USCPAを取得するメリット、資格の魅力

国際ビジネス資格の最高峰
USCPAの資格の魅力

ますます広がるビジネスフィールド!

公認会計士の魅力の1つとして「将来性」・「安定性」が挙げられます。
「会計」は企業の規模・業種にかかわらず、必ず必要となるスキルであるため、監査業務をはじめ、ビジネスフィールドは多岐にわたり、企業の健全な発展のためにも「会計」のプロである公認会計士の社会的ニーズは高いと言えます。
全世界で約400,000人を超える米国公認会計士がおり、そのうち約34%の方が一般企業で活躍しています。監査・税務だけに留まらず、あらゆる職業で活躍していることが特徴です。
さらに、近年の公認会計士を取り巻く環境として、企業のグローバル化に伴う国際財務報告基準(IFRS)の導入、上場企業に対する内部統制監査の義務化など、公認会計士としてさらなる業務の広がりを見せています。

受験者の属性

USCPAを取得するメリット

1

三大国家資格!

公認会計士は、医師や弁護士と並び「三大国家資格」と言われており、米国の資格でありながらその認知度は世界的に非常に高く、世界143ヵ国、約40万人の人が米国公認会計士を取得し様々な分野で活躍しています。
特に、公認会計士の主要業務である監査業務は、医師の医療行為や弁護士の裁判行為と並んで、公認会計士のみに許された「独占業務」とされています。

2

世界を舞台に活躍できる

米国公認会計士試験は、米国のみならず様々な国籍の方が受験をしている試験です。この事は他の国の公認会計士試験と大きく異なります。アジア圏では日本をはじめ韓国、香港、シンガポール、フィリピン、インドなど多くの国の受験生がチャレンジしています。その意味で米国公認会計士は今や世界的に認知された公認会計士資格であると言っても過言ではありません。

3

プロとして英語で会計実務ができる

日本国内で仕事をしていても英語で会計実務ができるスキルが求められる場面が多くなっています。米国公認会計士試験に合格していることは、プロとして英語で会計実務ができるレベルであることを客観的に証明できる資格であると言えます。
科目合格から履歴書に書くことができるため、就・転職でアピールできます。

USCPAの最新情報をキャッチしよう!

TAC 国際資格講座
@tac_kokusai

TAC 国際資格講座です。資格や英語関係の情報収集としてお気軽にフォローしてくださいね☆

uscpa_teacher
@uscpa_teacher

TAC USCPA講師6人が最新情報を発信していきます。合格に向けて突き進みましょう!

USCPA(米国公認会計士)合格への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

資料請求

無料講座説明会

まずは「知る」ことから始めましょう! 無料セミナーを毎月実施しています。

お気軽にご参加ください!

無料講座説明会

USCPA(米国公認会計士)講座のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

詳細を見る

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。通信講座は、お申し込み後すぐにご受講可能!

スムーズ・簡単!

申し込む

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

TAC受講相談

>TAC受講相談