社会保険労務士試験 合格体験記|関根 明子さん

自習室で集中して勉強に取り組むことができました!

関根 明子さん

DATA BANK

受験回数 2回
受講講座 総合本科生Plus:ビデオブース講座
得意科目 厚年法
不得意科目 一般常識(統計)
1週間の平均学習時間(導入期~基礎期) 20~25時間
1週間の平均学習時間(直前期) 30~35時間
社労士を目指すようになったきっかけ

中小事業主や個人事業主の下で勤務している中で、労働者側の要望と事業主の考えにズレが生じていたり、また事業主が雇用管理を行う上で就業規則等が整備されていない事実を目の当たりにし、実際にそのような業務に携わりたいと思うようになりました。

TACを選んだ理由

合格実績/立地(通いやすさ)/教材の評判/フォロー体制の充実度

講義編の時期の学習方法

講義の予習は、次回の範囲のテキストを通読し付箋を貼り、講義を聞いても理解しにくい部分は質問していました。復習は各講義の範囲のトレーニング択一、選択1を行い、その後トレーニング択一、選択2を解くようにしていました。過去問はテキストに表示があれば、どのような切り口で出されているかを必ず確認するようにしていました。

直前編(答練)の時期の学習方法

基本講義終了後、Plusのオプション講義をビデオブースやWebフォローで受け、過去問を一通り解きました。答練、模試で間違えた箇所については基本テキストに戻って論点を書き込み、テキストを見ればどのような論点で問われたかがわかるようにしました。過去問等の問題を解き終わった後は、間違えた問題番号全てマーカー3色で色分けし、再度解き直す時にどのような理由で間違えたのか目で見てすぐ分かるようにしました。試験当日までの1ヶ月は、時間を計ってひたすら年度別の過去問を繰り返し解いていました。

学習を続けるのが苦しい時期やスランプの経験など

スランプの時は一旦勉強から離れて、好きなこと、やりたいことをしました。リフレッシュできた後は比較的勉強に集中できました。直前期は1人でいると色々と考えこんでしまいがちなので、勉強場所を家からTACの自習室に変え、まわりの刺激を受けながらひたすら問題を解いていました。

TACを受講して良かった点

通学講座を受講して良かったのは、講師に質問できることだと思います。疑問を残さずに勉強に取り組めました。はじめは「こんな質問していいのだろうか。」と色々考えてなかなか質問できないかもしれませんが、質問しないのは勿体ないと思います。教材はボリュームがありますが、条文通りの表現だけでなく分かりやすく解説されているので、勉強を続けるうちに慣れてくると思います。余白があり自分で書き込めるようになっているのも良かったです。

全国模試を受験して良かった点

現時点で自分がどれくらい理解できていて、得点に結びついているかが分かり、その後の弱点箇所を勉強するのに役立ちました。

オプション講座を受講して良かった点

一通り講義が終わった後に、復習として受講できたので良かったです。オプション講座は横断セミナーのテキストが使いやすく、基本テキストの重要部分、自分の間違えやすい論点を付箋に書いて貼り付け、本試験会場に持っていきました。

Webフォロー・音声DLフォローを活用して良かった点

講義の予習や復習で利用しました。講義で聞き逃してしまったり、わかりにくい部分を集中的に聞くことで理解が深まりました。また、普段とは別の講師の講義を聞くことが出来たので良かったです。

フォロー制度の活用法

・ビデオブース生でしたが、総合本科生plusの特典として基本講義を最寄りの校舎に振替できたので教室講座に通っていました。直接講師に質問できたのが良かったです。
・直前期に他の受講生からの刺激を受けながら、自習室を利用できたので集中して勉強に取り組むことができました。
・講師レターで勉強の仕方をレクチャーしていただいたり、モチベーションを維持することができました。

社労士資格をどのように活かしていきたいか

まずは労務管理の実務経験を積み、顧客の要望に応えられる、率先して提案できる社労士になりたいと考えています。

これから学習を始める方への応援メッセージ

受験期間は勉強を続けていても、中々点数に結びつかない…など色々と悩まれることも多いと思いますが、やると決めた自分自身を信じて取り組んでいれば合格につながると思います。「継続は力なり」です!

社会保険労務士への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

無料講座説明会

まずは「知る」ことから始めましょう! 無料セミナーを毎月実施しています。

お気軽にご参加ください!

社会保険労務士のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。

スムーズ・簡単!

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

>TAC受講相談