プロフェッショナル講師陣

 

「対策すべき科目が多い試験だからこそ、頻出・重要論点に絞った効率的な講義をする」それが私たちの役割です。過去の試験傾向を徹底的に研究しつくした各科目のプロフェッショナル講師陣が、講義はもちろん試験制度での個別指導などを通じて、受験生を合格レベルへと導きます。


和田 高雄 講師

和田 高雄 講師

工学の基礎 数学・物理面接対策/論文対策/機械区分 担当
心配や不安を、自信と得点力に変えましょう!

工学の基礎(数学)
工学の基礎では「学んだけど忘れてる」問題が多発します。数学自体は広範囲ですがポイントを知れば、正答率アップと共に学習時間の節約ができ、他の科目対策に役立つでしょう。公務員試験は競争試験。限られた時間内で1点でも多く得点する方法を講義で学びましょう。

機械
時間をかけてむやみに問題を解くのではなく「良問を選び」、「問題中のどの点がなぜ大切かを知る」ことが重要です。「4力」と呼ばれる材料・流体・熱・機械力学に加え、機械系一般知識を学んで、総合得点力を鍛えます。忙しい理系受験生のための最短合格カリキュラムで、「知る・わかる・解ける」感動を共に味わいましょう!

 

植田 元気 講師

植田 元気 講師

工学の基礎 数学・物理面接対策担当
数学・物理学は非常に面白い科目です

社会において沢山の課題が山積みになっている中で、技術職公務員の果たすべき役割は大きくなっています。工学の基礎は技術職公務員試験において、重要科目の一つです。本講座では数学・物理学について、確かな基礎を身につけ、皆さんが技術職試験を突破できるように全力でバックアップします。
数学・物理学は学問的にも非常に面白い科目です。楽しみながら学習する事で効果も上がってきます。一緒に楽しく勉強していきましょう!

 

町田 誠也 講師

町田 誠也 講師

工学の基礎 数学・物理担当
なぜその解き方なのかを理解しよう

本試験で出題されるものは講義や問題集で触れる問題と異なることがほとんどです。当たり前のことですね。でも、長年たくさんの受験生と接する中で、その当たり前のことを忘れている方が多いことに気付かされます。講義では答えそのものではなく、なぜそのような解き方になるのかを重要視します。正解を導くための準備を一緒に学んでいきましょう。皆さんが目標達成するためのお手伝いが出来ることを喜びながら,全力でサポートさせていただきます。

 

佐藤 保幸 講師

佐藤 保幸 講師

工学の基礎 物理担当
「物理的な考え方」を身につける

工学の基礎の物理担当の佐藤です。
「大学の物理は数式ばかりで意味不明」という声を聞きます。確かに、専門的な物理学は高度な数学を使いますが、工学の基礎で高度な数学は一切必要ありません。数式に惑わされてはいけません。
物理は数少ない法則を多種多様な現象に適用し、解を与える理論的な学問です。物理的な考え方を身につけた優秀な理系公務員を1人でも多く輩出し、より良い社会を作っていきたいですね。 燃えよ理系!

 

三輪 和彦 講師

三輪 和彦 講師

工学の基礎 数学・物理担当
解き方をマスターすることで合格のための実力をつけよう

「工学の基礎」という科目は数学と物理から出題されますが、数学も物理も「公式を覚えて、覚えた公式を使って問題を解く」という点では同じです。講義では、公式を使った問題の解き方を重視して講義を進めていきます。是非、問題の解き方を覚え、それを使えるようにして合格するための実力をつけていきましょう。そして、そのために講義・問題集・講師をフル活用してください。全力で応援させていただきます。

 

外塚 浩幸 講師

外塚 浩幸 講師

建築区分担当
効率の良い学習で、最大の成果を得よう

建築専門職の試験に、難しい問題は出ません。皆さんがこれまで学んできた建築分野の総合的な知識が身についていれば、容易に解ける問題です。しかし、実際は基礎的な知識の不足が、試験を難しいものにしています。そこで、TACでは、問題の傾向を徹底分析し、必要とされる知識を効率よく整理しました。また、計算力や計画力が求められる問題の対策として、多くの演習を用意しました。こうしたカリキュラムを通して、合格に向けた実力をつけていきましょう。

 

坂本 武彦 講師

坂本 武彦 講師

土木区分担当
全力で応援します!

合格に向けて、構造力学、土質力学、水理学の理解だけでなく、国や自治体が抱える問題・課題における土木分野のキーワードを理解しておきたいものです。特に、津波工学、耐震工学、地球環境問題、里山の再校などは、関連する『白書』の読み込みを進めておきましょう。皆さんの将来を決定づける大切な時期です。この講座を生かして、どうか最大限のご奮闘を。
我々講師も全力で講義を通じて応援させていただきます。

 

岡田 鼓弓 講師

岡田 鼓弓 講師

化学区分 無機化学担当
継続した学習を

化学職の試験の難易度は高くはありませんが、それでも高得点を狙うとなると難しく、得意分野において、思わぬところで基本知識がおろそかになっていることに気づかされます。また、苦手分野においては、より一層の努力が必要です。合格のためには、基本知識を確実に定着させ(インプット)、問題演習にも積極的に取り組むこと(アウトプット)が大切です。継続した学習を心掛けて、頑張りましょう。

 

児玉 公一郎 講師

児玉 公一郎 講師

化学区分 生物化学担当
基礎を確実に

公務員試験の勉強は、基礎を確実に身につけることが大切です。広く浅く出題されるので,すべてを完璧に準備するには勉強時間が足りません。また、どこか一か所を深く勉強しても、他の分野の問題が解けなければ合格点はとれません。どこから手を付けていいのか困っている方には、TACの公務員講座が指針を与えてくれると思います。よく出題される項目はテキストに書かれていますので、まずその部分を確実に習得するようにしておきましょう。それが合格への近道だと思います。

 

三島 岳志 講師

三島 岳志 講師

化学区分 物理化学・化学工学担当
臨界的な知識と理解水準を明らかにします

化学の公務員試験は、重厚な体系書を熟読して知識を正確に運用すれば、原理的には完答できますが、体系書の真髄を独学で会得するためには、果てしない自問自答と相応の覚悟が必要です。しかし、試験勉強に投入できる時間は有限です。また、化学の公務員試験問題には、ここまでが求められると云う、知識と理解水準の臨界点に類するものが存在すると私達は考えています。私達は頻出・重要論点に絞り、化学の公務員試験問題を解くために必要な、臨界的な知識と理解水準を明らかにすると云う観点から化学の講義を展開します。

 

田中 秀人 講師

田中 秀人 講師

化学区分 有機化学・分析化学
徹底的に基礎学習を!

化学の出題範囲は理論化学・無機化学・有機化学に分けられ、理論化学は計算問題で難易度が高く、数学ができないと解けないのではないかと苦手意識を持ちがちですが、基礎をしっかり固めればそれほど難しい計算は出題されません。
無機化学・有機化学は暗記のイメージが強い分野ですが、全体的に広く浅く出題され、やはり基礎を固めれば得点に直結します。
公務員試験の合格は、高度な化学の知識・計算力ではなく、基礎を確実に身につけることでありその材料を、講義を通じて皆さんに伝えられるよう全力でサポートします。

 
3回連続体験入学
実施中!
TACではお申込み前に講義を無料で受講することができます。講義の内容や教材、学校の雰囲気を充分に確かめてじっくりとご検討ください。体験入学は3回連続OK!じっくりとTACのコンテンツを確かめてください。
資料請求
講座説明会/受講相談
公務員講座に関する詳しいパンフレットを無料でお送りしております。ご請求はこちらから
講座説明会と受講相談をTAC各校にて実施しております。講座説明会はネット動画配信もしております。詳しくはこちらから