1月2月学習プラン

1月・2月中に学習を開始すれば
速修コースの学習日程に合流できる!

3つのフォロー制度を活用しよう!

  • Webフォロー
    標準装備
    ※資料通信講座除く

    Webフォローとは、ご受講の同一コースの講義をWeb上で受講できるフォロー制度です。動作環境を満たすパソコン・スマートフォン・タブレット端末等とインターネットの環境さえ整えば、受講期間中は、いつでも・どこでも・何度でも 繰返し受講することができます。
    動作環境のご案内

  • 音声DLフォロー
    標準装備
    ※資料通信講座除く

    教室講義を収録した講義音声データ(WMA形式)を、ネット配信します。ポータブルオーディオプレーヤーなどの再生機器に転送すれば、インターネットが繋がらない場所でも教室そのままの臨場感あふれる講義をいつだって再現可能です。
    動作環境のご案内

  • 個別DVD振替フォロー
    無料
    ※教室講座生が教材講座のカリキュラムに合流するまでの利用は無料

    収録した講義をTAC校舎のDVDブースで学習できるフォロー制度です。ご利用の場合は、携帯端末やパソコンで事前にご予約ください。
    TACDVD予約システム

合格するための“カギ”は両立・継続を支えるフォロー体制!

TACにはライブ講義を収録した「Webフォロー」が標準装備されています。途中参加の方が教室講義に追いつくまでのフォローとして利用する事はもちろん、講義で聞き逃した部分を確認する、自分の理解が間違っていないかを再度確認する、欠席した講義のフォローとして活用するなど、使い方はいろいろです。“両立”“継続”出来る学習フォローをしっかりご用意していますので、安心して学習を進めてください。

初めての受験に向いている科目は簿記論です。

簿記論は必須科目であり、その知識は次の年の財務諸表論や法人税法等の学習において、大いに役立ちます。初めて受験される方は、簿記論の選択がおすすめです。

速修コース簿記論:坂根正哉講師

坂根正哉

学習モデルケース


※日商簿記3級レベルの方は、受講前に「簿財プレ講義」全2回(Web配信中)を必ず視聴するようにしてください。

1月・2月学習プランをご紹介!

簿記論・財務諸表論
酒税・固定・事業・国徴

速修コース(週2回実施科目:簿記・財表)に合流するケース


※科目・校舎により、実施クラスは異なります。日程や講義時間の詳細は こちら(PDF)よりご確認ください。
※提携校の教室開講クラスおよび講義日程に関しては、各提携校に直接お問い合わせください。


速修コース(週2回科目:消費)に合流するケース


※科目・校舎により、実施クラスは異なります。日程や講義時間の詳細は こちら(PDF)よりご確認ください。
※提携校の教室開講クラスおよび講義日程に関しては、各提携校に直接お問い合わせください。

速修コース(週2回科目:相続)に合流するケース


※科目・校舎により、実施クラスは異なります。日程や講義時間の詳細は こちら(PDF)よりご確認ください。
※提携校の教室開講クラスおよび講義日程に関しては、各提携校に直接お問い合わせください。


速修コース(週1回科目:酒税・固定・事業・国徴)に合流するケース


※科目・校舎により、実施クラスは異なります。日程や講義時間の詳細は こちら(PDF)よりご確認ください。
※提携校の教室開講クラスおよび講義日程に関しては、各提携校に直接お問い合わせください。

思い立ったら学習開始!

2019年合格目標

1月スタートで合格を勝ち取る!

1月速修コース

2019年1月~

税理士合格を目指すなら今!
本試験傾向・重要度を加味し、7ヵ月合格を目指す短期集中コース

【開講科目】1月入学:全11科目

TACならパック申込がオススメ!

img55.png

【参考】複数年にまたがるパックは「一括払い」と「分割払い」が選択可能です!
※1.5年2科目フリーパックの例

1.5年2科目フリーパック
一括払い受講料
1.5年2科目フリーパック
分割1年目
1.5年2科目フリーパック
分割2年目
¥339,000
※1科目あたり¥169,500
¥160,000
※12月・1月入学コースより選択
¥189,000
※9月入学コースより選択

あなたに最適な申込プランを診断してみよう!

1年目の受講科目数は?
(2019年1月スタート)


教育訓練給付制度(一般) 指定コースのお知らせ

雇用保険の被保険者(または被保険者であった方)のうち一定の要件に該当する方は、指定コースの修了後に受講料20%(10万円まで)がハローワークから支給されます。(要事前申請)

過年度TAC税理士講座受講生なら5%OFF「再受講割引制度」

【割引利用対象者】過年度合格目標のTAC税理士講座受講生
※オプション講座や全国公開模試のみの受講の方は対象外

インターネット申込(e受付)またはTAC各校舎受付窓口や郵送申込にてご利用いただけます。

インターネット申込(e受付)では過去3年間のTAC受講履歴から割引制度適用の可否を判断し対象商品を表示・割引いたします。

TAC各校舎受付窓口や郵送申込でのご利用には、原則として過年度に受講したTAC 税理士講座の会員証の提示(郵送の場合はコピーの同封)が必要となります。

「本科生」または「パック生」でのお申込み、期別申込は対象外となります。

資料通信講座でのお申込みは対象外となります。

他の割引との併用はできません。