公認内部監査人(CIA) Q&A
よくある質問(Q&A)

Q1CIAの合格者はどのくらいいますか?
A12017年度時点で累計8,475名の方がCIA試験に合格されています。(日本内部監査協会公表資料より)ニーズに対し、まだまだ合格者が少ない資格ですので、希少価値の高い資格であるといえます。
Q2CIA試験の合格率はどのくらいですか?
A2試験実施団体より発表がされていないため、合格率は明らかになっておりません。試験は各科目、250ポイントから750ポイントのスケールドスコアに換算され600ポイント以上で合格となります。
Q3CIAとCCSAは同時に勉強した方が良いですか?
A3

CCSA試験は、CIAのPartⅠとPartⅡと試験範囲が90%程度重複しておりますので、将来的に取得を考えられている方は、知識を忘れないうちに、同時に学習してしまった方が効率が良いと思います。

※CCSA試験は、2018年12月14日(必着)までの申込みをもって、新規受験登録が終了となります。

詳細は、協会HPをご確認ください。 

Q4どの学習メディアが人気ですか?
A4多くの方がDVD通信講座で受講されています。本科生コースは、どの受講形態をお選びいただいても、教室フリーパス制度が利用できますので、通えるときは八重洲校の土曜日の講義に出席し、Webフォローも標準装備となりますので、休んでしまった時は自宅でDVDやWebで講義を視聴するという方が多いです。
資料請求
講座説明会/受講相談
公認内部監査人(CIA)講座に関する詳しいパンフレットを無料でお送りしております。ご請求はこちらから
講座説明会と受講相談をTAC各校にて実施しております。講座説明会はネット動画配信もしております。詳しくはこちらから