令和元年9月1日(日) 電験三種試験速報!リアルタイム解答分析

電験三種(第三種電気主任技術者)試験当日9:00より、リアルタイム解答分析「データリサーチ(Web成績診断)」の受付を開始します。解答分析結果と試験講評は翌日10:00より順次公開!
TAC生はもちろん、どなたでも参加いただけます。

TAC講師による「試験直前2週間前から試験日までの過ごし方」も掲載!

令和元年度 第三種電気主任技術者試験
リアルタイム解答分析
「データリサーチ(Web成績診断)」

ご参加ありがとうございました。一部のデータは講評で公開しております。

データリサーチ(Web成績診断)とは? 利用のメリット

データリサーチとは、全国の電験三種受験生に本試験答案を再現していただき、TACが採点及び本試験同様の成績処理をした上で、全国ランキングを算出するサービスです。

1

全国の受験生からデータを収集。
参加者の順位、各選択肢の解答率を算出。受験生の多くがどの選択肢を選んだか分かる!

インターネットを活用して日本全国の受験生から解答データを収集し、本試験同様の成績処理を行い、精度の高い得点分析結果を提供する、TAC独自の画期的な解答分析サービスです。

2

登録から結果の確認まで、すべてWebで完結!

Webページで解答を入力(選択)するだけで、結果閲覧期間内に採点結果を閲覧することができます。
またリアルタイム集計されますので、登録者数が増えるにつれ、精度の高い分析データが提供されます。(何度でもログインして確認できます。)

3

TAC生の方はもちろん、どなたでも参加いただけます!

利用無料。電験三種試験を受験された方はどなたでも参加いただけます。
期間限定での受け付けとなります。

2019年9月2日(月)10:00より順次公開

令和元年度 第三種電気主任技術者試験
試験講評

講評公開

講師プロフィール

石田講師

石田 聖人 (いしだ まさと)
渋谷校担当講師・収録講師(全科目)

試験にめっぽう強い電験のスペシャリスト。
TAC出版「みんなが欲しかった!電験三種」シリーズの執筆集団のメンバー。 自身は、電気の知識ゼロから独学で勉強を始め、2年で三種に合格。同時に、三種の勉強のみで二種の一次試験『電力・機械・法規』合格。 勉強中に苦労した経験から『初学者目線でわかりやすく』がモットー。
過去の試験問題を徹底的に分析し、効率よく試験に合格するための『本物の試験対策』をお教えします。

入江講師

入江 弥憲 (いりえ みつのり)
梅田校担当講師

独自の試験分析から、受験生目線で丁寧かつ分かりやすく教える授業が特徴。
自身も学生時代に電験三種試験に苦戦しながらも一発合格。また電気関連資格の勉強を人に教えた経験から、電気の知識ゼロから資格取得を目指す受験生指導にやりがいを感じている。
ゼロから始める電験三種試験のための授業、「合格のための重要ポイント」に絞った解説は必見!

酒谷講師

酒谷 秀俊(さかたに ひでとし)
新宿校教室講座担当

国立研究開発法人にて長年にわたり施設の建設分野の工事計画・施工管理に従事。合わせて電気主任技術者業務も担当。
平成8年度第一種電気主任技術者試験合格。平成17年度技術士(電気電子部門)試験合格。
教室で受講生と対話しながら個々の力を伸ばしていく指導が人気。

理論 講評

理論の出題傾向

改めまして、試験お疲れ様でした。 今年は初見の問題、問われ方も多く、難化傾向でした。特に今年も計算量が多く、計算過程をすぐに思いつく受験生でないと時間内に解ききるのは容易でなかったのではないでしょうか。またどちらかというと、電磁気学や力学に寄った問題が多く出題され、過去問の練習量よりも理屈が分かっているかを問う問題、もう一歩先を考えさせるレベルの問題が多く、ただ公式や解答を覚えるだけの勉強法をしてきた方は、解答が難しかったと思います。選択問題はどちらも難易度が高く、問題選択から迷った方も多かったと思います。
データリサーチの結果から正解肢の解答率が他の肢の解答率を下回ったものは問11、問13、問14でした。問11は正解肢1を選択した方が32.2%、肢2を選択した方が52.1%と難易度の高い問題となりました。問13も正解肢5の解答率は27.4%に留まり、肢4の解答率が39%、同じく問14も正解肢2の解答率24.7%に対し肢3は36.3%と難易度高い問題が続きました。 また、問8のように正解肢3の解答率が38.4%、肢2が24.7%、肢4が14.4%と、高い解答率が3つに跨る問題も見られ、何度か受験経験のある受験生でも解答に迷う、もしくは計算過程を誤るケースが見られました。 選択問題はデータリサーチ上では全理論回答者のうち、問17と問18の選択率はちょうど各50%で、前述のとおり問題選択に迷った方が多かったと考えられます。ただし、問18の方が正解肢の解答率が30%とよく、問題文が長いものの、事前情報を与えられ推測することができたという点でまだ解答しやすい問題だったようです。
データリサーチ上の平均点は54.4点でした。 データリサーチはおおむねボーダーライン付近と思われる方の登録が集中しますので、少々高めに出ることが多くなりますが、それでも一律の合格点とされる60点を切っていることを考えると、易しかったとは言い難いです。
公式を覚えるだけの学習法ではなく、「なぜそうなるか?」を一つ一つ解決していく学習法が試験突破の鍵となります。事象を数式化し、その式の意味するところを理解できれば、複数事象の組み合わせ問題が出題されても応用がききますので、少し時間をかけてでも基礎を理解し、実践の場でも役立つ勉強法を行っていってください。

(データリサーチは9月2日10時点で入力いただいた方のデータに基づき数値を公開しています。本試験とは異なる場合がございますので、予めご了承ください。)

電力 講評

電力の出題傾向

改めまして、試験お疲れ様でした。 今年は、何問か視点の違う問われ方をする問題がありましたが、全体的には標準的な問題も多い印象でした。特に知識問題については過去問に類似する問題が見られたため、テキスト等で知識を入れ、過去問で知識を定着させる…ということを繰り返してきた方は解答にたどり着けたのではないでしょうか。計算問題は、難しかったですね。初見の問題もみられ、特に問8、問15、問16は、「??」となった方も多いと思います。
データリサーチの結果から正解肢の解答率が他の肢の解答率を下回ったものは問1、問15(a)でした。問1は正解肢3を選択した方が18.3%、肢2を選択した方が45.8%と最初から難易度の高い問題となりました。答え合わせをしてみて驚いた方も多かったのではないでしょうか。問15(a)は正解肢3の解答率は22.1%に留まり、肢1の解答率が38.9%でした。 また、問17(b)は正解肢1の解答率が35.1%に対し、肢2が22.1%、肢3が17.6%と、解答率が3つに跨る問題でした。 全体的な解答率をみると、理論は解答率80%を超える問題も1~2問みられましたが、電力では1問もありませんでした。それだけ迷うことの多い問題や、簡単なミスで解答番号を間違えてしまったケースもあると考えられます。
データリサーチ上の平均点は50.9点。最高点は90点と、4科目では最低でした。

今回、機械・法規にも電力の問題が出題されたように、電力は他への影響が大きい科目です。 今年合格に近い方もそうでない方も、電力は知識も計算も基本をしっかり身につけておくことが電験合格へ近道となりますので、しっかり復習しておきましょう。

(データリサーチは9月2日10時点で入力いただいた方のデータに基づき数値を公開しています。本試験とは異なる場合がございますので、予めご了承ください。)

機械 講評

機械の出題傾向

易しかったという方と、難しかったという方が分かれた科目となりました。標準的な問題も多く出題された一方、それ以外の問題との差が激しく、一見易しそうに見えるのですが、例年に比べ知識問題が多めであったことと、標準的な問題を確実に正解しないと合格点に達しないほど、それ以外の問題の難易度が高めだったため、合格点を考えると全体的には必ずしも易しいとは言えないと考えられます。また太陽電池などの電力の問題も出題されました。
データリサーチの結果から正解肢の解答率が他の肢の解答率を下回ったものは問9でした。正解肢2の解答率が21.4%に対し、肢1が22.9%、肢5が20%と解答が分かれた問題となりました。また、問15(b)は正解肢1の解答率が24.3%で一番高いものの、肢2が22.9%、肢3が18.6%、肢4が15%と、解答率が4つに跨る問題でした。 今回は知識があれば解けるが、ないと全く歯が立たないというものとの差が激しかったため、全体的なボーダーを一番予想しにくい科目でもあります。
ちなみに、データリサーチ上の平均点は58.1点でした。最高点は95点でした。

(データリサーチは9月2日10時点で入力いただいた方のデータに基づき数値を公開しています。本試験とは異なる場合がございますので、予めご了承ください。)




19目標TAC電験三種 予想全国公開模試 で的中しました! 

19目標TAC電験三種 予想全国公開模試 機械問12が、 令和元年度電験三種本試験 問11と的中しました。エレベーターの問題は解き方が決まっているため、ここをしっかり復習できた方は解答できたのではないでしょうか。

法規 講評

法規の出題傾向

今年は全体的に難化傾向でした。 計算問題は電力の学習をしている人が有利、また問5、問11、は電力の学習分野ではあるものの電気工事士取得者に有利な問題で、逆に戸惑った方も多かったと思います。初見の問題も多かったと思いますが、TACの模試でいくつか的中がありました。詳細は下記をご覧ください。
データリサーチの結果から正解肢の解答率が他の肢の解答率を下回ったものは問7、問9、問10、問11(a)でした。問7は正解肢3の解答率が25.5%に対し、肢4が36.6%、肢5が20.3%と解答が分かれた問題となりました。また、問9は正解肢2の解答率が31.4%である程度一番高いものの、肢3が37.9%となり、2択で絞り切れず解答が分かれたと考えられます。問10も同様正解肢3が38.6%に対し、肢5が40.5%でした。問11(a)にいたっては正解肢3が22.2%なのに対し、肢1が19.6%、肢2が19%、肢5が24.2%と近似値で難易度も高かったと思います。 データリサーチ上の平均点は44.5点、最高点は94点でした。 法規は昨年同様、合格率もボーダーも他の科目よりも低くなると予想されます。

(データリサーチは9月2日10時点で入力いただいた方のデータに基づき数値を公開しています。本試験とは異なる場合がございますので、予めご了承ください。)




19目標TAC電験三種 予想全国公開模試 で的中しました! 

19目標TAC電験三種 予想全国公開模試 法規問3、問6、問11、問13が、 令和元年度電験三種本試験と的中しました。解説に覚えるべき単語も含め掲載しておりましたので、しっかり復習できた方は得点できたと思います。


予想全国公開模試問6と本試験問4

予想全国公開模試問3と本試験問9
公開模試の問3は解答解説を掲載しました。解答解説に解釈220条で重要な単語を掲載しています。しっかり復習できた方は得点できたと思います。

予想全国公開模試問11と本試験問12

予想全国公開模試問13と本試験問13

 

電験三種への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

資料請求

無料講座説明会

まずは「知る」ことから始めましょう! 無料セミナーを実施しています。

お気軽にご参加ください!

無料講座説明会

電験三種講座のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

詳細を見る

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。

スムーズ・簡単!

申し込む

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

TAC受講相談

>TAC受講相談