積み重ねてきた知識を活かしてキャリアアップ!

高度試験STEP UP(ステップアップ)のすすめ!

TACでは高度試験全区分
講義映像付き対策コースを開講しています!

データベーススペシャリスト試験(DB)

プロジェクトで求められる用件を満たすデータベースの企画・用件定義・開発・運用・保守について、システム構築の中心的な役割を担います。膨大な情報をどのように処理していくかということについて、システム開発の中で、その専門性を発揮していくことが求められるスペシャリストといえます。

プロジェクトマネージャ試験(PM)

実際にシステムを開発するには、大規模になればなるほどその工程等を管理する役割は重要になります。開発プロジェクトにおいて品質、コスト、納期を計画し、計画通りに進むように管理運営するのがプロジェクトマネージャです。開発を行う企業はもちろん、実際にIT技術を導入する企業においても、工程等を管理する立場は必要とされるため、IT業界では広く活躍の場があるといえます。

システム監査技術者試験(AU)

企業で運用されているシステムについて、独立した立場から監査を行うのがシステム監査技術者の役割です。問題点が見つかった場合には、その問題点を指摘し、改善するように勧告を行います。システムを活用している企業であれば「内部監査人」として、外部であれば「外部監査人」として監査を行いますが、そのベースにはITに関する深い知識が求められます。

エンベデッドシステムスペシャリスト試験(ES)

家電製品・通信機器など、電子制御が必要な製品に内蔵されている組み込みシステムを、ハード・ソフト両面から開発・設計を行います。そのため、実際の物づくりに携わる部署でその知識を活かすことができます。同じスペシャリスト系でも、取り扱う専門領域が少し異なるといえます。

情報処理安全確保支援士試験(SC)

システムの企画・要件定義・開発・運用・保守に必要とされる情報セキュリティについての知識・技能を身につけているかを評価します。情報処理安全確保支援士の名称を使用する場合は合格後の登録、定期的な講習の受講が求められています。

どの試験を受験するか迷ったら…

1

キャリアプランや業務での必要性から選ぶ!

これからご自身のキャリアプランをどのように築いていくのか、現在携わっている業務でプラスになる専門知識は?
というような視点から受験する試験区分を選択するのもオススメです。

2

得意分野から選ぶ!

特に応用情報技術者試験合格者の方には、「この分野は得意!」「本試験で高得点だった!」という分野が一つはあるはず。受験する試験区分を決めかねている方は「得意分野」を活かして受験するのもオススメです。応用情報技術者(午後試験)の各分野に対応する高度試験区分については下表をご確認ください。

応用情報技術者 午後試験 各分野に対応する高度試験
問1(情報セキュリティ) → 情報処理安全確保支援士試験
問6(データベース) → データベーススペシャリスト試験
問7(組み込みシステム開発) → エンベデッドシステムスペシャリスト試験
問9(プロジェクトマネジメント) → プロジェクトマネージャ試験
問11(システム監査) → システム監査技術者試験

3

難易度(合格率)や人気度(受験者数)で選ぶ!

合格率
  • 第1位

    情報処理安全確保支援士(18.9%)

  • 第2位

    エンベデッドシステムスペシャリスト(16.0%)

  • 第3位

    システム監査技術者(14.6%)

  • 第4位

    データベーススペシャリスト(14.4%)

  • 第5位

    プロジェクトマネージャ(14.1%)

受験者数
  • 第1位

    情報処理安全確保支援士(22,175人)

  • 第2位

    プロジェクトマネージャ(17,588人)

  • 第3位

    データベーススペシャリスト(16,831人)

  • 第4位

    エンベデッドシステムスペシャリスト(4,858人)

  • 第5位

    システム監査技術者(4,175人)

※情報処理推進機構(IPA)「統計資料(平成31年度)」より

4

出題形式で選ぶ!

高度試験・情報処理安全確保支援士試験は試験区分により、午後Ⅱ試験の出題形式が異なります。長文の事例を読み、30字~50字で解答する形式となる「記述式」、問題文で与えられたテーマに基づき、おおよそ2,000字程度で論述する形式となる「論述式」のいずれかの方式で実施されます。

午後Ⅱ試験の出題形式

事例問題試験
  • 試験区分(春期)

    データベーススペシャリスト・エンベデッドシステムスペシャリスト・情報処理安全確保支援士

記述式」となり、長文の事例を読み、30字~50字で解答する形式です。

論文試験
  • 試験区分(春期)

    プロジェクトマネージャ・システム監査技術者

論述式」となり、問題文で与えられたテーマに基づき、おおよそ2,000字程度で論述する形式です。

受験を決意したら合格に向けて動き出そう!

講師直伝!合格のための学習法

午前I試験の学習法

午前I対策は、限られた学習時間の中で効率的に行うことが最大のポイントです。
出題範囲が非常に幅広く、すべてを順に学習するのは時間的に無理があります。
午前I試験は、応用情報技術者試験の午前問題80問の中から30問が出題され、そのうち約6割が過去問題の再出題です。 そこで、スキマ時間を活用した過去問題演習を中心とした学習をお勧めします。

過去問題演習では、まず分野別に演習を行い、得意分野と不得意分野を見極めるようにしてください。分野別の出題数は、ほぼ毎回、テクノロジ系から17問、マネジメント系から5問、ストラテジ系から8問となっています。受験する試験区分の午前II試験の出題分野を最優先とした上で、午前I試験の出題比率を意識しながら得意分野を増やしていくとよいでしょう。


過去問題演習では、解説を必ず読むことが大切です。正解した場合も、誤り選択肢の説明を含めて確認することによって、知識の幅を広げることができます。

過去問題演習以外では、2019年5月に応用情報技術者試験のシラバスがVer6.0に改訂され、新しく用語例が追加されているので、確認しておくとよいでしょう。(シラバスの「変更箇所表示版」を見ると、追加された用語が分かりやすいです。)主な変更点は、AI、IoT、ビッグデータ、応用数学、アジャイル、ブロックチェーン、RPAなどです。これらに関連する基本的な用語の意味を理解しておいてください。

【TACのPoint】ALL IN ONE パーフェクトマスター(共通午前I)

allinone_20haru_am.png

午前I試験対策のために、最小時間で最大効果をあげることができるように構成したTACオリジナルテキストです。

「知識編」では、本試験の徹底分析に基づき、出題可能性の高い項目に厳選し、頻出項目を習得できます。

「問題編」は、再出題率の高い午前I試験対策において最も効果的で効率的な過去問題を中心に構成しているので、実践力が身につけられます。

午前Ⅱ試験の学習法

午前II対策は、お勧めする取り組み方が試験区分によって異なります。
データベーススペシャリスト試験、エンベデッドシステムスペシャリスト試験、情報処理安全確保支援士試験では、午前II試験と午後試験で必要とされる知識のオーバラップが大きいという特徴があります。午前IIで必要とされる知識項目は午後I、午後IIでもより詳細なレベルまで必要とされます。したがって、まずテキストで体系的に知識を習得しておくことがその後の午後対策にもつながり、試験対策全体として効率的です。知識習得後に、午前II問題演習に取り組むと、午前II試験対策から午後試験対策へとスムーズに学習が進められます。

プロジェクトマネージャ試験では、主にシステム開発やプロジェクトマネジメントの基本的な専門知識が問われますが、前回の試験から、PMBOKは第6版について出題されるようになっていますので、過去問題で学習する場合にも、版による差がないかどうかを押えながら学習しましょう。また、ISO21500がJIS化されたことを受けてJIS Q 21500から出題されるようになりました。内容的に大きな差異はありませんが、和訳の用語がPMBOKと異なる点に注意が必要です。用語については、IPAが公表しているシラバス(Ver6.0)を読むことで、ある程度確認できますので、一度見ておくと良いでしょう。

システム監査技術者試験は、重点分野であり出題比率の高い「システム監査」分野、「法務」分野を集中的に学習するのが効果的です。2018(平成30)年にシステム監査基準、システム管理基準が改訂になりましたので、これらの新しい基準に目を通して、概要を押さえておきましょう。

午前II試験の出題分野には各区分とも重点分野が設けられており、重点分野からの出題比率が6割から8割程度(区分によって異なります)を占めています。つまり、重点分野を取りこぼさずに得点できれば、合格基準点の60点を突破できます。また、非重点分野は技術レベルが3以下であることを考え合わせると、重点分野に的を絞ることも一つの手段として考えられます。
いずれの区分でも過去問題の再出題率が5割から7割程度と高いので、過去5回分を目安に過去問題演習を行いましょう。

【TACのPoint】ALL IN ONE パーフェクトマスターシリーズ(PM・AU)

allinone_20haru_pm_au.png

重要ポイント整理と記述/論述テクニックの解説そして過去問題演習を組み合わせたテキスト&トレーニング集です。

午前Ⅱ試験対策では、出題頻度の高いキーワード、キーフレーズについて、意味内容を効率よく習得できるように解説しています。午後I試験対策では、解法テクニック「三段跳び法」について解説しています。午後Ⅱ試験対策では。合格答案=合格論文を書くために、「ステップ法」「自由展開法」など、実効性の高い論述テクニックを解説しています。

【TACのPoint】ALL IN ONE パーフェクトマスターシリーズ(DB・SC)

allinone_20haru_db_sc.png

データベーススペシャリスト試験・情報処理安全確保支援士試験で実施される「午前Ⅱ試験」「午後I試験」「午後Ⅱ試験」の3つの試験すべての対策ができるオールインワンのテキスト&問題集です。

特に、午後I・Ⅱ試験を、設問要求に基づき、「知識」を駆使して問題文中にちりばめられたヒントをたどり正解を導き出す汎用性の高い攻略法に特色を持たせた自身の一冊です。

午後I試験の学習法

午後I試験は記述式試験とも言われる試験で、午前試験のように解答選択肢から選ぶのではなく、問われたことに対する解答を指定されて字数以内で自分でまとめて記述する試験です。

試験区分によって、3問中から2問を選ぶか、4問中から2問を選ぶかが異なりますが、解答する問題数はどの試験でも2問で、試験時間は90分です。

午後I試験を解くためには、聞きかじりの浅い知識では通用しません。どの区分であっても、その試験区分の技術者が理解し、知っておくべき専門知識があり、それを十分に学習しておくことが、まずは必須となります。

そのうえで、専門知識をそのまま解答するのではなく、現実的で、実際におこりえる事例として状況が設定された問題文の状況下で、専門知識をどのように適用して、問題解決を図るかについて答えることが求められます

午後I試験では、具体的な状況や事例について、問題文の中で詳細に述べられていますが、受験者が一番してしまいがちな誤りは、自分の経験事例の中で実際に行ったことを解答してしまうということです。
しかし、いくら問題文の状況と似ていても、自分の経験した事例と問題文に述べられている事例が100%一致することはありませんので、経験から解答してしまうと自分の経験事例の中では正解だったことも、試験の解答としては不正解ということになってしまいます。

試験問題として示された事例の状況下での解答を考える必要がある
この当たり前のことをきちんとこなすために、専門知識の学習後には、実際の本試験問題を解くという作業を何度も繰り返す必要があります
TACのコースでは、本試験問題についての解説動画なども組み込まれていますので、ぜひ、活用してください。

合格者からのひとこと

ITリテラシーが高くなくてもスムーズに理解することができました

高度試験区分となると試験の難易度に比例して講義内容も難しくなる先入観を持っていましたが、TACの講義はITリテラシーが高くなくてもスムーズに理解できました。TACの教材は種類が豊富であり、用途に合わせて利用することができます。テキストは講義の理解促進に、問題集及び本試験問題集は午後試験のアウトプット対策に、午後試験攻略ガイドは午後試験で問われる定番フレーズのインプットに最適でした。(村田さん)

技術力の幅を広げるために合格を目指しました

以前にTACの講座を受講して応用情報技術者試験に合格した際に、効率よく学習できた経験から今回もTACを選択しました。講師の方から体系立って教えて頂けることで、知識の整理をすることができ、繰り返し問題演習を実施することで読解力と解答力を向上させていきました。また、アプリで動画のダウンロードができるので通勤途中などに講義を受講することができ、知識の定着に役立ちました。(籾山さん)

午後Ⅱ試験の学習法(データベーススペシャリスト・エンベデッドシステムスペシャリスト・情報処理安全確保支援士)

データベーススペシャリスト試験、エンベデッドシステムスペシャリスト試験、情報処理安全確保支援士試験の午後II試験は記述式で、2問出題され、そのうち1問を選択して解答します。
1問の問題文の長さは設問文を含めて10ページ以上にわたり、これを120分で解答します。(平成31年度春期実施の情報処理安全確保支援士試験の問2は13ページもありました)問題選択をある程度じっくり行うと、解答時間は実質110分程度です。
出題範囲は「午後の出題範囲」として試験要綱に示されており、午後I試験と共通ですが、午後II試験では午後I試験と比べて次のような点が顕著となっています。


  • 事例内容が、より複雑になっている。
  • 1問の中に複数のテーマがあり、幅広く問われる
  • 類似のテーマでも、より深い知識が要求される
  • 数多くの細かな図表が提示され、重要な意味を持つ。
  • 解答を導くためのヒントが問題文中に分散しているので見落としやすい。
  • 読解力に左右される。
  • 集中力と根気が必要となる。

また、午後II試験の出題内容については、次のような特徴があります


(データベーススペシャリスト試験)

  • 問1は物理設計の問題、問2は概念設計の問題で、選択可能
  • 事例の内容は毎年変わるが、設問の問い方は同じ

以上のことから、次のような点に注意するとよいでしょう。

  • 得意分野を踏まえて、物理設計か概念設計か的を絞って準備をする。

(エンベデッドシステムスペシャリスト試験)

  • 問1はハードウェア系の問題、問2はソフトウェア系の問題で、選択可能
  • 事例の内容は毎年変わるが、設問の問い方は同じ

以上のことから、次のような点に注意するとよいでしょう。

  • 得意分野を踏まえて、ハードウェア系かソフトウェア系か的を絞って準備をする。

(情報処理安全確保支援士試験)

  • セキュリティ技術面だけでなく、セキュリティ管理面から問われる可能性がある。
  • ネットワークの知識も要求される。

以上のことから、次のような点に注意するとよいでしょう。

  • より詳細な技術知識を習得する。
  • 管理面の知識を補充する。

3区分共通の午後Ⅱ試験対策としては、次のような点が挙げられます

  • 午後I問題演習とは別に午後II問題演習を必ず行い、午後II問題に慣れる
  • 問題を読む際にキーワードに印や線を付け、見落とさないように工夫する。

午後Ⅱ試験の学習法(プロジェクトマネージャ・システム監査技術者)

午後IIに論述式試験があるのは、春期はプロジェクトマネージャ試験、システム監査技術者試験の2区分です。
論述式試験は、出題されたテーマに関する設問ア~ウに対して、120分間で、論述の形で解答する試験です。出題数は2問で、このうち1問を選択して解答します。論述答案は、評価ランクA~Dの4段階で評価され、評価ランクA(合格水準にある)と評価されれば合格です。

論述式試験に対しては、「難関」「論文を書くのはたいへん」「私には経験がないからムリ」などという声が多く聞かれます。しかし、論述式試験は決して難しい試験ではありません。実務経験がなくても合格されている方がたくさんいらっしゃいます。ポイントを押さえてしっかり対策すれば合格を手にすることができます。
ここでは、論述式試験に合格するために押さえておくべきポイントを三つご紹介します。

1.問われたことへの「解答を書く」こと
論述式試験では、つい自分の経験や苦労話を書いてしまい、知らず知らずのうちに設問で問われたことから外れたことを書き連ねてしまっていることがよくあります。また、論述式試験は、立派な“論文”が求められているわけではありません。午前I・午前II・午後Iの試験と同様に、問われたことに答える試験であり、答え方が“論述式”というだけです。ですから、「設問に的確に解答する」ことに徹してください。

2.「具体的に」書くこと
「論述の具体性」は、論述式試験の重要な評価項目です。問題文に書かれている内容を写したり、教科書に書かれているような知識の羅列では、具体性に欠け、合格は難しいでしょう。あなたが携わったシステムや業務における話として論述することが具体性につながります。
例えば、「レビューを行った」と書くだけでなく、レビューで「どこを」「どのように」チェックしたのかを論述していくと、あなたの独自の取組みの論述になり、具体性が出てきます。経験がなくとも「論述の具体性」があれば、経験したのと同等に評価されます

3.読み手(採点者)に伝えることを意識して書くこと
試験会場で一生懸命論述しても、その内容が採点者に伝わらなければ合格はできません。

あなたの論述答案は、

  • あなたの業務やシステムの内容、あなたの取組みが採点者にイメージできるように書かれていますか?
  • 自社でしか通用しない用語を使っていませんか?
  • 意味の分かりにくい略語を使っていませんか? 

採点者に理解してもらうことを常に心がけて論述しましょう。

【TACのPoint】充実の添削指導「ツーウェイ添削」

同じ問題を2回添削するからツーウェイ添削!実力のつき方が違います。まず最初は自分の思うように答案を作成します。提出した課題をTACの講師が、論文構成力だけでなく表現力の面でも添削して返却します。戻ってきた添削を講師の指導に沿ってもう一度自分の力で作成します。この2回のやりとりが合格に必要な実践力を養います。

「充実のカリキュラム」と「丁寧な添削指導」が合格の秘訣

無料体験講義を受講する

お申込み前に講義を無料で体験受講することができます。迫力の講義をぜひ体験してください。

午前I試験(共通)
データベーススペシャリスト
プロジェクトマネージャ
システム監査技術者
情報処理安全確保支援士

「今」から始められる「スキルに合わせた多彩なコース」をご用意しています

情報処理資格取得への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

無料講座説明会

まずは「知る」ことから始めましょう! 無料セミナーを毎月実施しています。

お気軽にご参加ください!

情報処理講座のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。

スムーズ・簡単!

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

>TAC受講相談