TACデータファイル

資格受験者の推移

過去10年間の各種資格の本試験受験者数は、2008年以降に大幅に増加し2010年には過去最高の308万人が受験しています。2018年は約254万人が受験し、2009~2018年の10年間での平均受験者数は約272万人となっています。
会計系資格については減少傾向とはいえ、安定的に50万人以上の受験者を抱えており、業界・業種を問わず幅広く活かせる知識として、またビジネスの現場における不可欠な共通言語として重要視されています。

TAC取扱資格の内容

分野別取扱資格

  • 財務・会計分野

    公認会計士 簿記検定 建築業経理士検定 ビジネス会計検定試験®

  • 経営・税務分野

    税理士 中小企業診断士 IPO実務検定 財務報告実務検定

  • 金融・不動産分野

    不動産鑑定士 建築士 宅地建物取引士 マンション管理士/管理業務主任者 賃貸不動産経営管理士 証券アナリスト 証券外務員 ファイナンシャル・プランナー DCプランナー(企業年金総合プランナー)※1 相続アドバイザー3級 企業経営アドバイザー 貸金業務取扱主任者 ビジネスプロ養成スクール

  • 法律分野

    司法試験 司法書士 弁理士 知的財産管理技能検定® 行政書士 ビジネス実務法務検定試験® 通関士 貿易実務検定®

  • 公務員・労務分野

    社会保険労務士 年金アドバイザー メンタルヘルス・マネジメント®検定試験 国家総合職 外務専門職 地方上級/国家一般職 理系公務員(技術職) 警察官/消防官 教員採用試験

  • 情報・国際分野

    情報処理技術者 米国公認会計士(USCPA) 米国税理士(EA) 米国公認管理会計士(USCMA) 公認内部監査人(CIA) 内部統制評価指導士(CCSA) 個人情報保護士 マイナンバー実務検定 パソコンスクール CompTIAコンプティア※2 BATIC(国際会計検定)® TOEIC®L&R TEST※3

  • 医療・福祉分野

    医療事務

  • その他

    電験三種

  • DCプランナー:「Defined Contribution=確定拠出年金」に関するアドバイザーの資格。DCプランナーは(-社)金融財政事情研究会が認定する資格です。
  • CompTIA:The Computing Technology Industry Association。コンピューティング技術産業協会(本部/米国イリノイ州)。1982年に設立し、ベンダーニュートラルなIT関連資格試験・認定など行っている非営利IT業界団体。欧米を中心に10拠点を持ち、メンバーとして118カ国約4,000機関(2011年1月現在)の団体が参加しています。
  • TOEIC is a registered trademark of Educational Testing Service(ETS). This publication is not endorsed or approved by ETS.
    * L&R means LISTENING AND READING.

売上推移 TAC株式会社(連結・発生ベース)

TACには、個人教育事業、法人研修事業、出版事業、人材事業の4つのセグメントがあります。

 TACでは、好況期に伸びる資格から不況期に強い資格まで幅広く取り扱っているため景気変動の影響を受けにくく、結果として1980年の設立以来安定した成長を続けてまいりました。
 2019年3月期は個人教育事業が主力の公務員講座等において低調に推移したことで、4期ぶりに減収となりました。

受講者数の推移

 2019年3月期の受講者数は215,569名(1.8%減)、そのうち個人受講者数は131,119名(3.8%減、5,205名減)、法人受講者数は84,450名(1.4%増、1,196名増)となりました。個人・法人を合わせた講座別では簿記検定講座が2.0%増、建築士講座が25.5%増、FP講座が11.7%増、CompTIA講座が14.5%増等となりました。一方、受講者数が減少した講座は、税理士講座が6.9%減、中小企業診断士講座が6.2%減、司法書士講座が15.4%減、公務員(地方上級・国家一般職)講座が6.1%減等となりました。法人受講者は、通信型研修が前年並み、大学内セミナーが5.6%増、提携校が12.6%減、委託訓練が9.5%増となりました。

*%は前年同期比