宅建士登録講習


宅建士登録講習 宅建登録講習
登録講習とは?宅建業に従事している方を対象とする講習です!
 国土交通大臣の登録を受けた登録講習実施機関が、宅建業に従事している方に対し、その業務の適正化ならびに資質の向上を図るために必要な基礎的知識の習得を目的として実施する講習です。
 従来、「宅地建物の取引に関する3年以上の実務経験」を有する者が国土交通大臣の指定する講習を受けた場合、試験科目の一部の受験が免除される「指定講習」制度がありました。この「指定講習」制度が宅地建物取引業法の改正に伴い2005年度より登録講習に改められ、対象者の要件として必要であった「3年以上の実務経験」が撤廃となり、宅建業に従事している方であれば、どなたでも受講することが出来るようになったのです(宅地建物取引業法施行規則第10条の5による)。
 宅建業に従事されている方にとって、一気にチャンスが拡大。2005年度より登録講習実施機関として国土交通大臣の登録を受けたTACで、当制度のメリットを最大限に活かして宅建士試験にチャレンジしてみませんか?
登録講習受講のメリット3
 登録講習を受講し、講習内で実施する修了試験に合格した登録講習修了者は、以後3年以内に実施される宅建士試験において、科目の一部が免除となります。免除科目は「その他関連知識」という科目の一部で、例年問46~問50で出題される5問です。 「5問免除」は宅建士試験合格のための大きなアドバンテージとなります。
【免除となる出題分野】
(1)土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関すること
(2)宅地及び建物の需給に関する法令及び実務に関すること
※上記の出題は例年、問46~問50にあたる5問となっています。平成28年度宅建士本試験では、45問中30問以上正解した方が合格となっています。
登録講習受講のメリット2
 以下の図は、過去5年間の宅建試験における合格率を表したものです。注目すべき点としては、全体の合格率に対して、登録講習修了者の合格率が高いということです。5問免除により、平成28年度試験では全体合格率よりも4.6パーセントも高くなっています。
過去5年間の年度別試験結果

登録講習受講のメリット3
 登録講習では、国土交通省令に基づき以下6科目について学習することとされ、それぞれの講習時間も定められています。学習内容は、宅建士試験で5問免除となる部分の内容も含まれますが、5問免除以外の宅建士試験で出題される項目も多く含まれます。したがって、登録講習を受講することによって、5問免除というアドバンテージを受けると同時に、宅建士試験合格への対策にもつながるのです。
■登録講習の学習科目 ■宅建士試験の出題分野



TACの登録講習は?初学者でも安心。宅建士受験指導校ならではの講習です!
 TACは2004年10月に国土交通大臣の登録を受け、2005年より登録講習を実施し、多くの修了者を輩出しています。さらに、長年の宅建士受験指導において実績を誇るTACならではの工夫を凝らした講習内容で、宅建士試験対策の知識もあわせて習得できます。
受講対象者
受講対象者は、宅地建物取引業に従事し、受講申込時から講習受講修了日(スクーリング2日目)まで有効な「宅建業従業者証明書」(受講資格)をお持ちの方となります(宅建業従業者証明書は勤務先の宅地建物取引業者が発行することになっています)。たとえば、不動産会社にお勤めの場合でも、宅建業従業者証明書をお持ちでない場合は受講対象者となりません。
なお、受講申込時には「宅建業従業者証明書」のコピーの提出、スクーリング受講時には「宅建業従業者証明書」の提示をいただいております。(宅地建物取引業法第17条7、施行規則10条の5等)
カリキュラム
 TACの登録講習は国土交通省令に基づき「通信学習」及び「スクーリング」により行われます。なお、通信学習・スクーリング実施後に「修了試験」を行い、一定水準をクリアすることで「講習修了」となります。
カリキュラム
●カリキュラムについて
通信学習は、テキストを読み、途中にある「理解度チェック」の項目を理解しながら進めていただきます。この学習はスクーリングの講義初日までに修了してください。なお、講義DVDや提出課題はありません。
スクーリングについては、すべての講義に出席することが修了試験の受験要件となります。
スクーリング(講習)では欠席・遅刻・早退・途中退室は認められません。
TAC宅建士登録講習スクーリング・修了試験では、会場の変更や途中からのクラスの変更をすることはできません。また、欠席された場合に他のクラスへ振替することもできません。お申込みいただいたクラスの日程どおりに受講・受験いただきます(遅刻・早退・途中退室は認められません)
スクーリング時には、TAC会員証、登録講習テキスト、筆記用具、従業者証明書(コピーでも可)を必ずご持参ください。


使用教材
 TACオリジナルの「登録講習テキスト」を使用します。当テキストは、TACの試験対策コースで使用している教材を登録講習用にリニューアルし、初学者の方でも短時間で効率よく学習できる内容としています。また、登録講習における履修科目の多くは、宅建士試験出題項目となっていますので、各節ごとに宅建士試験の出題項目であるかどうかの表示をしています。宅建士受験指導校として実績を誇るTACならではのオリジナル教材で、登録講習修了のみならず、宅建士試験合格も視野に入れた学習が可能です。使用教材

申込締切日・通信学習教材発送日・スクーリング日程等
コース名 申込締切日
通信学習教材発送日
/通信学習期間
スクーリング(講習)・ 
修了試験
修了試験結果 
発送予定日
講習
日程表
郵送申込 窓口申込
登録講習
A日程
2/21(火)
TAC必着
2/23(木) 3/6(月)発送
約2ヶ月
TAC各校にて
5月上旬~5月中旬の2日間
5/19(金) Get Adobe Reader
登録講習
B日程
3/3(金)
TAC必着
3/7(火)
3/16(木)発送
約2ヶ月
TAC各校にて
5月中旬~5月下旬の2日間
6/6(火)
登録講習
C日程
3/16(木)
TAC必着
3/21(火)
4/3(月)発送
約2ヶ月
TAC各校にて
5月下旬~6月中旬の2日間
6/20(火)
登録講習
D日程
4/4(火)
TAC必着
4/10(月)
4/14(金)発送
約2ヶ月
TAC各校にて
6月中旬~6月下旬の2日間
6/30(金)
登録講習
E日程
4/14(金)
TAC必着
4/19(水)
4/28(金)発送
約2ヶ月
TAC各校にて
6月下旬~7月中旬の2日間
7/17(祝)
※A日程~E日程のいずれも、講義内容は同一となります。

【登録講習D日程・E日程の場合の注意点】
(1) 修了試験結果の発送予定日は平成29年度宅建士試験受験申込開始日の直前および申込開始日以降となります(平成28年度実績)。
(2) 登録講習修了者証明書の番号を入力してのインターネットによる宅建士試験の受験申込みはご利用いただけません。予めご了承ください。

受講料(教材費・消費税8%込)
宅建士登録講習A~E日程 各¥17,000
●受講料について
受講料には、教材費・消費税8%が含まれます。
TACの「宅建士登録講習」のみお申込みされる際は、入会金(¥10,000・8%税込)は不要です。
当コースは直接TAC各校受付窓口、または郵送にてお申込みください(e受付ではお申込みいただけません)。
TAC株主優待券およびその他割引制度はご利用いただけません。

●宅建士試験申込について
宅建士試験願書のお取り寄せ並びに試験申込手続きは、各自で行ってください。また、D日程及びE日程にて修了された方の平成29年度宅建士試験受験申込手続きは、郵送による申込みのみとなります。インターネットによる申込みはご利用いただけませんので予めご了承ください。

申込方法
1 TAC受付窓口でお申込みの場合
2 郵送でお申込みの場合
記入済み登録講習専用申込書と受講料と宅建業従業者証明書の写しと顔写真1枚(タテ3センチ×ヨコ2.4センチ 6ヶ月以内に撮影されたもの)を添えて現金にてお申込みください。

【窓口申込注意点】
TAC日吉校・TAC早稲田校・TAC中大駅前校・各提携校(金沢校・岡山校・高松校を除く)ではお申込みいただけません。
【提携校の金沢校・岡山校・高松校でご受講の場合】
上記提携校で受講される方はTAC直営校でのお申込みはできません。
必ず受講される当該TAC提携校(金沢校・岡山校・高松校)の窓口(または郵送:右記参照)にてお申込みください。また、金沢校・岡山校・高松校以外のTAC提携校ではお申込みいただけませんのでご注意ください。
■お申込みの流れ
TAC宅建士登録講習専用申込書に必要事項を記入
矢印
下記をすべて同封
・記入済み登録講習専用申込書
・宅建業従業者証明書の写し
・顔写真1枚(タテ3センチ×ヨコ2.4センチ 6ヶ月以内に撮影されたもの)
・振込控え
お客様の口座番号・口座残高はプライバシー保護の為、黒塗り等していただいても結構です。
振込手数料はお客様ご負担となります。ご了承ください。
TACは原則として前払いとなります(一部代引除く)。ご了承ください。
■銀行振込
【口座名】TAC(株)
【振込先】みずほ銀行/神田支店 普通預金2142263
■郵便振替
【口座番号】00140-4-74476
【名称】TAC株式会社
矢印
TAC申込手続係へ送付
■送付先 
〒101-8383 
東京都千代田区三崎町3-2-18 TAC申込手続係
【申込注意点】
各日程とも申込締切日がございます(申込締切日TAC必着)。ただし、お申込み人数が定員に達したクラスにつきましては、申込締切日前にお申込み締切とさせていただきます。
窓口申込・郵送申込に関わらず、お申込みの受付は受付順となります。郵送申込の場合、お問い合わせいただいた時点で定員に達していなくても、申込書類等をご送付いただき、受付した時点において、ご希望のクラスが定員に達していた場合は、第2希望以降での調整となりますので、予めご了承ください。
定員に関する上記の理由により、郵送申込をされる方は、必ず第2希望までご記入ください。
【郵送申込の場合】
書類の不備等で申込書の再提出が必要となった場合は、申込書を再提出いただくまでは受付扱いとはなりません。なお、再提出までの間にご希望のクラスが定員に達した場合は、第2希望のクラスでの調整となりますので、予めご了承ください。
申込書返信用封筒で申込書をご送付の場合、TAC到着まで通常よりお時間をいただきます。お急ぎの際には、切手貼付にてご送付いただくか、TAC各校の受付窓口にてお申込みください。
注意事項
TAC株式会社の当講習にお申込みの際は、下記をよくご確認いただいた後、お手続きをお願いいたします。
お申込みの際は下記(1)~(3)の3点(郵送の場合は(1)~(4)の4点)を受講料に添えてお申込みください。
1)記入済みのTAC宅建士登録講習専用申込書
(2)宅建業従業者証明書の写し
(3)顔写真1枚(タテ3センチ×ヨコ2.4センチ 6ヶ月以内に撮影されたもの)
(4)振込控え(郵送申込の場合)
TAC株式会社の当講習をお申込みの際は、「TAC登録講習お申込みに関しての注意事項」(PDFファイル)をよくお読みいただいた後にお申込みください。
当ページご案内の有効期限は2017年4月までとなります。なお、A~E日程の申込締切日はそれぞれ異なります。申込締切後のお申込みはできません。上記申込締切日をご確認の上お申込みください。
お申込みにあたっては、必ず受講されるご本人様がお申込みください。



ご提出いただく宅建業従業者証明書の注意点
 TAC宅建士登録講習をお申込みの際には、「宅建業従業者証明書」(宅地建物取引業法第48条に基づく)の写しが必要となります。「宅建業従業者証明書」は、宅建業者に従事されていることを証明するもので、宅建業者が従業者に携帯させることを義務付けているものです。したがって、TAC宅建士登録講習では、様式に合った宅建業従業者証明書の写しをご提出いただかない限り、ご受講いただけませんのでご注意ください。ご提出の際には下記の点をご注意ください。(裏面の記載がある場合は、裏面の写しもご用意ください。)

宅建業従業者証明書例

【以下の事項に該当する場合、無効と判断させていただきます】
顔写真の貼付及び撮影年月が未記入の場合(※1)
従業者証明書番号(※2)・生年月日(※3)・証明書有効期間(※4)・勤務先企業の宅建業者免許証番号(※5)等の記載事項に漏れや不備がある場合
証明書有効期間とTAC登録講習お申込時点~受講修了時期(修了試験実施日)とが一致しない場合(登録講習受講期間中に証明書有効期間が満了となる場合、新たに従業者証明書の写しをご提出いただく必要があります)(※4)
代表者印の押印がない場合(私印不可)(※6)

≪参考≫
様式第八号(第17条関係)

1従業者証明書番号の付し方は、次の方法によること。 
(1)第1けた及び第2けたには、当該従業者が雇用された年を西暦で表したときの西暦年の下2けたを記載するものとする。
(2)第3けた及び第4けたには、当該従業者が雇用された月を記載するものとする。ただし、その月が1月から9月までである場合においては、第3けたは0とし、第4けたにその月を記載するものとする。
(3)第5けた以下には、従業者ごとに、重複がないように付した番号を記載するものとする。
(例)2013年4月採用の従業者番号が15番の方の従業者証明書番号は130415となります。
2業務に従事する事務所に変更があったときは、裏面に変更後の内容を記入し、事務所の長の印を押印すること。
3従業者の現住所等必要な事項がある場合には、裏面に記入すること。
4用紙の色彩は青色以外とすること。
5証明書の有効期間は5年以下とすること。

宅建業に従事されている方は大変お得な割引制度があります!
現在、宅建業に従事されている方は、2017年合格目標の宅建士本試験対策コースを割引受講料でお申込みいただけます。
このお得な機会をお見逃しなく!
資料請求
講座説明会/受講相談
TAC宅地建物取引士講座に関する詳しいパンフレットを無料でお送りしております。ご請求はこちらから
講座説明会と受講相談をTAC各校にて実施しております。詳しくはこちらから