストスパート直前対策!

直前対策講座

2022年5月~

万全の試験委員対策、令和4度税制改正対策
講義・答練のサイクルで着実に実践力UP!

【開講科目】全11科目


オプション講座 

基本問題を確実な得点源に!

ファイナルチェック

2022年7月~

ファイナルチェックで基本問題を確実に正答できることを確認!
ここからのプラス5点!

[開講科目]全11科目

早期の実力判定が本試験に活きる!

全国公開模試

6/16(木)より実施!

業界最大級の実績
昨年受験者8,577名!

早期の実力把握が、本試験に生きる!

GWでライバルに差をつける!

GW集中ゼミ

2022年4月22日~

❶本試験で得点しなければならない論点と解法を詳しく解説!
❷本試験での出題傾向をつかみ、直前期の“学習指針”に!


【開講科目】簿記論・財務諸表論・国税徴収法

宅建士(宅地建物取引士)試験について

試験実施日程(2016年度)

試験案内配布 例年7月上旬より各都道府県の試験協力機関が指定する場所にて配布(都道府県別)
【2016年度】
7/1(金)~8/1(月)
試験申込期間 ■郵送 例年7月上旬~7月下旬(消印有効)
■インターネット 例年7月上旬~7月中旬
【2016年度】
■郵送
7/1(金)~8/1(月)消印有効
■インターネット
7/1(金)9:30~7/15(金)21:59
試験 "毎年1回原則として例年10月第3日曜日 時間帯/午後1時~3時 (2時間)
 ※登録講習修了者 午後1時10分~3時 (1時間50分) "

【2016年度】
10/16(日)
合格発表

原則として例年12月の第1水曜日または11月の最終水曜日
合格者受験番号の掲示および合格者には合格証書を送付
【2016年度】
11/30(水)

試験概要(2016年度)

受験資格 原則として誰でも受験できます。また、宅地建物取引業に従事している方で、国土交通大臣から登録を受けた機関が実施する講習を受け、修了した人に対して試験科目の一部(例年5問)を免除する「登録講習」制度があります。
※TACは登録講習実施機関(登録番号(5)第003号)です。
受験地 試験は、各都道府県別で実施されるため、受験申込時に本人が住所を有する都道府県での受験が原則となります。
受験料

7,000円

試験方法・出題数 方法:4肢択一式の筆記試験(マークシート方式) 出題数:50問(登録講習修了者は45問)
試験内容 法令では、試験内容を7項目に分類していますが、TACでは法令をもとに下記の4科目に分類しています。

※登録講習修了者は例年問46~問50の5問が免除となっています。


【科目と出題数】
・民法等(14問)・宅建業法(20問)・法令上の制限(8問)・その他関連知識(8問)

各科目についての説明と学習内容の具体例はこちらから

試験実施機関

(一財)不動産適正取引推進機構

住所:〒105‐0001 東京都港区虎ノ門3‐8‐21 第33森ビル3階

http://www.retio.or.jp/

注意

受験資格または願書の配布時期及び申込受付期間等については、必ず各自で事前にご確認ください。
願書の取り寄せ及び申込手続も必ず各自で忘れずに行ってください。

試験データ

過去10年間の年度別試験結果・合格ライン
宅建士試験は記述式ではなく4肢択一式の試験であるため、正解数0~50の50段階のどこかにすべての方が存在します。とりわけ、合格ライン近辺では同じ点数の中にかなりの人数がひしめき合い、わずか1問の正解・不正解で合否が分かれることになります。毎年、合格ライン(合格に必要な最低正解数)は問題の難易度等により変動し、過去10年では31問から36問で推移しています。

税理士受験開始前のオプション講座 

税理士スタート講座

簿記知識ゼロでも安心!

新サービス「デジタル教材」2022年1月より!

 

従来のテキスト教材に加え、デジタル教材ならではの利便性を組み合わせることで、効果的・効率的な学習を加速させます。


新しいパンフができました!今すぐ資料請求しよう

最新版の総合パンフレットには新カリキュラムの情報満載!また、合格体験記など直ちにお届けします!

パンフレット

今すぐ11科目を体験Web受講しよう!



税理士の実務スキルをレベルアップ!

税法のイロハや、申告書作成まで税務業務の実務スキルのレベルアップをお考えの方へ。あなたに最適な講座を多数ラインナップ!


税理士を目指す
全ての大学生の方へ

毎月全国で開催!
無料講座説明会で
税理士を知ろう!

❶受講料が割安になり
❷特典が充実している
TACならでは本科生・パック生!

TACでは複数科目を受験する方や、2年以上続けて受験される方へ、お得な申込プランを多数ご用意しています。

簿記論 財務諸表論
LINEで情報配信!

「簿記論」「財務諸表論」を受験するみなさんに役立つ情報や試験情報をLINE公式アカウントで配信していきます!どなたでも是非ご登録ください!

税理士への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

無料講座説明会

まずは「知る」ことから始めましょう! 無料セミナーを毎月実施しています。

お気軽にご参加ください!

税理士のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。

スムーズ・簡単!

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

>TAC受講相談