日商簿記を学習されたみなさんへ

日商簿記から|税理士ステップアップ!

2018.06nissyou01.png

税理士試験には
簿記学習者に選ばれる理由がある!

日商簿記学習者は断然有利!

日商簿記学習者は税理士“簿記論”の範囲を学習済のため、大きなアドバンテージもってチャレンジできる!
★日商簿記3級なら30%学習済!
★★日商簿記2級なら50 %学習済!
★★★日商簿記1級なら90 %学習済!

日商簿記検定と税理士「簿記論」との共通内容をチェック!

◎知識に関しては問題なし(ただし、出題傾向・出題形式は異なる)
○基礎知識は問題ないが、さらに知識の習得が必要
-未学習

簿記論との共通内容 3級 2級 1級
 簿記一巡の手続


 一般商品売買・棚卸資産

 特殊商品売買

 現金・預金
 債権・債務・手形
 有価証券

 有形固定資産

 無形固定資産
 研究開発費・ソフトウェア

 貸倒引当金・その他の引当金

 人件費・退職給付会計

 社債

 株主資本

 新株予約権

繰延資産

税金・税効果会計

外貨建取引等

製造業会計
本支店会計

組織再編

財務諸表

会計上の変更・誤謬の訂正

連結財務諸表
帳簿組織


推定簿記


工事契約


就職に有利な売り手市場!2科目合格なら99%の求人にエントリー可能!

税理士になるには5科目合格が必要ですが、1~2科目の合格時点で多くの会計事務所や税理士法人の応募資格を満たします。求人数も増加傾向にあり、働きながら合格を目指せる環境を整えた事務所も多数あります!

           
2018年夏TAC主催「会計業界合同就職説明会」参加事務所・法人の応募資格

          

チャレンジしやすい「科目合格制」!

「税理士を目指したいけれど、まとまった学習時間を確保できない…」という方は、1科目ずつ受験していくことも可能!また、科目ごとに学習ボリュームが異なり、確保できる学習時間に応じて学習を進められるため、社会人にもオススメです!


魅力あふれる税理士資格

1

年収アップ

会社も個人もモノを作って売ったり、買ったりなどという経済活動を行っています。そのそれぞれに税が関係してきます。税金に関するアドバイスの必要性はAI(人工知能)の活用が進んでもなくなることはないでしょう。2つとして同じアドバイスがない上に企業戦略や相続などではお客様の想いが大きく影響するからです。しかも税務サービスを提供して良いのは税理士だけです。
そのため、収入は担当する仕事にもよりますが、開業税理士・勤務税理士を問わず、数千万円を超えることも珍しいことではありません。

2

選べる働き方

あなたは何を一番大切にして働きたいですか?収入ですか?子育ての時間ですか?それとも専門性の追求ですか?税理士は、あなたの希望をかなえるための選択肢にはこと欠きません。税理士法人の多くは税理士が不足しています。個人事務所では後継者が足りません。独立開業の道もあります。働き方を選ぶことができることも税理士の大きな魅力です。

3

就職・転職の武器になる!

金融機関などを中心に税務のスペシャリストを雇用しようとする動きが目立っています。多くは税理士の知識と経験を使う働き方です。未経験者の就職活動でも税理士の(科目)合格は大きな武器になることでしょう。特に大学生を中心とした若い世代では高い評価を期待できます。


税理士試験への道

■試験は8月上中旬に全国で実施

出願 試験日 合格発表
例年5月上旬
受付期間10日程度
例年8月上中旬
火・水・木の3日間
例年12月中下旬

■試験科目(科目選択制)

試験科目全11科目から5科目を選択して受験する制度です。税理士試験合格となるには、必須科目である会計科目「簿記論」「財務諸表論」の2科目と、選択必須科目である「法人税法」「所得税法」のいずれか1科目以上を含む、税法2科目の合計5科目に合格することが必要となります。

日商簿記学習者はアドバンテージを活かして「簿記論」「財務諸表論」からスタートしてください!

税理士試験科目をチェック!

科目選択

■受験資格(代表例を抜粋)

  1. ・大学または短大の卒業者(法律学または経済学に属する科目を履修している者)
  2. ・大学3年次以上の者(法律学または経済学に属する科目を含め62単位以上を取得した者)
  3. ・専修学校の専門課程(いわゆる専門学校)修了者で、法律学または経済学に属する科目を履修している者
  4. ・日商簿記1級または全経簿記上級の合格者
  5. ・実務経験者(業務従事期間2年以上)    他

税理士試験に関するお問い合わせ・受験申込先

国税審議会税理士分科会
〒100-8978
東京都千代田区霞が関3-1-1 国税庁内
電話:03-3581-4161(代表)
               
国税庁ホームページ(試験情報など) 
受験申込用紙の交付期間・受付期間、試験日程、受験地、申込書類等は「国税庁ホームページ(試験情報等)」でご確認いただけます。

無料体験入学・セミナーのご案内


簿記学習者対象 無料公開セミナー

簿記学習者対象 無料ロング体験入学

【3・2級学習者対象】簿記論3回体験!
  • 対象者

    日商簿記3・2級学習者
    ※TAC未受講の方でもOK

  • 受付期間

    2018/11/18(日)~2019/1/13(日)

  • イベント内容:
    12月・1月入学速修コース[簿記論]を初回から3回まで無料で体験できます。また参加者には講義で使用するNo.1教材もプレゼント!(教室講座・個別DVD講座)

  • 手続方法:
    ①~③のうちいずれか1つをTAC受付窓口にご提示ください。
    ①「日商簿記検定の受験票」
    ②「日商簿記検定合格証書または結果通知書」
    ③「2018年11月目標以前のTAC日商簿記検定講座の会員証」

【1級学習者対象】7回までロング体験!
  • 対象者

    日商簿記1級学習者
    ※TAC未受講の方でもOK

  • 受付期間

    2018/11/18(日)~2019/1/20(日)

  • イベント内容:
    12月・1月入学コース速修コース[簿記論][財務諸表論][消費税]
    1月入学上級コース[簿記論]
    上記コースを最大2ヵ月(初回より7回分)無料で体験できます。また参加者には講義で使用するNo.1教材もプレゼント!(教室講座・個別DVD講座)

  • 手続方法:
    ①~③のうちいずれか1つをTAC受付窓口にご提示ください。
    ①「日商簿記検定1級の受験票」
    ②「日商簿記検定1級合格証書または結果通知書」
    ③「2018年11月目標以前のTAC日商簿記検定講座1級の会員証」

img51.png

おすすめ受験コースのご紹介

日商簿記検定試験を受験された方は、身につけた知識が薄れていく前に、税理士試験の学習をスタートしましょう!

年末からスタートできる“おすすめ”コース

簿記論¥8,000 OFF

12月・1月入学
速修コース

2018年12月~

簿記3級合格レベルなら開始できる!
本試験傾向・重要度を加味し、
7ヵ月合格を目指す短期集中コース

【開講科目】12月入学:簿記・財表/1月入学:全11科目

1月入学
上級コース

2019年1月~

簿記1級学習者なら「簿記論」上級コースから開始できる!
充実の講義と問題演習を交互に実施!万全の実践力養成コース

【開講科目】全11科目


今すぐ学習開始できる“おすすめ”コース

今なら間に合う!

9月入学
レギュラーコース

2018年8月~

インプットとアウトプットのバランスの取れた継続しやすい!
TACスタンダードカリキュラム

【開講科目】全11科目

簿記1級学習者にオススメ!

基礎マスター+上級コース

2018年8月~

年内で内容の8割を集中的に学習!年明けは本試験レベルの問題にチャレンジ!


【開講科目】簿記・財表


大学1年生向け(20歳以下限定)特別パック 

大学1年生を応援!

U20限定3科目合格パック

2019年1月~

【20歳以下の方限定パック】
大学1年次から学習を開始し、3年次に3科目合格を目指そう!

【開講科目】簿記論・財務諸表論・税法1科目選択
※特別価格で提供している為、大学生協割引を除き、ステップアップ割引をはじめとする割引制度は適用できません。

日商簿記ステップアップ割引で10%OFF e受付でも使える!

2018.06nissyou05.png

この冬から始める
キミを全力応援!

簿記論 財務諸表論
LINE@で情報配信!

「簿記論」「財務諸表論」を受験するみなさんに役立つ情報や試験情報をLINEで配信していきます!どなたでも是非ご登録ください!

税理士への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

無料講座説明会

まずは「知る」ことから始めましょう! 無料セミナーを毎月実施しています。

お気軽にご参加ください!

税理士のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。

スムーズ・簡単!

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

>TAC受講相談