TACメソッド 2次本試験合格のための
答案作成プロセス講義

  • 2018年合格目標

    TACメソッドを用いて「合格するための答案作成プロセス」を解説!

    平成29年度の2次筆記試験の問題を用いて、2次筆記試験で必要な知識や着眼点を踏まえながら、合格するための答案作成プロセス(TACメソッドの使い方)について講義形式でレクチャーします。
    80分という限られた試験時間内で答案を作成する方法やTACメソッドを作業レベルに具体的に落とし込んでいく方法について解説します。
    ※2018年4/20(金)より受付開始

      • Web通信講座

      • 開講形態

        Web通信講座

      • 回数

        全4回(各事例1回、80分/回)

      こんな方にオススメのコースです!

      • 合格するための答案作成手順(プロセス)を学びたい方
      • 本試験で起こりやすいエラーとその対策を知りたい方
      • 独学、他の受験指導校に通われている方

      担当講師からのコメント

      津田 まどか先生

      津田 まどか

      2次試験に合格するためには、事例問題の特徴を理解し、必要な知識を備えていることに加え、答案作成スキルを身につけることが不可欠です。
      具体的には、TACメソッドの本質を理解し、その上で自分自身の弱点をカバーする80分間のプロセスを構築し、いつでも再現できるようになるためのトレーニングが必要です。
      「プロセスを作業レベルに落とし込むことで再現性を高めつつ、事例問題の傾向に合わせた柔軟な対応をするための判断力を鍛える」、その具体的な方法を平成29年度の試験問題を使いながら、わかりやすく解説します。
      「高得点答案」ではなく「安定答案」を作れるようになるための「プロセスの構築・定着」の方法を知りたい方は、必見です。

      講義内容

      「平成29年度の第2次試験問題」を使用し、TACメソッドを用いて「合格するための答案作成プロセス」について説明します。時間の使い方や解答手順、キーワードの見つけ方や意思決定の根拠の見出し方等について解説します。また、問題用紙にどのように書き込みながら解答するのか書き込み済の問題用紙も掲載します。さらに、80分という限られた時間内で現実的に作成可能な目標答案例を披露します。

      フォロー制度

      質問メール:TAC WEB SCHOOLにて受付(2回まで)

      スクーリング、添削指導はございません。

      質問いただいてから約1週間で回答します(GWおよびお盆の期間除く)。

      開講日・開講校舎

      Web通信講座
      • 受付開始

        2018年4/20(金)

      • 教材発送日

        2018年4/27(金)

      • 配信開始日

        2018年5/1(火)~10/21(日)

      受講料・お申込み

      (教材費・消費税8%込み)

      インターネット、郵送、TAC受付窓口にてお申し込みいただけます。

      申込方法の説明を見る

      Web通信講座

      ¥20,000

      • 入会金

        ¥0

      0から始まる会員番号をお持ちでない方は、受講料のほかに別途入会金10,000円(消費税込)が必要です(¥30,000未満のコースは不要)。会員番号につきましては、TAC各校またはカスタマーセンター(0120-509-117)までお問い合わせください。

      上記受講料は、教材費・消費税が含まれます。なお、受講料は、消費税率8%で計算しています。
      今後の消費税率の変更などにより、受講料等が変わる可能性がありますので、予めご了承ください。

      配信期限は、2018年10/21(日)までとなります。

      大学生協等代理店ではお申込みいただけません。

      受付開始は2018年4/20(金)からとなります。