USCPA試験にチャレンジして

将来の選択肢を広げよう!

はじめまして!大学(院)在学中の皆さんのための情報集約ページです。近年、USCPA全受講生に占める大学生の割合が増えてきています!日本人USCPA受験者数も、時代の流れを「サキヨミ」、増加している傾向にあります。当ページを軸に、より深くUSCPAを知っていただけたら嬉しいです。

会計も変革期… 世界の会計基準は1つになる!

ビジネスの国際化に伴い、世界中の国々が自国の会計基準を「IFRS化」する潮流は速度を増しております。 世界を舞台に活躍できるのがUSCPAです。 USCPA試験では、すでに2011年1月以降、IFRSに関する出題が行われています。USCPAの学習を通じ、USGAAP(米国会計基準)とIFRSに関する知識を効率的に習得していただけます。

大学(院)在学中に取得するなら、総合的に考えるとUSCPAがベスト!

まず、世界各国の会計士試験の中で“今”USCPAが狙い目の資格だといえます。 その理由は、会計のプロを目指すすべての方向けのIFRS関連特集ページにてご覧いただけます。※ 一部、当ページと内容が重複しております。

POINT1 受験準備期間が標準1年で、卒業後の受験もアリ。

USCPA試験合格までに必要な学習時間としては、トータル約1,000時間(講義の受講時間を含む)を目安として下さい。科目合格制度がある試験ですから、1科目ずつ合格を積み上げていくこともできます。

自分にとって最も都合が良い受験地・受験日が“科目ごとに”選べます。

<米国受験>「お盆休みやGWに」「休暇を兼ねて」、米国の好きな都市に受験に行くことができます。

米国受験のお勧めとなる試験会場

できるだけ近い場所にするなら >> グアム、ハワイ
試験終了後の観光なども考えて >> カリフォルニア、ニューヨーク

日本受験

就職活動等で忙しい時には日本受験がお勧めです。日本受験に参加していない州もございますが、TAC推奨州(アラスカ州、モンタナ州、グアム、ワシントン州)は、全て日本受験が可能です(2019年9月現在)。

日本受験試験会場

※2019年9月現在は下記2つのテストセンターのみです。
関東圏>>東京(御茶ノ水)
関西圏>>大阪(大阪中津)

就職・転職に有利なUSCPA

USCPAは日本国内でも就・転職に有利ですか?というご質問を受けることがあります。
外資系企業のみならず、日本企業での経理・財務・経営管理・IR・内部統制・IFRS関連業務など様々な分野へ転職を成功された方が多数いらっしゃいますし、新卒の場合は、大学在学中の合格者が希少であるため、就職活動を優位に進められることでしょう。

就職にUSCPAを活かす

就活に活かすなら、「USCPA勉強中」でもアピール効果があるはず!面接では、日本の会計などについても問われてくるかもしれません。日本の会計との違いなどを踏まえ展開される、中身の濃い講義はTACならではです。さらに、しっかりとした日本語解説(勘定科目、仕訳、会計理論など)が教材にふんだんに盛り込まれていますので、面接官につっこまれても大丈夫ですね!試験合格のみならず、「日本人USCPA」として将来のキャリアアップのためにじっくりがっつり勉強してください。

“もし大学(院)在学中に受験・合格できなかったら・・・”そんな不安も、社会人が受験しやすいUSCPA試験だから大丈夫!就職後の仕事に学習内容が直結していたという人も少なくないだけに、社会人になってからの一発全科目合格もアリです。

POINT2  専門的な英語力で周りに差をつける。

近年、日本の公認会計士・税理士試験合格後スグに、W資格を目指してUSCPA試験にチャレンジされる方が急増しています。会計に関わる多くの方にとっても「英語」が無視できなくなってきています。IFRSの最新の改訂情報もUSGAAPと同様英語で発信されています。つまり、日本で仕事をしていても英語による最新情報をいち早くキャッチしていくことが、会計のプロとしてこれからますます求められる重要なスキルの1つになるでしょう。

POINT3  将来の選択肢が広がる。

ある程度実務経験を積んでから将来的には「海外で働きたい」「外資系企業・金融に転職したい」「M&Aなどの専門業務に携わりたい」など、将来の夢を実現するための1つのツールになるはずです。当たり前ですけれど、どんな資格も同じですが“USCPAを持っていること”というより、USCPAの学習を通じて身に付けた知識・スキルを最大限に活かし中身の濃い実務経験を積むかが「その先にあるもの」を決めるのだと思います。

また、USCPA試験にチャレンジする動機は様々だと思いますが、社会人の方の場合、転職をするためにというよりも、その学習内容自体に大きな魅力を感じて、という方が多いのです。この試験は、会計はもちろん、会社法・税法・内部統制など実務に活かせるレベルの専門知識をまんべんなく体系的に、そして、それらを英語で勉強できます!なかには、 MBAを検討していたけど、コスト・ベネフィットを考えてUSCPAを選ぶ方もいらっしゃいますね。

必見!合格者の生の声(合格体験記)

TACがおススメする大学生のためのU.S.CPA試験攻略法

大学在学中に受験が可能な州として、①モンタナ州、②アラスカ州の中から、ご自身の単位取得状況や受験時期等を踏まえて、出願州を選択いただくことをおすすめしています。※大学卒の学位である学士号をお持ちの大学院生の方はこちら。

1年生・2年生からの学習スタート! モンタナ州

①モンタナ州を選択するメリット

上記の会計単位数、ビジネス単位数を満たせば、総取得単位数は問われません。出願時までにバーモント州の場合の120単位以上を取る事が難しい方にお勧めです。

大学1・2年生で学習開始を考えられている方は、TAC米国公認会計士講座までご相談ください!

3年生・4年生からの学習スタート! アラスカ州

①アラスカ州を選択するメリット

卒業までに必要な単位数が残り18単位以下で15単位の会計単位を取得済みであれば、出願できます。モンタナ州に比べて(要求されている会計単位数が少ないため)、負担が少ないといえるでしょう。

お問い合わせ先

【TAC米国公認会計士講座】
0120-773-385 火水金 15:30~19:00
(祝日および年末年始等の一部日程はお休みさせていただきます。ご了承ください。)

USCPAの最新情報をキャッチしよう!

TAC 国際資格講座
@tac_kokusai

TAC 国際資格講座です。資格や英語関係の情報収集としてお気軽にフォローしてくださいね☆

uscpa_teacher
@uscpa_teacher

TAC USCPA講師6人が最新情報を発信していきます。合格に向けて突き進みましょう!

USCPA(米国公認会計士)合格への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

資料請求

無料講座説明会

まずは「知る」ことから始めましょう! 無料セミナーを毎月実施しています。

お気軽にご参加ください!

無料講座説明会

USCPA(米国公認会計士)講座のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

詳細を見る

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。通信講座は、お申し込み後すぐにご受講可能!

スムーズ・簡単!

申し込む

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

TAC受講相談

>TAC受講相談