国際 関係

米国税理士(EA)

米国内で税務業務を行えるのはもちろんのこと、国際税務や経営コンサル、現在お持ちの資格にプラスすることによるステータスアップ、就職・転職でのアピール等に有効です。

新着情報

思い立ったら学習開始!
開講時期や学習レベルに合わせて最適なコースが選択できます!

開講コース一覧

EA本科生

開講中

EA本科生

日商簿記3級程度の知識をお持ちの方向けのオールインワンコース

EA試験の範囲は、U.S.CPA試験のTAX範囲と重複するため、基礎部分はU.S.CPA講座TAXコースで学習していただき、試験対策をEA演習講義で行うコースです。

U.S.CPA(TAX)学習経験者のためのEA対策

開講中

U.S.CPA(TAX)学習経験者のためのEA対策

U.S.CPA(TAX)学習経験者向けの速修コース

米国連邦税法の基礎知識をお持ちの方向けのコースです。全6回の講義で試験対策を行います。

合格体験記はこちら!

TACでは受講後、米国税理士(EA)試験を受験され、 見事合格された皆様からの体験記を随時募集しています。

米国税理士(EA)の魅力とは?

  • 就職・転職活動に活かせる!

    米国税理士(EA)試験は受験資格がなく18歳以上であれば受験が可能です。学習開始から4ヶ月~8ヶ月と比較的短期間で全3科目合格を目指せます。就職・転職前に何らかの資格を取得してアピールをしたい方にもお勧めです。

  • 国際税務・経営コンサル
    の分野に活かせる!

    世界を股にかけて活躍するためには、英語力はもちろんのことプラスアルファの知識が必要になります。税法を正しく理解し扱うことは、企業にとって最も重要なテーマの1つです。急速にグローバル化が進んでいる世の中において、英語力と税務知識をお持ちの方はまだまだ少なく、その需要は年々増加しているため、国際税務や経営コンサルティングの分野で活躍したい方にもお勧めです。

  • 税理士の方、税理士学習経験
    者の方
    にもお勧め!

    日米の税務を理解することにより、業務に幅を持たせることができます。また、米国税理士(EA)の登録には実務経験が必要ありませんので、登録後「米国税理士(EA)」と名詞に掲載が可能です。試験は四肢択一問題で記述がありませんので、条文の丸暗記は不要です。

動画で見る!講座説明会

米国税理士ついて、動画でご紹介します!
リンク先の講座説明会動画をご視聴ください。

米国税理士(EA)への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

資料請求

受講相談

まずは「知る」ことから始めましょう!

お気軽にご参加ください!

受講相談

米国税理士(EA)講座のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

詳細を見る

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。

スムーズ・簡単!

申し込む

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

TAC受講相談

>TAC受講相談