資格概要

  • プライベートバンカー(PB)とは?

  • 試験情報

富裕層やマス富裕層を対象に、ファミリーの資産保全・事業承継・相続を支援するために、包括的なサービスを提案、実行支援するプロフェッショナルです。日本において、高齢化・長寿化が進む中で、従来の企業オーナー、医師、地主などの富裕層に加えて、マス富裕層と呼ばれる概ね5千万円以上の金融資産を保有する方々を含めた富裕層マーケットが急拡大しており、プライベートバンカーへのニーズが高まっています。

こんな方におすすめ

・金融機関である程度の経験を積んでおり、更に営業スキルを高めたい方

・いずれ金融機関の分野で活躍することを目指す方

・ご自身の生活設計を考えている方

プライベートバンカー(PB)試験概要

プライベートバンカー資格 プライマリーPB(2019年6月1日より)
受験資格 特にありません
受験料 各単位8,200×3単位=24,600円
試験内容 第1単位:ウェルスマネジメント(WM)
第2単位:税金、不動産
第3単位:リレーションシップ・マネジメント(RM)、信託・エステートプランニング(EP)、マス富裕層、職業倫理
資格取得条件 ある単位を取得した日から3年以内に3単位取得
試験方式 コンピュータ試験(CBT)(3単位)
(四肢択一式、単位毎受験可)
※ 国内約200ヵ所以上の会場でほぼ毎日受験できます(年末年始・祝祭日等を除く) 。
※CBT試験は試験会場に備えられたパソコンにより、出題・解答の全てが行われます。パソコンの操作にはマウスを使用します。電卓の持ち込みはできませんが、パソコンのモニター上の電卓が使用できます。
問題数 第1単位:40問(WM40問)
第2単位:40問(税金20問、不動産20問)
第3単位:40問(RM8問、マス富裕層8問、信託・EP16問、職業倫理8問)
試験時間 第1単位:100分 第2単位:100分 第3単位:100分
割引制度 割引対象:①CMA、CCMA、一般会員、個人賛助会員
②法人会員・法人賛助会員の役員職
割引率:
①または②のいずれかに該当すればコンピュータ試験を1割引
双方に該当すれば2割引

受験申込

(公社)日本証券アナリスト協会のホームページでお申込みができます。

プライベートバンカー試験に関するお問い合わせ・受験申込先

(公社)日本証券アナリスト協会ホームページ:https://www.saa.or.jp/index.html

プライベートバンカー(PB)への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

資料請求

無料講座説明会

まずは「知る」ことから始めましょう!無料セミナーを実施しています。

お気軽にご参加ください!

無料講座説明会

プライベートバンカー(PB)講座のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

詳細を見る

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。

スムーズ・簡単!

申し込む

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

TAC受講相談

>TAC受講相談