2021年度
超短期×一発合格者インタビュー!

会計士を目指したキッカケ

私は前職で、人材会社の法人営業職として勤務しておりました。その際、クライアントの担当者の方に公認会計士の方がいらっしゃり、自分と同年代でありながらベンチャー企業を牽引されている姿に感銘を受けました。それがこの資格を知ったきっかけであり、私も会計という専門性を身に付け、より経営に近い立場で活躍していきたいと思い公認会計士を目指すことに決めました。

T A C を選んだ理由

TACを選んだ最大の理由は、圧倒的な合格実績です。私は理系出身であり、周囲に公認会計士の友人もいなかったことから、学習開始にあたり不安がありましたが、安定的に高い合格実績を保持しているTACであれば最短距離で合格に向かえると感じたのが決め手です。
また、対面・オンライン共にサポート体制も充実しており、TACを選んで間違いなかったと思っております。

T A C で受講して良かった点

TAC 講師の方々は独自の受験テクニックをご紹介してくださり、本試験でも大いに役立ちました。特に、役に立ったのが租税法でのマーカーを駆使した解法です。煩雑な租税法の問題を視覚的に処理することで、解答速度だけでなく論点への理解度が格段に向上したと感じています。また、TACのテキストは各科目網羅性と効率性のバランスが取れており、合格に必要十分な内容であったと感じます。答練等のアウトプット教材のボリュームも十分すぎるほどで、しっかりと自分のものにできれば確実に合格ラインに達すると感じられるものでした。

合格するために気を付けていたこと

私は1年で短答と論文の合格を目指すコースであったため、かなりタイトなスケジュールで学習を進める必要がありました。そこで、まずは講義の消化を最優先に掲げました。具体的には、Webにて再生速度1.8 倍、1日2~3コマというスケジュールで講義を視聴し、次回の講義までに必ず復習をしていました。復習内容はテキストの通読に加え、計算科目はテキスト例題、トレーニング問題を1回は解くと決めていました。1周目は完璧を求めず、5割程度の理解度でも大枠を抑えることを意識していました。このようにして3ヵ月程度で大方の講義を消化できたので、そこからはアウトプット教材を中心に据え、各教材最低3周以上の回転を繰り返していきました。
その他に意識していたのは、スキマ時間を最大限活用するということです。具体的には、電車移動中に短答の肢別問題集・講義レジュメをチェックしたり、歩きながら理論科目の講義音声データを聴いて復習したり、スキマ時間ごとにどんな学習が可能か考えて、それを実行に移していました。このようにして、休憩・食事以外の時間のほとんどを学習時間に充てることができていたと思います。もちろん大変な生活ではあったのですが、公認会計士試験は有数の難関試験ですから、絶対に短期間で合格したいという方は、こういった覚悟を持って学習を進められることを強くおすすめします!


これから学習を始める方へ

私は社会人を経験してから退職し、公認会計士試験に専念していたため、学習期間は非常に大きなプレッシャーを感じていました。膨大な学習量も相まってメンタル的に辛い時期もありましたが、そんな日々の中で自分を支えてくれたのは、家族や友人など周囲の方々、そして「公認会計士になりたい」という気持ちの強さでした。
これから公認会計士を目指す皆様も、何度も壁にぶち当たることがあるかと思いますが、周囲の方との繋がりは絶やさないで欲しいなと思います。きっと助けてくれる方がいます。感謝の気持ちと夢を持って、合格を勝ち取りましょう!その喜びは何にも代えがたいものです。ささやかながら、応援の言葉とさせていただきます。

公認会計士合格への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

無料講座説明会

まずは「知る」ことから始めましょう! 無料セミナーを毎月実施しています。

お気軽にご参加ください!

公認会計士講座のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。

スムーズ・簡単!

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

>TAC受講相談