平成30年度社会保険労務士本試験でも的中続出!

TACのズバリ的中!

毎年多くの的中実績!これぞTAC教材の精度の証明

TACは本試験の試験傾向を徹底的に分析して、テキストや答練などの開発を労力を惜しまずに行っています。
その長年のノウハウにより蓄積されたデータと、緻密な分析により、
毎年多くの「本試験ズバリ的中」を出しています。
これはTACが提供する教材の精度が高いことを物語っています。
これだけズバリ的中を続出させることも多数の合格者輩出への原動力です。
下記はほんの一例です。もちろん他にも多数の「ズバリ的中」を実現しています!

労働基準法

2018年度 本試験問題 2018年度 TAC教材
選択式 労働基準法  A:1か月

日日雇い入れられる者には労働基準法第20条の解雇の予告の規定は適用されないが、その者が[ A ]を超えて引き続き使用されるに至った場合においては、この限りでない。
暗記カード① 労基-9  A:1箇月

○原則(解雇予告規定の適用除外)
① 日日雇い入れられる者
○例外(解雇予告必要)
[ A ] を超えて引き続き使用されるに至った場合
選択式 労働基準法  A:1か月

日日雇い入れられる者には労働基準法第20条の解雇の予告の規定は適用されないが、その者が[ A ]を超えて引き続き使用されるに至った場合においては、この限りでない。
実力テスト第1回 問1   A:1箇月

労働基準法第20条(解雇の予告)の規定は、次の(1)から(4)に該当する労働者については適用しない。ただし、(1)に該当する者が[ A ]を超えて引き続き使用されるに至った場合、〔略〕においては、この限りでない。
(1) 日日雇い入れられる者
[略]
選択式 労働基準法  B:30分

生後満1年に達しない生児を育てる女性は、労働基準法第34条の休憩時間のほか、1日2回各々少なくとも[ B ]、その生児を育てるための時間を請求することができる。
暗記カード① 労基-34  F:30

生後満1年に達しない生児を育てる[ D ]は,休憩時間のほか,[ E ]各々少なくとも[ F ]分,その生児を育てるための時間を請求することができる。
選択式 労働基準法  C:功労報償

[略]その点を考慮して、支給額を一般の自己都合による退職の場合の半額と定めることも、本件退職金が[ C ]的な性格を併せ有することにかんがみれば、合理性のない措置であるとすることはできない。」
全国公開模試SPECIAL特典 問2 C:功労報償的

[略]その点を考慮して、支給額を一般の自己都合による退職の場合の半額と定めることも、本件退職金が[ C ]な性格を併せ有することにかんがみれば、合理性のない措置であるとすることはできない。」とするのが最高裁判所の判例である。

労働者災害補償保険法

2018年度 本試験問題 2018年度 TAC教材
選択式 労働者災害補償保険法  B:サービス業

この事業の事業主としては、卸売業又は[ B ]を主たる事業とする事業主の場合は、常時100人以下の労働者を使用する者が該当する。
トレーニング 第Ⅱ部 問10 C:卸売業又はサービス業

特別加入をすることができる事業主は、常時
[ A ]人(金融業若しくは保険業、
[ B ]を主たる事業とする事業主については50人、[ C ]を主たる事業とする事業主については100人)以下の労働者を使用する事業主であって、労働保険事務組合に労働保険事務の処理を委託するもの(事業主が法人その他の団体であるときは、代表者)である。
選択式 労働者災害補償保険法
A:労働保険事務組合  B:サービス業


まず、中小事業主等の特別加入については、主たる事業の種類に応じ、厚生労働省令で定める数以下の労働者を使用する事業の事業主で[ A ]に労働保険事務の処理を委託している者及びその事業に従事する者である。この事業の事業主としては、卸売業又は[ B ]を主たる事業とする事業主の場合は、常時100人以下の労働者を使用する者が該当する。
暗記カード① 労災-43
A:労働保険事務組合  D:サービス業


1.特別加入者の範囲
(1) 中小事業主等(第1種特別加入者)
中小企業の事業主であって、[ A ]に労働保険事務の処理を委託している事業主及びその家族従事者等
<中小事業主の範囲>
① 金融業、保険業、不動産業又は[ B ]を主たる事業とするものについては、常時[ C ]人以下の労働者を使用する事業の事業主
② 卸売業又は[ D ]を主たる事業とするものについては、常時[ E ]人以下の労働者を使用する事業の事業主

雇用保険法

2018年度 本試験問題 2018年度 TAC教材
選択式 雇用保険法
A:15日 B:11日 C:2分の1箇月


1 雇用保険法…(略)…。ただし、当該被保険者となつた日からその日後における最初の喪失応当日の前日までの期間の日数が[ A ]以上であり、かつ、当該期間内における賃金の支払の基礎となつた日数が [ B ]以上であるときは、当該期間を[ C ]の被保険者期間として計算する。」と規定している。
暗記カード① 雇用-11
A:11日  B:2分の1箇月


(2) 被保険者資格取得日からその日後における最初の喪失応当日の前日までの日数が15日以上であり,かつ,賃金支払基礎日数が[ A ]以上であるときは,当該期間を被保険者期間[ B ]とする。
選択式 雇用保険法
D:5年  E:100日


2 雇用保険法第61条の2第1項は、「高年齢再就職給付金は、受給資格者(その受給資格に係る離職の日における第22条第3項の規定による算定基礎期間が[ D ]年以上あり、かつ、当該受給資格に基づく基本手当の支給を受けたことがある者に限る。)が…(略)…。ただし、次の各号のいずれかに該当するときは、この限りでない。
一 当該職業に就いた日(次項において「就職日」という。)の前日における支給残日数が、[ E ]未満であるとき。
二 当該再就職後の支給対象月に支払われた賃金の額が、支給限度額以上であるとき。」と規定している。
暗記カード① 雇用-39
A:5年  B:基本手当  C:100日以上


① 次のⓐ及びⓑのいずれにも該当する受給資格者であること。
ⓐ 当該受給資格に係る離職の日における算定基礎期間が[ A ]以上あること
ⓑ 当該受給資格に基づく[ B ]の支給を受けたことがあること
② …(略)…
③ 就職日の前日における基本手当の支給残日数が、[ C ]であること。
選択式 雇用保険法
A:15日 B:11日 C:2分の1箇月


1 雇用保険法…(略)…。ただし、当該被保険者となつた日からその日後における最初の喪失応当日の前日までの期間の日数が[ A ]以上であり、かつ、当該期間内における賃金の支払の基礎となつた日数が [ B ]以上であるときは、当該期間を[ C ]の被保険者期間として計算する。」と規定している。
トレーニング 第Ⅰ部 問3
B:被保険者期間  D:11日  E:被保険者となった日


2 …(略)…。ただし、当該[ E ]からその日後における最初の喪失応当日の前日までの期間の日数が15日以上であり、かつ、当該期間内における賃金の支払の基礎となった日数が[ D ]以上であるときは、当該期間を2分の1か月の[ B ]として計算する。
選択式 雇用保険法
A:15日 B:11日 C:2分の1箇月


1 雇用保険法…(略)…。ただし、当該被保険者となつた日からその日後における最初の喪失応当日の前日までの期間の日数が[ A ]以上であり、かつ、当該期間内における賃金の支払の基礎となつた日数が [ B ]以上であるときは、当該期間を[ C ]の被保険者期間として計算する。」と規定している。
全国公開模試SPECIAL特典 問7
C:被保険者期間  D:11日  E:被保険者となった日


2 雇用保険法…(略)…。ただし、当該[ E ]からその日後における最初の喪失応当日の前日までの期間の日数が15日以上であり、かつ、当該期間内における賃金の支払の基礎となった日数が[ D ]以上であるときは、当該期間を2分の1か月の[ C ]として計算する。

労務管理その他の労働に関する一般常識

2018年度 本試験問題 2018年度 TAC教材
選択式 労務管理その他の労働に関する一般常識
C:次世代育成支援対策推進法  D:101人


出生率を上げるには、(略)…[ C ]が施行され、同法に基づいて、2011年4月からは、常時雇用する労働者が[ D ]以上の企業に一般事業主行動計画の策定が義務化されている。
暗記カード① 常識(労働)-15   C:100人

3 一般事業主行動計画の策定等
(1) 常時雇用する労働者の数が[ C ]を超える一般事業主
① 主務大臣が定める行動計画策定指針に即して一般事業主行動計画(一般事業主が実施する次世代育成支援対策に関する計画)を策定し、
選択式 労務管理その他の労働に関する一般常識
C:次世代育成支援対策推進法  D:101人


出生率を上げるには、(略)…[ C ]が施行され、同法に基づいて、2011年4月からは、常時雇用する労働者が[ D ]以上の企業に一般事業主行動計画の策定が義務化されている。
トレーニング 第Ⅰ部 問5  C:100人を超える

2 次世代育成支援対策推進法によれば、一般事業主であって、常時雇用する労働者の数が [ C ]ものは、行動計画策定指針に即して、一般事業主行動計画(一般事業主が実施する次世代育成支援対策に関する計画をいう。ウ以下設問2において同じ。)を策定し、

社会保険に関する一般常識

2018年度 本試験問題 2018年度 TAC教材
選択式 社会保険に関する一般常識 C:脱退一時金

3 確定給付企業年金法第29条第1項では、事業主(企業年金基金を設立して実施する確定給付企業年金を実施する場合にあっては、企業年金基金。)は、次に掲げる給付を行うものとすると規定している。
(1) 老齢給付金
(2) [ C ]
暗記カード② 常識(社保)-25  G:脱退一時金

4.給付の種類
(1)[ F ]等([ F ]又は基金)は,次の給付を行うものとする。
① 老齢給付金,② [ G ]
選択式 社会保険に関する一般常識 A:3年

1 介護保険法第129条の規定では、市町村又は特別区が介護保険事業に要する費用に充てるため徴収しなければならない保険料は、第1号被保険者に対し、政令で定める基準に従い条例で定めるところにより算定された保険料率により算定された額とされ、その保険料率は、おおむね[ A ]を通じ財政の均衡を保つことができるものでなければならないとされている。
上級答練第6回 問8  E:3年

2 上記1の保険料率は、[ C ]に定める介護給付等対象サービスの見込量等に基づいて算定した保険給付に要する費用の予想額、[ A ]の納付に要する費用の予想額、[ D ]からの借入金の償還に要する費用の予定額並びに地域支援事業及び保健福祉事業に要する費用の予定額、第1号被保険者の所得の分布状況及びその見通し並びに国庫負担等の額等に照らし、おおむね[ E ]を通じ財政の均衡を保つことができるものでなければならない。

健康保険法

2018年度 本試験問題 2018年度 TAC教材
選択式 健康保険法 A:疾病構造の変化

健康保険法第2条では、「健康保険制度については、これが医療保険制度の基本をなすものであることにかんがみ、高齢化の進展、[ A ]、社会経済情報の変化等に対応し、その他の医療保険制度及び後期高齢者医療制度並びにこれらに密接に関連する制度と併せてその在り方に関して常に検討が加えられ、その結果に基づき、医療保険の[ B ]、給付の内容及び費用の負担の適正化並びに国民が受ける医療の[ C ]を総合的に図りつつ、実施されなければならない。」と規定している。
暗記カード② 健保-1  C:疾病構造

健康保険制度については、これが医療保険制度の基本をなすものであることにかんがみ、高齢化の進展、[ C ]の変化、社会経済情報の変化等に対応し、その他の医療保険制度及び[ D ]並びにこれらに密接に関連する制度と併せてその在り方に関して常に検討が加えられ、その結果に基づき、医療保険の運営の効率化、給付の内容及び費用の負担の適正化並びに国民が受ける医療の質の向上を総合的に図りつつ、実施されなければならない。
選択式 健康保険法 D:以前42日  E:後56日

健康保険法第102条第1項では、「被保険者が出産したときは、出産の日(出産の日が出産の予定日後であるときは、出産の予定日)[ D ](多胎妊娠の場合においては、98日)から出産の日[ E ]までの間において労務に服さなかった期間、出産手当金を支給する。」と規定している。
暗記カード② 健保-41  C:42  E:56

被保険者(任意継続被保険者を除く。)が出産したときは、出産の日(出産の日が出産の予定日後であるときは、出産の予定日)以前[ C ]日(多胎妊娠の場合は[ D ]日)から出産の日後[ E ]日までの間において労務に服さなかった期間、出産手当金を支給する。
選択式 健康保険法 D:以前42日  E:後56日

健康保険法第102条第1項では、「被保険者が出産したときは、出産の日(出産の日が出産の予定日後であるときは、出産の予定日)[ D ](多胎妊娠の場合においては、98日)から出産の日[ E ]までの間において労務に服さなかった期間、出産手当金を支給する。」と規定している。
ミニテスト第5回 問1  C:42  E:56

被保険者(任意継続被保険者を除く。)が出産したときは、出産の日(出産の日が出産の予定日後であるときは、出産の予定日)以前 [ C ]日(多胎妊娠の場合においては、[ D ]日)から出産の日後 [ E ]日までの間において労務に服さなかった期間、出産手当金が支給される。

厚生年金保険法

2018年度 本試験問題 2018年度 TAC教材
選択式 厚生年金保険法
B:被保険者から徴収された保険料
C:専ら厚生年金保険の被保険者


2 厚生年金保険法第79条の2の規定によると、積立金…(略)…の運用は、積立金が厚生年金保険の[ B ]の一部であり、かつ、将来の保険給付の貴重な財源となるものであることに特に留意し、[ C ]の利益のために…(略)…行うものとされている。
暗記カード② 厚年-49  C:厚生年金保険の被保険者

2. 積立金の運用
(1) 運用の目的
積立金…(略)…の運用は、積立金が[ C ]から徴収された保険料の一部であり、かつ、[ D ]の貴重な財源となるものであることに特に留意し、専ら[ C ]の利益のために…(略)…行うものとする。
選択式 厚生年金保険法 E:1年以内

3 厚生年金保険法第26条第1項によると、3歳に満たない子を養育し、又は養育していた被保険者又は被保険者であった者が、主務省令で定めるところにより実施機関に申出(被保険者にあっては、その使用される事業所の事業主を経由して行うものとする。)をしたときは、当該子を養育することとなった日(厚生労働省令で定める事実が生じた日にあっては、その日)の属する月から当該子が3歳に達したときに該当するに[ D ]までの各月のうち、その標準報酬月額が当該子を養育することとなった日の属する月の前月(当該月において被保険者でない場合にあっては、当該月前[ E ]における被保険者であった月のうち直近の月。以下「基準月」という。)の標準報酬月額…(略)…とみなすとされている。
実力テスト第7回 問1  B:月前1年以内

[ A ]に満たない子を養育し、又は養育していた被保険者又は被保険者であった者が、実施機関に申出(第1号厚生年金被保険者又は第4号厚生年金被保険者にあっては、その使用される事業所の事業主を経由して行うものとする。)をしたときは、当該子を養育することとなった日(厚生労働省令で定める事実が生じた日にあっては、その日)の属する月から、当該子が[ A ]に達したとき等所定の事由に該当するに至った日の翌日の属する月の前月までの各月のうち、その標準報酬月額が当該子を養育することとなった日の属する月の前月(当該月において被保険者でない場合にあっては、当該[ B ] における被保険者であった月のうち直近の月。以下本問において「基準月」という。)の標準報酬月額…(略)…とみなす。

国民年金法

2018年度 本試験問題 2018年度 TAC教材
選択式 国民年金法
D:1000分の7
E:取得した日の属する月から当該年金の支給の繰下げの申出をした日の属する月の前月までの月数(当該月数が60を超えるときは、60)


その増額率は[ D ]に当該年金の受給権を[ E ]を乗じて得た率をいう。
暗記カード② 国年-29
F:7  C:申出  G:60


1000分の[ F ]に当該年金の受給権を取得した日の属する月から当該年金の支給の繰下げの[ C ]をした日の属する月の前月までの月数(当該月数が[ G ]を超えるときは、[ G ])を乗じて得た率をいう。

表示されている教材は2018年合格目標のものです。2019年目標から教材名称の変更や、廃止となる場合もございますので、何卒ご了承ください。

社会保険労務士への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

無料講座説明会

まずは「知る」ことから始めましょう! 無料セミナーを毎月実施しています。

お気軽にご参加ください!

社会保険労務士のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。

スムーズ・簡単!

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

>TAC受講相談