資格概要

  • 証券アナリストとは?

  • 試験情報

金融資本市場の発達と高度化に伴い、証券アナリストの業務が大きく広がるとともに、一層の専門化が進んでいます。
証券アナリスト資格で身につけられるスキルは、ネーミングから連想されるような個別証券の分析に限定されたものではありません。経済や会計・財務分析、ファイナンス、ポートフォリオマネジメントといった金融と資産運用全般に関する体系的知識、それを活用した企業価値の算出と将来価値の予測が柱となっています。

時代が必要としている眼

こうして編み出される企業価値の算出と将来価値の予測は、金融商品のポートフォリオ運用構築に役立つだけにとどまりません。
企業に対する融資や与信審査、新規事業分野への投資判断や、M&A(企業の合併買収)といった重要な意思決定にも不可欠な要素となります。
また近年、企業の成長のため、ひいては日本経済の将来のため、スチュワードシップ・コード※1やコーポレートガバナンス・コード※2が制定され、企業と投資家との対話が一段と重要となってきています。
企業をどうやって成長させるか、価値をどうやって高めるか、こうした対話が可能となるためには、企業や市場、時代を見極めるスキルが必須であり、そうした先見的な眼を養うには、証券アナリストの資格が最も有効です。
投資理論の発展、金融業務の規制緩和、日本経済の成熟に伴う資産運用ビジネスの拡大などから、投資の意思決定に必要な深く幅広い知識・スキルを持つ人材へのニーズは、金融界のみならず様々なビジネス分野で高まっています。

※1 機関投資家が、投資先企業の株主総会などにどのような態度で臨むべきかを定めた行動原則

※2 上場企業が守るべき行動規範を示した企業統治の指針

CMA®活用例

  • 証券会社や資産運用会社の株式アナリスト業務

    個別株式銘柄の評価・選定を行う際に、企業の財務諸表等を分析して収益性や成長性を評価するスキルが求められます。

  • 資産運用会社等における運用業務(ファンドマネージャー)

    株式や債券ポートフォリオの組成や個別銘柄の売買判断を行う際には、経済分析や証券分析(個別銘柄分析)、ポートフォリオ管理のスキルが求められます。

  • 金融機関における運用商品の企画・営業業務

    投資信託をはじめ、さまざまな運用商品の企画・設計・販売を行う際に、商品特性の理解や顧客向け説明・報告対応等、色々な局面でCMA®プログラムで学ぶ資産運用の専門知識が活用されています。

  • 機関投資家や金融機関のリスク管理部門におけるポートフォリオ管理業務

    年金資産や金融機関が運用する巨額の証券ポートフォリオを適切に管理していくには、資産運用の専門知識を活用したポートフォリオ管理(資産配分やポートフォリオリスク管理技法等)のスキルが求められます。

  • 一般事業会社における財務管理業務・IR業務

    一般の事業会社においても、資金調達(コーポレートファイナンス)を通じた企業価値の向上が求められており、こうした業務のほか、証券会社のアナリストと対峙するIR活動においても、CMA®プログラムで学ぶ証券分析・財務分析の知識が役立っています。M&Aにおいて、企業や事業の価値を評価する際にも、活用されています。

様々な分野に広がるCMA®

投資業務
■リサーチアナリスト      
■インベストメント・バンカー
■投資ストラテジスト      
■ファンド・マネージャー
■クレジットアナリスト     
■マーケット・アナリスト
■ポートフォリオ・マネージャー 
■M&Aアドバイザー
■投資アドバイザー  等

銀行業務
■デリバティブを活用した商品開発
■金融取引部門における顧客アドバイス
■銀行のリスク管理  等

事業会社
■コーポレートファイナンスに基づく企業買収・合併、自社株買いなど、
経営における戦略的な意思決定に寄与
■IR部門
■財務・経理部門
■投資部門、金融関係システム開発部門  等

参考「公益社団法人日本証券アナリスト協会」 webサイト(https://www.saa.or.jp/

特別インタビュー
大学在学中合格者のその後

大学在学中に第2次レベル試験に合格した方のその後を追ってみました。

証券アナリスト試験
合格までのプロセス

証券アナリスト試験の特徴

  1. 第1次レベル試験・第2次レベル試験の2段階選抜であること。
  2. 公益社団法人日本証券アナリスト協会が実施の通信教育講座に申し込まなくては受験資格が得られないこと。(1次受験の際も2次受験の際も)

※第1次レベルの通信教育講座については、その意思のある人なら年齢や学歴などにかかわりなく、誰でも受験することができます。

※第2次レベルの通信教育講座については、第1次レベル試験に3科目合格すれば受講することができます。

第1次レベル

協会通信教育講座申込書を請求  協会への手続きは各個人で行います。 (4月上旬~)


試験を受験するためには、協会通信教育講座の申込が絶対条件!

証券アナリスト試験は公益社団法人 日本証券アナリスト協会が主催しています。

最初に1次レベル通信教育講座を各自で申込みをしてください。(2次レベルからの受講はできません。)

協会の通信教育講座を申込みしないと、試験を受験することができません。

[第1次レベル協会通信教育講座]

科目 証券分析とポートフォリオマネジメント/財務分析/経済
               
科目受講料(一般受講者)
証券分析とポートフォリオマネジメント 33,900円
財務分析 16,500円
経済 16.500円
3科目一括 55,500円

注意事項

各科目とも1回の通信受講で連続3年(計6回)の試験を受けることができます。
※科目ごとにおいて連続3年(計6回)の試験で不合格の場合は、再度不合格科目の受講が必要です。
第1次レベル試験は、1回の受講で連続3年間(計6回)受験できることになっていますが、3年目の最終試験で不合格(受験しなかった場合も含む)だった場合は、直ちにその科目の再受講を申込まなければなりません。

第1次レベル試験

春:4月 (合格発表は5月下旬・郵送で通知)
秋:9月または10月(合格発表は10月下旬・郵送で通知)
3科目合格後は、第2次レベルに進みます。

第2次レベル協会通信教育講座を受講

科目
               
科目受講料(一般受講者)
4科目一括受講
証券分析とポートフォリオマネジメント 52,500円
コーポレートファイナンスと企業分析
市場と経済の分析
職業倫理・行為基準

注意事項

下記に該当しますと、第2次レベル協会通信教育講座の受講資格を失う他、改めて第1次レベルの通信教育講座から受講しなくてはなりません。(第1次レベルの合格も取り消されます。)


  1. 第1次レベル試験の3科目に合格した年から3年の間に第2次レベル協会通信教育講座を受講しない場合
  2. 受講後連続3回の試験で合格しなかった場合、直ちに第2次レベル協会通信教育講座を再受講しなかった場合

第2次レベル試験

6月(合格発表は8月中旬~下旬)


試験を受験するためには、協会通信教育講座の申込が絶対条件!

実務経験3年以上(合格前も含めた通算期間)と協会理事会が認定した場合、検定会員の入会資格を得ることができます。

証券アナリストへの第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

資料請求

無料講座説明会

まずは「知る」ことから始めましょう! 無料セミナーを毎月実施しています。

お気軽にご参加ください!

無料講座説明会

証券アナリスト講座のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

詳細を見る

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。

スムーズ・簡単!

申し込む

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

TAC受講相談

>TAC受講相談