カリキュラム

短期合格の秘訣は、「無駄なことはしない」ということ。すべての方が無理なく合格レベルに到達できるように、工夫を凝らしています。
試験の傾向を徹底的に分析したTACだからこそ実現できるカリキュラムです。

『建物も勉強も基礎が大切』
しっかりとした土台の上でなければ、丈夫な建物を建築することはできません。
知識だって同じです。しっかりとした基礎力無くして、実践力は身につきません。
TACでは、まずはしっかりと基礎を学習していただいた後に、実践力をつける講義や答案練習を実施します。

PDFで見る
PDFで見る

マンション管理士・管理業務主任者のW取得をオススメします!

出題範囲がほぼ同じ
1week違いの本試験日
両試験とも四肢択一のマークシート方式など、類似点が多い!

マルチライセンスを目指しやすい!

両試験の答練・模試を有効活用!

異なる難易度の答練・模試を解くことで理解が深まります。

マンション管理士受験メインの方は、管理業務主任者の答練・模試では高得点を目指し、管理業務主任者受験メインの方は、最近難化傾向にある本試験対策として、難易度の高いマンション管理士の答練・模試にチャレンジし、より多くの問題を解いていきましょう。過去に同様の問題が相互に出題されていることから有効な手段となります。

両試験の答練・模試を有効活用!

法令等の分野を重点的に攻略する!

両試験とも出題の8割以上が「法令等の知識を問う問題」である!

両試験の出題範囲を大別すると「法令等の知識を問う問題」と「設備等の実務的知識を問う問題」に分けることができます。両試験の出題範囲の8割以上が「法令等」からの出題で、学習時間の大半はここに充てなくてはなりません。もちろん、「設備等」の出題も無視はできませんが、大きなウエイトを占めている「法令等」を得意分野とし、しっかりと対策を立てることが合格への近道となり、短期合格につながります。

法令等の分野を重点的に攻略する!
※ここでいう「法令等」には、法律・命令等のほか、マンション標準管理規約・マンション標準管理委託契約書・会計基準を含みます。

インプットとアウトプットのバランスが絶妙!

組み合わせの学習が効果的!相乗効果で着実に力が身につく!

インプットとアウトプットを組み合わせて学習するのが効果的です。講義でインプットした内容は、ミニテスト、過去問題集、答練を繰り返し解くことにより確実に身につけることができます。さらに、直前答練・全国公開模試で実践を積むことにより、本試験に対応できる実力が無理なく身につきます。

インプットとアウトプットのバランスが絶妙!
資料請求
講座説明会/受講相談
マンション管理士/管理業務主任者講座に関する詳しいパンフレットを無料でお送りしております。ご請求はこちらから
講座説明会と受講相談をTAC各校にて実施しております。講座説明会はネット動画配信もしております。詳しくはこちらから