スケールメリット

受験を有利に進めるには、スクール規模が重要です!

スケールメリットとは、受験指導校の規模が大きいことから得られるメリットのことを言います。
競争試験である公認会計士試験では、合否を左右する重要な要素となります。
TACで学習すれば、スケールメリットの優位性を活かして、受験を有利に進めていくことができます。

ポイント1

正確な順位を把握し、
効率的な学習ができる!

公認会計士試験は競争試験のため、自分の順位や偏差値を把握することが学習を進める上で大切になります。

母集団の大きいTACなら、受験生全体における自分の順位を正確に把握できます。苦手分野の把握・補強はもちろん、状況に応じた適切な学習計画の指針を立案できるため、効果的かつ効率的な学習が実現します!

ポイント2

確実に正答すべき問題を
判別できる!

競争試験で合格するためには、皆が正解できる問題を落とさないことが重要です。この点、スクール規模の大きいTACで学習していない問題は、他の受験生も容易に正解できない可能性が高く、「埋没問題(必ずしも得点すべきでない問題)」として判断できます。つまりTACの教材を使って学習すれば、正答すべき問題に時間を割けるので、得点力を高めることができます!

ポイント3

全国に展開するTAC校舎で
快適に学習できる!

TACは北海道から九州まで、好立地で快適な学習環境を全国26校舎で展開しています。関東エリアだけでも充実の13校舎!校舎の振替や自習室も自由に利用できるため快適に学習できます。
また、全国で100名を超える合格者講師が在籍しているため、自分に合った講師を選ぶことができます。これもスクール規模が大きいTACの強みです。

スケールメリットが良かった!
合格者の声

  • 大規模展開をしているTACを選択!

    田中 康博さん
    明治大学 3年在学中
    [2017年度 在学中一発合格]

    この試験は相対試験であるため、大きな母集団で行われる答練で常に上位を保てれば合格できます。そのため、できるだけ多くの母集団に属し、自分の位置を確認する必要があります。そこで私は大規模展開をしているTACを選びました。また最近の試験に合格した講師陣から、具体的なTACでの学習法を聞けることも理由でした。

  • TACで未学習の論点では差がつかない!

    石川 真暉さん
    早稲田大学 3年在学中
    [2017年度 在学中一発合格]

    もしTACで学ばなかった論点があったとしても、その問題では受験生の間で差がつかないため、TACの教材を信じて学習できました。また、講師の方は公認会計士試験合格者であるため、講義の中で、試験にどう対応するかや各科目間でのバランスのとり方を聞くことができました。

  • 心地よい環境で学習ができた!

    笠井 里紗さん
    慶應義塾大学 4年在学中
    [2017年度 在学中合格]

    受付スタッフの方々の感じがよく、校舎が綺麗で、さらに自習室も多く、広々机を使えて、心地よい環境で学習ができました。また、成績が優秀な受講生が多くて、彼らのような成績優秀者を意識することで学習のモチベーションアップになりました。

公認会計士合格への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

無料講座説明会

まずは「知る」ことから始めましょう! 無料セミナーを毎月実施しています。

お気軽にご参加ください!

公認会計士講座のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。

スムーズ・簡単!

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

>TAC受講相談