公認会計士のココが知りたい! 公認会計士の年収は本当に高いのか。年収でみる、公認会計士を目指す価値

公認会計士の年収は本当に高いのか。年収でみる、公認会計士を目指す価値

公認会計士の平均年収は992万円です(厚生労働省 賃金構造基本統計調査2017~2019年平均値より)。なお、試験合格者1年目の監査法人の初任給は30~35万円(年収ベースで550万円前後)で、一般的な新卒採用の初任給21万円(厚生労働省 令和元年賃金構造基本統計調査)と比較しても非常に高い給与水準となっています。

このページでは、公認会計士の年収の実態について、最新の客観的な統計データを基に会話形式で詳しくご紹介します。

【1】公認会計士の年収は高い?低い?

医師・弁護士と並ぶ国家3大資格の一つと言われる『公認会計士』。難関試験を突破すれば、本当に高収入を得られるのでしょうか。気になる公認会計士の平均年収や初任給について、一般的なサラリーマンと比較しながら、詳しく解説していきます。

公認会計士の平均年収は?

公認会計士の年収って、いくらくらいなんですか?

女学生

教えてちゃん

会計士

そうねぇ・・・初年度で言うと500万円~550万円ってとこかしら?

平均年収だったら?

女学生
会計士

公認会計士全体の平均年収で言うと、約1,000万円が一つの目安になるわ ♪
一般的なサラリーマンと比較すると、次のような感じね☆

公認会計士 平均年収

えぇ~、約2倍も多くもらえるの!?

女学生
会計士

確かに魅力的よね。
多くの公認会計士が勤める監査法人には、明確な昇給フローがあるから、キャリアに応じて確実に年収は上がっていくのよ☆

ポイント解説

厚生労働省の賃金構造基本統計調査※1によると、公認会計士の平均年収は992万円でした。男女別にみると、男性が996万円、女性が961万円という結果に。調査対象者の平均勤続年数も、男性が10.1年なのに対し、女性は11.4年である点からも、女性にとっても働きやすい職業だと言えるでしょう。

対して、国税庁の民間給与実態統計調査※2によると、給与所得者(いわゆるサラリーマン)の平均年収は503万円でした。男女別にみると、男性で559万円、女性で386万円となっています。男女の年収差は173万円と大きくなっています。

男女の違いでの収入格差がない公認会計士業界。女性特有の出産という大きなライフイベント後も多くの方が復職し、ライフスタイルに合わせて勤務しています。大手監査法人では、男性の育児休暇取得率も高く、また、ブランクによって給与が大きく下がるといった話も聞きません。

そうした面からも、男性女性問わず、働きやすく高収入を期待できる就労環境にあると言えます。

※1 厚生労働省 賃金構造基本統計調査 職種別(企業規模1000人以上)2017~2019年平均値より算定。職種区分において公認会計士の他に税理士も含まれていますが、両資格とも大きな開きはないと言われているためここで紹介しております。
※2 国税庁 民間給与実態統計調査(正規雇用)2018年より。

初任給で比べてみる

公認会計士になったら、お金持ちになれますか?

男子学生

教えて君

会計士

会計士さん

そりゃぁもう!初任給で言っても、OLやってる友達の1.5倍~2倍はもらえたわ!
大学卒の新卒初任給と比較すると、こんなイメージよ。

公認会計士 平均月収比較

ぇえ!初任給でこんなにも違うんですか!?

男子学生
会計士

そうなの!試験勉強を最後まで頑張りぬいた甲斐があるってもんでしょ☆

初任給でそんなに差があるなら、社会人デビューが少しくらい遅れても目指す価値ありますね!

男子学生

ポイント解説

公認会計士になるには、公認会計士試験合格後に実務要件を満たす必要がある為、公認会計士試験合格者の約9割が監査法人と呼ばれる所に就職します。

その中でも、世界4大会計事務所であるEY、Deloitte、KPMG、PwCのメンバーファームである、EY新日本有限責任監査法人、有限責任監査法人トーマツ、有限責任 あずさ監査法人、PwCあらた有限責任監査法人/PwC京都監査法人の大手4社は「Big4」とも呼ばれ、公認会計士試験合格者には人気の就職先です。

このBig4を例にとって説明すると、公認会計士試験合格者の初任給は30万円~35万円となっています。厚生労働省の「賃金構造基本統計調査結果(初任給)2019年」によると、大学卒業生の初任給は21万200円ですので、いかに公認会計士の初任給が高いかがおかわりいただけるかと思います。

なお、公認会計士の世界では、入社時の年齢で初任給が変わる事は基本的にはありません。

【2】公認会計士の給料はどこまで上がる?

初任給は良いけれど、その後はほとんど給与が上がらない、なんてことはよくある話です。では実際に、公認会計士はどうでしょうか。公認会計士特有の昇給フローとともに、年齢別平均年収より割り出した生涯年収について、ご説明します。

役職が上がるごとに高年収・高収入へ

平均年収だと、一部の人が平均を吊り上げているだけなんじゃないかなって思っちゃうんだけど・・・

男子学生
会計士

そこは心配しなくて大丈夫☆さっきも言ったけど、監査法人には明確な昇給フローがあるの。下の図で説明するわね ♪

役職が上がるごとに高年収・高収入へ
会計士

監査法人での職階はこのようになっていて、一般企業で言うと、パートナーが社長や役員、シニアマネージャーが部長、マネージャーが課長、シニアスタッフが係長、スタッフが一般社員、といった感じかしら。

なるほど!

男子学生
会計士

でも、監査法人ではだいたい入社してからの年数で昇給していって、あくまで私のイメージになるんだけど、社歴と年収で言うと、下の図のような感じになるの。

役職が上がるごとに高年収・高収入へ2

ぇえ!入社7年で年収1,000万円にもなるの!!?

男子学生
会計士

もちろん、その人の頑張りによって昇格できるタイミングは異なるし、年収だって前後するわよ!それに、マネージャー以上の職位には全員がなれるわけではないから、とても優秀な人の例になってしまうけどね。

その点、僕は優秀だから心配ないな!

男子学生

ポイント解説

監査法人には、業界特有の職階があります。およそ、入社してからの経過年数で職階が分かれています。もちろん、上記が絶対というわけではなく、3年目でシニアになる方もいらっしゃれば、10年かけてマネージャーに昇進する方もいます。

また、昇進に年齢は関係ありません。公認会計士試験に合格したのが20歳の人も35歳の人も、最初はみんなスタッフからスタートします。そのため、早く合格すればその分生涯年収が増える、というわけですね。

ちなみに、上でも述べましたが、パートナーとは、一般企業でいう社長や取締役にあたります。シニアマネージャーは部長、マネージャーが課長、シニアが係長、スタッフが一般社員、といったイメージです。そう考えると、公認会計士の昇進がいかに早く明確であるかがわかりますよね?

入社して4年目で係長、7年目で課長だなんて、一般企業ではそう多くはありません。また、多くの企業では役職者の人数に制限があるため、上の世代がぬけてくれないと昇進できない、なんてことは往々にしてあります。

それに比べ、公認会計士の世界では、役職者の人数に関係なく、個人の頑張りや能力をしっかり評価してくれる環境があるので、モチベーション高く働くことができます。

時給8,000円以上も!?「非常勤」という働き方

公認会計士の年収がすごいのはわかりました!
でも、実は僕、監査以外にもやってみたいことがあって・・・副業とかできたりするんですか?

男子学生

私も、いつか子供が生まれたら、なるべく子供との時間を確保しつつ働きたいと思ってるんですが・・・時間的な制約とか気になります。。。

女学生
会計士

そんなアナタ達にピッタリな働き方があるわよ ♪
「非常勤勤務」と言って、正社員のように毎週5日間働くのではなく、例えば週に3日だけ働くとか、月に10日だけ働く等、自由に働き方を選べるの!もちろん、正社員の時短勤務もあるわ ♪

ライフステージに合わせて働き方を選べるだなんてステキですね!

女学生

でも、その場合の給与ってどうなるんですか?

男子学生
会計士

非常勤勤務の場合は、いわゆる「時給制」で働くことが多いわね。
その人のキャリアにもよるけど、時給8,000円以上もあり得る世界よ ♪
私の先輩には、日当50,000円って方もいたわ☆

ポイント解説

Big4を始め、多くの監査法人では公認会計士(試験合格者)の「非常勤」採用をしています。非常勤の場合は、「時給」や「日当」で給与が支払われ、スポットで監査業務を手伝います。

個々の経験によって大きく報酬は変わりますが、公認会計士試験合格者であれば、時給2,000円~4,000円、主査経験のある公認会計士であれば、時給8,000円以上も夢ではありません!

非常勤で働く方の中には、大学在学中に合格した学生の方、起業を目指している方、自分の時間を確保したい方、子育てへの時間を重視したい方等々、その背景は様々です。しかし、共通して言えるのは、公認会計士になると、一定の収入を確保しつつ、希望のライフスタイルに合わせた働き方を自ら選べるということです。

特に将来、起業やフリーランスを考えている方にとっては、事業が安定するまでの収入を確保できるのは、とても大きなメリットだと言えるでしょう。

気になる公認会計士の生涯年収とは

これだけ年収が高いと、生涯年収も期待できそうですね ♪

女学生
会計士

よくぞ聞いてくれました!公認会計士になる年齢や昇格状況にもよるから一概には言えないけど、22歳で合格した私の場合、4億円~6億円になると思うわ!

そ、そんなに!?サラリーマンだと2億円~3億円だって聞いたことがあるんですけど・・・生涯年収2倍も夢じゃないってことですか!!

女学生
会計士

公認会計士の年収を年齢階級別に見ていくと、イメージが湧きやすいと思うわ ♪


         

<公認会計士 年齢別年収推移>

年齢階級 年収(男性) 年収(女性)
20~24歳 458万5700円 325万100円
25~29歳 722万400円 547万8300円
30~34歳 796万7100円 609万7000円
35~39歳 851万6000円 781万1500円
40~44歳 980万1000円 817万2000円
45~49歳 983万7000円 951万3200円
50~54歳 1361万6100円 990万7000円
55~59歳 985万8400円 1041万500円
60~64歳 1012万9400円 482万9600円

上記表は厚生労働省 賃金構造基本統計調査 職種・性、年齢階級別(企業規模10人以上)2017~2019年平均値より算定。職種区分において公認会計士の他に税理士も含まれていますが、両資格とも大きな開きはないと言われているためここで紹介しております。
※女性の20~34歳の年収において男性と大きな差が生じていますが、サンプル数によるばらつき及び出産・育児等による非常勤勤務(前述)・時短勤務等によるものと推測されます。

ポイント解説

上記、厚生労働省 賃金構造基本統計調査資料より、仮に22歳~64歳までの平均生涯年収を算出すると、公認会計士は男性3億9,848万円、女性3億2,084万円という結果が出ました(全て退職給付金除く)。

対して国税庁 民間給与実態統計調査(2018年)にて算出すると、いわゆるサラリーマン男性は2億3,467万円、女性1億2,992万円となっています。

あくまでも年齢別の平均年収より算出している為、全ての方にあてはまるわけではありません。ですが、公認会計士になると、生涯年収が2倍以上になる可能性がある、ということがおわかりいただけると思います。

【3】まとめ ~年収でみる、公認会計士を目指す価値とは~

自分のやりたい事に挑戦しつつ、一定の収入を確保できると知って、ますます公認会計士になりたいと思いました!

男子学生

男女での収入格差がない点や、ライフスタイルに合わせた勤務ができる点などを知れて、私も絶対公認会計士になろうって思ったわ ♪

女学生
会計士

そうね。国家3大資格の一角を担っているだけのことはあるわよね ♪

公認会計士は単に高年収というだけじゃなくて、自ら望むキャリアパスを描けることやライフスタイルの変化にも安心して対応できることにも、とても大きな魅力があると思うの。

生きていく為にはお金は必要よ。未来の事なんてわからないと思うけど、だからこそ、将来の選択肢を広げることができる公認会計士資格を目指す価値はあると思うわ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
公認会計士の年収について、ご参考になりましたでしょうか?
「もっと詳しく会計士について知りたい」「試験合格者の学習体験談について知りたい」という方は次のページもご参考になさってください。

<Powered by TAC公認会計士講座>

公認会計士をもっと知ろう!

公認会計士試験の受験資格

受験資格

受験資格は必要?いつ始める?

公認会計士試験を受験するためには、受験資格は必要なのでしょうか?そして、いつ頃から公認会計士試験に挑戦するのが良いのでしょう… 続きを読む »

公認会計士になるには

なるには

どうすればなれる?試験突破から登録までの流れ

公認会計士になるには、どうすれば良いのでしょうか?公認会計士になるには、まず公認会計士試験(短答式試験・論文式試験)に合格します。次に、試験合格後に… 続きを読む »

公認会計士試験の難易度

難易度

公認会計士試験の難易度を知ろう!

公認会計士試験は「難易度が高い」というイメージをお持ちではないでしょうか?このページでは、最新の合格率情報をもとに、難易度が高いと言われる「理由」とその「実態」について… 続きを読む »

公認会計士試験の勉強時間

勉強時間

勉強時間はどのくらい必要?

公認会計士試験に合格するためには、どのくらいの勉強時間が必要なのでしょうか?400名以上の合格者データをもとに徹底分析。リアルな「勉強時間の実態」を… 続きを読む »

公認会計士の学歴と出身大学

学歴との関係

学歴や出身大学は、公認会計士試験に関係がある?

難関資格と言われる公認会計士試験は、いわゆる高学歴者(偏差値の高い大学出身者)でなければ合格できないのでしょうか?公認会計士試験は誰でも挑戦できる試験です。そして合格には… 続きを読む »

公認会計士を目指す社会人

社会人が目指す

公認会計士を目指す社会人とは

近年、公認会計士資格の人気が高まる中で、社会人の受験者数も増加傾向にあります。ここでは、公認会計士・監査審査会のデータに基づき、公認会計士試験における社会人受験者数や合格率に… 続きを読む »

公認会計士と税理士の違い

会計士と税理士

公認会計士と税理士の違いって何?

公認会計士と税理士は似て非なる者です。仕事内容・クライアント・試験制度・受験者層などに大きな違いがあります。各々の専門分野という視点から端的に表すなら… 続きを読む »

公認会計士合格への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

無料講座説明会

まずは「知る」ことから始めましょう! 無料セミナーを毎月実施しています。

お気軽にご参加ください!

公認会計士講座のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。

スムーズ・簡単!

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

>TAC受講相談