社会保険労務士試験 合格体験記|近藤 翔吾さん

TACの最適なカリキュラムで一発合格出来ました!

近藤 翔吾さん

一発合格

DATA BANK

受験回数 1回
受講講座 総合本科生Wide+Plus:教室講座
得意科目 労災法
不得意科目 一般常識(統計)
1週間の平均学習時間(導入期~基礎期) 25~30時間
1週間の平均学習時間(直前期) 35~40時間
社労士を目指すようになったきっかけ

自分のキャリアを見直すためです。私は総務の人間として経理・総務・庶務・人事等広く業務に従事しておりましたが、その知識は浅いと考えていました。何か一つに特化して、その道のプロとして今後のキャリアを築いていきたいと考えたとき、「ヒト・モノ・カネ・情報」の中で、私が特に関わっていきたいものが「ヒト」でした。「ヒト」のスペシャリストとして多くの企業活動の支えとなることで日本経済に貢献していきたいと考えはじめたことが、社労士を目指したきっかけです。

TACを選んだ理由

合格実績/立地(通いやすさ)/カリキュラム

講義編の時期の学習方法

講義の予習は、進度に応じて、各ページを太字中心に眺め、トレーニングを解いていました。復習については、講義が終わった後にトレーニング、市販の問題集(「合格のツボ」(TAC出版))の問題を解き、さらに余力があれば過去問演習(「過去10年分本試験問題集」(TAC出版))をして、より多くの問題に触れました。トレーニングについては3回正解するまで問題を解き、講義編の間にトレーニングはやりつくしました。 ミニテスト・実力テストでは上記の学習方法により、常に上位を目指すことを心がけていました。実際には実力テストでA判定を獲得出来たのは数回でしたが、実力テストでわからなかった部分・なんとなく正解した部分は同じ間違いをしないよう注意深く復習しました。

直前編(答練)の時期の学習方法

最後の答練終了までの間は「過去10年分本試験問題集」、「合格のツボ(選択編・択一編)」(共にTAC出版)を中心に学習し、テキストは辞書のように活用していました。また全ての答練・模試についても絶対に成績上位に入ること、A判定を獲得すること、講義編の時のトレーニング同様最低でも3回は回すことを心がけていました。最終講義終了から本試験1週間前まではひたすら上記の問題演習に取り組みましたが、最後の1週間は1日で1~2科目のテキストをさらっと1周ずつ読み、確認作業を行っていました。

学習を続けるのが苦しい時期やスランプの経験など

学習を続けるのが苦しいと考えたことは特にありませんでした。それは社労士試験合格の先を常に見据えていたからです。スランプについては、とにかく前進することしかないと先生方よりお声がけいただきましたが、私はきっぱり勉強に取り組むことをやめていました。そうすることで「毎日勉強しなければいけない」という意識が「そろそろ勉強してみようか」に変わり、頭がすっきりした状態でテキスト等を確認することが出来ました。直前期のプレッシャーは確かにありましたが、自分の答練や模試等の成績を眺め「大丈夫、大丈夫!受かる!受かる!」と暗示をかけていました。

TACを受講して良かった点

わからない箇所はひたすら講義の後に講師に質問をしました。質問についてはとことん付き合っていただき、自分が納得するまで深く深く知識を掘り下げてもらえました。カリキュラム、学習スケジュールについては自分にとって本当に最適でした。基礎マスター期が約4ヶ月間あったおかげで、その後に行われる総合本科生の基本講義についていけないということはありませんでした。基礎マスター講義の内容が充実している証拠だと思います。

全国模試を受験して良かった点

全国模試を受けることで自分の苦手科目を確認することはもちろん、自分の現在の順位を確認することで、モチベーションの維持ができました。また、試験と同じ時間配分・緊張感の中で取り組むので、本試験の練習が出来ます。全国模試で予行演習ができたため、比較的落ち着いて臨むことが出来ました。

オプション講座を受講して良かった点

オプション講座は「一般常識セミナー」「超・直前ファイナルチェックゼミ」について、特に重宝させていただきました。 一般常識セミナーについては、多くの受験生が苦手とする一般常識科目の内容が1冊の薄いテキストにまとまっているので確認がしやすかったです。超・直前ファイナルチェックゼミは、いわゆるヤマアテとして活用させていただきました。直前になると何を勉強していいかわからなくなるので、せめてファイナルチェックゼミの内容だけは外すことがないようにと使用教材を毎日眺めていました。オプション講座については、今まで学習した内容と重複している内容なので、再確認し知識を定着させる、という意識で参加しました。

Webフォロー・音声DLフォローを活用して良かった点

Webフォローは主に、基礎マスター期に活用しましたが、講義の前に予習として使用していました。その上で講義を受けることにより、講義が復習の役割も担い、理解が深まるキッカケになった点はすごく良かったです。

フォロー制度の活用法

重複出席フォローについて、講義で理解できなかったことは講師に質問をした後、別の講師による講義に出席し、内容を確認することで理解を深め、応用問題にも対応できる力が身につきました。ポイントチェック&メッセージは精神的にしんどい時に読むことでモチベーションを維持して最後まで勉強を続けられました。

社労士資格をどのように活かしていきたいか

「人脈形成」と「働き方改革の促進」に役立てたいです。「人脈形成」については、今まで一企業の事務職社員として働いており、社外に人脈が少なかったため、社労士のネットワークをはじめ、これから多くの業界の方々との人脈を形成していきたいと考えています。

これから学習を始める方への応援メッセージ

社会保険労務士試験は年に1度しかありませんが、「覚悟」を決めれば必ず合格を勝ち取れます!辛く苦しい勉強ですが、報われないことはありません!本試験当日、試験監督の試験終了の合図を聞く時まで、あきらめず頑張ってください!

社会保険労務士への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

無料講座説明会

まずは「知る」ことから始めましょう! 無料セミナーを毎月実施しています。

お気軽にご参加ください!

社会保険労務士のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。

スムーズ・簡単!

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

>TAC受講相談