資格概要

  • CFA®とは?

  • 試験情報

世界中の無数にあるファイナンス資格のなかで、圧倒的なステータスを誇る米国証券アナリスト資格です。グローバルな金融機関には、チャーターホルダー(CFA®保有者)が多く在籍しており、特に資産運用部門やアナリスト部門では半ば必須となっています。なお、会計士など他分野のプロフェッショナルが専門分野を広げるために、CFA®の取得を目指すケースもあります。

CFA®取得によるメリット

金融業界では、経済をミクロではなく、マクロ的な視点で見る必要があります。金融業界は世界中でリンクしているので、常に世界の動向に気を配ることが重要となります。業界では常に新しい金融商品が開発されますが、多くが米国で組成され、その商品の構造、規制などに関しても最新の知識を取り入れることが大切です。その際に、CFA®で得た知識やモノの見方は役立ちます。また、投資業務は非常に幅広い知識とバックグラウンドが要求されます。マクロ・ミクロ経済、資本市場・金融市場、株式・債権・デリバティブ・コモディティなどの金融商品に対する幅広い知識とともに、市場に影響を与える様々なファクターに対する理解も必要です。例えば地政学的な要素も含まれますが、CFA®はそのような広範なバックグラウンドを要求される資産運用業務やアナリスト業務の土台となるものを与えてくれます。

CFA® の特徴

  • 金融や投資分野における、
    実務上重要な最新の知識や
    スキル
    を習得

    CFAプログラムのカリキュラムは、投資プロフェッショナルが実務で活用する知識やスキルをベースに作成されています。カリキュラムは新たなツール、アイデア、最先端のコンセプトを反映し、毎年見直しが行われています。

  • 東京で受験できる資格で、
    日本の資格保有者数は約1,100人

    試験は世界90ヶ国で実施され、東京も試験会場の一つです。日本での資格保有者は約1,100人と希少です。CFA®を取得することにより、他の金融プロフェッショナルと差別化を図ることが可能になります。

  • 世界に広がる
    CFAのコミュニティ
    おける人脈形成の機会

    CFA®資格を取得することにより、グローバルで12万人を超える投資プロフェッショナルのコミュニティに参加することができます。資格取得後も最新、最前線の知識を吸収し、見識を高めていける機会は、資格の価値を高めるものと言えるでしょう。

実務家インタビュー

知識の先にあるネットワークとキャリアを手にいれられる、価値ある資格

■コンテンツ
・海外赴任でCFA®の重要性を再認識
・CFA資格保有者同士は連帯感を共有
・資産運用業界全体の活性化が重要

実務家インタビュー

オールラウンドな知識と幅広い人脈を手にいれて金融業界で活躍しよう!

■コンテンツ
・米国で投資の最先端に触れてCFA取得を目指す
・チャーターホルダー同士は同じ価値観を共有する仲間
・CFAは外資系金融機関において「シグナリング」の必須ツール
・ガバナンスの重要性増大が業務のすそ野拡大を推進
・仕事をしながら取得可能で、グローバルな評価が得られる!

CFA®試験ガイド

試験の出題について

試験出題内容
  Level1 Level2 Level3
Ethical and Professional Standards
(職業倫理)
15% 10~15% 10~15%
Investment Tools
(投資ツール)
Quantitative Methods
(計量分析手法)
12% 5~10% 0%
Economics
(経済)
10% 5~10% 5~15%
Financial Reporting and Analysis
(財務報告および分析)
20% 15~20% 0%
Corporate Finance
(コーポレート・ファイナンス)
7% 5~15% 0%
Asset Classes(資産クラス)
Equity Investments
(株式投資)
10% 15~25% 5~15%
Fixed Income
(債券)
10% 10~20% 10~20%
Derivatives
(デリバティブ)
5% 5~15% 5~15%
Alternative Investments
(オルタナテイブ投資)
4% 5~10% 5~15%
Portfolio Management
and
Wealth Planning
7% 5~10% 40~55%

※ Level 3 : EconomicsはPortfolio Managementに含まれる (Source: CFA® Institute)

【Level 1】
●問題format……………3つの選択肢から正解を選択(マークシート方式:Multiple Choice)

【Level 2】
●問題format……………3つの選択肢から正解を選択(マークシート方式:Item Set)
●試験時間・出題数……午前3時間(120問)、午後3時間(120問)

【Level 3】
●問題format……………Essay(論述式:50%)及びItem Set(50%)
●試験時間・出題数……午前3時間(Essay:大問約10)、午後3時間(Item Set:60問)

試験会場に持込できる金融電卓について
CFA®試験では、下記の計算機(Financial Calculator)のみが持込み可能。
Texas Instruments BAIIPlus 又は Hewlett Packard 12C ※TACでは、TI BAII Plusを推奨

合格率
  Level1 Level2 Level3
2017年 6月:43% 12月:NA 47% 54%
2016年 6月:43% 12月:43% 46% 54%
2015年 6月:42% 12月:43% 46% 53%

(Source: CFA® Institute)

CFA®試験と証券アナリスト試験(CMA®)の比較

試験範囲について
CFA® Level1試験とCMA®試験の重複部分は多くあります。
CFA®試験
(Level 1)
CFA®試験(Level 1)
とCMA®試験の重複度合
CMA®試験
Ethical and
Professional
Standards
× 職業倫理
Quantitative Methods 証券分析
Economics 経済/市場と経済
Financial
Reporting and
Analysis
財務分析/企業分析
Corporate
Finance
企業分析
Equity
Investments
証券分析
Fixed
Income
証券分析
Derivatives 証券分析
Alternative
Investments
証券分析
Portfolio
Management
証券分析

○:重複部分が多い △:重複部分がある ×:重複部分が少ない

相違点について
試験範囲以外で、CFA®試験とCMA®試験では以下のような相違点があります。
  CFA®試験 CMA®試験
過去問題 マークシート式問題(Multiple Choice, Item Set)は公開していない 全て公開している
試験範囲の指定方法 Assigned Readings及びLeaning Outcome Statement(LOS) 通信テキスト
試験範囲の変更頻度 CMA®試験と比較すると多い CFA®試験と比較すると少ない
使用言語 英語 日本語

CFA®試験(Level1)とU.S.CPA試験の類似点
●問題形式が英語によるMultiple Choiceで似ている。
●U.S.CPA試験のFAR(財務会計)とCFA®試験の(Level1)のFinancial Reporting and Analysisの論点は類似する部分がある。
●U.S.CPA試験のBEC(企業経営環境・経営理念)とCFA®試験(Level1)のCorporate Finance及びEconomicsは類似する部分がある。

試験回数・試験形式・必要とされる英語力

  試験回数 試験形式 必要とされる英語力
Level1 2回(6月、12月) Multiple Choice(マークシート) ○キーワードの理解力
Level2 1回(6月) Item Set(マークシート) ○キーワードの理解力
○読解力
Level3 1回(6月) 50% Essay (論述式)
50% Item Set (マークシート)
○読解力
○記述力

受験資格

自己申告ですが、学歴に関する要件があります。4年制大学卒業以上もしくは卒業見込みであれば問題ありません。学歴の代わりに、4年間の実務経験(投資関連業務でなくても可)があるか、職務経験(インターンシップやパートタイムは除く)と大学在籍期間の合計が4年に達すれば受験資格が与えられます。

CFA資格を取得するための要件

  1. 投資分析関連での4年にわたる実務経験を有すること
  2. CFA Instituteの正会員(regular member)となること
  3. CFA Instituteが規定する倫理規範と職務行為基準を遵守する誓約書に署名すること
  4. 全レベルすべての試験に合格し、CFAプログラムを完了すること

受験申込・試験スケジュール

2018年6月試験
(日付は米国現地時間)
2018/2 登録申込
標準期限
2018/3 登録申込
最終期限
2018/5 受験票送付
(Online)
2018/6 試験日
2018/8 試験結果送付
(Online)
2017年12月試験
(日付は米国現地時間)
2017/8 登録申込
標準期限
2017/9 登録申込
最終期限
2017/11 受験票送付
(Online)
2017/12 試験日
2018/1 試験結果送付
(Online)

The exam registration fee  covers the cost of
・The ebook
・An interactive study planner to guide and track you exam preparation
・Topic-based practice tests
・Mock exams
・A mobile study app with access to everthing listed above

※you may purchase a print version of the curriculum < available for a non-refundable
fee of us$150 plus any fees associated with shipping >at the same time you register for an exam ,or later

※受験申込にあたっては、パスポート(有効期限内)が必要です。

費用

2018年6月試験

  早期
期限
2017/
9/27
標準
期限
2018/
2/14
最終
期限
2018/
3/14
Program
Enrollment
(登録料)
(新規のLevel 1
受験者のみ)
Deadline passed US$450 US$450
Exam Fee
(受験料)
Deadline passed US$950 US$1,380

2017年12月試験

  早期
期限
2017/
3/15
標準
期限
2017/
8/16
最終
期限
2017/
9/13
Program
Enrollment
(登録料)
(新規のLevel 1
受験者のみ)
Deadline passed US$450 US$450
Exam Fee
(受験料)
Deadline passed US$930 US$1,380

The exam registration fee  covers the cost of
・The ebook
・An interactive study planner to guide and track you exam preparation
・Topic-based practice tests
・Mock exams
・A mobile study app with access to everthing listed above

※you may purchase a print version of the curriculum < available for a non-refundable
fee of us$150 plus any fees associated with shipping >at the same time you register for an exam ,or later

※受験申込にあたっては、パスポート(有効期限内)が必要です。

DATE FILE



CFA®への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

資料請求

無料講座説明会

まずは「知る」ことから始めましょう! 無料セミナーを毎月実施しています。

お気軽にご参加ください!

無料講座説明会

CFA®講座のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

詳細を見る

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。

スムーズ・簡単!

申し込む

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

TAC受講相談

>TAC受講相談