2020年9月14日(月)講評

令和二年度 第三種電気主任技術者試験
試験講評

講評公開

  • 理論

    講評を掲載しています。

  • 電力

    講評を掲載しています。

  • 機械

    講評を掲載しています。

  • 法規

    講評を掲載しています。

講師プロフィール

石田講師

石田 聖人 (いしだ まさと)
渋谷校担当講師・収録講師(全科目)

試験にめっぽう強い電験のスペシャリスト。
TAC出版「みんなが欲しかった!電験三種」シリーズの執筆集団のメンバー。 自身は、電気の知識ゼロから独学で勉強を始め、2年で三種に合格。同時に、三種の勉強のみで二種の一次試験『電力・機械・法規』合格。 勉強中に苦労した経験から『初学者目線でわかりやすく』がモットー。
過去の試験問題を徹底的に分析し、効率よく試験に合格するための『本物の試験対策』をお教えします。

入江講師

入江 弥憲 (いりえ みつのり)
梅田校担当講師

独自の試験分析から、受験生目線で丁寧かつ分かりやすく教える授業が特徴。
自身も学生時代に電験三種試験に苦戦しながらも一発合格。また電気関連資格の勉強を人に教えた経験から、電気の知識ゼロから資格取得を目指す受験生指導にやりがいを感じている。
ゼロから始める電験三種試験のための授業、「合格のための重要ポイント」に絞った解説は必見!

酒谷講師

酒谷 秀俊(さかたに ひでとし)
新宿校教室講座担当

国立研究開発法人にて長年にわたり施設の建設分野の工事計画・施工管理に従事。合わせて電気主任技術者業務も担当。
平成8年度第一種電気主任技術者試験合格。平成17年度技術士(電気電子部門)試験合格。
教室で受講生と対話しながら個々の力を伸ばしていく指導が人気。

理論 講評

理論の出題傾向

一先ず、試験お疲れ様でした。 今年も昨年の試験同様、難化傾向でした。比較的計算が少なかったため解きやすいと思いきや、電験の上位資格を持っている者でも容易ではない問題も含まれ受験生の皆さんは手こずったのではないでしょうか。特に問12は難問奇問の部類に入る問題だったかと思います。ただ先ほども申し上げたように、複雑な計算問題は少なかったため、問2~6や問8,9は落ち着いて解き、確実に得点してほしい問題です。後はB問題で得点できる問題をしっかり取れれば、何とか60点に達することができたかと思います。
データリサーチの結果から正答率が25%を切った問題は、問1、問3、問4、問18でした。特に問1は正解肢3を選択した方が24%、肢2を選択した方が49%と難易度の高い問題となりました。例年問1は難易度の高い問題になることも多いですが、ここで躓いてしまった方も多いのではないでしょうか。問3も正解肢3の解答率は14%に留まり、肢2の解答率が32%、同じく問4も正解肢4の解答率20%に対し肢5は41%と難易度高い問題が続きました。 選択問題はデータリサーチ上では全理論回答者のうち、選択率は問17が7割、問18が3割で問17のほうが多く正答率も40%と高かったため、うまく選択できた方は得点できたのではないでしょうか。
データリサーチ上の平均点は48.4点でした。 データリサーチはおおむねボーダーライン付近と思われる方の登録が集中しますので、少々高めに出ることが多くなりますが、それでも一律の合格点とされる60点を切っていることを考えると、易しかったとは言い難いです。
公式を覚えるだけの学習法ではなく、「なぜそうなるか?」を一つ一つ解決していく学習法が試験突破の鍵となります。事象を数式化し、その式の意味するところを理解できれば、複数事象の組み合わせ問題が出題されても応用がききますので、少し時間をかけてでも基礎を理解し、実践の場でも役立つ勉強法を行っていってください。

(データリサーチは9月14日10時点で入力いただいた方のデータに基づき数値を公開しています。本試験とは異なる場合がございますので、予めご了承ください。)

電力 講評

電力の出題傾向

試験お疲れ様でした。 近年があまり難しくなかったこともあってか、今年は難しいと感じた方も多かったのではないでしょうか。内容的には皆さんが学習してきた範囲だったものの、細かい知識を問われるものも多く、選択肢を絞るのが大変だったと思います。B問題は比較的解けるものも多かったと思います。特に、問15、16、17は今までしっかり学習して過去問を解いて練習した方なら解けた問題だと思いますので、得点してほしいところかと思います。

データリサーチの結果から正解肢の解答率が他の肢の解答率を下回ったものは問3、問4、問6、問10、問11でした。問3は正解肢1を選択した方が28%、肢2を選択した方が40%と難易度の高い問題となりました。答え合わせをしてみて驚いた方も多かったのではないでしょうか。問4も正解肢2の解答率35%に留まり、肢4の解答率が50%でした。 また、問6は正解肢1の解答率が22%に対し、肢2が43%と、引っかかりやすい問題でした。 全体的な解答率をみると、理論は解答率70%を超える問題もみられましたが、電力では1問もありませんでした。それだけ迷うことの多い問題や、簡単なミスで解答番号を間違えてしまったケースもあると考えられます。
一部データリサーチ上で、正答にも関わらず、不正解となって加算されない不具合が出ているようです。深くお詫び申し上げます。データリサーチ上の平均点は低く出てしまっていますが、ボーダーは55点~60点と予想されます。

電力の問題は法規で同じようなものが出されたり相関関係があり、他への影響が大きい科目です。 今年合格に近い方もそうでない方も、電力は知識も計算も基本をしっかり身につけておくことが電験合格へ近道となりますので、しっかり復習しておきましょう。

(データリサーチは9月14日10時点で入力いただいた方のデータに基づき数値を公開しています。本試験とは異なる場合がございますので、予めご了承ください。)




20目標TAC電験三種 予想全国公開模試 で的中しました! 

20目標TAC電験三種 予想全国公開模試 電力問6が令和二年度電験三種本試験 問9に、公開模試問13が本試験 問17に、公開模試問16が 本試験 問8に的中しました。

機械 講評

機械の出題傾向

基本的な問題と難しい問題が分かれた科目となりました。学習していた範囲の中で「そこが出たか…」と少々困惑する問題もありましたが、基本的な問題を冷静に確実に解けていたかが合格のカギとなったかと思います。特に問1、2、5と10~14まではTACの授業でももちろん学習しましたし、他のテキストで学習された方も大方記述のある範囲ですので、しっかり解けてほしいかなと思います。B問題はちょっと難しかったですね。選択も問17、18で迷うと思いますが、18のほうが比較的解きやすかったかと思います。
データリサーチの結果から正答率が50%を上回った問題が1問しかありませんでした。相当皆さん手こずったと思います。正答率が20%を切った問題は、問3、問7、問17、問18でした。選択問題は選択率は半々でしたが、中間講評でも申し上げたとおり、問18の方が解きやすく正答率も若干高いという結果となりました。問3は正解肢4の解答率が20%に対し、肢3が43%、肢5が20%と解答が分かれた問題となりました。また、問7は正解肢1を解答できた方が9%で肢1を選んだ方が50%もいる結果となりました。 今回は解ける問題と歯が立たない問題との差が激しかったため、全体的なボーダーを一番予想しにくい科目でもあります。
こちらも平均点は低く出ています。もしかすると60点を割り込む可能性があります。

(データリサーチは9月14日10時点で入力いただいた方のデータに基づき数値を公開しています。本試験とは異なる場合がございますので、予めご了承ください。)




20目標TAC電験三種 予想全国公開模試 で的中しました! 

20目標TAC電験三種 予想全国公開模試 機械問10が、 令和二年度電験三種本試験 問10と的中しました。

法規 講評

法規の出題傾向

今年は全体的に易化しました。計算問題はいつもの違う角度の問題であるものの割合的に比較的少なかったこともあり、知識を付けた方は解きやすかったのではと思います。特に問2~5、7、12は解けてほしかった問題でした。4科目で一番解きやすかったですね。
データリサーチの結果から解答率が20%を下回った問題は問13のみとなりました。こちらも一部データリサーチ上の不具合で点数が正しく出ない方がいらっしゃるようです。申し訳ありません。
他の肢の解答率を下回ったものは問4、問6、問8、問12(a)でした。問4は正解肢1の解答率が35%に対し、肢3が41%。また、問6は正解肢1の解答率が28%、肢4が34%と迷った方が多かったのではないでしょうか。問8も正解肢1が25%に対し、肢5が36%でした。僅差ではありますが、2択まで絞れたものの間違えてしまった、という方も多かったと思います。今年は法規のみ残していた方も多かったと思いますので、多くの方が電験三種に合格されていることをお祈りしております。皆様、本当にお疲れ様でした。

(データリサーチは9月14日10時点で入力いただいた方のデータに基づき数値を公開しています。本試験とは異なる場合がございますので、予めご了承ください。)




20目標TAC電験三種 予想全国公開模試 で的中しました! 

20目標TAC電験三種 予想全国公開模試 法規問8が、 令和二年度電験三種本試験問題 問12と的中しました。

 

電気主任技術者(電験三種・二種)への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

資料請求

無料講座説明会

まずは「知る」ことから始めましょう! 無料セミナーを実施しています。

お気軽にご参加ください!

無料講座説明会

電気主任技術者(電験三種・二種)

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

詳細を見る

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。

スムーズ・簡単!

申し込む

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

TAC受講相談

>TAC受講相談