試験情報

年金検定試験概要

10月1日からCBT試験が始まります!TACの校舎でも受験可能です!!

【年金検定2級試験】

  2級
試験期間 2021年10月1日(金)~2022年3月31日(木)(年末年始を除く)
受験資格 特にありません。どなたでも受験できます。
試験会場 全国47都道府県の280会場にて実施(2021年4月現在)
TACの校舎でも受験できます!
対象校舎:札幌校・仙台校・池袋校・八重洲校・立川校・中大駅前校・町田校・横浜校・大宮校・津田沼校・京都校・梅田校・なんば校・神戸校・広島校
※TACの校舎は平日のみ受験可能です
検定料 8,800円(税込)
受験申込期間 2021年7月1日(木)10:00~2022年3月28日(木)
TACでの受験申込はできません(注)。必ず期間内に、日本金融人材育成協会ホームページにてご自身で直接お申込みください。

※TAC講座申込・受講後の受験申込忘れを理由とした解約・返金には応じられません。くれぐれもご注意ください。
※受験申込の際は、必ずご自身で最新の試験情報をご確認ください。
(注)TACの「検定受験料込み」コースをお申込みされた方につきましても、検定試験の受験にあたっては受験票発行の手続きが別途必要になります。

試験時間 120分
持込品 ・受験票 ・HBの鉛筆、消しゴム  ・電卓※

※持込が可能な「電卓」は、次の要件を満たす1台に限ります。
*演算機能のみを有するもの(プログラムの入力機能等を有するもの、関数計算、メモ入力等の機能を有するもの、金融電卓は使用できません。但し、消費税の税込み・税抜き計算機能のみを有しているものは使用できます。)
*通信機能を有しないもの(携帯電話、スマートフォン等は不可)
上記の要件を充足しない電卓を使用した場合、不正行為とみなされ、失格となることがあります。

出題形式 CBT方式による四肢択一式 50問出題
年金、医療等その他関連事項について の基礎問題 (30問)
年金、医療等その他関連事項について の応用問題(事例設定付問題、改正対 応問題、空欄補充問題等) (20問)
合格基準 満点の60%以上(試験委員会にて最終決定)
出題範囲 ●年金制度の仕組み(被保険者、標準報酬、保険料、被用者年金制度の一元化等)
●年金給付の支給要件・年金額の計算(老齢年金の繰上げ・繰下げ、在職老齢年金の計算等を含む)・裁定請求手続き等
●離婚時の年金分割
●確定拠出年金
●確定給付企業年金
●国民年金基金
●医療保険(健康保険、後期高齢者医療制度)
●介護保険(給付の仕組等)
●年金に係る税金
●その他

【年金検定1級試験】

※年金検定1級の詳細につきましては内容が確定次第、ご案内します。

年金検定試験に関するお問い合わせ・受験申込

日本金融人材育成協会ホームページ

年金検定合格への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

資料請求

無料講座説明会

まずは「知る」ことから始めましょう! 無料セミナーを実施しています。

お気軽にご参加ください!

無料講座説明会

年金検定講座のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

詳細を見る

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。

スムーズ・簡単!

申し込む

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

TAC受講相談

>TAC受講相談