基本情報技術者
本科生プラス

  • 2022年上期合格目標

    2021年10月より順次開講

    情報処理技術者試験に初めてチャレンジする方を徹底サポートする「入門講義」つきコース

    初めて情報処理技術者試験を目指す方から「ITが得意ではないので学習が継続できるか不安」という声を多く聞きます。そんな声にお応えして、初学者専用の「入門講義」を設け、午前試験問題を解くための基礎知識をじっくり身につけていきます。TACならIT初心者でも安心して学習を続けることができます。

    • 対象者

      初学者

    • 回数

      表計算選択:全56回
      プログラム言語選択:全59回

    • 教室講座

    • ビデオブース講座

    • Web通信講座

    • DVD通信講座

    こんな方にオススメのコースです!

    • ITパスポート試験合格者
    • 情報処理技術者試験学習経験者
    • 午前・午後をトータルで学びたい方

    短期合格の秘訣

    1

    午前試験と午後試験の関係

    午後試験がなかなか基準点に到達しないという声をよく耳にします。そもそも、午後問題で扱っているテーマは、ほとんどが午前対策で学習するテーマです。午前試験の学習をすることは、単に午前試験を突破することだけが目的ではなく、午後試験のための基礎知識を身につけるという目的があります。過去問題の流用が多く、暗記で対応できる部分もあるため、午前試験対策は比較的軽視されがちです。本試験でどうしても午後試験が突破できないという方は一度、午前試験対策を見直してみてはいかがでしょうか。

    2

    アルゴリズムの学習効果

    基本情報技術者試験の最大の難関である「アルゴリズム」。初めて学習する人がほとんどであるため、他の分野と比べて苦手とする受験生が多いと言われています。単なる暗記だけでは、アルゴリズムの問題は解けないため、午前試験対策と違って、学習の成果がなかなか見えてこないこともこの分野の大きな特徴です。なるべく多くのアルゴリズム(プログラム)を読むことで、根気強く学習を続けるうちに徐々にスキルが上がってくるのを実感できます。「本試験に間に合わなかった!」なんてことのないようにアルゴリズムは早めに学習を始めましょう。

    学習メディア共通のフォロー制度

    オンラインで受講できる「Webフォロー」標準装備

    ご受講の同一コースの講義を、Web上でも受講できるフォロー制度です。スマートフォンやタブレット端末にも対応しているので、受講期間中はいつでも、どこでも、何度でも繰り返し視聴することができます。

    1

    講義の復習だけでなく、予習としても利用できる!

    苦手分野など、繰り返し視聴することで知識の定着が図れます。

    2

    欠席してもWebで受講できる!

    お仕事の都合など、教室講義に参加できない時も安心して受講を継続できます。

    3

    教室日程に追いつくための学習として利用できる!

    教室講座の開講後にお申込みされた方も、Webフォローを利用すれば教室講座の日程に追いつき途中参加することができます。

    使い方いろいろ

    • 倍速機能で学習時間の圧縮に利用
    • スキマ時間に復習
    • 知識の再確認

    Webフォローの動作環境につきましては、TAC WEB SCHOOLにてご確認ください。

    Webフォローの配信期限は、2022年7月末日までとなります。

    学習上の疑問はただちに解決「校舎対応・質問メール」

    TACでは、教室講義前後の校舎での質問対応はもちろん、メールでも講師に直接質問できるフォロー体制を整えています。

    1

    教室講義の開始前や終了後に講師に質問できる!

    学習上で疑問に感じた点をその場で講師に確認ができます。

    2

    質問メールで質問できる!

    疑問点は早めに解決することが大切です。メールでいつでも質問が可能。講師がわかりやすく丁寧にお答えします。

    「質問メール」は「i-support」からご利用いただけます。

    ITパスポート、情報セキュリティマネジメント、基本情報技術者、応用情報技術者対策コース受講の方は50回まで、高度試験区分対策コース受講の方は10回まで、1回につき1つの質問とさせていただきます。

    受講講座以外の教材(市販書籍、過去の教材、他の資格専門学校で使用される教材、他社で発行されている問題集やテキスト)についての質問や、当該試験の学習範囲を逸脱している質問、他資格に関する質問、当該目標の本試験内容に関わる質問にはお答えできません。受け付けできない質問につきましては、返信もいたしませんので予めご了承ください。

    i-support(インターネットフォローシステム)

    TACのポータルサイトTAC WEB SCHOOL内の「i-support」では、質問メールの活用のほか講座からのお知らせや出席状況などを確認することができます。

    質問メール

    疑問点は早めに解決することが大切です。講師がわかりやすく丁寧にお答えします。

    ITパスポート、情報セキュリティマネジメント、基本情報技術者、応用情報技術者対策コース受講の方は50回まで、高度試験区分対策コース受講の方は10回まで、1回につき1つの質問とさせていただきます。

    講座からのお知らせ

    試験情報やセミナー、受講に関するお知らせなど、受講生のみなさんに役立つ情報をタイムリーに発信していきます。

    i-supportのご利用には、「TAC WEB SCHOOL」のマイページ登録が必要になります。詳細は、お申込み後にお渡しする「受講ガイド」にてご案内しております。

    音声講義を受講できる「音声DL(ダウンロード)フォロー」標準装備

    欠席した場合や復習用として教室講義収録の音声講義をインターネットからスマートフォン・タブレット端末・パソコンで受講できる制度です。いつでも、どこでも、何度でも繰り返し学習でき、知識の定着を図ることができます。

    「資料通信講座」「Webテスト」「公開模試」「Web模試」は対象外です。

    TACでお得に学習できる「各種割引制度」

                      
    ステップアップ割引S 通常受講料より最大30%OFF
    ステップアップ割引10 通常受講料より10%OFF
    再受講割引 通常受講料より最大50%OFF
    SC受講経験者割引 通常受講料より最大50%OFF

    各種割引制度の詳細はコチラをご参照ください。

    「ステップアップ割引S」「ステップアップ割引10」は、大学生協等代理店及びe受付(インターネット受付)ではお申込みいただけません。

    TACの「自習室」が利用できる

    TACでは、講義で使用していない教室を自習室として開放しています。通学生に限らず、通信生もご利用いただけます(公開模試、Web模試、オプションのみ受講の方はご利用できません)。

    教室の使用状況により自習室として開放できない場合がございます。

    一部の提携校では、自習室をご利用できない場合がございます。事前にご利用希望の提携校までお問い合わせください。

    カリキュラム

    入門講義とは?

    IT初学者のための講義です。基本情報技術者試験の学習において前提となる基礎知識を身につけます。また、出るとこマスターの講義とも対応しているので、効果的に午前試験の問題演習に取り組むことができ、短期間で午前試験合格レベルに到達いたします。

    おすすめポイント

    1

    出るとこマスターと完全対応

    入門講義① → 出るとこマスター①の順に学習することで、よりスムーズに学習できます。

    2

    復習にも最適

    出るとこマスター① → 入門講義①と学習することで、さらに理解が深まります。

    例)学習の進め方

    カリキュラム

    あなたは本科生プラス? 本科生? 簡単スキルチェック

    本科生プラス専用に用意されている入門講義では、午前試験で出題される問題をスムーズに解くための基礎知識を学習します。
    まずは、スキルチェックにチャレンジ! 3つ以上わからなかったら入門講義の受講をおすすめします。
    解答はすぐ下の「簡単スキルチェック解答はコチラ!」をクリック!

    • 問題①

      2進数の“101”は,10進数に直すと(  )である。

    • 問題②

      クロック周波数が2GHzのプロセッサでは,1秒間に(  )億回のクロック信号が発生する。

    • 問題③

      DRAM,SRAM,フラッシュメモリのうち,主記憶装置に用いる揮発性のメモリは(  )である。

    • 問題④

      OSと各周辺機器の間に介在し,各機器の動作を制御するソフトウェアのことを,デバイス(  )という。

    • 問題⑤

      DBMSにおいて,複数の処理がデータに同時アクセスするときに矛盾が起こらないよう整合性を保つことを(  )制御という。

    • 問題⑥

      IPアドレスは,全世界で通用するグローバルIPアドレスと,組織内だけで使用できる(  )IPアドレスに分類できる。

    • 問題⑦

      公開鍵暗号方式では,各利用者が自分の公開鍵と(  )鍵をペアで用意する。

    • 問題⑧

      システム開発のモデルのうち,試作品を作成して利用者の評価を反映していくものを(  )という。

    • 問題⑨

      サービスマネジメントにおいて,システム障害などのサービスを妨げる出来事のことを(  )と呼ぶ。

    • 問題⑩

      SWOT分析における四つの視点は,強み,弱み,機会,(  )である。

    簡単スキルチェックの解答はコチラ!

    ①5
    ②20
    ③DRAM
    ④ドライバ
    ⑤排他(同時実行)
    ⑥プライベート
    ⑦秘密
    ⑧プロトタイピング(プロトタイプモデル)
    ⑨インシデント
    ⑩脅威

    オンライン無料体験

    基本情報技術者の試験概要や効率的な学習方法、実際の講義をオンラインでご覧いただけます!

    無料公開セミナー

    基本情報技術者「合格のための学習スタートガイド」

    無料体験講義

    基本情報技術者「本科生プラス」第1回

    ソフトウェア開発問題の選択について

    基本情報技術者試験は、プログラム言語の問題が出題されるのが大きな特徴です。5つの問題の中から自分に合ったものを選択することが合格のポイントになります。まったくの初心者や学習時間を確保しづらい方でしたら、表計算がおすすめです。他の言語と比較して短時間で学習できます。すでに業務で使用している、または学校で学習済みの言語がある方は、それを選択すれば、通常より学習時間を短縮することができます。また、あらかじめ業務で使用する言語が決まっていれば、その言語を学習するのも良いでしょう。

    ソフトウェア開発問題の特徴

    プログラム言語・表計算【無料体験講義】はコチラ!

    無料体験講義(抜粋版)

    基本情報技術者「言語講義(C)」

    無料体験講義(抜粋版)

    基本情報技術者「言語講義(Java)」

    無料体験講義(抜粋版)

    基本情報技術者「言語講義(Python)」

    無料体験講義(抜粋版)

    基本情報技術者「言語講義(CASLⅡ)」

    無料体験講義

    基本情報技術者「言語講義(表計算)」

    教材・サポート

    選べる受講方法

    教材一覧

    基本情報技術者 本科生プラス

    教室講座

    テキスト(4冊)、テキスト[表計算・言語](選択言語1冊)、直前10点アップレジュメ(1冊)、午前対策問題集(1冊)、午後対策問題集(1冊)、午後対策問題集[表計算・言語](選択言語1冊)、アルゴリズム補助問題集(1冊)、本試験問題集(3冊)、演習レジュメ(3冊)、実力テスト(3回)、午前総合演習(1回)、公開模試(1回)▲

    ビデオブース講座

    テキスト(4冊)、テキスト[表計算・言語](選択言語1冊)、直前10点アップレジュメ(1冊)、午前対策問題集(1冊)、午後対策問題集(1冊)、午後対策問題集[表計算・言語](選択言語1冊)、アルゴリズム補助問題集(1冊)、本試験問題集(3冊)、演習レジュメ(4冊)、実力テスト(3回)、午前総合演習(1回)、公開模試(1回)▲、講義録

    Web通信講座

    テキスト(4冊)、テキスト[表計算・言語](選択言語1冊)、直前10点アップレジュメ(1冊)、午前対策問題集(1冊)、午後対策問題集(1冊)、午後対策問題集[表計算・言語](選択言語1冊)、アルゴリズム補助問題集(1冊)、本試験問題集(3冊)、演習レジュメ(4冊)、実力テスト(3回)、午前総合演習(1回)、公開模試(1回)▲、講義録◆

    DVD通信講座

    テキスト(4冊)、テキスト[表計算・言語](選択言語1冊)、直前10点アップレジュメ(1冊)、午前対策問題集(1冊)、午後対策問題集(1冊)、午後対策問題集[表計算・言語](選択言語1冊)、アルゴリズム補助問題集(1冊)、本試験問題集(3冊)、演習レジュメ(4冊)、実力テスト(3回)、午前総合演習(1回)、公開模試(1回)▲、講義録、DVD

    ◆Web通信講座の講義録はWeb上で配信されます。
    ▲成績表はTAC WEB SCHOOLでの閲覧形式のみのご提供となります。郵送などのオプションはご用意いたしておりません。

    Web通信講座の配信は、2022年7月末日までとなります。

    Web通信講座・DVD通信講座・ビデオブース講座のC、java、Python、CASLⅡの言語講義(7回)につきましては、2021年下期合格目標で収録した内容と同一になります。

    サポート

    Webフォロー

    Webフォローが標準装備になりました!

    講義の復習や欠席フォローに!

    「もう一度講義を受講したい」「欠席した講義を受講したい」「復習をしたい」など、Webフォローがあれば、インターネット環境を利用して、いつでもどこでも何度でも繰り返しオンライン学習が可能です。

    対象者

    2022年上期合格目標TAC情報処理講座受講生のうち基本情報技術者「本科生プラス」(教室講座・ビデオブース講座・DVD通信講座)を受講している方。

    動作環境につきましてはTACホームページ内「TAC WEB SCHOOL」をご覧ください。 お申込みの前に必ず無料体験版にて受講されるパソコン環境からの動作をご確認ください。

    2022年7月末日までアクセスできます。

    開講日・開講校舎

    Web通信講座

    開講情報
    • 教材発送開始

      10/21(木)より随時発送開始

    • 講義配信開始

      10/25(月)より随時配信開始

    Web通信講座の配信は、2022年7月末日までとなります。

    DVD通信講座

    開講情報
    • 教材発送開始

      10/21(木)より随時発送開始

    • 講義発送開始

      10/21(木)より随時発送開始

    教室講座

    開講情報
    • 開講地区

      新宿校

    • 開講日

      11/6(土)16:30

    入門講義(10回)はビデオブース受講またはWebフォローでの受講となります。10/25(月)より視聴可。

    午前総合演習、直前10点アップゼミ、午後対策のC、Java、Python、CASLIIの選択言語対策講義・演習はビデオブース講座またはWebフォローでの受講となります。

    Web模試解説講義はWebでの受講となります。

    追っかけフォロー

    開講日を過ぎてしまった場合も、TACの各校舎ビデオブースで無料受講し、教室クラスの日程に追いついたところから教室クラスに出席できます。

    各校舎のビデオブースのご利用には、事前に予約が必要です。お申込み後にお渡しする「受講ガイド」をご覧ください。

    ビデオブース講座

    開講情報
    • 開講地区

      札幌校・仙台校・水道橋校・渋谷校・新宿校・池袋校・八重洲校・立川校・町田校・横浜校・大宮校・津田沼校・名古屋校・京都校・梅田校・なんば校・神戸校・広島校・福岡校

    • 視聴開始日

      10/25(月)より随時視聴可

    受講料・お申込み

    (教材費・消費税10%込み)

    • 通信講座

    • 通学講座

    インターネット、郵送、TAC受付窓口、大学生協等代理店にてお申し込みいただけます。

    申込方法の説明を見る

    表計算選択

    Web通信講座+DL

    ¥100,000 ¥102,000

    • 入会金

      ¥10,000

    DVD通信講座+DL

    ¥120,000 ¥123,000

    • 入会金

      ¥10,000

    プログラム言語選択

    Web通信講座+DL

    ¥105,000 ¥107,000

    • 入会金

      ¥10,000

    DVD通信講座+DL

    ¥125,000 ¥128,000

    • 入会金

      ¥10,000

    インターネット、郵送、TAC受付窓口、大学生協等代理店にてお申し込みいただけます。

    申込方法の説明を見る

    表計算選択

    教室講座+DL

    ¥100,000 ¥107,000

    • 入会金

      ¥10,000

    ビデオブース講座+DL

    ¥100,000 ¥107,000

    • 入会金

      ¥10,000

    プログラム言語選択

    教室講座+DL

    ¥105,000 ¥112,000

    • 入会金

      ¥10,000

    ビデオブース講座+DL

    ¥105,000 ¥112,000

    • 入会金

      ¥10,000

    コース名

    キャンペーン中!

    教室+DVD通信講座

    ¥000,000キャンペーン前価格:¥000,000

    • 申込締切

      20XX年XX月XX日

    • 入会金

      ¥10,000

    • 商品コード

      XXXXXXXXXX

    キャンペーン中!

    教室講座+Webフォロー

    ¥000,000キャンペーン前価格:¥000,000

    • 申込締切

      20XX年XX月XX日

    • 入会金

      ¥10,000

    • 商品コード

      XXXXXXXXXX

    キャンペーン中!

    ビデオブース(個別DVD)講座+Webフォロー

    ¥000,000キャンペーン前価格:¥000,000

    • 申込締切

      20XX年XX月XX日

    • 入会金

      ¥10,000

    • 商品コード

      XXXXXXXXXX

    キャンペーン中!

    教室講座+ビデオブース(個別DVD)+Webフォロー

    ¥000,000キャンペーン前価格:¥000,000

    • 申込締切

      20XX年XX月XX日

    • 入会金

      ¥10,000

    • 商品コード

      XXXXXXXXXX

    キャンペーン中!

    Webフォロー

    ¥000,000キャンペーン前価格:¥000,000

    • 申込締切

      20XX年XX月XX日

    • 入会金

      ¥0

    • 商品コード

      XXXXXXXXXX

    0から始まる会員番号をお持ちでない方は、受講料のほかに別途入会金(¥10,000・8%10%税込)が必要です。会員番号につきましては、TAC各校またはカスタマーセンター(0120-509-117)までお問い合わせください。

    受講料には、教材費・消費税8%10%が含まれています。

    再受講割引・ステップアップ割引等の詳細はこちらをご覧ください。

    Web通信講座の配信は、2022年7月末日までとなります。

    月謝感覚で受講できる!TAC教育ローンがご利用いただけます。