充実・安心の学習フォロー

学習メディア共通のフォロー制度

学習上の疑問はただちに解決「校舎対応・質問メール」

TACでは、教室講義前後の校舎での質問対応はもちろん、メールでも講師に直接質問できるフォロー体制を整えています。

1

教室講義の開始前や終了後に講師に質問できる!

学習上で疑問に感じた点をその場で講師に確認ができます。

2

メールで質問できる!

疑問点は早めに解決することが大切です。メールでいつでも質問が可能。講師がわかりやすく丁寧にお答えします。

「質問メール」は「i-support」からご利用いただけます。

お申込みのコースによって利用回数が異なります。

コース 教室講座の回数その他メディアの回数
1.5年L本科生Plus 2020・2021年対短答式対策/
2021年論文式対策:15回
2020・2021年対短答式対策/
2021年論文式対策:50回
短答本科生 5回10回
論文本科生 12回30回
論文本科生B 10回25回
その他の本科生 15回40回

●各本科生が対象者です。
利用期限は合格目標年の8月末日まで
※短答本科生は5月末日まで

ネットで受講できる「Webフォロー」本科生限定 標準装備

本科生には便利なフォロー制度が標準装備!受講している同一コースの講義を、「Webフォロー」「音声DLフォロー」で学習できる画期的なフォロー制度です。弱点補強、講義の復習や欠席フォローとして、様々ご活用いただけます。

1

講義の復習だけでなく、予習としても利用できる!

苦手分野など、繰り返し視聴することで知識の定着が図れます。

2

欠席してもWebで受講できる!

お仕事の都合など、教室講義に参加できない時も安心して受講を継続できます。

3

教室日程に追いつくための学習として利用できる!

教室講座の開講後にお申込みされた方も、Webフォローを利用すれば教室講座の日程に追いつき途中参加することができます。

使い方いろいろ

  • 倍速機能で学習時間の圧縮に利用
  • スキマ時間に復習
  • 知識の再確認

対象コース

【初学者向け対象コース】 【学習経験者向け対象コース】
全ての本科生 全ての本科生

Webフォローの動作環境につきましては、TAC WEB SCHOOLにてご確認ください。

Webフォローの配信期限は、合格目標年の8月31日までとなります。

教育訓練給付制度(一般)を通学メディアでご利用の場合、Webフォローでの受講は出席として扱われませんのでご注意ください。詳細はTAC発行の「教育訓練給付制度パンフレット」をご確認ください。

講義音声を持ち運べる「音声DLフォロー」本科生限定 標準装備

ライブ講義の音声を収録した音声ファイル(AAC形式)や講義録ファイル(PDF形式)をインターネットからダウンロードできるフォロー制度です。スマートフォンなどに取り込めば、スキマ時間も有効活用できる学習フォローです。

1

講義の復習や苦手論点の反復学習として利用できる!

苦手分野など、しっかり繰り返し視聴することで知識の定着が図れます。

2

スキマ時間を有効活用できる!

例えば電車内や移動中などのスキマ時間も有効活用できます。

3

保存後はネット環境を必要としない!

一度保存した音声講義を再生機器に転送すればネットが繋がらない場所でも再生可能です。

使い方いろいろ

  • 暗記ツールとして
  • 予習、復習用として
  • 欠席フォローとして
【初学者向け対象コース】 【学習経験者向け対象コース】
全ての本科生 全ての本科生

音声のダウンロードには、インターネット環境にあるパソコンが必要となります。

音声DLフォローの動作環境につきましては、TAC WEB SCHOOLにてご確認ください。

音声DLフォローの利用期限は、各コースの目標年度本試験最終日までとなります。

教育訓練給付制度(一般)を通学メディアでご利用の場合、音声DLフォローでの受講は出席として扱われませんのでご注意ください。詳細はTAC発行の「教育訓練給付制度パンフレット」をご確認ください。

i-support(インターネットフォローシステム)

TAC不動産鑑定士講座「i-support」では、メールで疑問点を質問できる「質問メール」、学習上の質問をデータベース化した「よくある質問」、試験情報等を提供する「講座からのお知らせ」をご用意しております。

質問メール

疑問点は早めに解決することが大切です。講師がわかりやすく丁寧にお答えします。

お申込みのコースによって利用回数が異なります。

コース 教室講座の回数その他メディアの回数
1.5年L本科生Plus 2020・2021年対短答式対策/
2021年論文式対策:15回
2020・2021年対短答式対策/
2020年論文式対策:50回
短答本科生 5回10回
論文本科生 12回30回
論文本科生B 10回25回
その他の本科生 15回40回

●各本科生が対象者です。
利用期限は合格目標年の8月末日まで
※短答本科生は5月末日まで

個人別成績表

個人別成績表WEB閲覧

 

短答式各種答練・全国公開模試については、個人別の詳細な成績表を作成し、インターネットサービス「TAC WEB SCHOOL」を通してPDFファイルとしてご提供します。これにより、平均点、正答率、順位、優先学習ポイント等がわかるので、弱点補強に役立つだけでなく、モチベーションの維持にもつながります。基本知識の理解度チェックにも活用してください。

■対象
・短答式基礎答練
・短答式直前答練
・短答式全国公開模試

    
    

よくある質問

学習していて疑問が生じた場合は、質問メールと合わせて、まずは「よくある質問」をご活用ください。

講座からのお知らせ

試験情報やセミナー、受講に関するお知らせなど、受講生のみなさんに役立つ情報をタイムリーに発信していきます。

i-supportのご利用には、「TAC WEB SCHOOL」のマイページ登録が必要になります。詳細は、お申込み後にお渡しする「受講ガイド」にてご案内しております。

TACの「自習室」が利用できる 【本科生・パック生限定】

講義の予習・復習をしたくても、家ではなかなかできないもの。TAC では 講義等で使用していない教室を自習室として開放しています。

教室の使用状況により自習室として開放できない場合もございますので、予めご了承ください。

本科生・パック生をお申込みの方が自習室をご利用いただけます。単科・オプ ション講座・公開模試のみをお申込みの方は自習室をご利用いただけません。

一部の提携 校では自習室を利用できない場合がございます。予め各提携校まで直接お問い合わせください。

学習メディアごと専用のフォロー制度

  • 教室講座

  • ビデオブース講座(個別DVD講座)

  • 通信講座

クラス振替出席フォロー

ご登録の校舎・クラス以外でも講義を受けられる制度です。仕事や学校の都合等で、ご登録の校舎・クラスの講義に出席できない場合でも、他の校舎・クラスの講義に振り替えて出席することができるので安心です(手続き不要)。

振替2

同一コースを複数クラス設定している場合にご利用いただけます。

お席に余裕がない場合は受講できない場合がございます。予めご了承ください。

   

ビデオブース(個別DVD)振替フォロー(要予約)

欠席された講義を、TAC のビデオルームにて視聴することができます(要予約、有料¥500(税込)/1講義)。

ご利用はビデオブース(個別DVD) 講座で開講のコース・科目のみとなります。

テスト類の採点・添削も受けられます(答案は校舎窓口に提出)。

校舎によりシステムが異なります。詳細はお問い合わせください。

教室講座担当講師と収録担当講師が異なる場合がございますので、予めご了承ください。

クラス重複出席フォロー【本科生限定】

一度出席した講義を再度受講したい場合、校舎に関係な く教室講座の他のクラスで再度受講できるフォロー制度です。手数料・手続き等は不要です。なお、出席できる講義は「基本講義」に限ります(答練は対象外)。

同一コースを複数クラス設定している場合にご利用いただけます。

ビデオブース(個別DVD)重複フォロー

講義をもう一度受講したいという場合には、TACのビデオルームにて同一講義を再度受講することができます(要予約、有料¥500 (税込)/1講義)。なお、重複できる講義は「基本講義」に限ります(答練は対象外)。

追っかけフォロー

教室講座の開講日が過ぎてしまったクラスでも、既に教室講座で行った講義をビデオブース(個別DVD)講座で受講し、教室講座の講義日程に追いついたところから教室講座に合流することができます。

rsn_flw_common06.png

随時入学可

ビデオブース講座(個別DVD講座)は、ビデオ講義視聴開始日以降随時受講が可能ですので、思い立った日から学習を開始することができます。

選べる受講時間

ビデオブース(個別DVD講座ブース)については、4つの利用時間帯が設定されています。ご自身のスケジュールに合わせてご予約の上、ご利用ください。

受講時間帯 ① 9:30~12:30 ③15:30~18:30
②12:30~15:30 ④18:30~21:30

日曜日は④の時間帯はご利用いただけません。

受講可能な曜日・時間帯は一部校舎により異なります。

校舎間自由視聴制度

校舎間を自由に振り替えて受講できます。平日は会社・大学の近くの校舎で、休日は自宅近くの校舎で受講するなど、フレキシブルに受講できます。

振替用のブース数は各校で限りがありますので予めご了承ください。

講義録つき

ビデオブース(個別DVD)講座でご視聴いただく講義映像の中の板書や配られたプリント、ミニテストが講義録として添付されます。板書をノートに写す作業がないので、講義に集中できます。

ミ ニテストは自己採点となります。

ビデオブース(個別DVD)重複フォロー【本科生限定】

もう一度受講したい場合、ビデオブース(個別DVD)視聴にて受講できる制度です(要予約、有料¥500(税込)/1講義)。 なお、重複できる講義は「基本講義」に限ります(答練は対象外)。

  

教室出席フォロー【本科生限定】

本科生の方はお申込みのコースに含まれる答練に限り、教室講座に出席できます。本番さながらの臨場感を体験し、試験に備えてください。

  

スクーリング【本科生限定】【回数制限なし】

通信メディアの本科生はスクーリング制度を利用して、教室で講義や答練を受講できます。 同じ目標を持つ受講生に出会ったり、直接講師と話すことで、学習に対するモチベーションもアップします。

全国公開模試はスクーリングの対象外となります。ただし、希望される場合は、会場受験へ変更することが可能です。

随時入学可

各種通信講座は、開講日(初回発送日)以降順次受講が可能です。お申込み時点で教材発送スケジュールが経過した分は、まとめて発送いたしますので、教材が届きましたら速やかに学習することが可能です。

講義録つき

講義の板書を書き写した講義録が添付されます。ノートに写す作業がないので映像や音声による講義に集中できます。

DVD 通信講座は、DVDと合わせて講義録を発送いたします。

Web通信講座の方は、PDF 形式にてインターネットからダウンロードできます。尚、講義録の教材送付はございません。

講義録添付のミニテストは自己採点となります。

スクーリング【本科生限定】【回数制限なし】

通信メディアの本科生はスクーリング制度を利用して、教室で講義や答練を受講できます。 同じ目標を持つ受講生に出会ったり、直接講師と話すことで、学習に対するモチベーションもアップします。

全国公開模試はスクーリングの対象外となります。ただし、希望される場合は、会場受験へ変更することが可能です。

随時入学可

各種通信講座は、開講日(初回発送日)以降順次受講が可能です。お申込み時点で教材発送スケジュールが経過した分は、まとめて発送いたしますので、教材が届きましたら速やかに学習することが可能です。

講義録つき

講義の板書を書き写した講義録が添付されます。ノートに写す作業がないので映像や音声による講義に集中できます。

DVD 通信講座は、DVDと合わせて講義録を発送いたします。

Web通信講座の方は、PDF 形式にてインターネットからダウンロードできます。尚、講義録の教材送付はございません。

講義録添付のミニテストは自己採点となります。