一級建築士 設計製図試験 課題発表

7月22日(金)に令和4年一級建築士試験「設計製図試験」の課題が公表されました。
課題から読み取れることを、どこよりも早く速報としてお伝えします。

公表課題

令和4年 一級建築士設計製図試験の課題の概要は以下の通りです。

令和4年 設計製図の試験の課題(令和4年7月22日発表)

設計課題

事務所ビル

要求図書

・1階平面図・配置図(縮尺1/200)
・各階平面図(縮尺1/200)
 ※各階平面図については、試験問題中に示す設計条件等において指定する。
・断面図(縮尺1/200)
・面積表
・計画の要点等
(注1)建築基準法令等に適合した建築物の計画 (建蔽率、容積率、高さの制限、延焼のおそれのある部分、防火区画、避難施設 等)とする。
(注2)「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」に規定する「建築物移動等円滑化基準」を満たす計画とする。

【建築物の計画に当たっての留意事項】
敷地の周辺環境に配慮して計画する。
バリアフリー、省エネルギー、二酸化炭素排出量削減、セキュリティ等に配慮して計画する。
各要求室を適切にゾーニングし、明快な動線計画とする。
建築物全体が、構造耐力上、安全であるとともに、経済性に配慮して計画する。
構造種別に応じた架構形式及びスパン割りを適切に計画するとともに、適切な断面寸法の部材を計画する。
空気調和設備、給排水衛生設備、電気設備、昇降機設備等を適切に計画する。

【注意事項】
「試験問題」及び上記の「建築物の計画に当たっての留意事項」を十分に読んだうえで、「設計製図の試験」に臨むようにしてください。
なお、建築基準法令や要求図書、主要な要求室等の計画等の設計与条件に対して解答内容が不十分な場合には、「設計条件・要求図面等に対する重大な不適合」等と判断されます。



令和4年7月22日(金)(公財)建築技術教育普及センターホームページにて公表

令和4年度 一級建築士 設計製図試験
TACの分析

「事務所ビル」の出題は、過去の類似の課題として平成21年「貸事務所ビル(1階に展示用の貸スペース、基準階に一般事務用の貸スペースを計画する。)」があります。 今年は課題名が「事務所ビル」というシンプルな出題であることから、幅広い知識と数多くのバリエーションの出題を想定して吟味した学習が必要となるでしょう。

課題の分析

1.事務所ビル

事務所ビルは、賃貸ビル、自社ビル、複合ビルなどに大別されますが、いずれも事務所部分には、事務室(執務スペース)、会議室、便所、休憩スペースなどの室が要求されると考えられます。
平成21年では、事務室に机のレイアウトや照明器具の計画などが問われました。 近年は、事務所は単に働く場としてだけでなく、利用者の快適性や健康性への配慮、照明や空調などの省エネ・創エネ設備、セキュリティ・防犯システム、災害対応、さらに周辺地域との交流など様々な観点から考察する必要があります。

2.事務所以外の用途

課題名は「事務所ビル」ですが、1階には店舗(レストラン、喫茶店、物販店舗、ショールーム、フィットネスクラブなど)との併設は十分に考えられます。

3.屋外施設

(1)事務所用の駐車場
   駐車台数が多くなりますので、地下駐車場(自走式(スロープでアプローチ)、機械式(ターンテーブル)なども想定されます。
(2)駐輪場
(3)オープンスペースなどの広場
(4)既存樹木
(5)屋上庭園
(6)敷地と道路との段差(自走式駐車場を想定)

4.法規について

昨年は「集合住宅」という用途から法的な「採光」について問われましたが、今年の「事務所ビル」は用途上、法的な「採光」は基本的には不要になります。なお「事務所ビル」は、基準階建築物になる可能性が高いことから、特に「高さ制限」には十分な注意が必要でしょう。
また、バリアフリー法の「建築物移動等円滑化基準」を満たす計画と示されているので、階段、廊下幅などはこれを満たす計画とすれば良いことになります。

5.要求図書

要求図書は「各階平面図については、試験問題中に示す設計条件等において指定する。」と示されました。これは、計画建築物の階数が試験当日にならないと分からないということです。この要求は、令和2年から3年続いています。
近年、平面図は3面求められることが多いので、このような要求の場合、次のようなパターンが考えられます。
①「1階平面図・配置図」「2階平面図」「3階平面図」
②「1階平面図・配置図」「2階平面図」「基準階平面図」
③「地下1階平面図(地下駐車場)」「1階平面図・配置図」「基準階平面図」
基準階平面図とは、例えば「3~5階」などです。「事務所ビル」では、上記②や③の基準階平面図の要求の可能性が高いと考えられ、この場合は、階数が高くなる分、「高さ制限」が厳しくなります。

6.「建築物の計画に当たっての留意事項」について

「建築物の計画に当たっての留意事項」の内容は抽象的ではありますが、採点に大きく関わる非常に大事な内容です。「注意事項」にあるとおり、「十分に理解したうえで」試験に臨まなければなりません。
なお、今回は「二酸化炭素排出量削減」という項目が新たに加わっています。世界的にも温室効果ガスの排出量の削減が掲げられている背景から、設計製図試験でも省エネに関する様々なシステムや高性能設備の導入などの多様な学習が求められています。

7.「注意事項」について

建築基準法令や要求図書、主要な要求室等の計画等の設計与条件に対して解答内容が不十分な場合には、「設計条件・要求図面等に対する重大な不適合」等と判断されます。
近年は特に建築基準法令が厳しく採点されていますので、法規に違反しないことは合格への絶対条件です。



以上、課題から読み取れることを速報としてお伝えしました。

本ページ記載の内容につきましては将来予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。

本ページ記載の内容に関するご質問はお受けしておりませんので、予めご了承ください。

試験講評の著作権はTAC(株)に帰属します。許可無く一切の転用・転載を禁じます。

各種イベント

説明会ではTAC設計製図本科生のカリキュラムや返金制度、フォロー制度などをご案内します。無料体験講義は実際の講義を体験できます。是非お気軽にご参加ください!

  • 対象者

    2022年目標 一級建築士 受験予定の方

イベントⅠ「無料セミナー」開催!

設計製図本科生ガイダンス

設計製図試験を受験する方に向けて、TACの専任講師がリアルタイムでお話しします!

令和4年に一級建築士設計製図試験を受験する方に向け、講師がさまざまな疑問や不安にお答えします。(担当:佐藤博子講師 他)

3823586_s.jpg

実施日時

【教室】※広島校、梅田校は要予約
□7/26(火) 19:00~20:00 新宿校
□7/27(水) 19:00~20:00 渋谷校・横浜校・梅田校・広島校
□7/27(水) 19:30~20:30 名古屋
 ※広島校:ご予約はこちら>>
 ※梅田校:ご予約はこちら>>

GO TO TACキャンペーン実施!

Go To TACキャンペーン実施中!校舎で申込んでデジタルギフトをもらおう!~7/31まで!

イベントⅡ「無料体験入学」開催!

2022年7月より実施!無料体験入学

初回講義では今年の課題の特徴や学習のポイントなどをお伝えします!すでに開講している校舎は、Webフォローにてご利用いただけます。
※定員となったクラスは無料体験入学できません。

【2022年合格目標 一級建築士設計製図本科生】

初回の設計製図講義第1回を無料で体験できます。20分前までに校舎受付窓口にお越しください。製図用具をご持参ください。予約は不要です。定員締切の場合、無料体験をお断りする場合がございます。講義時間/9:30~18:00(休憩1時間含む)

<教室開講>

  • 7/30(土)

    仙台校・水道橋校・新宿校・池袋校・渋谷校・横浜校・名古屋校・京都校・梅田校・なんば校

  • 7/31(日)

    札幌校・新宿校・池袋校・八重洲校・立川校・町田校・横浜校・大宮校・津田沼校・名古屋校・梅田校・なんば校・神戸校・広島校・福岡校

  • 8/3(水)

    新宿校

GO TO TACキャンペーン実施!

Go To TACキャンペーン実施中!校舎で申込んでデジタルギフトをもらおう!~7/31まで!

イベントⅢオンライン限定「一級奨学生選抜試験」開催!

受験特典(受験者全員に入会金(¥10,000)免除クーポン進呈)
  • A賞

    成績上位2名かつ80%以上の正答/対象コースの受講料80%OFF

  • B賞

    成績上位5名かつ70%以上の正答※/対象コースの受講料50%OFF

  • C賞

    成績上位20名※/対象コースの受講料20%OFF

  • 参加賞

    受講者全員/対象コースの受講料5,000円OFF

※ 成績上位者を除きます。また成績上位者が同点数の場合は、抽選になります。
※特典の利用期間:第1回 2022年8月19日~9月30日・第2回 2022年10月1日~2023年1月17日

※割引の併用は早割キャンペーンのみ可能です。

対象コース
  • 2023年目標 一級

    総合学科本科生
    学科本科生
    上級学科本科生

早割キャンペーン実施!

【2023年合格目標 一級建築士学科対策】7/21~9/30までオトクな早割キャンペーン(¥77,000割引)第1弾実施!
<一級建築士 総合学科本科生> 通常価格 ¥440,000 → ¥363,000
<一級建築士 学科本科生>   通常価格 ¥407,000 → ¥330,000

TACで学べるコース

2022年 合格目標

募集中

一級 設計製図本科生

TAC自慢の設計製図ベーシックコース!!

毎年多くの合格者を輩出している設計製図コースです。Web通信講座は低価格でご提供中です。教育訓練給付制度(一般)の対象コースです。


通常受講料 ¥174,000~¥225,000 ¥200,000~¥250,0008%10%税・教材費込 )

kenchiku_panftop_01.png

デジタルパンフレットを閲覧する

紙と同じ内容のパンフレットを、パソコンやスマートフォンから、郵送を待たずにいますぐご覧いただけます。

お申込いただいた場合、個人情報の取り扱いにご同意いただいたものとして取り扱わせていただきます。

頼れるTACの受講相談

「仕事と両立できるか不安」、「出席できない日があるんだけど・・・」、「今年の試験はまだ間に合う?」などなど、お気軽にご相談ください!! ※上記の無料のイベント後にも個別のご相談をお受けいたします!ご都合のよろしいほうにご参加ください! 

【対象となる方】
・これから勉強を始めるか迷っている方
・TACでの受講を検討されている方
 ※受講生の方は質問制度をご利用ください。 

建築士への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

資料請求

無料講座説明会

まずは「知る」ことから始めましょう! 無料セミナー・受講相談を実施しています。

お気軽にご参加ください!

無料講座説明会

建築士講座のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

詳細を見る

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。

スムーズ・簡単!

申し込む

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

TAC受講相談

>TAC受講相談