資格試験・資格取得の情報サイト>情報処理>今から始められるオンライン講座│情報処理

2024年春期(上期)の受験に対応 今から始められるオンライン講座

難易度を知って、基本情報技術者試験に合格しよう

TACのオンライン講座なら、情報処理技術者試験全区分と情報処理安全確保支援士試験の対策コースが、いつでも、どこでも、何度でもオンライン学習できます!

共通のフォロー制度

学習上の疑問はただちに解決「質問メール」

疑問点は早めに解決することが大切です。講師がわかりやすく丁寧にお答えします。

ITパスポート、情報セキュリティマネジメント、基本情報技術者、応用情報技術者対策コース受講の方は50回まで(公開模試、Web模試、オプション講座のみの方は3回まで)、高度試験区分対策コース受講の方は10回まで(公開模試のみの方は3回まで)、1回につき1つの質問とさせていただきます。

「質問メール」は「i-support」からご利用いただけます。

受講講座以外の教材(市販書籍、過去の教材、他の資格専門学校で使用される教材、他社で発行されている問題集やテキスト)についての質問や、当該試験の学習範囲を逸脱している質問、他資格に関する質問、当該目標の本試験内容に関わる質問にはお答えできません。予めご了承ください。

i-support(インターネットフォローシステム)

TACのポータルサイトTAC WEB SCHOOL内の「i-support」では、質問メールの活用のほか講座からのお知らせや出席状況などを確認することができます。

質問メール

疑問点は早めに解決することが大切です。講師がわかりやすく丁寧にお答えします。

ITパスポート、情報セキュリティマネジメント、基本情報技術者、応用情報技術者対策コース受講の方は50回まで(公開模試、Web模試、オプション講座のみの方は3回まで)、高度試験区分対策コース受講の方は10回まで(公開模試のみの方は3回まで)、1回につき1つの質問とさせていただきます。

講座からのお知らせ

試験情報やセミナー、受講に関するお知らせなど、受講生のみなさんに役立つ情報をタイムリーに発信していきます。

i-supportのご利用には、「TAC WEB SCHOOL」のマイページ登録が必要になります。詳細は、お申込み後にお渡しする「受講ガイド」にてご案内しております。

オンラインで受講できる「Webフォロー」標準装備

ご受講の同一コースの講義を、Web上でも受講できるフォロー制度です。スマートフォンやタブレット端末にも対応しているので、受講期間中はいつでも、どこでも、何度でも繰り返し視聴することができます。

使い方いろいろ

  • 倍速機能で学習時間の圧縮に利用
  • スキマ時間に復習
  • 知識の再確認

Webフォローの動作環境につきましては、TAC WEB SCHOOLにてご確認ください。

Webフォローの配信期限は、2024年春期(上期)合格目標コースのITパスポート・基本情報技術者・情報セキュリティマネジメントは2024年6月末日、応用情報技術者・高度試験区分・情報処理安全確保支援士は2024年4月末日までとなります。

音声講義を受講できる「音声DL(ダウンロード)フォロー」標準装備

欠席した場合や復習用として教室講義収録の音声講義をインターネットからスマートフォン・タブレット端末・パソコンで受講できる制度です。いつでも、どこでも、何度でも繰り返し学習でき、知識の定着を図ることができます。

「資料通信講座」「Webテスト」「公開模試」「Web模試」は対象外です。

TACでお得に学習できる「各種割引制度」

                  
ステップアップ割引S 通常受講料より最大30%OFF
ステップアップ割引10 通常受講料より10%OFF
再受講割引 通常受講料より最大50%OFF
SC受講経験者割引 通常受講料より最大50%OFF

各種割引制度の詳細はコチラをご参照ください。

「ステップアップ割引S」「ステップアップ割引10」は、大学生協等代理店及びe受付(インターネット受付)ではお申込みいただけません。

TACの「自習室」が利用できる

TACでは、講義で使用していない教室を自習室として開放しています。通学生に限らず、通信生もご利用いただけます(公開模試、Web模試、オプションのみ受講の方はご利用できません)。

教室の使用状況により自習室として開放できない場合がございます。

一部の提携校では、自習室をご利用できない場合がございます。事前にご利用希望の提携校までお問い合わせください。

開講コース一覧

ITパスポート試験(IP)

年間25万人以上が受験する人気資格

ITパスポートは、社会で働くすべての職業人が備えておくべきITに関する基礎的な知識が証明できる情報処理技術者試験の入門資格です。会社とITについてのつながりから、ITに関する基本的な知識まで幅広く身につけることができます。試験終了後その場で結果が確認できるので、大変受験しやすい試験です。

試験日
随時(CBT方式)

今おすすめの通信コース

本科生

TACの基本スタイルである「効率よく合格レベルへ」をテーマに、インプットとアウトプットをバランスよく取り入れたスタンダードコースです。IT資格ビギナーにも無理なく学習できるカリキュラムを採用しています。

  • 回数

    全15回

  • 受講料

    ¥25,000~
    (当講座は入会金不要)

今おすすめの通信コース

ITビギナーズパック

「ITパスポート」と「情報セキュリティマネジメント」のダブル合格を目指すお得なパックです。ITパスポートを学習した後、情報セキュリティマネジメント対策を行うことで効率よくダブルライセンス取得を目指します。

  • 回数

    全25回

  • 受講料

    ¥39,500~
    (当講座は入会金不要)

情報セキュリティマネジメント試験(SG)

ITの安全な利活用のための知識が身につく

情報セキュリティの重要性は日々高まっています。技術的な側面だけではなく、ユーザーである従業員一人ひとりが意識していなければ、多種多様な脅威から組織の情報セキュリティを守ることはできません。そのためには、技術面のみではなく、業務の管理面からの取り組みが必要となります。情報セキュリティマネジメント試験はユーザー側に必要となる情報セキュリティについての知識を幅広く身につけることができます。

試験日
随時(CBT方式)

今おすすめの通信コース

本科生

重点分野と関連分野でメリハリをつけた、全11回というコンパクトなカリキュラムを実現。オリジナルテキストとTAC自慢の講義、午後対策実力テスト、公開模試をパックにしたスタンダードコースです。

  • 回数

    全11回

  • 受講料

    ¥25,500~
    (当講座は入会金不要)

基本情報技術者試験(FE)

ITを戦略的に活用できる能力が身につく

ITに関する技術的な基礎となる知識が身につきます。システム開発を行う企業では登竜門的な資格です。実際にITに関する技術やプログラミングといった内容を学習するので、システムを開発する、逆に開発を依頼する方にもオススメです。また、営業担当の方も、基本情報技術者の知識を身につけておくことで、ユーザーとの打ち合わせ等の様々な場面で「共通言語」として役立てることができます。

試験日
随時(CBT方式)

今おすすめの通信コース(入門講義+科目A+科目B試験対策)

本科生プラス

初学者専用の「入門講義」を設け、科目A試験問題を解くための基礎知識をじっくり身につけていきます。TACならIT初心者でも安心して学習を続けることができます。

  • 回数

    全42回

  • 受講料

    ¥78,000~

今おすすめの通信コース(科目B試験対策)

科目Bマスターコース

科目B試験問題で確実に得点するために、問題演習を中心に学習します。科目A試験免除認定者や受験経験のある方におすすめのコースです。

  • 回数

    全18回

  • 受講料

    ¥36,000~

応用情報技術者試験(AP)


ITを活用して問題解決する能力が身につく

ITに関する技術的な知識を、基本情報技術者より深く掘り下げて身につけていることの証明となるのが応用情報技術者です。システム開発等はもちろんのこと、ITを活用した戦略立案やプロジェクトのリーダーなど、実務的な部分での中心的な役割も担うことができるゼネラリストといえます。また、IT関連の営業担当としても、より技術的な内容に踏み込んだ提案が可能になります。

試験日
年2回(春期・秋期)

今おすすめの通信コース

本科生プラス・本科生プラスA / B

基本情報技術者試験レベルの基礎知識を入門講義で復習した後、「本科生」のカリキュラムに進みます。合否のポイントとなる午後対策は、各自の受験プランに合わせて、学習分野を自由に選択することで、効率よく合格を目指すことが可能です。

  • 回数

    本科生:最大54回
    本科生A / B:全44回

  • 受講料

    ¥98,000~
    (2023/11/18までキャンペーン中)

今おすすめの通信コース

本科生・本科生A / B

午前対策では、テクノロジ系・マネジメント系・ストラテジ系の 3分野を網羅し、午後対策では、各自の受験プランに合わせて、学習分野を自由に選択することが可能です。

  • 回数

    本科生:最大44回
    本科生A / B:全34回

  • 受講料

    ¥77,000~
    (2023/11/18までキャンペーン中)

ネットワークスペシャリスト


ネットワーク社会を担うスペシャリスト

プロジェクトで求められる用件を満たすネットワークの企画・用件定義・開発・運用・保守について、システム構築の中心的な役割を担います。企業で使用するシステムは、ネットワークというシステム同士のつながりがあって複雑な処理も可能となります。効率的なネットワークは企業にとって非常に重要な要素といえます。システム開発の中で、その中心的な役割を果たすスペシャリストといえるでしょう。

試験日
年1回(春期)

今おすすめの通信コース

本科生・本科生プラス

専門知識対策講義+専門知識対策演習+公開模試で専門知識を徹底的に身につけて、最短合格を目指します。

  • 回数

    本科生・本科生プラス:全19回
    本科生(午前I試験免除):全15回

  • 受講料

    ¥60,000~

無料セミナーを視聴する

今おすすめの通信コース

上級コース

午前Ⅱ試験問題で20問以上正解できる基礎知識を習得されている方を対象にした、受験経験(学習経験)者向けのコースです。専門知識対策演習は、午後試験で得点力をアップしたい方に最適です。

  • 回数

    全9回

  • 受講料

    ¥53,000~

無料セミナーを視聴する

ITストラテジスト


ITを駆使した経営戦略を組み立てるコンサルタント

IT技術を活かしてシステムを構築する際に、企業ごとにその必要とされるITの役割、要件等は異なります。ITを活かしていかに業務効率を上げるかなどの課題を、経営戦略を組み立て、実行するのがITストラテジストです。IT技術を活用しようとする企業内、また、開発を行う企業のどちらでも活躍の場があります。ITに関するコンサルタントというイメージがピッタリでしょう。

試験日
年1回(春期)

今おすすめの通信コース

本科生・本科生プラス

ITストラテジストは午後Ⅱ問題の出題形式が論述式となり、論文を解答用紙に記入することになります。この午後Ⅱ問題を確実に解答(記述)できるかが合否の別れ目になります。TACでは経験豊富な講師が一つひとつ丁寧に答案用紙の使い方から指導しますので、確実に論文を書き上げる能力を身につけることができます。

  • 回数

    本科生・本科生プラス:全12回
    本科生(午前I試験免除):全8回

  • 受講料

    ¥46,000~

システムアーキテクト


システム開発の中心を担う上級エンジニア

IT技術を導入する企業が求める課題解決に向けて、どのようなシステムを開発するかについて、システムの基本設計を行います。そして、その基本設計を、実際にシステムを開発する担当者と共有し、システム開発の中心となることが求められています。実際にシステム開発を行う企業内で活躍の場が多いといえます。

試験日
年1回(春期)

今おすすめの通信コース

本科生・本科生プラス

システムアーキテクトは午後Ⅱ問題の出題形式が論述式となり、論文を解答用紙に記入することになります。この午後Ⅱ問題を確実に解答(記述)できるかが合否の別れ目になります。TACでは経験豊富な講師が一つひとつ丁寧に答案用紙の使い方から指導しますので、確実に論文を書き上げる能力を身につけることができます。

  • 回数

    本科生・本科生プラス:全12回
    本科生(午前I試験免除):全8回

  • 受講料

    ¥46,000~

ITサービスマネージャ

rank_joho01.jpg

ITサービスの安定提供を担う専門家

システムが完成して稼動した後、そのシステムが安定的に稼動するかということについてのマネジメントを行います。また、システムは開発後の維持・管理が煩雑になると、コスト面、安定的な稼動といった点が問題となるため、システムを開発する段階で、そのサービスを設計する部分に携わることもあります。実際にシステム開発を行う企業で活躍される方が多いといえます。

試験日
年1回(春期)

今おすすめの通信コース

本科生・本科生プラス

ITサービスマネージャは午後Ⅱ問題の出題形式が論述式となり、論文を解答用紙に記入することになります。この午後Ⅱ問題を確実に解答(記述)できるかが合否の別れ目になります。TACでは経験豊富な講師が一つひとつ丁寧に答案用紙の使い方から指導しますので、確実に論文を書き上げる能力を身につけることができます。

  • 回数

    本科生・本科生プラス:全12回
    本科生(午前I試験免除):全8回

  • 受講料

    ¥46,000~

情報処理安全確保支援士試験(SC)


ITの安全を担うセキュリティの専門家

サイバーセキュリティについての知識・技能を活用することで、情報システムの企画・用件定義・開発・運用・保守の支援、サイバーセキュリティ対策の調査・分析・評価やその結果を基に指導や助言を行います。セキュリティエンジニアや、セキュリティコンサルタントを目指す方に最適です。

試験日
年2回(春期・秋期)

今おすすめの通信コース

本科生・本科生プラス

専門知識対策講義+専門知識対策演習+公開模試で専門知識を徹底的に身につけて、最短合格を目指します。

  • 回数

    本科生・本科生プラス:全23回
    本科生(午前I試験免除):全19回

  • 受講料

    ¥75,000~

無料セミナーを視聴する

今おすすめの通信コース

上級コース

午前Ⅱ試験問題で20問以上正解できる基礎知識を習得されている方を対象にした、受験経験(学習経験)者向けのコースです。専門知識対策演習は、午後試験で得点力をアップしたい方に最適です。

  • 回数

    全9回

  • 受講料

    ¥53,000~

無料セミナーを視聴する

Web通信講座

Web通信講座は、オンラインを通じて受講や学習管理を進めていけるサービスです。
人気講師の講義を
好きな時間と場所で学習でき、ムリなく、安心して学習が進められます。

1

いつでも、どこでも、何度でも動画視聴できる!学習を快適にサポート。

TACのオンライン学習は、スマートフォンやタブレットで学習できます。
講義はTACの人気講師が担当。分かりやすく、正確な知識を修得できます。

通信学習

2

スマートフォンやタブレットでも高速再生に対応しているので、時間を無駄にせず、自分のペースで学習できます。

Windows®, Mac®はもちろん、スマートフォンやタブレット端末でも速度変更が可能なので、講義の視聴時間を短縮でき、さらに効率的な学習が可能になります。その他、効率的に学習を進めるための機能が充実!

  • ① 講義動画

    講義動画を視聴できます。緻密に組まれたカリキュラムに沿って講義が進められるので、しっかりと知識を吸収できます。

  • ② 再生スキップ機能

    聞き逃した内容の確認や、細かい頭出しもボタン1つです。

  • ③ 再生速度変更機能

    パソコンはもちろん、スマートフォンやタブレット端末でも0.8倍速から2倍速までお好みの速度で効率的に学習できます。

  • ④ 続きから再生機能

    講義の途中で停止しても、次回は同じ場所から再生できます。パソコンの続きをスマートフォンで再生することも可能です。

  • ⑤ しおり機能

    講義の好きな位置を記憶させ、いつでも、どの端末からでも、その場所から再生させることができます。

  • ⑥ 全画面表示機能

    お使いの端末の画面いっぱいに講義動画を表示できるため、スマートフォンでも画面が見やすくなります。

3

アプリで動画のダウンロードができます。

アプリで動画のダウンロードができるので、自宅のWi-Fi環境で講義動画をダウンロードしておくと、電波のない環境でも動画を再生でき、速度制限を気にすることなく何時間でも再生できます。

Web通信講座やWebフォローなど動画が視聴可能なコースを受講している方がご利用いただけます。

ダウンロードした動画は2週間視聴可能となります。有効期間内であれば繰り返し何度でもダウンロード可能です。

アプリ

TAC WEB SCHOOL アプリのダウンロード

appleアプリ
appleアプリ

*Mac,iPhone,iPad,iTunesは、米国およびその他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。*iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
*App Storeは、Apple Inc.のサービスマークです。
*Android,Google Playは、米国およびその他の国々で登録されたGoogle Inc.の商標または登録商標です。

お申込み前に必ずTAC WEB SCHOOLの動作環境ページをご確認ください。

Web通信講座の配信期限は、2024年春期(上期)合格目標コースのITパスポート・基本情報技術者・情報セキュリティマネジメントは2024年6月末日、応用情報技術者・高度試験区分・情報処理安全確保支援士は2024年4月末日までとなります。

DVD通信講座

自宅にいながら、迫力の大画面で受講できる!

DVD通信講座は、講義を収録したDVDと教材をご自宅にお届けする学習メディアです。大画面テレビなら、迫力ある講義映像で教室の臨場感そのままに受講できます。

教材は送付日程が決められているので、独学ではつかみにくい学習のペースメーカーに最適です。       

こんな方におすすめ

  • DVD通信講座でもライブ講義の迫力を再現!
  • DVDなら何度でも繰り返し受講できる!
  • 早送りなどの操作性や収納も便利!
  • 受講期間終了後も、講義映像を手元に残しておきたい方

DVD通信講座はDVD-Rメディアでのご提供となりますので、DVD-Rメディア対応のDVDプレーヤーでのみご視聴になれます。ゲーム機やパソコン等での動作保証はしておりませんので、予めご了承ください。