通関士試験をズバリ解説! 通関士試験の難易度は?合格率は?詳しく解説

難易度

通関士試験の合格率は10~15%程度!

通関士試験の合格率は年によってばらつきはありますが、合格率を数年分をまとめて見てみると、例外的に2017年が21.3%となっていることを除けば、10~15%程度で推移しています。また、受験者数は6,500人程度で推移しています。
この合格率を見ても、ある程度の期間しっかりと対策をしなければ合格するのが難しい「難関資格」といえます。

通関士試験の受験者数と合格者数・合格率の推移

通関士試験7年間の数字を個別に見ていきます。受験者数は2013年、2014年で若干下降傾向にありましたが、最近は6,500名程度で安定しています。7年間で最多が8,734名、最少が6,218名です。一方、合格者数は1,000名程度です。7年間で最多が1,392名、最少が688名です。極端に合格者数が増えた2017年は問題の難易度が比較的低かったと想定できます。合格率は2017年の21.3%を除けば、10~15%程度で推移しています。

年度 受験者数 合格者 合格率
2013年度 8,734名 1,021名 11.7%
2014年度 7,692名 1,013名 13.2%
2015年度 7,578名 764名 10.1%
2016年度 6,997名 688名 9.8%
2017年度 6,535名 1,392名 21.3%
2018年度 6,218名 905名 14.6%
2019年度 6,388名 878名 13.7%

通関士合格率

通関士試験の合格基準点(2019年度)

通関士試験に合格するためには、各試験科目とも合格基準を満たす必要があります。2019年度は全科目合格基準が60%以上の得点となったため、合格率が若干下がる結果となりました。このように年によって合格基準は変動することもあります

科目 配点 合格基準
通関業法 45点 60%以上の得点
(45点中27点以上)
関税法等 60点 60%以上の得点
(60点中36点以上)
通関実務 45点 60%以上の得点
(45点中27点以上)

通関士についてもっと知ろう!

通関士になるには?

なるには

通関士になるには?

輸出入手続を行なうプロフェッショナル「通関士」。通関士になるにはどんな資格が必要なのでしょうか?また就職先は?TACが簡潔にご説明します。続きを読む »

通関士の仕事

仕事内容

通関士の「仕事内容」

通関士は貿易業界唯一の「国家資格」です。通関士になるとどんな仕事に携わるのでしょうか?魅力とともにその仕事内容の一部をご紹介します。続きを読む »

通関士士の試験制度

試験制度

通関士の「試験制度」

通関士試験の試験制度について、受験資格は?出題形式は?どんな問題が出題されるの?毎年大勢の合格者を送り出しているTACが詳しく解説します。 続きを読む »

対策を始める

対策を始める

第一歩を踏み出しましょう!

通関士を目指すなら「実績」のTACです。毎年多くの合格者を送り出しているTACで合格を目指しましょう!続きを読む »

通関士/貿易実務検定®への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

資料請求

無料講座説明会

まずは「知る」ことから始めましょう! 無料セミナーを毎月実施しています。

お気軽にご参加ください!

無料講座説明会

通関士/貿易実務検定®講座のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

詳細を見る

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。

スムーズ・簡単!

申し込む

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

TAC受講相談

>TAC受講相談