宅建士試験 攻略のポイント

宅地建物取引士試験の
「攻略ポイント」はこれだ!

攻略ポイント

完璧主義は捨てる!
効率よく合格するために的を絞る

宅建士試験に合格するには、年によって変わりますが、おおむね50問中35問程度以上得点することが必要です。つまり、7割程度以上正解する実力を身につければよいのです。試験範囲の全てを完璧に勉強する必要はなく、的を絞って効率よく学習することが重要です。TACでは、本試験の出題傾向を徹底分析し、学習効果のある科目・論点に的を絞った「短期合格を効率よく可能にする」カリキュラムをご用意しています。

攻略ポイント

問題を解くことを恐れずに
InputとOutputを繰り返す

合格するためには「知識の理解や暗記(Input)」も必要ですが、より重要なのは「問題演習(Output)」です。問題を解いて間違えることを恐れるあまり、問題演習をしないままだと、自分の弱点を把握しないまま本試験に臨むことになり、なかなか得点に結びつきません。TACでは確実に合格していただくために、InputとOutputを繰り返してしっかりと知識を定着させるカリキュラムをご用意しています。

攻略ポイント

Inputは学習の順序が大切!民法からの学習開始がポイント。

効率よく学習を進めていくためには、学習する順序を考えることも大切です。TACでは、学習する順序として「民法等」から始めることが効率的であると考えています。なぜなら「民法等」は、法律を初めて学習する方にも、法律の基本的な考え方を示してくれる科目であり、あらかじめ「民法等」の学習を終えていれば、後で学習する宅建業法や法令上の制限など他の科目も効率的・効果的に理解することができるからです。

これら合格ポイントを達成するため、TACは8つの合格メソッドを用意

POINT1

試験対策のエキスパート
~頼れる講師陣~

短期合格へのベストパートナーとなるのが、TACのプロフェッショナル講師陣です。「戦略的カリキュラム」と「オリジナル教材」を最大限に活用した講義で短期合格へと導きます。TACの講義はわかりやすさと合格への熱意が自慢です。

TACの講師はどこがスゴイの?

プロフェッショナルな講師陣

常に最高の講義を提供!

「教え方がうまい」「快く質問に応じてくれる」など、多くの合格者からコメントが届くTAC講師陣。毎年受講生の皆様に「講師に関する評価アンケート」を実施し、結果を本人にフィードバックした上で、厳しく講義内容の評価・改善を行っております。だからTACでは全国どこでも同一のハイレベルな講義が受けられるのです。

”生”講義へのこだわり

TACは全国に試験対策のエキスパートであるプロフェッショナル講師陣を多数配置し、各地で迫力の”生”講義を展開しています。もちろん通信メディアでも教室での”生講義”を収録した映像や音声をそのままお届けしますので、自宅や外出先でも教室講座の受講生と変わらない臨場感・情報量で学習することが可能です。

合格者からのひとこと

学習内容にメリハリがつけられました!

どの部分が重要な箇所で、どの部分が重要でないかを声のトーンを変えて説明してくださったので、独学での学習に限界を感じていた民法も、基礎からしっかり頭に定着させることができました。(松原 範明さん)

どんな質問にも親身にアドバイスしてくれました!

質問にも快く応えていただいた!

講義内容がとても簡潔で理解しやすく、助かりました。講義後の質問にも快く応えていただき、嬉しかったです。試験に出題されない箇所はハッキリと覚えなくて良いと言っていただいたので頭の中も整理しやすかったです。(小林 貴宏さん)

2

短期間での合格を可能とする
戦略的カリキュラム!

短期間で合格するには「ムダなことをしない」ということが大切です。TACのカリキュラムは知識を吸収する「インプット」と、得た知識を問題演習で解答に反映させる「アウトプット」を効果的に組み合わせ、受講生を短期間で合格に導きます。本試験情報を徹底的に分析し、合格に必要なポイントに的を絞り、合理的なカリキュラムを実現させています。長年の合格ノウハウを結集した、TACだからこそ実現できるカリキュラムです。

TACのカリキュラムはどこがスゴイの?

最小限の努力で最大の効果を発揮!

回すほど強くなる 「合格サイクル」!

早い時期からテストを実施

TACのカリキュラムでは、”講義→トレーニング(過去問題集)→ミニテスト(or実力完成テスト)”の「合格サイクル」を繰り返して、学習を始めた早い段階から多くの問題演習に取り組んでいきます。こうすることにより、早期の弱点発見&克服および本試験問題への対応力が高まり、短期間での合格を目指す「合格力」を養うことができるのです。

学習順序にこだわります

本科生の最初の科目は必ず「民法等」から

TAC本科生の講義はどのクラスでも必ず「民法等」から始まります。合格へ向けた学習を最も効率よく理解するために、後で学習する「宅建業法」や「法令上の制限」などの科目に役立つ「民法等」から学ぶのは当然といえば当然。「法令上の制限」や「税法」、「その他関連知識」から学習を始めるなんてことのないようにくれぐれもご注意を。

合格者からのひとこと

確実に実感できる自分の実力

講義ごとに行う「ミニテスト」や、科目ごとに行う「基礎答練」など、講義で新しい内容を学習するたびに理解度をチェックできたことで、確実に力がついてきたことを認識できるところが最大の魅力でした。(大澤 奈津子さん)

順序の良い講義進度と答練で知識の整理ができた

講義が”民法等→宅建業法→法令上の制限→その他関連知識”と順々に進んでいくので、前の講義で習った知識がすんなりと頭の中で反映されていきました。また、「まとめ講義」や各種答練で自分の弱点を明確に把握できる点もありがたいカリキュラムでした。(平沼 嘉文さん)

3

長年培われた合格ノウハウ
詰まったオリジナル教材!

TACの教材は、長年の受験指導によって蓄積された合格するためのノウハウがいたるところに反映されていると共に、本試験の出題傾向を徹底的に分析し、合格に必要な要素を抽出しています。さらに、受講生アンケートをもとに、少しでも分かりやすい内容になるよう毎年改訂を行っています。もちろん法改正にも対応。「TACオリジナル教材」は、短期合格に必要十分な受講生限定のアイテムです。

TACの教材はどこがスゴイの?

最新の試験傾向や法改正を反映!これさえあれば大丈夫!

TACの教材は、初めて法律を学習する方にとっても、試験合格に必要な内容を理解しやすいように開発された「合格へのバイブル」です。復習時の使いやすさにも配慮し、「良い教材とは何か?」をプロフェッショナル講師陣が徹底的に考え抜いて作成しています。毎年改訂することはもちろん、法改正にもしっかりと対応していますので、TAC受講生限定のオリジナル教材があれば他の教材に手を出す必要はありません。

TACのオリジナル教材

合格者からのひとこと

”シンプルが一番”を体現したような教材!

初学者にも分かりやすい内容であると同時に、宅建学習経験者にも受け入れやすいシンプルな構成になっていて、どんな方でも学習意欲を引き立てられるとても良い教材だと思いました。重要部分のまとめだけでなく、補足内容も教材の後ろにしっかり記載されているので、この教材だけで宅建試験合格に必要な全ての材料がそろっていると思います。(青柳 亮子さん)

良くまとまった教材で最短合格への道を

教材が分野ごとにまとまって作られていたので、通常ひとまとめになっている一般の資料集とは違って集中的に、かつ合理的に学習することができてインプットがしやすかったです。トレーニング教材(過去問題集)も難易度が書いてあることでメリハリのある学習がしやすく、大変実用的でした。(福田 剛さん)

  • 自分にピッタリなコースが見つかる!

    多彩なコース設定

    TACでは多彩なコースをご用意していますので、ご自身の生活環境に応じた最適なコース選びが可能です。

  • ライフスタイルに合わせて選べる!

    受講生の多様なニーズに
    対応する学習メディア

    無理なく学習を継続していただけるよう、通学から通信まで利便性の高い学習メディアを豊富にご用意しています。

  • 学習開始にあたっての不安はこれで解消

    安心のフォローシステム

    欠席時の「クラス振替出席フォロー」や全国のTAC各校の空き教室を「自習室」として開放するなど、忙しい方でも安心の充実したフォロー体制を完備しています。

  • 価格面からも応援します!

    充実の割引制度

    TACは多数の割引制度をご用意。経済面でも強力にバックアップいたします。

  • ライブ講義実施校舎多数!

    通いやすい立地

    「通いやすさ」=「学びやすさ」。TACでは多くの校舎が主要な駅に近い場所や、駅に直結した場所にあります。

この8つの合格メソッドを用いて、
ぜひ資格合格を目指そう!

TACでは、「合格すること」を第一に考え、合格メソッドやカリキュラムを作成しています。ぜひ、ご活用ください。

宅建士(宅地建物取引士)への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

無料講座説明会・受講相談

まずは「知る」ことから始めましょう! 無料セミナーを毎月実施しています。

お気軽にご参加ください!

宅建士(宅地建物取引士)講座のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。

スムーズ・簡単!

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

>TAC受講相談