令和3年度社会保険労務士本試験でも的中続出!

TACのズバリ的中!

毎年多くの的中実績!これぞTAC教材の精度の証明

TACは本試験の試験傾向を徹底的に分析して、テキストや答練などの開発を労力を惜しまずに行っています。
その長年のノウハウにより蓄積されたデータと、緻密な分析により、
毎年多くの「本試験ズバリ的中」を出しています。
これはTACが提供する教材の精度が高いことを物語っています。
これだけズバリ的中を続出させることも多数の合格者輩出への原動力です。
下記はほんの一例です。もちろん他にも多数の「ズバリ的中」を実現しています!

労働安全衛生法

2021年度 本試験問題 2021年度 TAC教材
選択式 労働安全衛生法  
D:心身の条件


事業者は、中高年齢者その他労働災害の防止上その就業に当たって特に配慮を必要とする者については、これらの者の[  D  ]に応じて適正な配置を行うように努めなければならない。
実力完成答練第3回 問1  
E:心身の条件


事業者は、中高年齢者その他労働災害の防止上その就業に当たって特に配慮を必要とする者については、これらの者の[  E  ]に応じて適正な配置を行なうように努めなければならない。

労働者災害補償保険法

2021年度 本試験問題 2021年度 TAC教材
選択式 労働者災害補償保険法  
C:その事由が生じた月の翌月からその事由が消滅した月まで


年金たる保険給付は、その支給を停止すべき事由が生じたときは、[ C  ]の間は、支給されない。
暗記カード① 労災-27
A:月の翌月  B:月


年金たる保険給付は、その支給を停止すべき事由が生じたときは、その事由が生じた[ A  ]からその事由が消滅した[  B  ]までの間は、支給しない。

上記「暗記カード」は、現在「重要語句チェックBOOK」として販売しております。

雇用保険法

2021年度 本試験問題 2021年度 TAC教材
選択式 雇用保険法
A:1年間  B:30


離職の日以前2年間(受給資格に係る離職理由が特定理由離職者又は特定受給資格者に該当する場合は2年間又は[  A  ])(以下「原則算定対象期間」という。)であるが、当該期間に疾病、負傷その他一定の理由により引き続き[  B  ]日以上賃金の支払を受けることができなかった被保険者については・・・・・・
暗記カード① 雇用-10
G:引き続き30日以上


離職の日以前2年間(受給要件の特例が適用される場合には1年間)に疾病、負傷、事業所の休業等により[  G  ]賃金の支払を受けることができなかった期間がある場合

上記「暗記カード」は、現在「重要語句チェックBOOK」として販売しております。

労働に関する一般常識

2021年度 本試験問題 2021年度 TAC教材
選択式 労働に関する一般常識
A:35歳以上55歳未満


労働施策総合推進法は、労働者の募集・採用の際に、原則として、年齢制限を禁止しているが、例外事由の一つとして、就職氷河期世代[  A  ] の不安定就労者・無業者に限定した募集・採用を可能にしている。
一般常識セミナー(演習・資料編P66問3)
B:35歳以上55歳未満


労働施策総合推進法では、労働者の募集及び採用について、原則として年齢制限を設けることを禁止しているが、その例外の1つとして、「令和5年3月31日までの間、 [ B  ]である労働者の安定した雇用を促進するため、当該[  B  ]である労働者の募集及び採用を行うとき・・・・・・

上記「一般常識セミナー」は、2022年目標は「統計・白書セミナー」と名称を変更して実施予定です。

健康保険法

2021年度 本試験問題 2021年度 TAC教材
選択式 健康保険法
D:9月1日 E:100分の0.5


毎年3月31日における標準報酬月額等級の最高等級に該当する被保険者数の被保険者総数に占める割合が100分の1.5を超える場合において、その状態が継続すると認められるときは、その年の[  D  ]から、政令で、当該最高等級の上に更に等級を加える標準報酬月額の等級区分の改定を行うことができる。ただし、その年の3月31日において、改定後の標準報酬月額等級の最高等級に該当する被保険者数の同日における被保険者総数に占める割合が[  E  ]を下回ってはならない。
トレーニング 第Ⅰ部 問6  
C:その年の9月1日 D:100分の0.5


毎年[  A  ]における標準報酬月額等級の最高等級に該当する被保険者数の被保険者総数に占める割合が[  B  ]を超える場合において、その状態が継続すると認められるときは、[ C  ]から、政令で、当該最高等級の上に更に等級を加える標準報酬月額の等級区分の改定を行うことができる。ただし、その年の[  A  ]において、改定後の標準報酬月額等級の最高等級に該当する被保険者数の同日における被保険者総数に占める割合が[  D  ]を下回ってはならない。
選択式 健康保険法
D:9月1日 E:100分の0.5


毎年3月31日における標準報酬月額等級の最高等級に該当する被保険者数の被保険者総数に占める割合が100分の1.5を超える場合において、その状態が継続すると認められるときは、その年の[  D  ]から、政令で、当該最高等級の上に更に等級を加える標準報酬月額の等級区分の改定を行うことができる。ただし、その年の3月31日において、改定後の標準報酬月額等級の最高等級に該当する被保険者数の同日における被保険者総数に占める割合が[  E  ]を下回ってはならない。
暗記カード② 健保-19問2  
H:9月1日  I:100分の0.5


毎年[  F  ]における標準報酬月額の最高等級該当者の割合が被保険者総数の [ G  ]を超える場合において、その状態が継続すると認められるときは、その年の[  H  ]から、政令で、最高等級の上に更に等級を加えることができる。ただし、その年の[  F  ]において、改定後の最高等級に該当する被保険者数の同日における被保険者総数に占める割合が[  I  ]を下回ってはならない。

上記「暗記カード」は、現在「重要語句チェックBOOK」として販売しております。

厚生年金保険法

2021年度 本試験問題 2021年度 TAC教材
選択式 厚生年金保険法  A:3か月を超える期間ごとに

厚生年金保険法における賞与とは、賃金、給料、俸給、手当、賞与その他いかなる名称であるかを問わず、労働者が労働の対償として受ける全てのもののうち、[  A  ]受けるものをいう。
トレーニング 第Ⅱ部 問1  B:3か月を超える期間ごと

厚生年金保険法において、賞与とは、賃金、給料、俸給、手当、賞与その他いかなる名称であるかを問わず、労働者が[  A  ]として受けるすべてのもののうち、[  B  ] に受けるものをいう。
選択式 厚生年金保険法
D:船舶  E:厚生労働大臣の承認を受けて、


2以上の適用事業所([  D  ]を除く。)の事業主が同一である場合には、当該事業主は、[ E  ]当該2以上の事業所を1の事業所とすることができるとされている。
トレーニング 第Ⅰ部 問1
 D:船舶  E:承認


2以上の適用事業所([  D  ]を除く。)の事業主が同一である場合には、当該事業主は、厚生労働大臣の[  E  ]を受けて、当該2以上の事業所を一の適用事業所とすることができる。
選択式 厚生年金保険法
D:船舶  E:厚生労働大臣の承認を受けて、


2以上の適用事業所([  D  ]を除く。)の事業主が同一である場合には、当該事業主は、[ E  ]当該2以上の事業所を1の事業所とすることができるとされている。
暗記カード② 厚年-3
G:承認


2以上の適用事業所(船舶を除く。)の事業主が同一である場合には、当該事業主は、厚生労働大臣の[  G  ]を受けて、当該2以上の事業所を一の適用事業所とすることができる。

上記「暗記カード」は、現在「重要語句チェックBOOK」として販売しております。

国民年金法

2021年度 本試験問題 2021年度 TAC教材
選択式 国民年金法
A:給付の支給に支障が生じない
B:調整
C:開始年度

政府は、国民年金法第4条の3第1項の規定により財政の現況及び見通しを作成するに当たり、国民年金事業の財政が、財政均衡期間の終了時に[ A ]ようにするために必要な年金特別会計の国民年金勘定の積立金を保有しつつ当該財政均衡期間にわたってその均衡を保つことができないと見込まれる場合には、年金たる給付(付加年金を除く。)の額(以下本問において「給付額」という。)を [ B ]するものとし、政令で、給付額を[ B ]する期間の[ C ]を定めるものとされている。
トレーニング 第Ⅰ部 問11
C:給付の支給 E:調整


政府は、国民年金法の規定により財政の現況及び見通しを作成するに当たり、[ A ]が、 [ B ]の終了時に[ C ] に支障が生じないようにするために必要な[ D ] を保有しつつ当該[ B ]にわたってその均衡を保つことができないと見込まれる場合には、年金たる給付の額(以下「給付額」という)を[ E ]するものとし、政令で、給付額を[ E  ]する期間の開始年度を定めるものとする。
選択式 国民年金法
D:給付として支給を受けた金銭を標準 E:老齢基礎年金及び付加年金


国民年金法第25条では、「租税その他の公課は、[ D ] として、課することができない。ただし、[ E ]については、この限りでない。」と規定している。
暗記カード② 国年-52
F:標準 C:付加年金


[ E  ]その他の公課は、給付として支給を受けた金銭を[  F  ]として、課することができない。ただし、老齢基礎年金及び [ C ] については、この限りでない。

上記「暗記カード」は、現在「重要語句チェックBOOK」として販売しております。

表示されている教材は2021年合格目標のものです。2022年目標から教材名称の変更や、廃止となる場合もございますので、何卒ご了承ください。

社会保険労務士への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

無料講座説明会

まずは「知る」ことから始めましょう! 無料セミナーを毎月実施しています。

お気軽にご参加ください!

社会保険労務士のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。

スムーズ・簡単!

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

>TAC受講相談