令和元年度社会保険労務士本試験でも的中続出!

TACのズバリ的中!

毎年多くの的中実績!これぞTAC教材の精度の証明

TACは本試験の試験傾向を徹底的に分析して、テキストや答練などの開発を労力を惜しまずに行っています。
その長年のノウハウにより蓄積されたデータと、緻密な分析により、
毎年多くの「本試験ズバリ的中」を出しています。
これはTACが提供する教材の精度が高いことを物語っています。
これだけズバリ的中を続出させることも多数の合格者輩出への原動力です。
下記はほんの一例です。もちろん他にも多数の「ズバリ的中」を実現しています!

労働基準法

2019年度 本試験問題 2019年度 TAC教材
選択式 労働基準法  
C:労働時間


労働基準法第27条は、出来高払制の保障給として、「使用者は、
[ C ]に応じ一定額の賃金の保障をしなければならない。」と定めている。
暗記カード① 労基-13  
I:労働時間


出来高払制その他の請負制で使用する労働者については,使用者は,[ I ]に応じ一定額の賃金の保障をしなければならない。
選択式 労働基準法  
C:労働時間


労働基準法第27条は、出来高払制の保障給として、「使用者は、
[ C ]に応じ一定額の賃金の保障をしなければならない。」と定めている。
トレーニング 第Ⅰ部 問4  
A:労働時間


出来高払制その他の請負制で使用する労働者については、使用者は、[ A ]に応じ一定額の賃金の保障をしなければならない。
選択式 労働基準法  
C:労働時間


労働基準法第27条は、出来高払制の保障給として、「使用者は、
[ C ]に応じ一定額の賃金の保障をしなければならない。」と定めている。
プラス補講レジュメ 第1回 問4  
D:労働時間


出来高払制その他の請負制で使用する労働者については、使用者は、[ D ]に応じ一定額の賃金の[ E ]をしなければならない。

労働安全衛生法

2019年度 本試験問題 2019年度 TAC教材
選択式 労働安全衛生法  
D:快適な職場環境


労働安全衛生法は、その目的を第1条で「労働基準法(昭和22年法律第49号)と相まつて、労働災害の防止のための危害防止基準の確立、責任体制の明確化及び自主的活動の促進の措置を講ずる等その防止に関する総合的計画的な対策を推進することにより職場における労働者の安全と健康を確保するとともに、[ D ]の形成を促進することを目的とする。
ミニテスト 第1回  
E:職場環境


労働安全衛生法は、[ A ]と相まって、労働災害の防止のための
[ B ]の確立、責任体制の明確化及び[ C ]の促進の措置を講ずる等その防止に関する総合的計画的な対策を推進することにより職場における労働者の[ D ]を確保するとともに、快適な[ E ]の形成を促進することを目的とする。
選択式 労働安全衛生法  
D:快適な職場環境


労働安全衛生法は、その目的を第1条で「労働基準法(昭和22年法律第49号)と相まつて、労働災害の防止のための危害防止基準の確立、責任体制の明確化及び自主的活動の促進の措置を講ずる等その防止に関する総合的計画的な対策を推進することにより職場における労働者の安全と健康を確保するとともに、[ D ]の形成を促進することを目的とする。
暗記カード① 安衛-1  
E:職場環境


労働安全衛生法は,[ A ]と相まって,労働災害の防止のための
[ B ]の確立,[ C ]及び自主的活動の促進の措置を講ずる等その防止に関する総合的計画的な対策を推進することにより職場における労働者の[ D ]を確保するとともに,[ E ]の形成を促進することを目的とする。
選択式 労働安全衛生法  
E:労働衛生コンサルタント


衛生管理者は、都道府県労働局長の免許を受けた者その他厚生労働省令で定める資格を有する者のうちから選任しなければならないが、厚生労働省令で定める資格を有する者には、医師、歯科医師のほか
[ E ]などが定められている。
暗記カード① 安衛-6  
E:労働衛生コンサルタント


その事業場に[ D ]の者を選任すること。ただし,2人以上の衛生管理者を選任する場合において,当該衛生管理者の中に[ E ]がいるときは,当該者のうち1人については,この限りでない。

労働者災害補償保険法

2019年度 本試験問題 2019年度 TAC教材
選択式 労働者災害補償保険法  
B:二次健康診断等


同法の保険給付とは、業務災害に関する保険給付、通勤災害に関する保険給付及び[ B ]給付の3種類である。
トレーニング 第Ⅰ部 問1   
D:二次健康診断等給付


労災保険法による保険給付は、業務災害に関する保険給付及び通勤災害に関する保険給付並びに[ D ]とする。
選択式 労働者災害補償保険法  
E:1年


事業主がこの提出について、保険手続に関する行政機関による指導も、都道府県労働保険事務組合連合会又はその会員である労働保険事務組合による加入勧奨も受けていない場合において、保険関係が成立してから[ E ]を経過してなお保険関係成立届を提出していないときには、原則、重大な過失と認定される。
トレーニング 第Ⅱ部 問7
C:1年   D:40


行政機関から労災保険に係る保険関係成立届の提出について指導等を受けた事実はないが、保険関係の成立の日以降[ C ]を経過してなおその提出を行っていない事業主については、原則、「重大な過失」と認定し、保険給付の額の[ D ]%に相当する額が、支給の都度、徴収される。

雇用保険法

2019年度 本試験問題 2019年度 TAC教材
選択式 雇用保険法
A:疾病又は負傷  B:通算して7日


1 雇用保険法第21条は、「基本手当は,受給資格者が当該基本手当の受給資格に係る離職後最初に公共職業安定所に求職の申込みをした日以後において,失業している日([ A ]のため職業に就くことができない日を含む。)が[ B ]に満たない間は,支給しない。」と規定している。
暗記カード① 雇用-16
A:含む  B:通算して7日


1.待期
基本手当は,受給資格者が当該基本手当の受給資格に係る離職後最初に公共職業安定所に出頭し求職の申込みをした日以後において,失業している日(疾病又は負傷のため職業に就くことができない日を
[ A ]。)が[ B ]に満たない間は,支給されない。
選択式 雇用保険法
C:休業を開始した日 D:引き続き30日 E:通算して12箇月


2 雇用保険法第61条の4第1項は、…(略)…「当該[ C ]前2年間(当該[ C ]前2年間に疾病、負傷その他厚生労働省令で定める理由により[ D ]以上賃金の支払を受けることができなかつた被保険者については、当該理由により賃金の支払を受けることができなかつた日数を2年に加算した期間(その期間が4年を超えるときは、4年間))に、みなし被保険者期間が[ E ]であつたときに、支給単位期間について支給する。」と規定している。
暗記カード① 雇用-41
B:2年  C:通算して12箇月


(2) 原則として,休業開始日前[ B ]に,みなし被保険者期間が[ C ]以上あること。
選択式 雇用保険法
C:休業を開始した日 D:引き続き30日 E:通算して12箇月


2 雇用保険法第61条の4第1項は、…(略)…「当該[ C ]前2年間(当該[ C ]前2年間に疾病、負傷その他厚生労働省令で定める理由により[ D ]以上賃金の支払を受けることができなかつた被保険者については、当該理由により賃金の支払を受けることができなかつた日数を2年に加算した期間(その期間が4年を超えるときは、4年間))に、みなし被保険者期間が[ E ]であつたときに、支給単位期間について支給する。」と規定している。
トレーニング 第Ⅰ部 問9
C:前2年間  D:通算して12か月


1 育児休業給付金は、…(略)…厚生労働省令で定めるところにより、その1歳に満たない子(…(略)…)を養育するための休業をした場合において、原則として、当該休業を開始した日[ C ]に、みなし被保険者期間が[ D ]以上であったときに、支給単位期間について支給する。
選択式 雇用保険法
A:疾病又は負傷  B:通算して7日


1 雇用保険法第21条は、「基本手当は,受給資格者が当該基本手当の受給資格に係る離職後最初に公共職業安定所に求職の申込みをした日以後において,失業している日([ A ]のため職業に就くことができない日を含む。)が[ B ]に満たない間は,支給しない。」と規定している。
実力テスト第3回 問2
E:通算して7日


3 基本手当は、受給資格者が当該基本手当の受給資格に係る離職後最初に公共職業安定所に求職の申込みをした日以後において、失業している日(疾病又は負傷のため職業に就くことができない日を含む。)が[ E ]に満たない間は、支給されない。

健康保険法

2019年度 本試験問題 2019年度 TAC教材
選択式 健康保険法
A:9月30日における当該任意継続被保険者の属する保険者が管掌する


イ 前年(1月から3月までの標準報酬月額については、前々年)の[ A ]全被保険者の同月の標準報酬月額を平均した額(健康保険組合が当該平均した額の範囲内において規約で定めた額があるときは、当該規約で定めた額)を標準報酬月額の基礎となる報酬月額とみなしたときの標準報酬月額
暗記カード② 健保-23  B:9月30日

(2) 前年(1月から3月までの標準報酬月額については,前々年)の[ B ]における当該任意継続被保険者の属する保険者が管掌する全被保険者の同月の標準報酬月額を平均した額(健康保険組合が当該平均した額の範囲内においてその規約で定めた額があるときは,当該規約で定めた額)を標準報酬月額の基礎となる報酬月額とみなしたときの標準報酬月額
選択式 健康保険法
A:9月30日における当該任意継続被保険者の属する保険者が管掌する


イ 前年(1月から3月までの標準報酬月額については、前々年)の[ A ]全被保険者の同月の標準報酬月額を平均した額(健康保険組合が当該平均した額の範囲内において規約で定めた額があるときは、当該規約で定めた額)を標準報酬月額の基礎となる報酬月額とみなしたときの標準報酬月額
上級演習本科生用演習問題 健保②問2  D:9月30日

(2) 前年([ C ]までの標準報酬月額については、前々年)の[ D ]における当該任意継続被保険者の属する保険者が管掌する全被保険者の同月の標準報酬月額を平均した額(健康保険組合が当該平均した額の範囲内においてその[ E ]で定めた額があるときは、当該[ E ]で定めた額)を標準報酬月額の基礎となる報酬月額とみなしたときの標準報酬月額
選択式 健康保険法
D:当該事業年度及びその直前の2事業年度内  E:12分の1


全国健康保険協会は、毎事業年度末において、[ D ]において行った保険給付に要した費用の額(前期高齢者納付金等、後期高齢者支援金等及び日雇拠出金並びに介護納付金の納付に要した費用の額(前期高齢者交付金がある場合には、これを控除した額)を含み、健康保険法第153条及び第154条の規定による国庫補助の額を除く。)の1事業年度当たりの平均額の[ E ]に相当する額に達するまでは、当該事業年度の剰余金の額を準備金として積み立てなければならない。
全国公開模試 問6  A:2事業年度  B:12分の1

健康保険法施行令第46条第1項において、全国健康保険協会は、毎事業年度末において、当該事業年度及びその直前の[ A ]内において行った保険給付に要した費用の額(前期高齢者納付金等、後期高齢者支援金等及び日雇拠出金並びに介護納付金の納付に要した費用の額(前期高齢者交付金がある場合には、これを控除した額)を含み、同法第153条及び第154条の規定による国庫補助の額を除く。)の1事業年度当たりの平均額の[ B ]に相当する額に達するまでは、当該事業年度の剰余金の額を[ C ]として積み立てなければならないとされている。
選択式 健康保険法
D:当該事業年度及びその直前の2事業年度内  E:12分の1


全国健康保険協会は、毎事業年度末において、[ D ]において行った保険給付に要した費用の額(前期高齢者納付金等、後期高齢者支援金等及び日雇拠出金並びに介護納付金の納付に要した費用の額(前期高齢者交付金がある場合には、これを控除した額)を含み、健康保険法第153条及び第154条の規定による国庫補助の額を除く。)の1事業年度当たりの平均額の[ E ]に相当する額に達するまでは、当該事業年度の剰余金の額を準備金として積み立てなければならない。
トレーニング 第Ⅱ部 問2  A:2事業年度  B:12分の1

全国健康保険協会は、毎事業年度末において、当該事業年度及びその直前の[ A ]内において行った保険給付に要した費用の額(前期高齢者納付金等、後期高齢者支援金等、日雇拠出金及び退職者給付拠出金並びに介護納付金の納付に要した費用の額(前期高齢者交付金がある場合には、これを控除した額)を含み、国庫補助の額を除く。)の1事業年度当たりの平均額の[ B ]に相当する額に達するまでは、当該事業年度の剰余金の額を準備金として積み立てなければならない。

厚生年金保険法

2019年度 本試験問題 2019年度 TAC教材
選択式 厚生年金保険法  C:保険給付の額

2 政府は、財政の現況及び見通しを作成するに当たり、厚生年金保険事業の財政が、財政均衡期間の終了時に保険給付の支給に支障が生じないようにするために必要な積立金(年金特別会計の厚生年金勘定の積立金及び厚生年金保険法第79条の2に規定する実施機関積立金をいう。)を政府等が保有しつつ当該財政均衡期間にわたってその均衡を保つことができないと見込まれる場合には、[ C ]を調整するものとされている。
暗記カード② 厚年-2  H:積立金  I:保険給付の額

4.調整期間
政府は,財政の現況及び見通しを作成するに当たり,厚生年金保険事業の財政が,財政均衡期間の終了時に保険給付の支給に支障が生じないようにするために必要な[ H ]を政府等が保有しつつ当該財政均衡期間にわたってその均衡を保つことができないと見込まれる場合には,[ I ]を調整するものとし,政令で,[ I ]を調整する期間(「調整期間」という。)の開始年度を定めるものとする。
選択式 厚生年金保険法
D:3月から翌年2月  E:当該2月の支払期月


3 …(略)…また、毎年、[ D ]までの間において上記により切り捨てた金額の合計額(1円未満の端数が生じたときは、これを切り捨てた額)については、これを[ E ]の年金額に加算するものとする。
全国中間模試特典 選択式予想問題① 問7
D:毎年3月から翌年2月  E:2月


3 毎支払期月における年金の支払額に1円未満の端数が生じたときは、これを切り捨てるものとするが、[ D ]までの間においてこれにより切り捨てた金額の合計額(1円未満の端数が生じたときは、これを切り捨てた額)については、これを当該[ E ]の支払期月の年金額に加算するものとする。
選択式 厚生年金保険法  B:24か月分以上及び5千万円以上

1 …(略)…これに対して、当該督促を受けた者がその指定の期限までに保険料を納付しないときは、厚生労働大臣は国税滞納処分の例によってこれを処分することができるが、厚生労働大臣は所定の要件に該当する場合にはこの権限を財務大臣に委任することができる。この要件のうち、滞納の月数と滞納の金額についての要件は、それぞれ[ B ]である。
上級演習本科生用演習問題 厚年①問2
B:24月  D:5,000万


厚生年金保険法第100条の5第1項に規定する政令で定める事情[悪質な保険料滞納者と認められる事情]は、次の(1)から(4)の[ A ]該当するものであることとする。
(1) 納付義務者が[ B ]分以上の保険料を滞納していること。
(2) …(略)…
(3) 納付義務者が滞納している保険料その他法の規定による徴収金の額…(略)…が[ D ]円以上であること。

国民年金法

2019年度 本試験問題 2019年度 TAC教材
選択式 国民年金法
A:将来の給付の貴重な財源
B:国民年金事業の運営の安定


国民年金法第75条では、「積立金の運用は、積立金が国民年金の被保険者から徴収された保険料の一部であり、かつ、[ A ]となるものであることに特に留意し、専ら国民年金の被保険者の利益のために、長期的な観点から、安全かつ効率的に行うことにより、将来にわたつて、[ B ]に資することを目的として行うものとする。」と規定している。
科目別答練第6回 問4
A:将来の給付  B:国民年金の被保険者の利益


積立金(年金特別会計の国民年金勘定の積立金をいう。以下同じ。)の運用は、積立金が国民年金の被保険者から徴収された保険料の一部であり、かつ、[ A ]の貴重な財源となるものであることに特に留意し、専ら[ B ]のために、長期的な観点から、安全かつ効率的に行うことにより、将来にわたって、国民年金事業の運営の安定に資することを目的として行うものとする。
選択式 国民年金法
D:納期限の翌日から徴収金完納又は財産差押の日の前日
E:納期限の翌日から3月


国民年金法第97条第1項では、「前条第1項の規定によつて督促をしたときは、厚生労働大臣は、徴収金額に、[ D ]までの期間の日数に応じ、年14.6パーセント(当該督促が保険料に係るものであるときは、当該[ E ]を経過する日までの期間については、年7.3パーセント)の割合を乗じて計算した延滞金を徴収する。ただし、徴収金額が500円未満であるとき、又は滞納につきやむを得ない事情があると認められるときは、この限りでない。」と規定している。
トレーニング 第Ⅱ部 問5
A:納期限の翌日  B:日の前日  C:3月  D:500円


国民年金法第96条第1項の規定によって督促をしたときは、厚生労働大臣は、徴収金額に、 [ A ]から徴収金完納又は財産差押[ B ]までの期間の日数に応じ、年14.6%(当該督促が保険料に係るものであるときは、当該[ A ]から[ C ]を経過する日までの期間については、年7.3%)の割合を乗じて計算した延滞金を徴収する。ただし、徴収金額が[ D ]未満であるとき、又は滞納につきやむを得ない事情があると認められるときは、この限りでない。
選択式 国民年金法
D:納期限の翌日から徴収金完納又は財産差押の日の前日
E:納期限の翌日から3月


国民年金法第97条第1項では、「前条第1項の規定によつて督促をしたときは、厚生労働大臣は、徴収金額に、[ D ]までの期間の日数に応じ、年14.6パーセント(当該督促が保険料に係るものであるときは、当該[ E ]を経過する日までの期間については、年7.3パーセント)の割合を乗じて計算した延滞金を徴収する。ただし、徴収金額が500円未満であるとき、又は滞納につきやむを得ない事情があると認められるときは、この限りでない。」と規定している。
暗記カード② 国年-21
A:厚生労働大臣  F:納期限の翌日  G:3月  H:500円


上記1(1)によって督促をしたときは,[ A ]は,徴収金額に,[ F ]から徴収金完納又は財産差押の日の前日までの期間の日数に応じ,年14.6%(当該督促が保険料に係るものであるときは,当該納期限の翌日から[ G ]を経過する日までの期間については,年7.3%)の割合を乗じて計算した延滞金を徴収する。ただし,徴収金額が[ H ]未満であるとき,又は滞納につきやむを得ない事情があると認められるときは徴収しない。

表示されている教材は2019年合格目標のものです。2020年目標から教材名称の変更や、廃止となる場合もございますので、何卒ご了承ください。

社会保険労務士への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

無料講座説明会

まずは「知る」ことから始めましょう! 無料セミナーを毎月実施しています。

お気軽にご参加ください!

社会保険労務士のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。

スムーズ・簡単!

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

>TAC受講相談