公認会計士になるまでの流れをズバリ解説! 公認会計士になるには?試験突破から登録まで徹底解説!

会計士 なるには

公認会計士になるには、どうすれば良いのでしょうか?公認会計士になるには、まず公認会計士試験(短答式試験・論文式試験)に合格します。次に、試験合格後に1.業務補助等、2.実務補習、3.修了考査合格の3要件を満たします。そして日本公認会計士協会に名簿登録することで「公認会計士」になれます。
このページでは、「公認会計士になる方法」と「公認会計士の試験制度」について、会話形式で分かりやすく解説します。

【1】全体像を解説

はじめに、公認会計士のなり方について全体像を解説します。大きく分けると「1.試験編」「2.就職編」「3.登録編」に分けることができます。まずは全体の流れを掴みましょう。

公認会計士になるまでの流れ

どうすれば、公認会計士になれますか?

女子学生

教えてちゃん

会計士

会計士さん

公認会計士試験に合格して、登録要件を満たすことで公認会計士になれるよ。

具体的には、どんな流れになるの?

女子学生
会計士

次の図を見てほしい。

公認会計士になるまでの流れ
会計士

大きくは「試験編」「就職編」「登録編」の3段階に分かれるよ。

どこが一番大変なの?

女子学生
会計士

ズバリ「試験編」だ。
公認会計士試験は、会計資格の最高峰といわれる国家試験だからね。

ポイント解説

公認会計士になるには、まず公認会計士試験に合格する必要があります。試験には一部の免除要件はあるものの(後述)、試験全部が免除されることはありません。つまり、公認会計士になるには「公認会計士試験」を必ず突破することになります。

【2】公認会計士になるには[その1. 試験編]

公認会計士試験はどのような試験制度で、どのような人たちが受験しているのでしょうか。続けて、試験制度受験者データを見ていきます。

受験資格

試験について詳しく教えてください!

男子学生

教えて君

会計士

まずは受験資格について。
公認会計士試験に受験資格は必要ない。誰でも受験できるんだ。

それって普通じゃないの?

男子学生
会計士

例えば医師、弁護士、税理士、公務員試験のように、国家試験には受験資格が必要とされることが多い。その点では、受験しやすい試験と言える。

ポイント解説

2005年以前の旧試験制度では、大学卒業や旧1次試験合格等の受験資格が必要でした。しかし現在、2006年度以降の新試験制度では受験資格への制限がなくなり、年齢・性別・学歴・国籍を問わず、誰でも公認会計士試験を受験することが可能となりました。その結果、高卒者や大学在学中に合格する方が増え、幅広い年代の合格者が誕生しています。
公認会計士試験は、誰でもチャレンジすることができる「開かれた試験」と言えるでしょう。

短答式試験の概要

会計士

では公認会計士試験の流れを見てみよう。
次の図のように短答式・論文式の2段階試験だ。「短答式試験」の合格者が「論文式試験」を受験できる。

公認会計士試験の流れ

まずは「短答式試験」について教えてください!

女子学生
会計士

短答式試験は12月と5月の年2回、マークシート方式の試験だ。
どちらかに合格すれば、8月の論文式試験に進める。

公認会計士試験 短答式試験の概要

年2回、受験チャンスがあるのね。
もし短答式試験に合格して論文式試験で不合格だったら、もう一度「短答式試験」から受けなおすの?

女子学生"
会計士

仮にその年の論文式試験で不合格だった場合でも、翌年・翌々年の短答式試験は免除することができ、直接「論文式試験」に再挑戦できるんだ。

ということは全部で3回、論文式試験に挑戦できるのね。

女子学生

ポイント解説

短答式試験年2回の受験チャンスがあります。第 I 回が12月上旬、第 II 回が翌年5月下旬に、いずれも日曜日に行われます。

試験科目は全部で4科目あります。
企業法(60分/100点)・管理会計論(60分/100点)・監査論(60分/100点)・財務会計論(120分/200点)の順に行われ、財務会計論(いわゆる簿記)の配点が高くなっています。

短答式試験に合格すると、その年・翌年・翌々年と3回まで論文式試験を受験できます。そのため「第一関門である短答式試験に、如何にスムーズに合格するか?」が短期合格のポイントです。

論文式試験の概要

「論文式試験」はどのような試験なの?

男子学生
会計士

年1回、8月に行われる論述式の筆記試験だ。
短答式試験の試験科目に、租税法選択科目の2科目分が加わる。

公認会計士試験 論文式試験の概要

他には、どんな特徴があるの?

男子学生
会計士

他の受験生との比較で合否が決まる相対評価の試験という点だね。
合格基準は偏差値相当で「52」前後だ。だから、受験生の平均よりも少し上回れば合格できる

もし総合成績で52を上回らなかったらどうなるの?

男子学生
会計士

残念ながら不合格となる。
ただし成績の良い科目があれば、その科目は「一部科目免除制度」により、向こう2年間の論文式試験を科目免除できる。
とはいえ、基本的には一回の試験で総合合格を目指すのが王道だ。

ポイント解説

論文式試験相対評価の試験で、短答式試験合格者が受験します。年1回、8月下旬の3日間(金土日)に行われます。

試験科目は全部で5科目あり、次の順に行われます。
1日目…監査論(120分/100点)・ 租税法(120分/100点)
2日目…会計学午前(120分/100点)・ 会計学午後(180分/200点)
3日目…企業法(120分/100点)・ 選択科目(120分/100点)

選択科目は経営学・経済学・民法・統計学の中から1科目を選択できますが、多くの受験生はボリュームの少ない経営学を選択する傾向にあります。また、会計学午前は管理会計論、会計学午後は財務会計論に相当し、ここでも短答式試験と同様に財務会計論(いわゆる簿記)の配点が高くなっています。

論文式試験の合格基準は、受験科目の総合成績で得点比率52(偏差値52程度)です。1科目でも得点比率が40%に満たない科目がある場合は、不合格となる事があります。

そのため、「如何に苦手科目・不得意分野を作らずに、バランスよく得点するか?」が論文式試験合格のポイントです。

試験免除制度

受験をしなくても、公認会計士になれる方法って無いのかなぁ?

女子学生
会計士

残念ながら無い。
ただし、試験科目の一部免除は認められているよ。該当するケースは少ないと思うけれど、一例を紹介しておこう。

<短答式試験>の免除制度(一例)

                 
免除対象者 免除科目
税理士となる資格を有する者 財務会計論
税理士試験の簿記論及び財務諸表論の合格者及び免除者 財務会計論
会計専門職大学院において、財務会計に属する科目・管理会計に属する科目・監査に属する科目に関する一定の単位を履修し、修士(専門職)の学位を授与された者 財務会計論
管理会計論
監査論
司法試験合格者 短答式試験免除

<論文式試験>の免除制度(一例)

                 
免除対象者 免除科目
税理士となる資格を有する者 租税法
不動産鑑定士試験合格者 経済学または民法
司法試験合格者 企業法及び民法

ダブルライセンスを目指す人も、受験しやすい試験となっているのね。

女子学生

ポイント解説

公認会計士試験の一部科目免除を受ける場合は、免除を証明する書類等が必要となります。詳しくは公認会計士・監査審査会のホームページをご参照ください。

[ 参考リンク ] 公認会計士試験に関するQ&A(公認会計士・監査審査会)

受験にかかる期間と勉強方法

受験勉強を始めてから合格するまで、何年くらいを目標にすれば良いですか?

男子学生
会計士

学習環境にもよるけれど、1.5~2年を目標設定にする人が多い。
短答式・論文式、共に順調に合格することを目標に設定した場合だよ。

独学でも受かるのかな?

男子学生
会計士

かなり厳しいと考えてほしい。なぜなら「競争試験(相対評価の試験)」だからだ。
つまり「知識を身につける」段階に加え、「ライバルに勝つ」という要素が加わるんだ。受験指導校(資格の予備校)に通うのが、合格への近道と言える。

ポイント解説

公認会計士試験は1.5~2年間(社会人の場合は+0.5~1年間)の学習期間を設定するのが一般的です。複数科目の学習を同時並行で進めるため、1日あたりの学習時間も平均5時間程度が必要です。

公認会計士試験の難易度・合格率・学習時間については、次のページでも詳しく解説をしています。よろしければ、ご参考になさってください。

[ 参考リンク ] 公認会計士試験の難易度と合格率を徹底解説
[ 参考リンク ] 公認会計士試験の勉強時間はどのくらい必要?

受験者の年齢層

何歳くらいの人が受験しているの?

女子学生
会計士

公認会計士試験の受験願書提出者の年代割合を表にしたよ。
24歳以下が多数を占める一方で、それ以上の年代も幅広く受験していることが分かる。

<受験者の年齢層>

                 
年代 願書提出者数 構成比
24歳以下 5,267人 42.0%
25~29歳 2,660人 21.2%
30~34歳 1,747人 13.9%
35~39歳 1,170人 9.3%
40歳以上 1,688人 13.5%

※(参考)公認会計士・監査審査会「令和元年公認会計士試験の合格発表の概要について」

学部学歴は関係あるのかな?

女子学生
会計士

経済・商学系の大学生(既卒者)が多い傾向はあるけれど、そもそも受験資格が不要なため、幅広い経歴の人達が受験している。だから学部や学歴は受験には関係ない。高校在学中に合格する人もいるくらいだ。

ポイント解説

合格者の平均年齢は、毎年26歳前後で推移しています。
最年少合格は例年18~19歳。過去には、史上最年少16歳の高校生が、TACの教材で合格しています。

最高年齢は毎年50~60代と高いですが、既に会計実務に携わられている方、旧試験制度のみなし合格者、大学教授などの特殊なケースであると考えられます。

試験合格後に監査法人等へ就職することを考えると、20代のうちに合格を目指したい試験と言えます。

【3】公認会計士になるには[その2. 就職編]

公認会計士試験に合格後、合格者はどのように就職(転職)するのでしょうか。ここでは、試験合格後の「就職活動」について説明します。

試験合格後の就職活動

公認会計士試験に合格したら、何処でどのように働くの?

男子学生
会計士

監査法人で働くのが一般的だ。
公認会計士の独占業務である「財務諸表監査」は、組織的なチームを組んで行う必要がある。その監査を行うために、公認会計士が集まった会社を「監査法人」と呼ぶんだ。だから平たく考えると、「監査法人」という会社の会社員として働くことになる。

公認会計士試験合格者の就職先

どれくらいの人が監査法人に就職するの?

男子学生
会計士

およそ、その年度の合格者の内、約9割が監査法人へ就職する。
勤務エリアは、クライアントの本社機能が集中する東京・名古屋・大阪などの大都市圏が中心だ。海外勤務も希望すれば叶えやすい。監査が必要なのは、日本国内に限らないからね。

ポイント解説

公認会計士は、登録要件(後述)に実務経験が必要なため、多くの合格者はまず監査法人へ就職(転職)します。近年では合格者を求める求人需要が強く、合格者有利の売り手市場が続いています。

国内には約200社の監査法人があります。その中で、大手監査法人が4社あり「BIG4」とも呼ばれています。どのくらい「BIG」かと言うと、4社で国内上場会社の監査業務シェアの約8割を占めています。所属する公認会計士が3,000名を超える法人もあり、人気の就職先となっています。

監査法人の給与水準は、一般企業と比較して高水準にあります。収入については、以下のページもご参考になさってください。

[参考リンク] 公認会計士の年収は本当に高いのか。年収でみる、公認会計士を目指す価値

【4】公認会計士になるには[その3. 登録編]

公認会計士になるには、公認会計士試験の合格に加え、公認会計士登録を行う必要があります。ここでは、公認会計士登録に必要な要件について解説します。

試験合格後から登録までの流れ

公認会計士試験に合格して、監査法人に就職すれば
私も公認会計士って名乗れるんですか?

女子学生
会計士

実は「公認会計士」と名乗るには、「日本公認会計士協会」への名簿登録が必要なんだ。
そして登録には要件がある

公認会計士の登録要件

みんな、どのように登録要件を満たすの?

女子学生
会計士

まず試験合格後に監査法人に就職し、業務補助の要件を満たす。同時並行で実務補習所に3年間通い、3年目に修了考査を受験し合格する。
だから通常はすべての要件を満たすのに3年間かかる

もう1回、「修了考査」という試験があるのね。

女子学生
会計士

公認会計士試験と比べると、合格率の高い試験となっている。 再受験も可能だ。
平成30年度の対受験者数合格率は56.1%だよ。

ポイント解説

公認会計士登録には前述の通り3要件が必要です。

[ 1 ] 業務補助2年は、合格後に監査法人で就業することでクリアできます(一般企業で満たせるケースもあります)。

[ 2 ] 実務補習3年は、実務を学ぶ「実務補習所」と呼ばれる機関に3年間通い、一定の単位を取得することで満たせます。通常は監査法人で働きながら週1~2回程度、平日夜(もしくは土日)の講義に参加します。なお一定要件を満たせば期間短縮も可能です。

[ 3 ] 修了考査は、言わば実務補習所の卒業試験(年1回)です。合格率は50~70%と比較的高く、再受験も可能で、合格期限もありません。

公認会計士登録

全部の要件を満たしたら、いよいよ公認会計士登録ができるんだね!

男子学生
会計士

そうだね。おめでとう!
登録に必要な書類と登録料を用意して、承認されれば晴れて公認会計士だ。

登録料はいくらくらいかかるの?

男子学生
会計士

おおよそ、登録に必要な諸費用が約15万円。年会費は、所属する地域によって異なるけれど年間10~12万円前後だ。勤務先の監査法人が負担してくれるケースもある。

公認会計士の登録費用

                 
項目 費用
登録に係る費用 登録免許税(6万円)、入会金(3~4万円)、施設負担金(5万円)
登録後の会費(年会費) 本部会費(6万円)、地域会会費(4.2~6万円)
会計士

日本公認会計士協会では、実務指針・研究等の専門情報の発信や監査強化に向けた取組みなど、公認会計士の資質向上を図る取り組みを行っているよ。

公認会計士登録後も、プロフェッショナルとして日々の自己研鑽が必要なんだね!

男子学生

ポイント解説

公認会計士登録については、日本公認会計士協会ホームページにて詳しく案内されています。 登録時に必要な書類等や登録の流れについて知りたい方は、ご参考になさってください。

[ 参考リンク ] 公認会計士開業登録(日本公認会計士協会)

【5】最後に ~まずは試験合格を目指そう!~

公認会計士になるまでの流れが良く分かりました!

女子学生

試験制度は何となく知ってたけど、合格後の流れを詳しく知れて良かったです。

男子学生
会計士

公認会計士を目指すにあたり、最大の関門は「公認会計士試験合格」だ。
受験には相応の時間と費用がかかるので、じっくりと自分の将来像を考えた上で目指してほしい。

自分にできるか不安な時はどうすればいいの?

女子学生
会計士

TACでは、無料セミナーや詳しい資料を用意しているから、是非それらも活用してほしい。強い決意が固まったなら、後は合格を目指して頑張ろう!

はい!公認会計士になって活躍する自分をイメージして、頑張ります!

男子学生

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
公認会計士になるまでの方法について、ご参考になりましたでしょうか?
「もっと詳しく会計士について知りたい」「試験合格者の学習体験談について知りたい」という方は次のページもご参考になさってください。

<Powered by TAC公認会計士講座>

公認会計士をもっと知ろう!

公認会計士の年収

年収

公認会計士の年収ってどのくらい?

国家3大資格の一つと言われる『公認会計士』。難関試験を突破すれば、本当に高収入を得られるのでしょうか。気になる公認会計士の平均年収や初任給について、一般的なサラリーマンと比較し… 続きを読む »

公認会計士試験の受験資格

受験資格

受験資格は必要?いつ始める?

公認会計士試験を受験するためには、受験資格は必要なのでしょうか?そして、いつ頃から公認会計士試験に挑戦するのが良いのでしょう… 続きを読む »

公認会計士試験の難易度

難易度

公認会計士試験の難易度を知ろう!

公認会計士試験は「難易度が高い」というイメージをお持ちではないでしょうか?このページでは、最新の合格率情報をもとに、難易度が高いと言われる「理由」とその「実態」について… 続きを読む »

公認会計士試験の勉強時間

勉強時間

勉強時間はどのくらい必要?

公認会計士試験に合格するためには、どのくらいの勉強時間が必要なのでしょうか?400名以上の合格者データをもとに徹底分析。リアルな「勉強時間の実態」を… 続きを読む »

公認会計士の学歴と出身大学

学歴との関係

学歴や出身大学は、公認会計士試験に関係がある?

難関資格と言われる公認会計士試験は、いわゆる高学歴者(偏差値の高い大学出身者)でなければ合格できないのでしょうか?公認会計士試験は誰でも挑戦できる試験です。そして合格には… 続きを読む »

公認会計士を目指す社会人

社会人が目指す

公認会計士を目指す社会人とは

近年、公認会計士資格の人気が高まる中で、社会人の受験者数も増加傾向にあります。ここでは、公認会計士・監査審査会のデータに基づき、公認会計士試験における社会人受験者数や合格率に… 続きを読む »

公認会計士と税理士の違い

会計士と税理士

公認会計士と税理士の違いって何?

公認会計士と税理士は似て非なる者です。仕事内容・クライアント・試験制度・受験者層などに大きな違いがあります。各々の専門分野という視点から端的に表すなら… 続きを読む »

公認会計士合格への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

無料講座説明会

まずは「知る」ことから始めましょう! 無料セミナーを毎月実施しています。

お気軽にご参加ください!

公認会計士講座のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。

スムーズ・簡単!

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

>TAC受講相談