中小企業診断士試験に関するよくあるご質問 - FAQ

TACはみなさんの疑問・不安を解消していきます!

中小企業診断士を目指すにあたって、いろんな疑問・不安を抱えていることと思います。ここでは、みなさんの疑問・不安を「よくあるご質問」としてまとめました。学習を始めるにあたってぜひご参考ください。

 
 

「資格」に関すること

1)どんな人におすすめの資格?
中小企業診断士はビジネスパーソンに最適の資格です。中小企業診断士試験では、企業の経営資源(人、モノ、カネ、情報)に関わる知識を横断的に学習します。経営資源を横断的視野で思考できる能力は、あらゆるビジネスにおいて大変役立ちます。キャリアアップを目指す方、就職・転職をご検討中の方、独立開業をお考えの方におすすめです。
2)他の資格と比較して中小企業診断士の良いところは?
中小企業診断士試験では、企業の経営資源(人、モノ、カネ、情報)に関わる知識を横断的に学習するため、得られる知識やスキルは、あらゆる業種・職種で役立ちます。キャリアアップを目指す、就職・転職をする、独立開業をする等、未来のキャリアプランを自由自在に描くことができ、将来の選択肢が無限に広がります。 また、学習を通して、物事の本質をつかむためにロジカル・シンキング(論理的思考)を体得できるため、日常のビジネスシーンにおいても、また、人間関係においても大きなメリットを享受できます。
3)学生で中小企業診断士を取得するメリットはある?
中小企業診断士試験をおすすめする理由として、「学部や専門分野に関係なく誰でも受験できる」「1次試験は科目合格制なので複数年で学習計画が立てやすい」などが挙げられます。 また、経営に関する総合的な知識を持つビジネスパーソンとして評価される資格でありますが、学生の合格者は非常に少ないので、就職活動では他の学生にはない大きなアピールポイントにもなります。特に、中小企業診断士資格の取得を奨励しているメーカー系大企業や金融機関、公的支援機関などは有利に働く可能性が高いです。 2次試験合格はもちろん、1次試験の科目合格であってもビジネスに関する基礎知識を備えようと努力している証として評価されることがあります。
4)合格までの学習時間はどのくらい?
TACの合格者にアンケートによると1,000時間程度(TACの講義を含む)の方が多く見られます。しかし、個人によって予備知識の有無や学習環境に差があるため、一概にはいえません。 また、学習時間の「長さ」よりも「質」が重要です。どれだけ時間をかけたか気にするよりも、同じ時間をかけてどれだけ効果を得たのか「質」にこだわってください。講義時間以外については、まとまった時間が取れなくても、毎日(例えば、早朝、通勤電車内や隙間時間、帰宅後)少しの時間でも学習時間を取るようにしてください。効果を上げるためには、継続的に学習するということが重要です。
5)他の受験機関とTACの違いは?
TACでは毎年多数の合格者を輩出しております。おかげ様で圧倒的なシェアをいただいておりますので、その分、他の資格専門校よりデータや指導のノウハウが蓄積されているとお考えください。蓄積された情報をもとに、専任講師が毎年、教材を改訂しています(数多くのデータや試験傾向を基にした毎年のテキスト改訂はTACのみです)。 また、複数の校舎で異なる日程で開講しており、また通信講座でも開講しておりますので、ご自身のライフスタイルに合った受講が可能となっています。
6)独学とTACで受講する違いは?
独学の場合、学習範囲はもちろん、試験傾向の分析や法改正の情報を集めるのに、大変な労力・時間が掛かりますが、資格専門校を利用すれば、そのような手間を省くことができ、限られた時間を学習に専念できます。 また、学習ペースを掴みやすい資格専門校を利用した方が、独学と比べて学習を継続しやすくなります。 TACは、無理・無駄を省いた効率的・効果的なカリキュラムを用意しており、最近の試験傾向を押さえた講義や、TACオリジナの予想問題で学習成果を確認していただくことで、1・2次ストレート合格を最短で目指せる環境を提供します。

「申込み」に関すること

1)お申込みはいつまでにすればいい?
教室講座であれば開講日当日でもお申込みいただけます。開講日が過ぎてしまったコースについては、教室講座の日程に追いつくまで個別DVD座で受講し、教室講座の講義日程に追いつけたところから教室講座に出席することができます。(追っかけフォロー)。ただし、オプション講座・公開模試に限っては、定員に達して締め切りとなる場合がございますので、お早めにお申込みされることをお勧めします。各通信講座のお申込みは、初回送付日程の2週間位前であれば、送付日程どおりに教材を送付いたします。送付日程以降にお申込みの場合は、送付日程を過ぎてしまった教材を初回送付時に一括発送します。以降は送付日程どおり発送します。
2)通信メディアは海外に送付してもらえる?
TAC中小企業診断士講座では海外への教材発送は行っておりませんので、ご希望の場合、一旦日本の住所に送り、お客様の自己負担でそこから海外へ送っていただくことになります。 受講料のお支払方法については、インターネット(e受付)やTAC校舎受付窓口(代理人による申込可。ただし、申込書はあらかじめ自筆しておく必要あり)でお申込みいただけます。
★講座申込みはこちら
3)入学する前に、どんな講義をしているのか見たい!
TACでは、お申込み前に各コースの開講日の講義を無料で体験できる「無料体験入学」を実施しています。講義が始まる前に、各校受付にお申し出ください(教材等は受付にてお貸出しします)。個別DVD講座も同様に、無料にてTAC各校で視聴できます(前日までに要予約)。 通信メディアでの受講を希望される方には、「体験講義」や「ガイダンス」を「TAC動画チャンネル」からご視聴いただけます。また、「体験講義&ガイダンスDVD」を無料でそうししております。ぜひ専用ダイヤル(0120-509-117)にてご請求ください。
★無料体験入学制度の詳細はこちら
★TAC動画チャンネル(基本講義 第1回目)はこちら

「受講」に関すること

1)学習はいつ頃から始めるのが良い?
興味を持ち、学習しようと思った時がベストです。大事なことは1回の受験で合格するという強い意志を持つことと、少しでも早く自分にあった学習方法を見つけ、それを実行することです。TACでは様々な学習開始時期に合わせたコースがあります。また、ライフスタイルに合わせてお選びいただける利便性の高い学習メディアをご用意しています。
2)仕事が忙しく学習を継続できるか心配!
学習を開始するにあたり、学習を継続できるかは、みなさんが一番心配に思われる点だと思います。しかし、中小企業診断士受験生のほとんどは社会人です。お忙しい中、皆さん、スキマ時間(通勤電車内、出勤前、昼休みなど)を上手に活用しながら学習を継続して合格されています。 TACではお忙しい方のために、教室講座では「クラス振替出席フォロー」や「個別DVD振替フォロー」といった欠席時のフォロー制度を用意しています。特に「音声DL(ダウンロード)フォロー(本科生コース標準装備)」「Webフォロー(一部コース標準装備)」は、大変好評をいただいております。また、ご自身の都合に合わせて学習していただける「個別DVD講座」「Web通信講座」「DVD通信講座」もご用意しています。 いずれにしても、中小企業診断士試験合格を目指されるのであれば、資格専門校をご利用いただいたほうが、学習計画は専門校がカリキュラムとして提示してくれるため学習ペースの掴みやすく、独学と比べて学習を継続しやすいと思います。
★フォロー制度の詳細はこちら
3)初学者なのでカリキュラムについていけるか心配!
大学の専攻や実務経験などにより、科目によっては既に知識をお持ちの方はいらっしゃいますが、ほとんどの方は知識のない状態からスタートして結果を出しています。 また、講義は初学者を対象に進めていきますので、心配する必要はまったくありません。学習途中で不安な点が出てきた場合には、いつでも講師にご相談いただけます。
4)質問があるときはどうすればいい?
通信講座・通学講座ともに、疑問点は受講生専用サイトからメールでの質問が可能です。講師がわかりやすく丁寧にお答えします。※お申込みコースによって利用回数が異なります。
また、多く寄せられる疑問点は、受講生専用サイト内の「よくある質問」でお調べいただけます。よくある質問をデータベース化して、カテゴリ別に分類していますので、効率的に検索できます。疑問はまず「よくある質問」で調べてみましょう。
5)家では集中して勉強できない!自習室は使える?
全国直営22校舎の教室を自由にご利用いただけます(講義で使用していない教室を自習室として開放しています)。もちろん、通信受講生の方もご利用いただけます。基本的には土日・祝日も開放しておりますが校舎によって状況が異なりますので、詳細は各校舎または受講生専用自習室検索サイトにてご確認ください。
※教室の使用状況により自習室として開放できない場合もございますので、予めご了承ください。