論文対策

講義&添削指導で徹底攻略!

近年、重要性を増している論文試験。
論文試験は、国家一般職の理系職種では出題されませんが、地方上級試験で頻繁に出題されま
す。
苦手とする方は多くいますが、TACなら安心!合格答案を書くために必要な知識やテクニックをインプットする講義と、添削指導(本科生は回数無制限)で受講生の「合格答案作成能力」を養成していきます。
ここがPOINT!記述試験対策もまずは講義から
論文対策もまずは講義から。過去問を徹底研究したTAC生だけの専用教材で、記述答案の書き方や予想テーマ、不可欠なキーワードや論点、時間配分、相手に伝わる文章の展開方法など、丁寧にレクチャーします。
ここがPOINT!TAC本科生は、答案添削回数無制限でOK!
講義で基礎力を身につけたあとは、付属の問題集の予想問題をもとに、実際に答案を書いていただきます。本科生の方の答案は、講師が何度でも丁寧に添削いたします。どんなに文章を書くのが苦手な方でも、書いて添削を受けた数だけ着実に上達できます。実践を重ね、万全の準備で本試験に臨みましょう。理系公務員(技術職)の論文試験は、行政事務職と共通の課題が多いため、卒論やレポートとは異なる、施策立案能力が問われます。理系受験生は、社会保障・財政・福祉など、頻出テーマに関する知識を講義でインプットする一方、実施に答案を書いて、添削指導を受けることが重要です。
本科生だけのお得な特典
論文答案添削は何度でもOK!

※写真はイメージです

大谷 慶彦さん

●出身校
 明治大学理工学部 在学中合格

●最終合格試験種
 東京都 I 類B(機械)
 埼玉県(設備)・市川市(機械)
添削回数を重ねることで得点源にできる!
私は、大学で学んだ専門知識を活かし、技術系職員として地域の方が安心して住める街にしていきたく、技術系公務員を目指しました。TACの模試では毎回のように論文があり、採点もしっかりとしてもらうことが出来ます。さらに、得点だけでなく何が足りないのかも指導してもらえます。また、日頃から思ったことや考えたことをメモ書き程度でも書くことが大切だと感じました。論文における得点は、題材によって左右されると思われがちですが、回数を重ねることで安定した得点になり、最終的には得点源にもすることが可能だと思います。日頃から自分の言葉で書くことができるように訓練をしておきましょう。
3回連続体験入学
実施中!
TACではお申込み前に講義を無料で受講することができます。講義の内容や教材、学校の雰囲気を充分に確かめてじっくりとご検討ください。体験入学は3回連続OK!じっくりとTACのコンテンツを確かめてください。
資料請求
講座説明会/受講相談
公務員講座に関する詳しいパンフレットを無料でお送りしております。ご請求はこちらから
講座説明会と受講相談をTAC各校にて実施しております。講座説明会はネット動画配信もしております。詳しくはこちらから