CPE(継続教育)とは・国際会計資格のCPE要件

CPE(継続教育)とは

CPE(継続教育研修)とは、有資格者が資格取得後に専門知識に関して一定数以上の単位を研修や通信教育等を受講することにより取得することを義務付ける制度です。日本の公認会計士や米国のUSCPAなどの資格で導入されています。

高度な専門知識を提供しているUSCPA、EA、USCMAは常に知識の取得に務め、最新の知識を身に付けていなければなりません。そのため、各資格のライセンスを更新するためには、継続教育研修 (CPE: Continuous Professional Education) を受け、CPE単位を取得することが義務付けられてます。

USCPAの場合、必要なCPE単位数は州ごとに異なりますが、多くの州では3年間で120 CPEの単位取得が必要となっていますが、ワシントン州のように、この要件に加えて、1年で一定数の単位取得を義務付けている州もあります。
おおよそ1時間の研修受講で1 CPE単位となります。

CPE単位を取得するための学習コンテンツは、AICPA (American Institute of Certified Public Accountants, 米国公認会計士協会) やNASBA (National Association of State Boards of Accountancy, USCPA試験の運営管理を行っている機関) といった各試験実施団体が認定しているものに限られています。

本CPEコースのコンテンツはこれら試験実施団体の認定を受けており、各テーマの修了試験に合格することで得られる単位はUSCPA, EA, USCMA, EA, CIAのライセンス更新に必要なCPE単位として認められています。

各資格のCPE要件一覧

USCPA(ワシントン州)の場合

ライセンス維持のために必要な単位数の要件

  • 3年ごとに120CPEを取得(1年間に最低20CPEを取得すること
  • この120CPEのうちワシントン州の倫理(Washington Ethics)を4CPE以上取得すること
  • この120CPEのうちNon-Technical Subject*は60CPE以下であること

ライセンスの有効期限とCPEの取得期間

ライセンスの有効期限 CPEの取得期間
2021年6月30日 2018年1月1日~2020年12月31日まで
2022年6月30日 2019年1月1日~2021年12月31日まで
2023年6月30日 2020年1月1日~2022年12月31日まで

ライセンスの有効期限が6月30日の場合、この表のように有効期限の前年の12月31日までの3年間で毎年20単位以上、3年間合計で120CPE単位以上の取得する必要があります。
ライセンス更新の申請は有効期限が到来する年の1月1日から有効期限の2ヵ月前(有効期限が2021年6月30日の場合は 2021年1月1日~4月30日)の間に行います。
合格することで得られる単位はUSCPA, EA, USCMA, EA, CIAのライセンス更新に必要なCPE単位として認められています。

ライセンスの有効期限を確認するには

下記サイトより有効期限を確認することができます。

上記ワシントン州の倫理単位を含む全120単位を本コースを3年間受講することで取得できます。

EA(米国税理士)の場合

EAのCE (Continuing Educaition 継続教育) 要件

  • 3年間で72単位、毎年少なくとも16単位(Ehtics2単位含む)以上の取得が必要
  • 初めてEA登録をした者は登録月よりEA登録有効期限までに月2CPE以上取得すること(取得単位にはEthics2単位を含むこと)

有効期限について

社会保障番号(SSN: Social Security Number)の有無、お持ちの方は末尾の数字によって下記有効期限となっています。

SSNの末尾の番号 更新サイクル 更新申請期間 登録有効期限
7,8,9
  およびSSNを持っていない方
2018~2021年 2020年11月1日
~2021年1月31日
2021年3月31日
0, 1, 2, 3 2019~2022年 2021年11月1日
~2022年1月31日
2022年3月31日
4,5,6 2020~2023年 2022年11月1日
~2023年1月31日
2022年3月31日

IRS(内国歳入庁)の資料 https://www.irs.gov/pub/irs-pdf/p5186.pdf を元に作成

EAの継続教育については下記IRSのサイトも必ずご確認ください。

USCMA(米国公認管理会計士)の場合

USCMAのCPE要件

  • 毎年少なくとも30単位(Ehtics2単位含む)以上の取得が必要
  • Ethicsを2単位以上取得した場合、最大2単位まで翌年に繰り延べることができる

特例

  • CPEの取得期間は合格した次の年の1月から始まります。合格した年は猶予期間で継続教育は不要ですが、この猶予期間中にCPE単位を取得すれば初年度の単位として認められます。
  • ある年に30単位以上取得した時は超過した単位について最大10単位まで翌年に繰り越すことができます。

USCMAの継続教育については下記IRSのサイトも必ずご確認ください。

CIA(公認内部監査人)の場合

CIAのCPE(継続教育制度)要件

  • 資格認定された翌々年より毎年12月に報告が必要
  • 内部監査実務に従事している方は40単位
  • 内部監査実務に従事していない方は20単位

継続教育制度の詳細は、社団法人日本内部監査協会HPでご確認ください。

上記各資格の申請、更新のお手続きは各資格のWebサイト等で最新情報をご確認の上、ご自身で行っていただきますようお願いいたします。TACでは手続きのサポートは行っておりません。あらかじめご了承ください。

Becker CPE (継続教育)への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

資料請求

受講相談

まずは「知る」ことから始めましょう!

お気軽にご参加ください!

受講相談

Becker CPE (継続教育)のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

詳細を見る

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。

スムーズ・簡単!

申し込む

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

TAC受講相談

>TAC受講相談