初学者の方

TACは受験経験者の方へのサポートを強化しています!
TACは受験経験者の方へのサポートを強化しています!

講座開講29年のノウハウと実績!
TACでUSCPA試験合格を目指そう!

「英語+会計」で世界基準を身につける!

USCPAとは世界で最も認知されている会計士資格です。

その歴史は古く、約100年の歴史を誇ります。世界をリードする米国の会計士試験であるからこそ世界中で活躍の場があり、日本をはじめ世界中の人々が資格取得を目指しております。

「USCPAの活かし方」と「活躍のフィールド」

USCPAはMBAと比較されることも多く、取得後は就職・転職・キャリアアップなどさまざまな目的に活かすことが可能です。働きながら取得を目指せる試験制度も魅力です。

「監査法人・会計事務所」、「金融機関」、「コンサルティングファーム」、「経理・財務部門」等で経験を積み、企業の経営職のポストに就かれる方もいらっしゃいます。
また、「英語力と会計知識」を活かし「年収アップ」・「仕事の広がり」も期待できるため、世界を股にかけて活躍をしたい方にもおすすめの資格です。

選ばれるのには理由がある
合格へ導く力が違います!

TACは毎年多くの合格者を輩出しています。2018年には米国公認会計士講座は開講30年となる最古参の学校です。その間に合格者の体験記は約300件にもなりました(2017年8月現在)。

合格の実績はもちろん、試験に精通した講師や長年蓄積してきた合格をするためのノウハウがTACにはあります。

また、TACは東証1部上場企業です。合格実績・スクール規模ともにTACなら安心!米国公認会計士試験合格を目指すなら、やっぱりTACです!

米国公認会計士試験に合格するための
攻略のポイントをご紹介!

攻略ポイント

基礎的な問題を確実に得点する。
75点以上で各科目合格!

米国公認会計士試験は四肢択一問題と総合問題が50%ずつ出題されます。コンピューター形式の試験で、日本では「東京の御茶ノ水」と「大阪の中津」で受験可能です。

試験は99点満点で75点以上で合格のため、満点を狙う必要はありません。ただし、問題には難易度が設けられており、基礎的な問題が解けていない場合は、仮に難しい問題が解けていても得点が伸びないような仕組みになっています。

そのため、基礎的・基本的な問題、重要な論点をしっかりと把握し、対策を行うことが合格の鍵となります。

米国公認会計士試験の4つの特徴!

攻略ポイント

苦手科目を作らない!
18ヵ月以内に4科目合格が必要!

米国公認会計士試験は全4科目です。試験は1科目ずつ受験が可能です。基本的には3の倍数月以外であれば、平日でも土日でも受験が可能なため、スケジュールを立てやすい試験です。

注意点としては、18ヵ月以内に4科目合格をする必要があります。18ヵ月以内に4科目合格ができなかった場合は、合格から18ヵ月が経ってしまった科目から順次合格が失効してしまいます。他の科目で点数を補うことができない完全に科目ごとの試験のため、苦手科目を作らないことが合格の鍵となります。

初回の受験日から18ヵ月以内!

攻略ポイント

最新の試験情報を把握し、
最新の教材で学習をする!

米国公認会計士の試験範囲は、会計・ビジネス関連・税法・監査と多岐に渡ります。そのため、毎年のように制度改定や法律改正等が絡みます。

学習をしている間にも随時情報が更新され、試験でも問われる可能性があります。
そのため、常に最新の試験情報を把握し、最新の教材で学習をすることが合格の鍵となります。

TACなら、最新の試験情報も
随時提供されるから安心!

これら合格ポイントを達成するため、TACは3つの合格メソッドを用意

POINT1

米国公認会計士試験を
知り尽くした講師による講義!

TACでは、米国公認会計士試験に精通した講師が15名以上も在籍しています。
また、日本の公認会計士試験での実績も高いTACでは、公認会計士講座とU.S.CPA講座のノウハウを講師が共有し、タッグを組んで講義・教材作成を担当しています。

TACの講師陣はどこがスゴイの?

プロフェッショナルな講師陣

米国公認会計士試験に精通した講師が
総勢15名以上!!

米国公認会計士の試験範囲は膨大!

試験では、会計・ビジネス関連知識・税法・監査と幅広い知識が問われます。
毎年のように改定・改正があるため、数名の講師でキャッチアップできるボリュームではありません。
TACでは15名以上の講師がそれぞれ専門の試験分野を担当しているため毎年適切なタイミングで最新情報を提供することが可能です。

講義の質が違う!
難しい論点であっても易しく丁寧に解説!!

試験の分析に加え、講義の質にも注力!

初めての分野を学習する際は、ベースとなる知識が少ない為、難しく感じやすいものです。TACでは講師が15名以上いるため、最新情報のキャッチアップだけに留まらず、どのように伝えれば分かりやすいか?という講義の質にも注力しています。
加えて、TACは講師の教育にも力を入れております。
講義が終わるタイミングで受講生を対象にしたアンケートを実施しており、結果を本人にフィードバックした上で、厳しく講義内容の評価・改善を行っております。

合格者からのひとこと

学生だからこそ、目指してみよう!

世界で働いてみたいという漠然とした思いと、大学生という時間をかけて何かに挑戦したいという思いが合わさった結果、USCPAへのチャレンジを決意しました。
講師の方は試験に受かるためのポイントを熟知されているので、安心して講義を受けることが出来ました。TACのオリジナルテキストは洗練されていて分かりやすく、なおかつBeckerで本番さながらの問題演習が出来るところも大きな魅力であると思います。 〈2016年7月 U.S. CPA試験合格(モンタナ州) 安彦 鷹哉さん 〉

USCPAの勉強を通して人生が180度変わりました!

再就職する為。グローバルに活躍できる社会人になりたかった為。一度猛烈に勉強する経験をしてみたかった為、USCPA試験へのチャレンジを決めました。
先生方が家族のように優しく常に協力してくれた事が印象に残っています。受付の方や電話対応の方も皆さん丁寧で、自習室も多く、校舎も綺麗で勉強しやすかったです。
USCPA試験は自分には無理と思う方ほど、合格後の収穫=自分の成長は大きく、周りの環境も変わります。自分に変化を求めるなら、絶対お勧めします。〈2016年6月 U.S. CPA試験合格(モンタナ州) 森 奈賀子さん〉

2

短期間での合格を可能とする
戦略的カリキュラム!

米国公認会計士試験に合格するために必要な学習時間は、会計知識の有無や英語力によっても若干異なりますが、一般的には約1,000時間~1,200時間と言われております。
TACのカリキュラムでは必要学習時間のうち、333時間を講義、残りの666時間~が問題演習となります。
基礎的・基本的内容・重要論点を333時間の講義で学ぶことにより、スムーズにアウトプットができる実力が身に付きます。

例:合格までの学習時間を1,000時間とした場合

TACのカリキュラムはどこがスゴイの?

比べてください講義の量・質!!

開講29年のTACの見解!
合格に必要な知識を得るには、333時間の講義が必要!!

なるべく早く合格したい!講義はなるべく少ない方が良い!

そういった声にお応えし、分析研究を重ねたどり着いたのがTotal 333時間の講義時間です。
これ以上少ない講義の場合、基礎的・基本的内容・重要論点をお伝えすることができず、結果ご自身で調べながら学習をしていただくことになります。
さらには、重要論点が分からないことや最新知識が漏れてしまうなど、かえって時間がかかってしまうと考えられます。

やはり、TACの講義を聴き、その後問題演習を行う!
これが合格のキーポイントです。

最新論点も講義に組み込める。
TACは講義を毎年収録しています!!

出題内容は毎年変化する!

米国公認会計士試験は毎年のように制度変更・法律改正等があります。そのため、常に最新情報をチェックし、講義に組み込む必要があります。
TACでは毎年講義を収録し直しているため、最新の情報で学ぶことが可能です。

これも、長年のノウハウ、各専門分野に強い講師が15名以上在籍しているTACならではの強みです。

3

毎年改訂のTACオリジナル教材
Becke教材で合格を掴む!!

TACでは、USCPA試験の成績優秀者を最も輩出している米国の受験指導校Beckerと提携をしております。2005年~2015年までの成績優秀者339名中、306名がBecker教材を使用しており、含有率90%超と圧倒的な数字です。
TACの講義後、Becker教材で問題演習を行っていただくことが合格までの最短距離です。
また、TACでは講義だけでなく教材も毎年改訂をしています。最新の出題傾向に合わせた教材で学習ができるのもTACの特徴です。

TACの教材はどこがスゴイの?

長年のノウハウと最新の試験傾向を反映!これだけやれば合格できる!

日本語・英語併記の教材は試験にも実務にも大活躍!

最新情報をギリギリまで盛り込みます

世界最大級の受験対策校Becker社と提携しています!

この3つの合格メソッドを用いて、
ぜひ資格合格を目指そう!

TACでは、この合格メソッドにより毎年多くの合格者を輩出しています。
TACでは、「合格すること」を第一に考え、合格メソッドやカリキュラムを作成しています。ぜひ、ご活用ください。

TACでは合格のために
こんなコースをご用意しています!

初学者対象

開講中

U.S.CPA本科生

毎月開講

TACの初学者向けコースの決定版!

インプットが約1年間で終了しますので、1年~2年程度で全4科目合格を目指せます。
簿記3級レベルの内容から始まりますので、会計知識があまりない方や英語にあまりなじみのない方でも無理なく学習を開始できます。

米国公認会計士合格への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

資料請求

無料講座説明会

まずは「知る」ことから始めましょう! 無料セミナーを毎月実施しています。

お気軽にご参加ください!

無料講座説明会

米国公認会計士講座のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

詳細を見る

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。通信講座は、お申し込み後すぐにご受講可能!

スムーズ・簡単!

申し込む

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

TAC受講相談

>TAC受講相談