【行政書士】一般知識の試験対策!知っておきたい勉強法

【行政書士】一般知識の試験対策!知っておきたい勉強法

行政書士の一般知識等科目には3つの分野があり、それぞれで対策が異なります。特に時事問題については、机に向かっての勉強ではなく、日頃から情報収集する習慣をつけることが大切です。

本記事では、一般知識等科目の勉強方法について解説します。

行政書士試験の一般知識は3分野にわかれる

行政書士試験の一般知識は3分野にわかれる

行政書士試験の試験科目は「一般知識等科目」「法令等科目」にわかれます。法律系の資格である行政書士試験では、法律の知識を問われる問題が多く出題されますが、行政書士の業務に関連する一般知識も求められます。

一般知識等科目は主に以下の3つの分野にわかれており、出題形式は5肢択一式です。

  • 政治・経済・社会
  • 情報通信・個人情報保護
  • 文章理解

ここでは、3つの分野の内容について解説します。

1.政治・経済・社会

政治・経済・社会は、一般知識等科目14問のうち7~8問程度と、もっとも大きな割合を占めます。世界情勢や世界の政治体制、日本経済、社会保障や時事問題が出題されるため年度によって問題内容が異なります。

そのため、問題を予測して勉強範囲を絞り込むのは困難です。対策としては、問題集を解くのではなく、普段から新聞ニュースから情報をインプットする必要があります。

2.情報通信・個人情報保護

一般知識等科目では、情報通信や個人情報保護に関係する法律公文書管理法などの分野も出題されます。この分野は比較的対策しやすいため、得点を稼ぐうえで重要です。一般知識等科目の14問中3~4問程度出題されます。

3.文章理解

現代文の問題です。文章に対する理解力や表現力を問われるものもあります。脱文挿入空語補充並び替えといった問題が中心です。

出題される文書を予測するのは難しいものの、1文章に対し1問であり、現代文ができている人であれば難易度も高くありません。行政書士試験の中でも、特に得点を稼げる分野のひとつです。14問中3問出題されます。

行政書士試験の一般知識4つの攻略法

行政書士試験の一般知識4つの攻略法

行政書士試験の一般知識等科目では、以下のような攻略法をおさえたうえで勉強する必要があります。

  • 満点ではなく合格基準点クリアを目指す
  • 早めに学習を始める
  • 過去問に触れておく
  • 「基準点不足」について理解しておく

ここでは、4つの攻略法について解説します。

1.満点ではなく合格基準点クリアを目指す

一般知識等科目の攻略法として挙げられるのは、満点を目指すのではなく合格基準点クリアを目指すことです。一般知識等科目の合格基準点は56点満点中24点以上となっており、出題される14問中6問以上正解すれば達成できます。

一般知識等科目は出題範囲が広く問題の予測も困難です。そのため、勉強時間に対する成果が得られない可能性も考えられます。一般知識等科目の勉強に時間をかけ、配点が大きい法令等科目の勉強時間がなくなるのは非効率です。

そもそも、行政書士の業務ではこれまで取り扱ったことがない問題に対応しなければなりません。一般知識等科目は直面した問題に対し、正しく思考できるかを問う問題です。そのため、勉強時間を確保して対策するよりも、考え方を学んだり、日頃からニュースを見るといった最低限の対策をするのがおすすめです。

2.早めに学習を始める

2つ目は、早めに学習を始めることです。一般知識等科目は、問題集を解いて短期間で頭に詰め込むのではなく、新聞ニュースから世界情勢や話題になっている出来事など時事情報をインプットする必要があります。

普段生活する中で世の中の情報を注視したり、初めて聞いた言葉を調べたりするといった習慣の積み重ねが、一般知識の習得につながります。習慣化できるよう、早めに学習に取り掛かることが重要です。

3.過去問に触れておく

3つ目は過去問に触れておくことです。一般知識等科目は出題範囲が広いため、過去問での対策は効果的ではありません。しかし、情報通信・個人情報保護は比較的出題傾向が決まっているため、過去問での対策が有効です。

また、時事問題では過去と同じ問題が出題される可能性は低いものの、過去によく出題されているテーマが把握できれば対策を打てます。

過去問を繰り返し解く必要はないものの、過去問に触れ、問題の傾向を把握しておきましょう。

4.「基準点不足」について理解しておく

4つ目は基準点不足について理解することです。たとえ法令等科目で高得点を獲得できる知識があったとしても、一般知識等科目で基準点以上の点数を獲得できなければ、合格できません。一般知識等科目の基準点は40%となっており、14問中6問は正解する必要があります。

一般知識等科目で基準点に満たなければ、記述式の採点を知ることはできません。一般知識等科目の中にも点数が取りやすい問題が存在するため、基準点をクリアできるような準備をしましょう。

参考:https://gyosei-shiken.or.jp/pdf/basis.pdf

行政書士試験の一般知識の勉強法

行政書士試験の一般知識の勉強法

一般知識等科目は分野ごとに適した勉強法が異なります。6問取ることを最低目標とした場合、「文章理解」で3問、「情報通信・個人情報保護」で3問を狙い、「政治・経済・社会」で残りの点数を稼ぐイメージで勉強すると良いでしょう。

ただし、一般知識等科目の出題範囲は広く、日頃の情報収集が必要な分野や過去問に掲載されない分野が存在します。独学での対策は困難なため、スクールでの学習がおすすめです。

ここでは、一般知識等科目の勉強方法について分野ごとに解説します。

「政治・経済・社会」は日頃の情報収集が大切

「政治・経済・社会」は、日頃の情報収集が大切です。「政治・経済・社会」では、世界各国の政治体制や日本の戦後復興期の経済、社会保障、時事問題などが出題されます。政治と経済に関しては過去問での対策が可能です。

しかし、社会に関しては過去に「日本の島について」といった地理の問題が出題されたこともあり、予測できない問題が出題される可能性も考えられます。そのため、日頃から新聞やインターネットのニュースを読み、情報収集する癖をつけることが大切です。

「情報通信・個人情報保護」は法令の趣旨をおさえる

「情報通信・個人情報保護」は、以下の法律をもとにした問題が出題されます。

  • 個人情報の保護に関する法律
  • 情報公開法
  • 公文書管理法

そのため、法令等科目と同様に、条文の目的や趣旨をおさえることが大切です。法律をもとに出題されるため、対策もしやすいでしょう。特に、個人情報保護法については、過去問からの出題率も高く、過去問演習の量が得点に直結します。

一般知識等科目の勉強は「情報通信・個人情報保護」に時間を割くと良いでしょう。

「文章理解」は出題形式を理解する

文章理解は、出題形式を理解することがポイントです。文章理解で出題される問題は著作権の関係で過去問に掲載できないケースがあるため、過去に出題された問題のすべてを解くことはできません。しかし、出題形式は決まっており、基本的には「脱文挿入」「空語補充」「並び替え」となっています。

出題形式 概要
脱文挿入 文章の中のどこに1文が入るかを選択する
空語補充 空欄を埋める言葉として正しいものを選択する
並び替え 複数の文章を正しい順番に並び替える

過去問で似たような問題を練習するほか、高校生向けの現代文の問題集も有効です。受験テクニックも参考になるため、問題に慣れるまでやり込みましょう。

行政書士試験合格に向けて効率的な学習を

行政書士試験合格に向けて効率的な学習を

行政書士試験の一般知識等科目は「政治・経済・社会」「情報通信・個人情報保護」「文章理解」の3つの分野にわかれます。法律等科目と比較すると配点が低いため、基準点のクリアを目指したうえで学習することが大切です。

分野ごとに適した勉強方法が異なり「政治・経済・社会」では、日頃からの情報収集が鍵を握る一方「情報通信・個人情報保護」「文章理解」では過去問や問題集を解くことが有効です。

ただし、過去問に掲載されない問題もあり、独学での対策は簡単ではありません。行政書士試験合格に向けて効率的に学習するためには、スクールの利用がおすすめです。

gyosei_panftop_01.png

デジタルパンフレットを閲覧する

お申込いただいた場合、個人情報の取り扱いにご同意いただいたものとして取り扱わせていただきます。

行政書士についてもっと知ろう!

行政書士の仕事内容とは?資格を活かせる働き方を解説

仕事内容

行政書士の仕事内容とは?資格を活かせる働き方を解説

近年、行政に提出する書類の種類は増えており、業務範囲の幅広さが大きな特徴といえるでしょう。行政書士が独占的に行う業務もあり、国家資格である行政書士の資格を取ると、今後活躍の場の広がりが期待できます。
続きを読む »

行政書士の合格率はどれくらい?難関である理由と攻略方法を解説

行政書士の合格率

行政書士試験の合格率はどれくらい?難関である理由と攻略方法を解説

近年、行政書士試験の合格率は10%強で推移しており、難関であると言われています。本記事では2022年度の合格率と合格者の年齢、平均勉強時間、および、行政書士試験の合格率が低い理由や試験内容、合格するための勉強方法について解説します。
続きを読む »

独学で行政書士に挑戦するポイントやメリット・デメリットを解説!

独学で合格するには

独学で行政書士試験に挑戦する ポイントやメリット・デメリットを解説!

行政書士試験を独学で合格するには、計画的なスケジューリングやモチベーションの維持が大切です。 独学と予備校を利用する場合を比較しながら、それぞれのメリット・デメリットもご紹介します。
続きを読む »

行政書士試験の難易度は?合格率や合格のための学習ポイントを解説

難易度

行政書士試験の難易度は?合格率や合格のための学習ポイントを解説

行政書士試験は、合格するのが難しいといわれる資格ですが、初学者でも十分合格が可能です。
この記事では行政書士試験の概要や合格基準、試験に合格するための学習ポイント等を解説します。 続きを読む »

行政書士の平均年収は?業務や働き方による違い、
年収アップ方法とは

行政書士の平均年収

行政書士の平均年収

行政書士の年収は、雇われている場合や開業した場合、ダブルライセンスの場合での差が大きいです。また、対応する業務によっても報酬に差があります。
この記事では、行政書士の年収に関する内容を解説します。年収アップや資格取得を目指す方法までチェックしていきましょう。
続きを読む »

行政書士合格に必要な勉強時間!試験の特徴や効果的に時間を使うコツ

合格に必要な勉強時間

行政書士合格に必要な勉強時間は?試験の特徴や効果的に時間を使うコツ

この記事では、行政書士になるための勉強時間に関して解説します。効率的な勉強時間の作り方や試験の特徴まであわせてチェックしていきましょう。
続きを読む »

【行政書士試験】過去問を活用!合格に向けたおすすめの学習法を解説

過去問

【行政書士試験】過去問を活用!合格に向けたおすすめの学習法を解説

行政書士の資格があると就職や転職に有利に働きますが、難関資格であるため、どう学習すればいいか迷う方も少なくないでしょう。
この記事では行政書士試験の合格率や資格取得に向けた学習において過去問を活用するメリットについて解説します。 続きを読む »

行政書士と司法書士の違いとは?難易度やダブルライセンスのメリットも解説

司法書士

行政書士と司法書士の違いとは?難易度やダブルライセンスのメリットも解説

行政書士と司法書士は両方とも法律を扱う仕事であり、独占業務があり、国家資格が必要となるという共通点があるため、混同されることの多い仕事です。
この記事ではこの2つの試験の難易度の違い、業務内容の違いなどをくわしく解説します。 続きを読む »

公務員から行政書士になる場合は試験免除?特認制度の概要を解説

公務員

公務員から行政書士になる場合は試験免除?特認制度の概要を解説

公務員から行政書士になる方法には、特認制度を利用する方法もあります。 ただし、必ずしも近道となるわけではありません。
この記事では公務員から行政書士になる方法や公務員試験との共通点などにについて解説します。 続きを読む »

【行政書士】一般知識の試験対策!知っておきたい勉強法を解説

試験対策

【行政書士】一般知識の試験対策!知っておきたい勉強法を解説

行政書士の一般知識等科目には3つの分野があり、それぞれで対策が異なります。
本記事では、一般知識等科目のそれぞれの勉強方法について解説します。 続きを読む »

行政書士の副業はサラリーマンでも可能?5つの注意点を解説

副業

行政書士の副業はサラリーマンでも可能?5つの注意点を解説

今までのように働きつつ収入を増やしたい場合、資格を取得して副業を始める選択肢があります。
今回は、行政書士の副業は会社員でも可能なのかどうか、行政書士を選ぶメリットとデメリットを解説します。 続きを読む »

行政書士試験問題

試験問題

行政書士試験問題│過去問の活用法と合格に向けた勉強のコツを解説

行政書士の試験に合格して資格を取得するためには、試験問題の内容や範囲を理解することが必要です。さらに、過去問を解くなど効果的に勉強するのがいいでしょう。行政書士試験の過去問の活用方法や勉強時間の目安、合格に向けた勉強のコツなどを解説します。 続きを読む »

行政書士になるには?受験資格や仕事内容を解説

行政書士になるには、いくつかのルートがあります。他士業の資格を持っていない場合は、国家試験を受けて行政書士の資格を取得するのがオーソドックスな方法です。この記事では行政書士の具体的な仕事内容、受験資格、試験の難易度、資格取得のメリットなどを解説します。 続きを読む »

行政書士試験の合格点は?合格率や難易度について解説

合格点

行政書士試験の合格点は?合格率や難易度について解説

行政書士は国家資格であるため、資格試験の難易度は高いです。行政書士試験を受ける際にどのくらいの合格点が必要かがわかると、学習計画も立てやすくなるでしょう。今回は、行政書士試験の合格基準点や合格率、難易度の高い理由を解説します。 続きを読む »

行政書士試験│科目別対策や試験内容をわかりやすく解説

試験科目

行政書士試験│科目別対策や試験内容をわかりやすく解説

行政書士試験には大きく分けると2つの科目があり、さらに複数の出題内容が含まれています。難易度や特徴の違いなどがあるため、それぞれに合わせた試験対策をすることが大切です。今回は、行政書士試験の科目や合格基準、対策などを解説します。続きを読む »

行政書士の就職・転職先は?成功のための4つのコツを解説

行政書士の就職先

行政書士の就職・転職先は?成功のための4つのコツを解説

行政書士の資格を取得したら、就職活動に活かしたいと考える方も多いでしょう。しかし、一般企業の求人と比べると数が少ないため、就職できるのか不安に感じることもいるはずです。今回は、行政書士の就職事情や成功するためのコツを紹介します。 続きを読む »

行政書士試験の勉強法!合格に向けた3つのポイントを解説

勉強法

行政書士試験の勉強法!合格に向けた3つのポイントを解説

行政書士試験には入念な学習スケジュールと効果的な勉強方法で臨むことが重要です。
本記事では行政書士試験の勉強法について、合格に向けた3つのポイントをわかりやすく解説しています。受験を検討している人はぜひ参考にしてください。 続きを読む »