試験情報

年金検定試験概要

年金や医療保障について“頼れる相談者”になる!

年金検定は、公的年金等に関する専門的・実務的な知識を身につけていることを証明する、一般社団法人日本金融人 材育成協会主催の検定試験です。
本検定試験では、老齢年金の全体像はもとより、障害年金及び遺族年金の支給要件や、年金額の計算、また公的医療保障の基礎についても問われますので、より幅広く深い知識が求められ、本検定試験に合格し得る知識を習得することにより、金融機関においては年金相談や公的年金の新規口座獲得に関わる相談スキ ルの向上に、また社労士やFPなどの実務に就いている方にとっては業務の拡大に繋げることができます。

※年金検定2級は毎年3月・10月の年2回実施されます。

【第1回 年金検定2級試験】

  2級
試験日 2019年10月20日(日)13:30~15:30
受験資格 特にありません。どなたでも受験できます。
試験地 札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡
検定料 4,320円(税込)
受験申込期間 2019年8月19日(月)~9月24日(火)
受験申込期間は、2019年8月19日(月)~ 9月24日(火)までです。 TACでの受験申込はできません(注)。必ず期間内に、日本金融人材育成協会ホームページにてご自身で直接お申込みください。

※TAC講座申込・受講後の受験申込忘れを理由とした解約・返金には応じられません。くれぐれもご注意ください。
※受験申込の際は、必ずご自身で最新の試験情報をご確認ください。
(注)TACの「検定受験料込み」コースをお申込みされた方につきましても、検定試験の受験にあたっては受験票発行の手続きが別途必要になります。 受験票発行手続きについては、TACより改めてご連絡がございます。

試験時間 120分  試験開始後30分間、終了前10分間は退室禁止
持込品 ・受験票 ・HBの鉛筆、消しゴム  ・電卓※

※持込が可能な「電卓」は、次の要件を満たす1台に限ります。
*演算機能のみを有するもの(プログラムの入力機能等を有するもの、関数計算、メモ入力等の機能を有するもの、金融電卓は使用できません。但し、消費税の税込み・税抜き計算機能のみを有しているものは使用できます。)
*通信機能を有しないもの(携帯電話、スマートフォン等は不可)
上記の要件を充足しない電卓を使用した場合、不正行為とみなされ、失格となることがあります。

出題形式 四肢択一式(マークシート形式) 50問出題
年金、医療等その他関連事項について の基礎問題 (30問)
年金、医療等その他関連事項について の応用問題(事例設定付問題、改正対 応問題、空欄補充問題等) (20問)
合格基準 満点の60%以上(試験委員会にて最終決定)
出題範囲 ●年金制度の仕組み(被保険者、標準報酬、保険料、被用者年金制度の一元化等)
●年金給付の支給要件・年金額の計算(老齢年金の繰上げ・繰下げ、在職老齢年金の計算等を含む)・裁定請求手続き等
●離婚時の年金分割
●確定拠出年金
●確定給付企業年金
●国民年金基金
●医療保険(健康保険、後期高齢者医療制度)
●介護保険(給付の仕組等)
●年金に係る税金
●その他

年金検定試験に関するお問い合わせ・受験申込

日本金融人材育成協会ホームページ

年金検定合格への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

資料請求

無料講座説明会

まずは「知る」ことから始めましょう! 無料セミナーを実施しています。

お気軽にご参加ください!

無料講座説明会

年金検定講座のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

詳細を見る

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。

スムーズ・簡単!

申し込む

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

TAC受講相談

>TAC受講相談