簿記検定 豆知識・用語集(日商3級)

豆知識一覧

1.資産・負債・資本・収益・費用の科目をどうやって見分けるのですか

概ね次のようなイメージで判断し、区別してください。資産:現金のほか企業が将来、現金として回収できる物や権利(債権)~売るなどすれば現金として回収できるもの
負債:企業が後日、現金などで支払わなければならない義務(債務)~将来、支払いが予想されるもの
資本:出資者の元手とその後の増加分~資産から負債を引いた残り
収益:サービスや物を販売して得たもの~現金などの収入で、受取○○、○○益となる科目(受取手形を除く)
費用:収益を得るために費やしたもの~現金などの支出で、支払○○、○○費となる科目(支払手形を除く)

2.当期純利益(純損益)はどのように計算するのですか

当期純利益は次の方法により計算することができます。
その1財産法
期末資本-期首資本=当期純利益(または当期純損失)
*財産法では、資産から負債を差し引いた資本の増減額により計算されます。
その2損益法
収益-費用=当期純利益(または当期純損失)
*損益法では、資本の増加原因である収益から資本の減少原因である費用を差し引いて計算されます。したがって、財産法と損益法の結果は必ず一致します。

3.借方・貸方とはなんですか

借方・貸方ということばそのものには、あまり意味はありません。単に、左側・右側という意味だと思ってください。簿記では、企業の主な経済活動である購買活動と販売活動をみてみるとこれらの取引には商品の移動とお金の移動という二面性があります。このような二面性を持つ企業の経済活動の結果を記録するために、取引の一方の動きを借方側に、もう一方の動きを貸方側に記帳するという記帳ルールを設定し、取引を記帳します。簿記では、ある勘定科目の増加高を借方・貸方のどちらか一方に、また減少高を借方・貸方のどちらか一方に記載することによって残高を計算する構造を持つことを確認してください。 

4.仕訳をするときの科目の並べ方について

仕訳をするときの科目の並べ方ですが、一般的に仕訳の科目を借方要素と貸方要素とに分けられれば、それでかまいませんので、科目のあと先は気にしなくても結構です。なお、当社のように教材を制作する場合は、一定のルール(流動性配列法)を考慮しますが、学習上は考えなくてもよいでしょう。 

5.仕訳に( )は付けるのですか

学習簿記では仕訳について、次の2つの方法が用いられます。
その1 (借) 現  金  ×× (貸) 売  上  ××
その2 (現  金)  ×× (売  上)  ××
学習上はいずれの方法でもよいのですが、日商簿記検定試験では、仕訳帳の問題以外では解答欄が与えられ、科目欄と金額欄に分かれていますので、これにしたがって解答してください。

6.現金過不足とはどんな勘定ですか

現金過不足とは、現金の実際有高と帳簿残高が異なるとき、帳簿残高に調整するために一時的に処理する勘定です。この仕訳をするときは、現金勘定を減らす(貸方へ記入)のか、それとも増やす(借方へ記入)のか、により現金勘定の貸借を決め、その相手方を現金過不足と考えればよいでしょう。
実際有高  >  帳簿残高 : (現  金)  ××(現金過不足)  ××
実際有高  <  帳簿残高 : (現金過不足)  ×× (現  金)  ××
また、過不足の原因が判明したことにより、その勘定へ振り替えるときは、その勘定を減らすのか、それとも増やすのか、により貸借を決め、その相手方を現金過不足と考えればよいでしょう。

7.当座預金勘定と当座勘定の違いはどこですか

当座預金勘定は、二勘定制という方法で用いられる勘定です。
預金の残高がプラスのとき→当座預金勘定
預金の残高がマイナスのとき→ 当座借越勘定
一方、当座勘定とは一勘定制で用いられる勘定です。
預金の残高がプラス・マイナス関係なく → 当座勘定
したがって、この方法では借方残高か、貸方残高かにより預金残高のプラス・マイナスを確認します。

8.小切手が当座預金として処理される場合は、どんなときですか

簿記上、「他人振出し小切手」は現金ですが、これを「直ちに預け入れた」とあるときは、当座預金として処理します。また、問題文に「当店が振り出した小切手」とあるときは、振り出したときに当座預金として処理していますので、これを受け取ったときは当座預金として処理します。

9.売掛金と未収金の違いはなんですか

商品売買業などの場合、売掛金は商品売買など主な取引から生じる債権であり、未収金はそれ以外の取引(例えば有価証券や固定資産の売却など)から生じる債権です。商品売買から生じる債権→売掛金勘定 商品売買以外から生じる債権→未収金勘定

10.商品勘定と仕入勘定は、どうやって使い分けるのですか

日商簿記検定では「指定科目」の中から選びますので、それに従って使い分けます。また、問題文により「分記法」によるとあれば商品、「三分」とあれば仕入、売上を使います。

11.手形売却損(または支払割引料)の計算で、小数点以下の数字がでた場合、端数処理をするのですか

基本的には、問題文の指示に従うことになります。もし、問題に指示が無い場合に、端数が出てしまったら、まずどこかで間違えているはずですから、もう一度、計算し直してください。過去の本試験で割り切れないものは出題されていません。

12.社債とは、なんですか

社債とは株式会社が資金を長期的に調達する目的で発行される債券であり、借入金の一種なので利息が付されます。社債券に記載された金額を「額面」といい、この金額で償還(返済)されます。社債の発行金額を「発行価額」といい、額面と同じ価額で発行する場合を平価発行、額面より低い価額で発行する場合を割引発行といいます。いずれの方法で発行するかは市場の利子率を考慮の上、決定されます。社債を購入したときは、額面および発行価額とは関係なく、取得価額(購入代価+売買手数料)が問題となります。なお、購入代価は一般に「時価」によります。

13.買掛金と未払金の違いは

商品売買業などの場合、買掛金は商品売買など主な取引から生じる債務であり、未払金はそれ以外の取引(例えば有価証券や固定資産の購入など)から生じる債務です。商品売買から生じる債務→買掛金勘定 商品売買以外から生じる債務→未払金勘定

14.合計残高試算表の貸借合計が合わないときは

日商簿記では、毎回のように試算表の作成問題が出題されます。試算表の作成には時間がかかりますが、集計ミスがないように正確に1度で貸借合計を合わせることが大切です。貸借合計が合わなければ、もう1度最初から見直さなければならないので、倍の時間がかかります。多少、大目に時間をかけてでも1 度で貸借合計を合わせるようにしましょう。それでも合わないときは、次の方法で集計ミスの手がかりを見つけてください。 その1 貸借差額を9で割る=桁違いによる集計ミスかも知れません。その数値の仕訳をもう1度確認してください その2 貸借差額を2で割る=借方または貸方の一方が集計から漏れているかも知れません。その数値の仕訳をもう1度確認してください。 

15.減価償却累計額とは、どんな性格の科目なのですか

減価償却累計額(げんかしょうきゃくるいけいがく)とは、建物や備品などの固定資産(土地を除く)について、その使用や時の経過に伴う価値の減少を見積もり、これを費用として計上した際の貸方科目です。 

16.貸倒引当金の設定対象となるものは必ず指示がありますか

「受取手形および売掛金の期末残高に対して××%の貸倒れを見積もる。」というような指示が必ずあります。ただし、決算修正仕訳で受取手形や売掛金が増減する場合には、注意してください。残高試算表にある金額の合計額ではなく貸借対照表に載せる金額の合計額が設定対象となります。 

簿記検定合格への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

資料請求

無料講座説明会

まずは「知る」ことから始めましょう! 無料セミナーを毎月実施しています。

お気軽にご参加ください!

無料講座説明会

簿記検定講座のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

詳細を見る

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。

スムーズ・簡単!

申し込む

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

TAC受講相談

>TAC受講相談