初学者の方

TACは受験経験者の方へのサポートを強化しています!
TACは受験経験者の方へのサポートを強化しています!

あなたの夢を叶える 資格の学校TAC!

高い合格実績を誇るTACで、
社会保険労務士試験合格を目指そう!

TACは毎年多くの合格者を輩出している実績があります
(2011年~2016年 社会保険労務士試験 TAC本科生合格者累計実績2,836名)。
さらに合格実績はもちろん、TACには社会保険労務士試験に精通した講師や長年蓄積してきた合格するためのノウハウがあります。
合格実績・スクール規模ともにTACなら安心!さらに、TACは合格から就職まで万全の体制でサポートしていきます。社会保険労務士試験合格を目指すなら、やっぱりTACです!

社会保険労務士試験に合格するための
攻略のポイントをご紹介!

攻略ポイント

基本問題は確実に得点し、
約7割得点で合格を目指す!

社会保険労務士試験は択一式と選択式の2つの形式で出題され(マークシート形式)、それぞれ合格基準点を満たした受験生が合格となります。合格基準点は毎年変わりますが、総合得点はおおむね7割程度以上得点することが必要です。
つまり、満点ではなく7割程度以上正解する実力を身につければよいのです。社労士試験はだいたい基本6割・応用3割・残りは他の受験生も解くのが難しい難問が出題されますが、基本問題を確実に得点できれば、それだけで6割は取れます。相対評価の試験ですので、他の受験生が得点してくる基本問題を自分が落としてしまうことのないよう、重要論点や基本的事項をしっかりと把握し、対策を行うことが合格の鍵となります。

攻略ポイント

苦手科目を作らず、
全科目バランスよく学習する!

社労士試験は全部で10科目、その範囲は膨大です。また、全ての科目に合格基準点が設定されている社労士試験においては、「苦手科目を作らず、全ての科目をバランスよく得点すること」が合格のための絶対条件。そのためのスケジューリングや各科目の学習順序、時間の適切な配分を管理し、効率よく学習していくことが必要です。
TACは効率的なカリキュラムにより、合格ライン以上の得点を目指します。

攻略ポイント

最新の法改正情報を把握する!

社労士試験は法律の試験です。学習している間にも随時法改正が行われ、かつ、法改正箇所が試験で問われる可能性も高いという特徴があります。特に直近3年間の改正点は出題割合が高い一方で、これらの法改正の論点は、過去問としての蓄積がほとんどなく、どうしても演習不足になりがちです。最新の法改正情報を都度把握し、必要箇所に絞り込んだ学習を集中して行うことが得点に繋がります。

これら合格ポイントを達成するため、TACは3つの合格メソッドを用意

POINT1

社会保険労務士試験を
知り尽くした講師による講義

TACでは、社会保険労務士試験に精通した講師を全国に多数配置しています。
出題傾向を踏まえた分かりやすい講義を展開することはもちろん、学習中に生じる悩みや不安も、受験生の立場に立ったアドバイスをすることができます。

TACの講師はどこがスゴイの?

プロフェッショナルな講師陣

合格者からのひとこと

講師のアドバイス通りやれば、合格できます!

私は、講師の一言一言、質問に対する回答、勉強方法についてのアドバイス、すべてを吸収しようとし、最後の最後まで信じてついていきました。そしたら合格できました。一番苦手だった厚年は、本試験では満点を取ることもできました。講師のアドバイスを実践したことが合格に繋がったと思っています。(H28年度合格者 松澤智子さん)

分かりやすい講義をしていただけます!

私は「この先生なら信じてついていける」と思える講師と出会うことができ、大変感謝しています。講義は毎回テンポがよく、ポイントが分かりやすくて大好きでした。時期ごとの勉強法のアドバイスなどもしてくださり、参考になりました。(H28年度合格者 宮本歩実さん)

2

短期間での合格を可能とする
戦略的カリキュラム!

TACのカリキュラムは知識を吸収する「インプット」と、得た知識を問題演習で解答に反映させる「アウトプット」を効果的に組み合わせ、受講生を短期間で合格に導きます。
最新の試験情報や受講生からの声も反映させながら、合格に必要なポイントに的を絞り、合理的なカリキュラムを実現させています。

TACのカリキュラムはどこがスゴイの?

「働きながら短期合格」を可能に!

INPUT+OUTPUTの相乗効果で確実に実力がつきます!

早い時期からテストを実施することで、知識が確実に定着します!

社労士試験の試験範囲は膨大です。TACでは、各講義の冒頭で実施する「ミニテスト」に加え、講義編の中に「実力テスト」を組み込んでいます。
INPUT+OUTPUTのサイクルをなるべく早い段階から行うことにより、知識の定着と弱点科目の早期発見・克服を狙っています。

比べてください。
圧倒的なスケール!

模擬試験の受験者数は多いほど有効です!

2016年度「勝利の全国模試シリーズ」延べ受験者数は14,459名(全国中間模試7,198名+全国公開模試7,261名)。毎年多くの受験生が受験する、業界最大級の模擬試験です。さらにTACのすごいところが、カリキュラムに含まれている内部生だけの答練でも、3,000人以上が受験するということ。上位3~9%以内を目指す社労士試験においては、なるべく多くの受講生がいる学校で、常に自分の位置を確認しながら学習することが重要なのです。

合格者の総合学習時間例

TACを利用した場合

800時間

(1)TACでの講義時間 180時間
(2)講義の予習・復習時間 360時間
(3)過去問、答練の復習時間 260時間

※上記は法律の学習が全く初めての方が、合格に必要な知識を最低限習得する場合の一例です。

独学の場合

個人差もありますが、学習範囲の広い社労士試験では、独学での学習よりも、効率のよい学習カリキュラムを提供し、法改正等の最新情報が簡単に入手できる受験指導校でしっかりとした対策を行うことが合格への近道でしょう。

合格者からのひとこと

TACのカリキュラムに合わせれば、自然と実力がつきます!

TACの教材や講義は初学者にも分かりやすく、効率よく学習を進めることができました。また、カリキュラムもTACの講義や、答練、模試等が実施されるのに合わせていれば、学習スケジュールを自分で管理する必要がないので、勉強に集中することができました。(H28年度合格者 八木美貴さん)

自分の実力を確認しながら、進められます!

カリキュラムが非常に良かったです。「基本講義」の1~2科目終了後に「実力テスト」が実施されるのでその都度、実力がどの程度身についているか確認することができました。その時点での理解度を把握することができ、その後どこを重点的に復習すべきかが見え、早い時期から対策を取ることができました。(H28年度合格者 堀田直英さん)

3

長年培われた合格ノウハウ
詰まったオリジナル教材!

TACの教材は、長年の受験指導によって蓄積された合格するためのノウハウがいたるところに反映されていると共に、試験の出題傾向を徹底的に分析し、毎年改訂を行っています。試験で狙われやすい法改正もギリギリまできちんとテキストに盛り込みます。

TACの教材はどこがスゴイの?

長年のノウハウと最新の試験傾向を反映!これだけやれば合格できる!

初学者も安心のわかりやすさ!最新の試験傾向に対応した合格へのバイブル!

初めて法律を学習する方でも試験合格に必要な内容を理解しやすいように開発した合格へのバイブルです。
各法律の「核」となる部分、出題されやすい事項をメリハリをつけて整理してあるので、時間効率の良い効果的な学習が可能です。

基本テキスト

Advice
条文のつながりなど、体系的な理解を要するポイントや本文の内容をより深く理解するためのポイントを指摘しています。

本文
本試験の傾向に沿って、基本となる条文や行政解釈をわかりやすく記述しています。初めて法律を勉強される方でも抵抗感なく読み進むことができます。

図表
重要ポイントのまとめとして、また本文の理解に役立つように適宜挿入されています。

過去問出題箇所
過去問の出題箇所が一目で分かりますので、過去問題集と合わせて学習を進めることができます。

Point
本試験で問われやすいポイントを実践的な角度で押さえれるように記述しています。

条文・通達
本文の内容がどの条文や通達を基に記述されているかがわかるようになっています。これを基に条文集を引くことが簡単にでき、条文がより身近なものとなります。

余白
基本テキストは左右に余白を多く取り、重要事項や関連項目が書き込めるように使いやすく編集してあります。

合格者からのひとこと

重要ポイントや法改正までバッチリ網羅されてます!

「基本テキスト」が非常によくできていると感じました。過去問で出題された箇所はもとより、重要な論点や法改正におけるポイントなどが網羅されているにも関わらず、初学者にも負担になり過ぎない分量でまとめられていることが大変ありがたかったです。「基本テキスト」の内容をしっかりとインプットできれば、合格レベルに十分到達できます。(H28年度合格者 菅野浩明さん)

「基本テキスト」はとても使いやすいです!

「基本テキスト」は、ページ脇にある余白部分を利用して、色々と書き込める形式になっていた点が非常に便利でした。テキストへ情報を集約できたので、直前期もテキストを読み込んで復習ができて良かったです。(H28年度合格者 原澤勇太さん)

この3つの合格メソッドを用いて、
ぜひ資格合格を目指そう!

TACでは、この合格メソッドにより毎年多くの合格者を輩出しています。
TACでは、「合格すること」を第一に考え、合格メソッドやカリキュラムを作成しています。ぜひ、ご活用ください。

社会保険労務士の魅力は?

  • 独立開業できる!


    社会保険労務士として独立開業することが可能。行政機関に提出する書類の提出や手続き代行など、社会保険労務士しか携われない独占業務を行ったり、コンサルタントとして活躍する道があります。中小企業などと雇用契約を結ぶと、顧問料として安定した収入を得ることができます。

  • 社会環境の変化で
    需要がアップ


    契約社員やパート社員など雇用形態の多様化による労務問題の増大、小子化・高齢化社会の進展を背景とする年金制度に対する不安の高まりなど、企業・個人を取り巻く環境の変化で社会保険労務士の需要は増しています。

  • 企業でも評価される


    「人」に関わる業務を行う社会保険労務士は、企業でも高く評価されます。特にその力を活かせるのが人事や総務部門。また、生命保険・損害保険会社でも多くの社会保険労務士が活躍しています。

TACでは合格のために
こんなコースをご用意しています!

2018年合格目標

NEW! キャンペーン実施中!

総合本科生Basic

2017年7月・8月・9月・10月開講

テキストが新しく生まれ変わりました!初学者の方を対象に、無理なく着実に合格レベルに到達できます。
★早期学習特典・早割キャンペーン実施中!

Basic講義では年金科目をメインに先行学習します。Basic講義を受講することで基本講義の年金科目が2回転学習となり、より早くより深く学習を進めることが可能になります!そして今回からテキストが新しく生まれ変わって、さらに学習しやすくなりました!今年も大幅割引キャンペーンを実施!お得に申込みができます。

NEW! キャンペーン実施中!

総合本科生Basic+Plus
総合本科生Plus

2017年8月・9月・10月開講

Plusだけのオリジナル講義と人気のオプション講座がセットに!
★早期学習特典・早割キャンペーン実施中!

本コースは『総合本科生』のカリキュラムを詳細に補足する講義を加え、より一層の理解を深めるほか、より綿密に講師とのコミュニケーションが図れます。また、直前期に実施するオプション講座もセットで受講できます。
さらに、"Plus"限定のフォローサービスもご用意しています。

開講中

総合本科生Wide
総合本科生Wide+Plus

2017年4月・5月・6月開講

春から始める初学者向けコースの決定版!

社労士の学習や法律の学習が初めてという方を対象に、2017年4月・5月・6月から学習をスタートして、2018年の本試験合格を目指すコースです。当コースでは、まず「基礎マスター講義」で各科目の概要や基礎知識を理解した上で、本格的な学習(基本講義)に入ることができます。主要科目を2回転学習できますので、初学者の方も着実に力が身につきます。

社会保険労務士への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

無料講座説明会

まずは「知る」ことから始めましょう! 無料セミナーを毎月実施しています。

お気軽にご参加ください!

社会保険労務士のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。

スムーズ・簡単!

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

>TAC受講相談